7月11日(土曜日)
日野山(ひのさん)794.5mは越前市と南越前町の境界にある山で、
小健山(おたけやま)とか越前富士とも呼ばれています。
山容が美しので、松尾芭蕉の『奥の細道』や万葉の歌人や紫式部の歌にも
詠まれました。
また継体天皇が皇子だったこら、この山に登り、かがり火を焚きながら一夜を
過ごし、ご来光を拝んだそうです。