カテゴリー「(岐阜県) 鳩吹山」の記事

2017年4月 4日 (火)

鳩吹山のカタクリと犬山祭

4月2日(日曜日)
 
鳩吹山のカタクリが見頃だろうと思い行くことにした。
 
帰りに犬山祭を見てきました。
 
今回は名鉄電車を使い、犬山遊園駅へ行き鳩吹山の往復です。

Img_0484_2

▲犬山遊園駅

不破一色駅 → 笠松駅 → 名鉄岐阜駅 → 犬山遊園駅

2回乗り換えて約1時間で犬山遊園駅に着くので、早くて安い(600円)です。

Img_0485_2

▲木曽川沿いを歩き、寂光院(じゃこういん)に着く

Img_0486_2

▲もみじでら = 寂光院

Img_0488_2

▲本殿にお参りする

Img_0489_2

▲継鹿尾山からの犬山城(中央の位置)

Img_0495_2

▲前を行く登山者に話をすることができた。

きれいな女性virgoです。(目が岡田奈々さん似lovely

私と同じ目的の「カタクリの花を見たくて来た」とのこと

「犬山遊園駅から」とのことだったので私と同じだ

住所も聞くことが出来ましたhappy01。愛知県・・・・市でした。

名前と歳は失礼なので聞けなかった。

また逢えたら良いと思いながら先を行く。

Img_0496_2_2

▲鳩吹山山頂

Img_0499_2

▲かたくり群生地に着いた。犬山遊園駅から3時間です

Img_0500_2

Img_0501_2

Img_0503_2

リックに入れて持ってきた一眼レフカメラを出して写真を沢山撮った。

しかし家に帰って見てみたら写真が一枚も写っていないshock

SDカードを入れ忘れていたことを家に着くまで知らなかった。

失敗を勉強と思い、次からは必ず確認しようと思った。

以前の鳩吹山ブログdown

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-2a5c.html

カタクリ撮影を終わり、湯華市場でたい焼きとトマトを買った。

これを食べて鳩吹山に向かう途中で彼女virgoに逢うことができたhappy01

服が違っていたが、眼が合って直ぐ分かった。

また話すことができた。

40歳代だとは思ったが、いろいろ話した後「若いですね30歳代ですか?」

「4?歳」と返事でした。(個人情報を出したらいけないでしょうね)

つまらない会話でしたが、カタクリ観賞より嬉しかったことでしたcoldsweats01

鳩吹山から寂光院に戻り、初めての道(モンキーパークの方)を歩き

犬山遊園駅に着いた。次は犬山祭り会場に行った。

Img_0506_2

国宝犬山城 

入場料が550円なので入らなかったが、もし彼女と来たら入るだろうな

Img_0512_2

Img_0514_2

詳しい情報はこちらをクイック  https://inuyama.gr.jp/news/45687

Img_0515_2

犬山祭りを見て犬山駅から帰った。

Yarareko1

今回は良い写真が無いのでブログを出すか迷いましたthink

「上手い人が一杯いる中で下手な私がブログをインターネットに出していいだろうか?

ブログを始めて10周年が過ぎたが、もうやめようかな!」

と娘に話すと「観てくれる人がいるからいいんじゃないかなhappy01

「続けることは凄いことだよ」

そう聞いて人と比べず、ブログの題のように「こつこつ」と書いて行こうと思った。

 

| コメント (0)

2016年1月23日 (土)

桃太郎神社から鳩吹山の往復

1月23日(土曜日)

今回も近場の山を歩てきました。(前回は揖斐川町の城ケ峰でした)

メンバーは5人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、私)

今日の山は岐阜県可児市の鳩吹山313.5mです。

鳩吹山へは5ヵ所の登山口があります。

one大脇  twoカタクリ three真禅寺 four西山 five石原

Dsc05038_1

▲これが鳩吹山遊歩道です。

鳩吹山の西にある山が西山(両見山)ですが、

この山は岐阜県と愛知県との県境にあります。

Aa

▲黄色ラインが県境です。

私の住む羽島市では木曽川が愛知県と岐阜県の境界になっている。

木曽川の南にある可児市が岐阜県で桃太郎神社があるのは

愛知県犬山市の栗栖(くりす)です。

この辺りは栗栖遊歩道があり、鳩吹山に行く時は

one西山コースfive石原コースに合流します。

栗栖遊歩道は私が調べたところ、7ヵ所からのコースがあります。

石原コースに合流するのが

①大平林道ルート、②大平山ルート、③せせらぎルート

西山ルートの合流するのが

④樋ヶ洞(といがほら)コース ⑤川平コース ←合流(⑥東山コース・⑦桃山コース)

このコースを全て歩いて思ったことは、

②と⑤は尾根歩き ③は沢歩き ④は林道歩きが多い ①は林道歩き

⑥と⑦はあまり人が歩いていません。

今日の歩いたコースは、往路が③せせらぎコース、復路が⑤川平コースです。

Hatofukib

7:00羽島 → 8:02駐車場8:12 → 8:16桃太郎神社(トイレ) → 

8:22せせらぎコース入口 → 9:48西山休憩舎 → 10:43鳩吹山山頂 → 

10:46東屋11:00 → 12:24川平コース第5展望台12:45 → 13:05天神山 → 

13:50川平コース登山口 → 14:30桃太郎神社14:38 → 14:48駐車場

→ 15:40羽島

Dsc04972_2

▲河川敷にある60台ぐらい停めれる無料駐車場です。

芝生でテントを張っている人がいた。

Dsc04974_2

▲桃太郎神社

Dsc04976_2

▲せせらぎルート 入口

Dsc04977_2

Dsc04980_2

Dsc04982_2

Dsc04984_2

Dsc04988_2

▲西山休憩舎

Dsc04990_2

▲正面に鳩吹山が見える。その後ろにパルプ工場の煙が上がっている。

Dsc04992_2

▲能郷白山が真っ白に光っていた。

Dsc05002_2

▲鳩吹山の頂上を通過して、先にあずま屋に来た。

Dsc04997_2

▲可児市

Dsc05006_2

▲鳩吹山山頂

Dsc05007_2

Dsc05009_2

▲下に湯の華アイランドが見える。駐車場は満車です。

Dsc05017_2

▲川平コースの第5展望台で昼食にした。

鳩吹山は火気厳禁なので、ここで食べた。(ここは愛知県だからOK)

Dsc05020_2

▲天神山山頂    ここは鳩吹山と標高が同じ313,5mです。

ちなみにこの辺りで最高峰は西山(両見山)339.8mです。

Dsc05021_2

▲第3展望台

Dsc05022_2

▲第1展望台

Dsc05027_2

▲栗栖の集落に芝桜が咲いていた。

Dsc05028_2

Dsc05029_2

▲桃太郎神社

Dsc05034_2

▲ここでお参りした。  snow雪が降ってきた。

Dsc05037_2

▲今日の天気は曇り後雪になっていたが、登山中に雪が降らなくて良かった。

帰りは風呂なしで帰った。

今日は長い距離を歩きました。皆さんお疲れ様でした。

| コメント (0)

2015年3月22日 (日)

鳩吹山のカタクリ

3月22日(日曜日)

登山のブログを書くために何処かの山に行こうと思っていたが・・・

行く山の計画が無いと、なかなか朝が起きれないcoldsweats01

昼になってしまったが天気が良いので、ぶらっとカメラを持って出かけた。

撮影先は、早いと思ったが鳩吹山のカタクリです。

Adsc00700_2

▼開花にはまだ早いと思ったが、今が満開でしたlovely

こんな状態を見れるのは保護・育成をしているスタッフさんのお蔭と感謝します。

Adsc00696_2

登山者も思いもよらない風景に歓声を上げていた。

Adsc00681_2

遠くからカタクリの群落を見たら、紫の絨毯を広げた様でした。

まるで春の妖精たちが春を喜んで、浮かれているようでした。

いい写真をと・・撮りましたがhappy01   現状の迫力は出ませんthink

Adsc00659_2

Adsc00661_2

Adsc00671_2

Adsc00674_2

Adsc00685_2

Adsc00688_2

Adsc00689_2

鳩吹山にはハイキング状態(リックなし)で登った。

Adsc00710_2

Adsc00707_2

登山道で匂う花は、このヒサカキ・ビシャ(毘沙)です。

Adsc00720_2

▲山にきれいな花がありましたhappy01。話をした山ガールさんです。

チョコレートやあめを貰いました。(ありがとうございました。)

春日井のグループで納古山に登り、帰りに2人で鳩吹山に登ったのでした。

左の人は津島市、右の人は名古屋市からでした。

色々話が出来て楽しかったhappy01

また何処かの山で逢うかもしれませんねhappy01

「ブログに顔の写真を出しても良いですかとsign01」聞いたらOKでした。

ブログの名前を聞いて来なかったので、私からは言いませんでした。

きっと私が登山者の姿で無かったので普通のおじさんだと思ったのでしょうねcoldsweats01

お二人さんへ、このブログを見たらコメントくださいhappy01

Adsc00723_2

Adsc00724_2

Adsc00725_2

Adsc00730_2

カタクリー20・40・60   と位置が分かるようになっていました。

4年前の3月27日に鳩吹山に登った時、滑落者が出てヘリが来ました。

滑落現場で救急隊の人から私に「GPSを持っていませんか」と聞かれたが、

持っていませんでした。(ヘリに位置を知らせるためでした)

あの時は標識が無かったので、付けられたのでしょうね。

20・40・60 は想像ですが登山口から200m・400m・600mなのではsign02

Adsc00727_2

▲登りには気が付かなかったがヒカゲツツジが咲いていた。

今日は暖かいので1時間ぐらいで咲いたのでしょうかsign02

彼女たちに「ヒカゲツツジ」を「キバナツツジ」と教えてしまいました。

間違えて すみませんヾ(_ _*)ハンセイ・・・

Adsc00733_2


山を下り、湯の華で買い物をして帰った。

今回、山ガールに私から声を掛けて・・・良かった。

カタクリの花の場所で、山ガールに話しても話は弾まないだろうなぁcoldsweats01

2011.03.27の鳩吹山のブログです。down見てくださいhappy01

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-7c01.html

| コメント (4)

2011年3月27日 (日)

鳩吹山

3月27日(日曜日)

今日は鳩吹山(はとぶきやま)の麓に咲くカタクリを見に行ってきました。

carで簡単にカタクリ群生地まで行けるけど、

山を幾つも越えてカタクリを見に行きました。(苦労した分bearing、喜びは大きいhappy01

A

公園駐車場9:30 → 10:08大平山 → 10:55西山 → 11:35鳩吹山 → 

11:55カタクリ群生地12:10 → impactsign02 → 13:40鳩吹山 → 15:20継鹿尾山 →

16:00公園駐車場

木曽川の左岸(愛知県側)堤防を走ると、犬山城の横に御嶽山が

大きく綺麗に見えた。(今日は展望がいいようだsign01 うれしいlovely

Adsc045600

車を犬山の寂光院(じゃこういん)近くの公園駐車場に止めた。

志賀重昂先生って、どんな人sign02

地理学者志賀重昂(しがしげたか)は、「日本風景論」(明治27年)を著し、

木曽川下りの風景がヨーロッパのライン河に似ているとして、

この間の木曽川の河川美を「日本ライン」と命名した人です。

Adsc04561

Adsc045620

大平山(おおひらやま)291mへ歩く。振り返ると木曽川がきれいだhappy01

西山(にしやま)339mまでは、アップupダウンdownがある。

Adsc045630_2

Adsc045780

Adsc045790

Adsc045800

Adsc045980

鳩吹山へ行く途中の景色。ツツジが咲いていた。

Adsc046080

Adsc046260

Adsc046270

鳩吹山(はとぶきやま)313m頂上

Adsc046280_2

Adsc046290

あずまや前からの眺望happy01

Adsc046370

Adsc046380

Bdsc046240

鳩吹山を下りて、カタクリ群生地に行った。

まだ蕾(つぼみ)が多いが、きれいに咲いていたlovely

カメラマンが良い場所から動いてくれないsad

Adsc046660

Adsc046450

Adsc046470

Adsc046480

Adsc046550

Adsc046560

Adsc046640

Adsc046590

突然 救急車のピーポー・ピーポー 消防車のウーウーが聞こえてきた。

車が駐車場(湯の華)の近くに止まったので、行ってみた。

「登山者が滑落impact、意識不明sign02」との誰かの声が聞こえた。

救急自動車、消防自動車、レスキュー車の3台が来た。

消防自動車からマイクで「詳しい情報をお知らせ下さい」と放送があった。

ある登山者が、「カタクリ登山道で、高齢の女性が倒れている」とsign01

消防自動車の隊長が指揮官のようだ。指揮官はヘリを要請した。

Adsc046670

Adsc046690

Adsc046700

Adsc046710

愛知県からヘリコブターが来て、負傷者を吊り上げ運んでいった。

ヘリコブターの下に居たが、すごい風圧だった。

Adsc046720

Adsc046740

Adsc046790

Adsc046850

帰りは、鳩吹山に戻り、継鹿尾山(つがおやま)273m周りで帰った。

ショウジョバカマが登山道脇に一杯咲いていた。

Adsc047020

Adsc047070

Adsc047190

翌日の中日新聞に事故が載らなかったので、大事に成らなかったようで良かった。

| コメント (2)

2011年2月 6日 (日)

鳩吹山

2月6日(日)

今日の山は、岐阜県可児市の鳩吹山(はとぶきやま)312,2mです。

朝起きて山を見たら、天気は良いが雲って見えないsad。なので

朝ごはんPhoto_2を食べ、洗濯Photo、掃除Photo_3

して三ヶ月ぶりに床屋さんに行った。

昼になったが山に行きたかったので、近場の鳩吹山に行くことにした。

鳩吹山に行くなら、カタクリの咲く3月末が良いのだがcoldsweats01

当然ながら、カタクリは咲いていません。

鳩吹山は、火気厳禁とペットの入山を厳しく禁止している。

なぜ分かるかは、看板に鳩吹山のおきてと書いてある。

きまりや約束と書くより、重みを感じる。

以前山火事があったことから、地元の人は火に神経質になっているのだconfident

ペットの入山は自然環境の保護からだろう。

金華山では、犬を連れている人をよく見かける。

犬には、リードを付けましょうと書いてあるが、入山は禁止していない。

金華山は喫煙所もある。金華山は、少し鳩吹山を見習って欲しいと思う。

Adsc03303a Adsc03304a Adsc03311a Adsc03314a

頂上でおにぎりを食べ、山を下りた。

下りる途中で、湯の華(ゆのはな)アイランドが見えた。

まだ行ったことが無いので、話の種に入る事にした。

Adsc03319a Cdsc03319

風呂は850円、岩盤スパを利用すると1700円になり、少し高い。(土日料金)

入口に満員の看板があり、入場制限をしていたcoldsweats02

Adsc03323a Adsc03339a Adsc03324a Adsc03330_2

風呂は温泉で気持ちが良かった。風呂からの眺めも良いhappy01

この場所は、家族や友だちとのんびり来ると良い所だ。

18時からイルミネーションがあったが、それ前に帰った。

(一人では、寂しさが増すばかりだったのでweep

http://www.spa-yunohana.com/ 2011/1/22150万人の入場者を記録した。

2008/7/18  オープンしたので、一日の入場者は計算上では1650人だ。

平日は1000人として、土日際は2000人以上は入っているだろう。

このペースで入場した場合、160万人目は3月19日から3月21日でしょう。

帰りは犬山市に寄った。

Cdsc03335a 犬山城と木曽川

| コメント (0)

2009年1月12日 (月)

鳩吹山

今日は成人の日です。

朝、起きたら少し屋根に雪があった。朝方風に乗って飛んできたのだろう!

喫茶店で会って(松井さん、坂さん、私)

鳩吹山と花フェスタ記念公園(入場無料だったので)に行くことにしました。

登り口は、真禅寺(大きな霊園がある所)から。

登り始めて30分ぐらいで、急に雪が降り出し、ビックリしました。

頂上に着いたら、雪は止んで晴れて来ました。

ガスボンベでお湯を沸かして、ラーメンを食べたが、ここでは火気禁止でした。

以前、鳩吹山が火事で燃えたので、火には厳しくなったようだ。

たき火か、煙草の投げ捨てなどの火の不始末からだと思う。

自然を守るために、火には気をつけたいと思いました。

ラーメンを食べていたら、鳥が飛んできました。

初めは渡り鳥で鳩ぐらいの大きさで、名前は分かりません。

次に来たのは、メジロです。ほんとに目の周りが白い。

帰りは、真禅寺にまっすぐ下りた。アットゆ~間に着いた。

以前、カタクリを見に行った時に、車を止めた近くに 

湯の華アイランドhttp://spa-yunohana.com/が出来ていた。

去年の7月にオープンし、もう半年前になる。全然知らなかった。

入ろうか思って行ったが、満員なので入るのは今度にした。

Dsc0447945 Dsc0448045 Dsc0448245 Dsc0448145 Dsc0448845 Dsc0448945 Dsc0449245 Dsc0449445 Dsc0449745 Dsc0449845 Dsc0450245 Dsc0450445 Dsc0450745 Dsc0450845 Dsc0451445 Dsc0451545

花フェスタ記念公園にてDsc0451745 Dsc0451845 Dsc0451945 Dsc0452145 Dsc0452345 Dsc0452845 Dsc0452945 Dsc0453145 Dsc0453345 Dsc0453545 Dsc0453645 Dsc0453845 Dsc0453945 Dsc0454645 Dsc0454945 Dsc0455145

帰りの風呂は 日本昭和村の 昭和銭湯 里山の湯(さとやまのゆ)に入った。

帰りの車の中での話で、今月より賃金カット、時間カットの厳しい状態なので、

これからは切り詰めて行こうと思って帰りました。

| コメント (0)

2007年4月 1日 (日)

鳩吹山 と カタクリ

朝 三人で喫茶店で合って、急きょ カタクリを見に行く事に (^^♪

駐車場は満杯状態、登山客より観光客が多いこと。

遠くからカタクリの群落を見たら、まるでピンクのじゅうたんを敷きつめたような

美しさで、まるで春の妖精たちが春を喜んで、浮かれているようでした。

黄色のカタクリの写真があったが、実物を見たいと思いました。

鳩吹山の登りに黄色い花が!これか? ではなく ヒカゲツツジじでした。

頂上からの展望は黄砂の影響なのか、スッキリしない。

山を降りているとき、ドンドン!と花火の音が?

何があるのか、登山客に聞くと、可児市土田で流鏑馬(やぶさめ)があるとのこと。

帰りの温泉は三峰温泉に行こうと決めていたので、車を出してすぐ、流鏑馬の

会場の前でした。見てきました。目の前を馬が駆けて行くのはすごい迫力でした。

Dscn026230 Nec_000220 Dscn026330_2 Dscn026930 Nec_000630 Nec_000720

| コメント (0)