カテゴリー「(岐阜県)の山 その他」の記事

2019年6月22日 (土)

みのかも健康の森 高木山・富士山

6月22日(土曜日)

梅雨の時期ですが、今日は思った以上天気が良かったが、蒸し暑かった。

今日の山は、みのかも健康の森の「高木山 よろこびの砦」と、隣の「山之上富士山」です。

みのかも健康の森は、24年前の平成7年4月に森林リクレーションエリアとして出来ました。

今日は、あじさいの池で睡蓮の花とあじさいが見頃で綺麗でした。

森の交番の管理棟は最近リニューアルされたようで、新しくきれいでした。(トイレがきれい)

今日のメンバー (松井さん、安藤さん夫婦、私)

A

▲これが高木・富士山コース(上級)  2時間ですが、

我々は休憩を入れて3時間30分でした。

Photo_20190622195701

▲コースタイム

羽島7:30 → 駐車場8:53 → 9:33高木山9:45 → 10:50富士山11:10 → 

11:55あじさいの池12:05 → 12:23駐車場 → 13:50羽島

Dsc01650-217

▲第1駐車場に停める

Dsc01649-216

Dsc01651-218

Dsc01653-220

▲777階段スタート

Dsc01654-221

Dsc01657-223

Dsc01664-226

▲3合目より階段から外れ尾根ルートへ

Dsc01674-228

▲高木山の「よろこびの砦」

Dsc01676-229

Dsc01682-230

▲右奥の尖った山が富士山(357m)

Dsc01687-233

Dsc01688-234

Dsc01694-238

▲下にあじさいの池が見えます。 池一面は睡蓮(すいれん)

Dsc01697-239

Dsc01698-240

▲尖った山が富士山

Dsc01703-243

▲富士見橋

Dsc01705-244

Dsc01707-245

Dsc01708-246

▲山之上富士山の頂上

Dsc01709-247

▲祠の彫刻が凄い

Dsc01711-249

Dsc01710-248

Dsc01712-250

Dsc01713-251

Dsc01715-252

▲山之上富士山の三角点

Dsc01716-253

Dsc01722-255

▲コーヒータイム後 下山

Dsc01730-257

▲帽子にトンボ😃

Dsc01732-259

▲エゴノキの実

Dsc01738-261

▲富士見橋が見えてきた

Dsc01739-262

Dsc01740-263

Dsc01741-264

▲桑の実  濃い紫が食べ頃です。(昔よく食べた。くちびるが紫になったなぁ)

Dsc01742-265

Dsc01745-266

▲あじさいの池に睡蓮の花

Dsc01747-268

Dsc01751-270

Dsc01757-272

Dsc01759-274

Dsc01758-273

Dsc01763-201

Dsc01765-203

▲渡し船

Dsc01766-204

Dsc01767-205

Dsc01772-207

Dsc01761-275

Dsc01771-206

Dsc01774-208

▲虹のトンネル

Dsc01776-209

Dsc01784-211

▲6月23日(日曜日)あじさいまつり   明日はもっと賑わうでしょう。  

Dsc01786-213

 

Dsc01785-212

▲家族やグループで賑わうバーベキュー広場

前回の6月8日の飯盛山・西津汲と同じで、梅雨の晴れ間に登れてラッキーでした。

| コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

飯盛山(いいもりやま)745mと、三角点 西津汲(にしつぐみ)793m

6月8日(土曜日)

前日の7日に東海地方が梅雨に入ったとみられると発表された。

7日の夜は雨が降っていたので、登山は中止かと思ったが朝には止んでいた。

今日の予定は飯盛山・西津汲か本巣の岩岳でしたが、雨降り後なので別の安全な山と考えたが・・

飯盛山・西津汲に決定した。

メンバーは3人(松井さん、安藤さん、私) 坂さんと安藤さんの旦那さんは欠席

飯盛山・西津汲は5月(ゴールデンウィーク)頃に山シャクヤクが咲くことでマニアには知られた山です。

横山岳の山シャクナゲより飯盛山・西津汲の山の方が数が多いです。

山シャクナゲが終わると登山者は減ります。しかし5月末はエビネランの見頃なので穴場です。

エビネランの群生地は盗掘されるので秘密です。

コースタイム

羽島7:00 → 天狗の森公園登山口8:25 → 9:25飯盛山9:32 → 10:16西津汲10:42 → 

11:20飯盛山11:33 → 12:20天狗の森公園登山口 → 13:40羽島

Dsc01544-2

▲天狗の森公園駐車場

県道40号線から3~4kmの林道を進みますが、落石が多い道です。

山から下りて来た人は県道で車を停めて歩いた人でした。

Dsc01545-2

Dsc01546-2

Dsc01548-2

Dsc01551-2

▲ヒルが松井さんの足に居ました。

Dsc01549-2

▲雨上がりで活発な動きをするヒル

Dsc01554-2

▲花のじゅうたんです。この花は?

Dsc01556-2

▲エゴノキの花です

Dsc01555-2

▲和名は、果実を口に入れるとえぐい(えごい)ことに由来

Dsc01558-2

▲月の株   ケヤキの大木です

Dsc01560-2

Dsc01559-2

Dsc01565-2

▲フタリシズカ(二人静)

Dsc01566-2

Dsc01572-2

▲飯盛山山頂    山標に742.4mとありますが・・・

Dsc01575-2

▲山名のプレートは745mです。国土地理院の地図は745mです。

Dsc01576-2

Dsc01577-2

▲ヤマボウシ(山法師)

Dsc01583-2

▲飯盛山から西津汲に向かうには、岩がゴロゴロした歩きにくい斜面を下ります。

一番の難所です。

Dsc01595-2

▲西津汲に登る途中から飯盛山を見ています。きれいな形です

Dsc01596-2

▲反射板に着きました。

Dsc01597-2

▲対の反射板です

Dsc01607-2

▲三角点 西津汲 「岐阜県の山」には外津汲山(とつくみやま)と書いてあります

Dsc01610-2

▲コーヒータイム  (安藤さん ありがとうございます)

Dsc01611-2

▲西津汲から見えるのは揖斐川町・大野町方面

Dsc01612-2

▲ズームしても何処の山か分りません。たぶん城ヶ峰362mがあると思う

Dsc01613-2

▲ホップの様な実がぶら下がった木は サワシバ(沢芝)

コーヒータイム後は下山

Dsc01619-2

Dsc01622-2

Dsc01624-2

Dsc01627-2

▲トチノキ(栃の木)の実

Dsc01495-2

▲トチノキの花

Dsc01628-2

▲一番の難所の飯盛山の上りです。昨日の雨でスベルスベル

Dsc01630-2

Dsc01636-2

▲飯盛山に戻り写真

Dsc01637-2

▲安藤さんが作った、そぼろ昆布を巻いたおにぎり(美味しかった😃)

Dsc01640-2

▲サワシバ

Dsc01643-2

Dsc01645-2

Dsc01646-2

▲駐車場の戻りました。

今日のエビネラン↘

Dsc01594-2

Dsc01600-2

Dsc01602-2

Dsc01604-2

▲エビネランの花は盛りを過ぎていた。

Photo

▲羽島に戻り松井さんと二人で桑原町にある かつ田で500円ランチを食べた。

2013年 飯盛山のブログ⤵

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-8389.html

2019/06/02  一人で飯盛山・西津汲に行った時のエビネランの写真です↘

Dsc01501-2

Dsc01504-2

Dsc01516-2

Dsc01517-2

Dsc01518-2

Dsc01519-2

💓恋のつり橋に寄りました

Dsc01531-2

Dsc01539-2

Dsc01534-2

Dsc01536-2

 

| コメント (0)

2019年3月24日 (日)

関市武芸川町の権現山

3月23日(土曜日)
今日の山は前回の関市の権現山のもう一つで、武芸川町の権現山516mです。
登山口は寺尾ヶ原千本桜の駐車場からです。
メンバーは5人(松井さん、坂さん、安藤さん夫婦、私)
1_2
コースタイム
羽島7:30 → 8:30駐車場8:40 → 10:00権現山山頂10:20 → 11:40桜駐車場
 
Dsc00397007
寺尾ヶ千本桜駐車場
Dsc00398008
寺尾ヶ千本桜
Dsc00401001
駐車場から登山口へ
Dsc00403003
ふれあい橋を渡ります
Dsc00402002
登山口です。 何も標識はありません😞
Dsc00405005
最初は林道歩き
Dsc00414066
最初の鉄塔
Dsc00429081
権現山山頂  眺望は何もありません😞
Dsc00426078
祠の前でコーヒータイム☕
Dsc00441093
馬酔木(あせび)が満開
Dsc00432084
2回目の鉄塔  鉄塔位置では一番高い
Dsc00452a_1
3回目の鉄塔
Dsc00454010
4回目の鉄塔
Dsc00457013_2
4回目の鉄塔より
Dsc00460016
寺尾ヶ千本桜
Dsc00463a
駐車場に戻りました。 一周しましたが鉄塔からの眺めが良かっただけでした。
Dsc00464020
関市武芸川町のかたくりの里へ
Dsc00465021
カタクリの里 入口
Dsc00466022
ショウジョウバカマ
Dsc00472-3_1
漢字で書くと狸狸袴(たぬき・たぬき・はかま)です
Dsc00467023
まだ蕾が多い
Dsc00470026
最初に咲いたカタクリは朝の冷えで花が弱っていた。
つぼみはこれからが見頃を迎えると思います。
Dsc00477033-2
次に行った場所は、大桑市洞の洞照禅寺が管理しているカタクリの丘です
Dsc00478-a
カタクリの丘
Dsc00474030
丘なので見上げて写せるが、遠い😞
Dsc00481037-2
Dsc00480-a
Dsc00473029-2
近くに咲いていたカタクリ
Dsc00485-a
Dsc00486042-2
ここは寒波の影響がなくきれいに咲いていました。
自然風の自然風だよりさんのブログ⤵
Dsc00490046_1
山県市赤尾のカタクリ群生地
Dsc00494-a
Dsc00492048-2
日当たりがいい場所では咲いていたが、まだ一分咲きでしょうか!
Dsc00495051
昼ごはんは、なると寿しさんのランチ
以前2018.03.10 古城山に登った帰りここでランチを食べました。⤵
Dsc00497a
なるとを逆さに読むと、とるな😃
Dsc00498054
ランチ
Dsc00500056
ボリュームはあり満足でした
Dsc00501057
みそ汁とフルーツが付きます。 ランチ 海鮮チラシ並 700円
今回からブログのプロバイダーは同じですが、
ブログを書くソフトが改良されたので、慣れるまでやりにくいです。

| コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

関市中之保の権現山

3月9日(土曜日)
今日の山は関市中之保町の権現山(ごんげんやま)525mです。
関市の権現山は関市武芸川町にもあります。(次回の登山はここの予定です)
メンバーは5人(松井さん、坂さん、安藤さん夫婦、私)

3

高速道路を利用すれば富加関ICで下り こぶし街道(国道58号線)で

平成道の駅に向かい途中で県道80号線に入ると権現山の登山口に行けます。

普段は関市の町を通りこぶし街道で行くのですが!

今回は高速道路を使わず早く行ける道を紹介します。

国道21号線(坂祝バイパス)で大針ICを右折し、太田町北一中で左折し、

県道63号線で北上するとこぶし街道(県道58号線)に入ります。

今日のコースタイム

羽島7:00 → 8:30駐車場8:32→ 9:52権現山山頂10:22

 → 11:30権現滝・乙女滝11:42 → 12:02駐車場

 → 12:15蕎麦処 来る味(くるみ)13:05 → 14:20羽島

2

▲ぶらり山旅さんの軌跡を使わせてもらいました。(了解無く

http://www.jalps.net/non/live/gongenyama/index.html/index.html

ぶらり山旅さんのHPです。(参考にさせてもらいました)

Dsc00142

Dsc00144

登りは左の道へ、帰りは右の道から来ます

Dsc00145

Dsc00147

Dsc00148

炭焼き小屋

Dsc00149

Dsc00151

ここから山道

Dsc00153

Dsc00154

Dsc00155

Dsc00156

あせびが満開です

Dsc00157

Dsc00158

Dsc00160

権現山を眺めています

Dsc00161

Dsc00162

初めの急登です

Dsc00163

Dsc00164

Dsc00165

Dsc00166

コルに着いた    コルは鞍部(あんぶ)、タワ、タル、峠とも呼ばれます

Dsc00167

Dsc00168

急の下りです    

Dsc00170

2回目の急登です

Dsc00171

Dsc00173

▲昔ここに祠があった場所のようです

Dsc00174_2

▲駐車場より1時間20分で権現山頂上に着いた 

Dsc00175

白山方面

Dsc00176

白山のズーム

Dsc00178

御嶽山方面

Dsc00179

御嶽山のズーム

Dsc00180

右の雪山は乗鞍岳。左の雪山は笠ヶ岳? 真ん中は下呂方面の山?

Dsc00182

▲可児の山や各務原アルプスの山々

Dsc00183

▲各務原アルプスと右奥は鈴鹿の山

Dsc00189

Dsc00190

Dsc00194

Dsc00195

Dsc00198

Dsc00201

これより下山

Dsc00202

帰路の標識に従い進んだら迷ってしまいました。

沢に下りる道を見落としたようです。迷ったと気づき元に戻った。

Dsc00204

元の場所に戻り、沢へ近道で下りました

Dsc00205

台風か豪雨で倒れた木が登山道を塞いでいた。

松井さんはこの木に頭をぶつけた

Dsc00206

Dsc00208

Dsc00210

Dsc00214

Dsc00216

烏帽子岩の下に乙女滝があります

Dsc00217

小屋がある所まで下ります

Dsc00218

乙女滝入り口へ

Dsc00219

Dsc00220

▲先ずは権現滝へ

Dsc00222

水量が少なく滝の勢いはありません

Dsc00224

Dsc00225

滝壺

Dsc00226

次は乙女滝へ

Dsc00235

Dsc00228

Dsc00232

Dsc00230

滝壺

Dsc00237

Dsc00238

Dsc00240

▲原木より頭を出す椎茸

Dsc00241

今日の工事は休みのようです     この先が駐車場です

Dsc00259

帰りに寄った蕎麦処 来る味(くるみ)さん

Dsc00258

人生の楽園  TV放映の店

Dsc00242_2

Dsc00243

先ずはゆで卵をサービスで頂きました

Dsc00245

皿そばです。ここはザルの代わりに皿を使うそうです。

風味や腰があり美味しかった

Dsc00247

Dsc00249

Dsc00244

Dsc00256

Dsc00252_2

定年を過ぎた仲の良い同級生6人で営業されているようです。

今日はお二人でしたが話し好きの人でした。

店の中へは靴を脱いで入り、家庭的な感じを受けました。

話を聞くと松井さん、坂さんと同級生でした。

地元の人や、そば通の人に愛されている店だと思いました。

正に人生の楽園

Dsc00257_2

「友集う手作りの味」を頑なに、

あれから六年・・・・。

テレビ朝日系「人生の楽園」に出られただけでも幸せです。

一日十食だったのが、テレビ放送の翌日は三百食に。

でも半年で元に戻りました。

でも、やめられません。

そば打ちは奥が深い。

その日その日で出来が違う。

だから面白いのかも・・・。

それと、なんと言っても、こんな店でも来てくださるお客さまがいたから。

それと、友が集って来てくれるから。

儲かりません。

でもこれでいいんです。

だって、人生の楽園なんだから・・・  「来る味」店主

Dsc00253

店主(国光英幸さん)の人生観を感じます。

人生の先輩から学ぶことは多いと思いました。

| コメント (0)

2019年3月 3日 (日)

下呂御前山(空谷山)1411mと大江戸温泉物語下呂新館のランチバイキング

3月2日(土曜日)
急に休みになったので下呂御前山と大江戸温泉物語下呂新館のランチバイキングを
楽しんできました。

Photo

▲歩いたコースは駐車場スタートです

Dsc00033

4~5台の停めれる駐車場

Dsc00032

Dsc00034

Dsc00035

Dsc00036

登山口

Dsc00037

Dsc00038

熊と遭うかもしれないので熊除けの鈴を鳴らして歩きました

Dsc00042

動く動物!

Dsc00044

カモシカです    私をジーと見ています

Dsc00045

5合目まではハイキングのような歩きでしたが、

ここから山道になります

Dsc00048

Dsc00051

Dsc00052

霜柱です   まだ最低気温は氷点下ですね

Dsc00053

雪はアイスバーンなので注意して歩いた

Dsc00055

崩落場所です

Dsc00056

注意して覗いてみた

Dsc00059

Dsc00061

Dsc00062

見晴台よりの眺め

Dsc00063

下呂市です

Dsc00064

こんな道を進みます

Dsc00065

8合目です  ここは平らな場所です

Dsc00066

Dsc00067

Dsc00068

広い登山道です  平らのように見えますが登りです

Dsc00070

9合目です   

Dsc00071

Dsc00072

頂上が見えてきました

Dsc00074_2

御嶽山が目の前に初めて現れ、おーと言葉が出ました

この感動は登らないと分らないでしょう

Dsc00083

北アルプス

Dsc00081

白山

Dsc00079

Dsc00082

こんな頂上です    誰も居ません 独り占めです

Dsc00087

頂上から下呂の街を見ています

Dsc00092

ズーと居たいが・・・・・下山前の一枚

Dsc00096

9合目にあった高岩大権現に寄りました

Dsc00097

Dsc00098

Dsc00100

登山口に戻りました

Dsc00101

駐車場の手前で初めての登山者に会いました

Dsc00103

大江戸温泉物語下呂新館

Dsc00104

ランチバイキングの受付はフロントの右端に専用の受付がありました

https://gero.ooedoonsen.jp/news/5601

Dsc00105

ここで料金(2580円)を支払い、リストバンドをもらい付けます

Dsc00106

誰かと行ったと思ったでしょう!

私一人分です

Dsc00107

Dsc00108

下呂新館名物の高山ラーメン    

自分で作るのでなくコックさん(きれいな女性)に作ってもらえます

Dsc00109

パンも蜂蜜も美味しかった 

Dsc00110

デザートも食べ満腹になりました。

全部の種類の料理は食べきれませんでした。

食後の風呂は、3時からです。ロビーで休憩していても良いのですが、

私はフロントで下呂の街の駐車場や見所を聞いてに出かけました。

Dsc00111

市営の駐車場は1時間までは無料で、あと30分ごとに100円支払います。

2時間で200円で、3時間なら400円です。

先ずは下呂駅まで歩きました

Dsc00113

Dsc00114

Dsc00115

Dsc00117

川にある露天風呂です(噴泉池)     水着で入ります

Dsc00118

Dsc00119

Dsc00121

Dsc00120

Dsc00122

駐車場に戻り1時間以内の無料で出て、また入りました。

Dsc00123

これより温泉街の散策です。

Dsc00124

Dsc00125

Dsc00127_2

▲飛騨牛のあぶり握り寿しの湯島庵は凄い人でした。http://yushimaan.com/shop/

Dsc00129

先ずは温泉寺へ

Dsc00130

満腹でこの階段はきつい

Dsc00131

Dsc00133

Dsc00134

福寿草

Dsc00139_2

市営の駐車場(1時間以内)を出て湯の町雨情公園へ  野口雨情の像

桜の木が多いので4月は良いところです。今日は一人もいません

Dsc00136

合掌村の駐車場は無料です 

入村料は800円です。風呂に入れる3時になったので入村しないで

大江戸温泉物語下呂新館に戻った。

フロントでリストバンドを見せてフェイスタオルをもらいました。

風呂は3時から入れますが5時や6時になっても入れます。

3時は当日の宿泊客が入れる時間と同じです。

大江戸温泉物語下呂新館の温泉のお湯は日本三名泉(有馬・草津・下呂)

の名前ほどでは無かった。

露天風呂だが入浴剤が入れられ色と香りがありました。

辛口に言うなら、お湯に自信があるなら入浴剤はだめでしょう。

Dsc00135

下呂温泉に入りたかったら下呂の旅館がいいでしょうね。

旅館も日帰り温泉をやっていました。例で小川屋さんは1500円でした。

安く温泉に入るなら、白鷺の湯やクアガーデン露天風呂がいいでしょうね

Dsc00141a

Dsc00094

最後は19年前に松井さんと登った下呂御前山です。

木が茂り御嶽山の見晴らしは少し悪くなりましたね

| コメント (0)

2019年2月23日 (土)

本城山(ほんじょうざん)423m

2月23日(土曜日)
岐阜新聞に関市の本城山を親しんでもらおうと登山コースが整備されたと載った。
松井さんが見つけ、ここに登ることにした。
メンバーは5人(松井さん、坂さん、安藤さん夫婦、私)

C

ネットでこのコースを調べても、まだ新しいので少ない。

駐車場が分らなかったので八神集落センターに停めさせてもらいました。

車を停め車道を5分ほど歩くと登山口がありました。

その手前に空き地があり、登山者らしき車が一台停まっていたので

ここへ停めればいいと思った。

八神集落センターより1時間で登れたので、帰りは冒険をしました。

B

このコースは総距離7.5kmのうち車道歩きが半分あります。

下りに使った登山道は頂上から少し下った鉄塔の場所にロープが張ってあった。

迂回路があるかと進んだら、行きたい方と反対だと気付き鉄塔まで戻った。

初めての道でロープで止めてある道は不安だが行くことにした。

やはり次の鉄塔までは、急な場所があり落ち葉で滑り安かった。

安全を考えたら本城山の往復が良いでしょうね。

Dsc09924_2

八神集落センター

Dsc09926_2

縦走も面白そう

Dsc09927_2

Dsc09928_2

登山口の標識

Dsc09929_2

駐車場らしき空き地

Dsc09931_2

Dsc09932_2

Dsc09933_2

Dsc09935_2

Dsc09937_2

Dsc09938_2

Dsc09939_2

Dsc09942_2

Dsc09944_2

馬酔木(あせび)がきれいに咲いていた

Dsc09945_2

Dsc09948_2

Dsc09949_2

Dsc09950_2

Dsc09952_2

Dsc09953_2

Dsc09954_2

Dsc09956_2

Dsc09958_2

Dsc09961_2

Dsc09962_2

Dsc09963_2

Dsc09965_2

Dsc09966_2

Dsc09969_2

Dsc09970_2

Dsc09971_2

Dsc09972_2

Dsc09977_2

本城山山頂 約1時間で登れました

Dsc09979_2

新聞に載った新しい看板

Dsc09980_2

Dsc09983_2

Dsc09986_2

左の人は岐阜市のKさん

Dsc09988_2

絶景です

Dsc09990_2

Kさんに撮ってもらいました

Dsc09995_2

頂上より少し西に行った場所   伊吹山が見えます

Dsc09996_2

Dsc09999_2

尾根道の鞍部より次の鉄塔を目指し下ります

Dsc00001_2

おぉ~ 熊の爪痕か?

Dsc00003_2

まだ新しい  熊居るな

Dsc00004_2

Dsc00007_2

山を下り本城山を振り返っています

Dsc00010_2

Dsc00011_2

Dsc00012_2

Dsc00014_2

50円は安い   中段と下段の半分が50円でした。

Dsc00015_2

Dsc00016_2

Dsc00018_2

八神集落センターが見えてきました

Dsc00021_2

昼食は羽島に戻り「愛武寿し」です

Dsc00022_2

Dsc00023_2

Dsc00024_2

Dsc00025_2

Dsc00026_2

すしランチ 並寿しです

Dsc00028_2

Dsc00029_2

▲にゅうめんも付き、ボリュームがあり美味しかった

安藤さんから前回の登山(各務原権現山)の写真をもらったのでブログにアップしまた。

次回の山は、関市の権現山です。

| コメント (0)

2019年1月26日 (土)

城ヶ峰(しろがみね)288m・石谷(いしがや)255m

1月26日(土曜日)
今日の山は岐阜市の北に衝立のように連なる山です。
場所は鳥羽川と伊自良川の合流する地点の北に広がる城田寺(きだいじ)
の集落の北の山です。(城田寺はお寺で無く地名です)
登山口は城田寺の常國寺からです。
駐車場は城田寺公園の横で停めさせて貰いました。
メンバーは5人(松井さん、坂さん、安藤さん夫婦、私)

Yamareko

コースタイム

城田寺公園8:27 → 8:30常國寺 → 9:37城ヶ峰9:52 → 10:40石谷

 → 12:10(想像です)城田寺公園

Pic_1548458849951008

▲城田寺公園横の駐車場

Pic_1548458995294009

常國寺へ進みます

Pic_1548459082596010

お墓に進みます

Pic_1548459127107011

お墓の右側に案内板あります

Pic_1548459369435012

尾根までは急登です

Pic_1548461182049013

2019_004_2

安藤さんの写真

鉄塔に着いた

Pic_1548461402403014

右に岐阜大学と大学病院

2019_005_2

安藤さんの写真

Pic_1548463960388017

城ヶ峰(しろがみね)  今日はカメラを忘れたので私のスマホで撮っています

2019_007_2

2019_008_2

▲上の2枚は安藤さんから貰った写真

Pic_1548466978836002

石谷(いしがや)は点名三角点です。

Pic_1548467511926003

コースから外れ展望が良い場所へ

Pic_1548467620664004

雪が降ってきました

2019_011_2

2019_012_2

2019_015_2

2019_014_2

▲上の4枚は安藤さんから貰った写真

私は上の写真(岩場)で次の岩に飛び乗ろうとした時、

つまずいて下に落ちてしまいました。

プールで飛び込み台から飛びこむ状態でした。

下が岩場で右ズボンの膝は引き裂かれ出血しました。

安藤さんは看護師の経験で素早く怪我の処置をしてくれました。

お陰で出血が止まり歩くことが出来ました。

皆さんには私のドジなことで迷惑を掛けてしまいました。

1

山を下り車道に出て、皆(松井さん、安藤さん夫婦)は駐車場に戻り来てくれました。

坂さんは私に付き合ってここで待ってくれました。

坂さんには悪いことしました、なぜなら気温が3度ぐらいで風速5mぐらいの

冷たい風の中では体感は0度でした。

坂さん すみませんでした。

20190126_130723005

帰りにイオンタウン本巣の武芸川温泉 ぬくいの湯に入る予定でしたが

私の怪我で中止になりました。 皆さん すみません

昼食は羽島に戻り 喫茶店リスブランhttps://www.gifu-morning.com/posts/2635035

でワンコイン(500円)ランチを食べました。

ご飯とおかずはもう食べて減っています。

(日替わりランチのおかずはウインナーとトマトの卵炒め)

| コメント (0)

2018年11月10日 (土)

倉見山(くらみやま)926.8m

11月10日(土)
今日の山はうすずみ温泉の駐車場から2時間で登れる手ごろの倉見山です。
メンバーは5人(松井さん、坂さん、安藤さん夫婦、私)
今週初め帯状疱疹(たいじょうほうしん)の症状が出た私のために、
無理の無いペースで歩いて貰いました。

Kurami_img2v2a

1

登り 2時間15分     下り 1時間35分

Dsc09298_2003

▲うすずみ温泉の駐車場に停めます。時間が早いのか!一台もありません。

Dsc09299_2004

山手にある貯水槽を目指します。

Dsc09300_2005

Dsc09301_2001

貯水槽の裏が登山口です。

Dsc09303_2002

スタートはNo⑱です。

Dsc09304_2003

水路の沿って進みます

Dsc09306_2004

No⑰から左折し植林の山道を進みます

Dsc09307_2005

ここから直登です

Dsc09308_2001

Dsc09310_2002

No⑮で左に行きます

Dsc09311_2024

Dsc09312_2025

台風で大木が倒れ登山道を塞いでいます

Dsc09313_2026

Dsc09314_2027

Dsc09316_2028

植林帯を過ぎると落葉樹林帯です

Dsc09319_2029

ここから紅葉がきれいでした

Dsc09321_2030

Dsc09322_2031

Dsc09324_2032

No⑥から紅葉が終わり葉が落ちています

Dsc09325_2033

Dsc09329_2035

No②は木にペイントしてあります

Dsc09332_2036

頂上が見えてきました。

Dsc09333_2001

誰も居ない静かな倉見山頂上です

Dsc09334_2002

早めのランチタイム

Dsc09335_2003

岩岳(いわたけ)

Dsc09336_2004

対の反射板のある大白木山

Dsc09341_2005

Dsc09343_2006

気温は12度でした

Dsc09344_2007

下山です。今日は見晴らせますが夏は葉が茂り眺望はありません。

Dsc09346_2009

おっと 40人ぐらいのグループです。静かな山が人気の山に!

Dsc09347_2010

Dsc09349_2011

きそ川山歩きの会のグループでした。最後尾の柴垣さんに話を聞きました。

Dsc09351_2012

Dsc09354_2013

Dsc09366_2014

Dsc09368_2015

Dsc09369_3016

遠くの高い山が雷倉(かみなりくら)1168mです

Dsc09370_2017

紅葉のきれいな時に倉見山に来れて良かった。

羽島に帰る途中 柿が売っていたので買った。(6コで200円)

松井さんの家に帰り、水菜とミカンを貰った。(何時もありがとうございます)

家に帰り柿とミカンを食べ風呂に入って21時まで疲れていたので寝てしまった。

以前に登った倉見山です

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-7b35.html

| コメント (0)

2018年8月25日 (土)

兎走山・岩田山

8月25日(土曜日)
今日の予定は能郷白山でしたが、天気が良くないので前日に本巣の七名山の
岩岳になった。
今朝7時に集合し、北の方を見ると雲に覆われ全く山が見れないので、
まだ登ったことがない兎走山172mの低山に決まった。
兎走山だけでは1時間で往復出来るので、
隣の岩田山(いわたやま)270mも登って来ました。。
今日は高温多湿だったので全員が汗で服がビショビショでした。
今回迷ったのは兎走山の読み方でした。
「ウソヤマ」 「トソヤマ」と言われたり、
「トノヤマ」と地元では言うらしい。これは殿山からです。
「トソウヤマ」「トソウザン」 これは兎走烏飛(とそううひ)からです。
(あっという間に月日が過ぎることの意味です。
月には兎が、太陽には烏(3本足のカラス)が住んいるとされる中国伝説からきた言葉)
「ウソウヤマ」やヤマレコでは「ウサギハシリヤマ」と7通りの読み方がありました。
兎走山の下にトンネルは「とそうざんトンネル」と書かれ、
また関市史には「うそやま」とルビが打たれているそうです。
兎走山の読み方は各自で好きなように読んでください。

今日のメンバーは4人(松井さん、安藤さん夫婦、私)

A

▲今日の歩いたコース

Dsc08615_20001

長良川沿いの公園で車を停た

Dsc08616_20001

Dsc08617_20001

長良川は増水し濁っていた。このあたりを左巻と言うようです。

名前の由来は分らないが、流れがここの岸壁に当たり左巻きの渦ができるからだろうか?

Dsc08618_20001

千鳥橋の下しを通ります

Dsc08619_20001

中電の巡視路を登らせて貰います。兎走山の登山口の標識はありません。

Dsc08620_20001

Dsc08621_20001

Dsc08623_20001

最初の鉄塔

Dsc08625_20001

2番目の鉄塔の隣が兎走山の頂上

Dsc08626_20001

Dsc08628_20001

「とのやま」の山名です。  地元の人の呼び方です

Dsc08629_20001

下りは春日神社へ。この登山道は案内板があり整備されています

Dsc08631_20001

Dsc08632_20001

Dsc08633_20001

春日神社の手前から岩田山に登ります。

Dsc08634_20001

鍋坂峠で左折すると、尾根までの急登になります。

Dsc08635_20001

岩田山の頂上は眺望はありません。ここでコーヒータイム

Dsc08638_20002

さっきの兎走山登山口です

Dsc08639_20002

駐車場に戻りました。ここは桜の咲く頃は良い場所ですよ

今日は蒸し暑いでした

7月28日、29日の北アルプスの蝶ヶ岳は台風接近により中止になりましたが、

9月8日、9日に行く予定です。天気が良いといいなぁ~。

| コメント (0)

2018年7月14日 (土)

大白木山(おじろぎやま)1234.5m

7月14日(土曜日)
今日の山は3週間前に登る予定だった大白木山(おじろぎやま)です。
梅雨が上がり、今日は猛暑の予報が出ている登山でした。
メンバーは4人(松井さん、安藤さん夫婦、私)

Ojirogiyama_img1

Photo

Dsc08413_21

▲折越峠で駐車

Dsc08418_21

Dsc08420_21

ここからスタートです。

Dsc08421_21

急な階段です

Dsc08423_21

Dsc08425_21

法面の最上部

Dsc08424_21

中央が能郷白山

Dsc08426_21

Dsc08428_21

Dsc08432_21

根上り桧です。

Dsc08435_21

根上り桧で小休止

Dsc08437_21

もう紅葉している

Dsc08438_21

向かい合った反射板のある場所が大白木山

Dsc08441_21

中間点の分岐です。中部電力の反射板巡視道を行きます。

Dsc08444_21

Dsc08445_21

中央奥が白山  左の三角錐の山は屏風山

Dsc08449_21

尾根を進みます

Dsc08450_21

大白木山の頂上が見えてきました。トンボがたくさん飛んでいる

Dsc08454_21

Dsc08452_21

遠くに御嶽山

Dsc08453_21

御嶽山をズームしてみました。右の反射板のある場所は日永岳です。

Dsc08455_21

安藤さんが作ったスイカを頂きました。美味しかった ご馳走様

Dsc08463_21

Dsc08457_21

日陰でランチタイム

Dsc08467_21

YMCAに見えませんね     西城秀樹さんを偲んで

Dsc08476_21

下山途中からの眺め  

左奥が御嶽山、その右が日永岳  中央が高賀山・蕪山など 一番右が舟伏山

Dsc08479_21

上大須ダムが見えます

Dsc08480_21

上大須ダムのズーム   水が濁っています。

Dsc08484_21

ハート型の実のマルバノキ

Dsc08490_21

折越峠へ     上り2時間10分 下り1時間45分でした

Dsc08491_21

松井さん家で安藤さんが作ったスイカを三等分して貰いました。

Dsc08492_21

安藤さん ありがとうございます。

二週間後の21,22日は北アルプスの蝶ヶ岳登山です。

7日西日本を中心に活発な梅雨前線による豪雨災害が拡大し
広島、愛媛、岡山、その他で堤防決壊で多数の犠牲者が出ました。
(死者・安否不明者の合計が250人程)
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

| コメント (5)

より以前の記事一覧