9月24日(土曜日)
今日の山は瓢ヶ岳(ふくべがたけ)1163mです。
長良川と板取川に挟まれた高賀三山(高賀山、瓢ヶ岳、今淵ヶ岳)のひとつです。
瓢ヶ岳は、ヒョウタンを半分に切ったような山容をしているところから
そう呼ばれているそうです。(定かではありません)
北隣の高賀山ともども、かつての山岳信仰・修験道の山です。
また鬼退治伝説がある山です。伝説とは・・・
昔、瓢ヶ岳(ふくべがたけ)には鬼が住んでおり、たびたび粥川の里に下りてきて
人々を悩ませていた。
そこで、帝の命令により藤原高光(たかみつ)が鬼退治をすることになった。
しかし、この神社の辺りまできたときに瓢ヶ岳へ登る道がわからなくなってしまった。
そのとき、一匹のうなぎが現れ道案内をしてくれたおかげで鬼を見つけ出すことが
でき、持っていた矢で鬼退治をすることができた。
その後高光は弓を宮に納め、矢を滝に納めたので、その滝を「矢納ケ淵」と
いうようになった。

今日のメンバーは3人(松井さん、安藤さん、私)