カテゴリー「((その他の県))」の記事

2009年11月28日 (土)

大台ヶ原

11月28日(土)

奈良県の大台ヶ原ビジターセンターよりAruku_botann

日出ヶ岳(ひでがたけ)~大蛇嵓(だいじゃぐら)を周遊するコースを歩きました。

メンバーは4人 (松井さん、坂さん、なべさん、私)

坂さんとなべさんが一緒に登るのは、尉ヶ峰(じょうがみね)以来一年振りでした。

本日の登山は快晴を期待して行ったのだがdown

降水量日本一といわれる大台ヶ原で、快晴に当たるのは難しいようだ。

深田久弥も「大台ヶ原に登って雨に遭わなかったら、よほど精進の良い人と言われる」

と述べている。

今日の天気は曇り時々晴れ。(雪が降ってきてもおかしくない寒さだったsign01

雨に遭わなかっただけでも良かった。

眺望はだめだったが、それなりの景色も見れて、行った甲斐はあったhappy01

羽島5:00 → 8:55大台ヶ原駐車場9:18 → 9:58日出ヶ岳10:08 → 

11:45大蛇嵓12:05 → 12:38シオカラ谷12:43 → 13:18大台ヶ原駐車場 → 

大宇陀温泉・あきののゆ → 羽島

桑名東ICから東名阪自動車道に入り、名阪国道に入り、針ICで下りる。

今回もコンビニでおにぎりを買えなかった。

(教訓)おにぎりは早めに買うsign01、コンビニがまだ先に有るは、もう無いかもsign02

8時55分に大台ヶ原駐車場に着いた。

9時オープンの大台ヶ原ビジターセンターを見学した。

外の温度計は2度だった(真冬だsad

9時18分スタートする。木に金網がしてある(鹿が食べないようにだろう)

Adsc07472 Adsc07473 Adsc07474 Adsc07477

歩きやすい道を30分行くと、鞍部に着いた。ここから木の階段で日出ヶ岳に向う。

ガスでまったく眺望が良くない(雲の中にいるようだ)bearing

記念写真を撮って、寒いので早々に下りた。

Adsc07478 Adsc07481 Adsc07482 Adsc07488_2

Adsc07489_2 Adsc07486_2 Adsc07494 Adsc07495

正木嶺(まさきみね)に着く。

背丈の低いイトザサの中、立ち枯れたトウヒは白骨状態だ。(不思議な空間だ)

Adsc07498 Adsc07502 Adsc07503 Adsc07504

正木ヶ原湿原を過ぎ、牛石ヶ原の台地に着く。

この場所の天気が今日一番良かった。

ここでお菓子を貰って食べた。みなさん ご馳走さまでした。

神武天皇の銅像があってビックリ(なんでここにsign02

神話があるのは、奈良県らしい。

松井さんの顔が神武天皇に似ているcoldsweats02   

日本人のルーツは松井さんの様な顔かもcoldsweats01

Adsc07506 Adsc07506a Adsc07508 Adsc07509 

大蛇嵓(だいじゃぐら)に向う途中、右側にガスの切れ間に

一瞬だが絶壁の岩肌が見えた。

大蛇嵓の展望台に着いた時は少し前が見えたが、すぐガスってしまった。

ガスが出て展望は良くないので、あまり怖くなかった。

Adsc07512 Adsc07513 Adsc07514 Adsc07517

シャクナゲ坂を下る。花の咲くころは最高にきれいだろう。

つり橋のある、シオカラ谷に着く。まさに清流だ。

Adsc07521 Adsc07522 Adsc07524 Adsc07530

Adsc07533 Adsc07533a Adsc07535

ここから、石段の急な登りになる。今日の一番えらい場所だ。

大台ヶ原駐車場に着いた時は、ガスが出てた。

(車がどこにあるか分からないくらいだった)

Adsc07536

帰りの温泉は、宇陀市大宇陀にある大宇陀温泉(おおうだおんせん)

あきののゆに入った。ひらがなばかりで意味が分からない。

あきののゆ→阿騎野の湯  と書いてあれば分かる。

大宇陀(おおうだ)は、古くは万葉の時代「阿騎野」(あきの)として

親しまれ城下町でした。

お風呂は、やわらかなぬめりのある泉質でした。(美人の湯とも言われている)

風呂から出て、ここで食事を取った。私はご飯のお代わりをした。

大台ヶ原は百名山の山で、松井さんの百名山登山達成に一歩近づき、

おめでとうございます。ささやかなお祝いPhoto

  

 

| コメント (0)

2008年2月24日 (日)

金時山と沼津市観光

2月の第4土曜日  5人で神奈川県箱根の金時山に行きました。

この山は、1年前の1月に四季さんと登った山でしたので、

道案内も出来て、安心して行けました。

5時に羽島を出発して8時半に登り口に着きました。

金時山の頂上は風が強く、とても寒かったbearing

着いた時は富士山は見えませんでしたweep

すぐ雲が流れて、富士山fujiが顔を出してくれました。

きっと、みんなの日頃の行ないが良かったからでしょうhappy01

時間も早いし、ここでは寒くて昼食を取れる状態では無かったので、

乙女峠のベンチまで行くことにしました。金時山からアイゼンが必要な道でした。

乙女峠で坂さんが持って来てくれた甘酒を頂きました。美味しかった。

山を下りて、温泉会館spaに入りました。

露天風呂があったらいいなぁ・・・と思いました。Dsc0150230_3 Dsc0150530_3 Dsc0150930_3 Dsc0151130_2 Dsc0152330_3 Dsc0152130 Dsc0152030 Dsc0151930 Dsc0152230_2

Dsc0152430_3 Dsc0153030_6 Dsc0152830_4

沼津港の食堂街で珍しい物を食べました。ぬまず丼(さくらえび、生しらす、あじのたたきが乗ったどんぶり)です。違っていたらごめんなさい。みんなはお土産にアジの干物を買っていました。

次に駿河湾に面した千本松原に行きました。風が強かった。

次に夕日を見るるために、沼津市街地から程近い香貫山(かぬきやま)192mへ登りました。息が切れてえらかった。残念ながらきれいな夕日は見えなかったけど、駿河湾と沼津市、富士山はきれいに見れました。ここに富士山ライブカメラが設置されていました。

次はMさんが若い頃、お世話になった人に、逢いに行きました。沼津市はMさんの青春時代の思い出が一杯ある街だと分かりました。

Mさんのおかげで、沼津港で食事をして、観光もできました。ありがとうございました。そして運転お疲れ様でした。Dsc0153530 Dsc0153330 Dsc0153430 Dsc0153830 Dsc0153730 Dsc0154110 Dsc0154330 Dsc0154530 Dsc0154730 Dsc0154830

| コメント (0)