カテゴリー「(静岡県)の山」の記事

2014年12月13日 (土)

愛鷹山(黒岳)と沼津アルプス(徳倉山)

12月13日(土曜日)

2014年(H26)の忘年登山でどこの山にするか私に任されたthink

富士山が見える山・・・・何処にしようかconfident

最初に上がった候補は愛鷹山(あしたかやま)1188mでした。

愛鷹山の山塊全体を「愛鷹山」と呼んでいるが、この愛鷹山には

「越前岳」「鳴子岳」「袴腰岳」などの7つのピークと愛鷹山1188mがあります。

それらのピークの最高峰が「越前岳(1504m)」なので、

愛鷹山が越前岳と紹介している本やネットが多い。

愛鷹山をネット(フジヤマNAVIで愛鷹山周辺)で調べると、愛鷹山1188mが出てこない。

結果、最短に登れ富士山がきれいに見える黒岳(くろだけ)1086.5mに登ることにした。

メンバーは4人(松井さん、なべさん、安藤さん、私)

坂さんは残念ながら欠席でした。

A

B

1

13日は、西高東低の冬型の気圧配置が強まり、風が強く山間部は雪が降る

予報が出ていました。

寒波で富士山が見えるか?と心配しながら羽島を朝5時に出発した。

コースタイム

羽島IC5:10 → 7:50富士川SA8:00 → 8:25裾野IC → 8:50山神社登山口8:55

 → 10:00黒岳10:30 → 11:25登山口 → 12:35沼津漁港(昼食)13:15 → 

13:45徳倉山15:15→ 16:00長泉沼津IC → 16:05駿河湾沼津SA → 19:12羽島IC

Dsc09519_2

▲東名高速の上りで最初に見える場所が、浜名湖の橋からです。

 まだ日の出前なのでハッキリ見ないが、富士山の形が見たので

 今日は見える期待が大きくなった。

Dsc09520_2

▲朝7時朝日が昇った。

 次から写真は富士山ばかりです。(富士山に愛着があるのでhappy01

Dsc09523_2

Dsc09525_2

Dsc09528_2

Dsc09536_2

Dsc09542_2

Dsc09545_2

▲富士山の右の山々が愛鷹山です。一番右が愛鷹山、一番左が越前岳です。

 今日の黒岳は越前岳の奥なので見えません。

Dsc09546_2

▲左の上が薩埵峠(さったとうげ)です。

Dsc09549_2

Dsc09550_2

Dsc09551_2

Dsc09555_2

Dsc09559_2

Dsc09560_2

Dsc09561_2

Dsc09562_2

Dsc09565_2

Dsc09567_2

▲裾野ICで下りる。料金は3割引きで4270円   (6100円×0.7)

Dsc09570_2

▲富士山の東側は、雪から水蒸気が上がり雲が湧き出ていた。

Dsc09571_2

▲山神社に広い駐車場がありました。

Dsc09572_2

Dsc09573_2

▲黄色ライン往復が歩いた道です。ここから越前岳に登る人も多いようです。

Dsc09574_2

Dsc09576_2

Dsc09577_2

Dsc09578_2

Dsc09586_2

▲▼無料の避難小屋

Dsc09587_2

Dsc09589_2

Dsc09591_2

▲最初の展望台です。真下には富士サファリパークが見えます。

 もう少し先の頂上に行きます。

Dsc09597_2

▲黒岳山頂

Dsc09601_2

Dsc09604_2

Dsc09609_2

Dsc09610_2

Dsc09605_2

▲この赤い実は、何の木でしょうか。

Dsc09608_2

▲女性陣はよく笑いhappy01、よく喋る。

 いい顔をしています。 これがストレス解消の秘訣でしょうねcoldsweats01 

 この写真が嫌でしたらメールください。

Dsc09594_2

Dsc09614_2

▲最後に富士山を眺め、満足している後ろ姿confident

駐車場に戻り、沼津の漁港で海鮮丼を食べに行った。

沼津の街は、交通量が多く渋滞していた。

昼食時間に重なり、どの食堂も満員でした。

Dsc09622_2

Dsc09624_2

▲ぬまづ丼を食べた。

Dsc09625_2

▲食事を済ませ、徳倉山(とくらやま)256mを登ることにした。

Numadu

Dsc09627_2

▲登山口の近くに駐車場がなかったので、

 少し離れた駐禁でない場所に止めて歩いた。正面の山が徳倉山です。

Dsc09642_2

Dsc09628_2

Dsc09630_2

Dsc09631_2

Dsc09632_2

▲残念ながら富士山は雲の中でした。

 雲が無かったらこんな景色ですAbdsc02039a_2。4年前のブログからです。

 http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/-a-87e7.html

Dsc09637_2

Dsc09634_2

Dsc09641_2

Dsc09644_2

▲菜の花が咲き、伊豆はいつも暖かいようです。

Dsc09651_2

▲アロエの花です。上の写真の左上に咲いていました。

Dsc09653_2

▲沼津市を走行中、雲が離れ富士山が現れた。

 徳倉山に30分長く居たら富士山が見えたようです。

Dsc09658_2

▲帰りは新東名の長泉沼津ICに入った。

Dsc09669_2

▲夕焼けで頂上が明るい富士山。今日は赤くは成らなかった。

 今日のブログは富士山ばかりでしたhappy01



往復松井さんが運転してくれた。松井さんありがとうございました。

皆さんお疲れ様でした。

フリー百科事典より 愛鷹山を調べると

古くは足高山と記されていた。愛鷹山を普通に読めば、あいたかやまだ。

富士山を中心に愛鷹山(足高山)、山梨県の足和田山、箱根の足柄山を合わせて

「富士三脚」と呼んだ。

縁起のよい初夢『一富士、二鷹、三なすび』の鷹は、駿河国で2番目に高い愛鷹山を

指すという一説がある。しかし、実際には駿河国で愛鷹山より高い山はある。

最後に私に起きた災難  

お昼に食べたぬまづ丼が、私の腸が悲鳴をあげたshock

かき揚げ丼を食べた方がよかったなcoldsweats01

状態は書けないが、大変な夜でした。

| コメント (0)

2013年12月14日 (土)

2013忘年登山 竜爪山(りゅうそうざん)・欅立山(けやきたてやま)

12月14日(土曜日)

平成25年(2013)の忘年登山に行ってきました。

場所は静岡市街地の北側にある竜爪山(りゅうそうざん)です。

竜爪山は薬師岳(やくしだけ)と文殊岳(もんじゅだけ)の総称の山です。

欅立山(けやきたてやま)は穂積神社から見て、竜爪山の対象の位置にある山で、

標高がゴロがよい888.8mなので最近にわかに人気が出てきた山です。

車のナンバープレートで8888を付けているいる人は親しみがある山だと思います。

なべさんが「忘年登山」だという事で、飛騨牛と野菜とビールを持って来てくれた。 

なべさん ありがとうございました。Photo_2PhotoPhoto_2

今日のメンバーは5人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、私)

さっちゃんは都合が悪く参加出来なかった。(残念です)

Adsc030430

コースタイム

羽島IC5:55 → 新東名 → 浜松SA → 新静岡IC → 9:15穂積神社9:28

 → 10:04欅立山10:15 → 10:47穂積神社10:55 → 11:53薬師岳 →

12:10文殊岳13:15 → 13:32薬師岳 → 14:20穂積神社 → 

新東名(島田金谷IC) → 17:30羽島IC

Adsc030410

浜松SAでトイレ休憩とおにぎりを買った。

新静岡ICを下り、静清バイバスの瀬名ICから201号線を北上し、

平山登山口の数台の登山者の車を横に見て、

車は高度を上げ穂積神社に着いた。神社境内には駐車場やトイレがある。

Adsc029180

Adsc029200

リックを車に置いて、先ずは欅立山(けやきたてやま)888.8mに向った。

Adsc029230

Adsc029250

頂上から富士山が見れ、みんなの歓声が上がった。

Adsc029280

Adsc029290

Adsc029320

Adsc029350_2

Adsc029360

記念写真を写して穂積神社に戻った。

Adsc029420

Adsc030360

Adsc029460

社殿の右側を通り進む。立派な杉の木に驚く。

Adsc029480

Adsc029490

Adsc029510

鉄製の階段に鉄パイプの手すりが付けられている。

Adsc029590

おっ  これは何だcoldsweats02  初めて見るものだ。ギンリュウソウかなsign01

信じられないような話ですが、これは氷の結晶の花です。

Adsc029620

これは、霜柱草(シモバシラソウ)と言います。

シソ科の植物で、初冬に枯れると断面が四角い糸巻き状の茎が地中から

毛細管現象で水を吸い上げ、その水分が茎の四つの角からふき出して

寒さで凍るというもの。ひとつとして同じ形のものがない見事なガラス細工、

正に自然が造る造形美です。

Adsc029630

Dsc0291951

Adsc030250

後で聞いたのですが、「この珍しい写真を撮りに来るカメラマンの為に

壊さないで欲しい」との事でしたが、聞く前に採ってしまいました。(すみません)

Adsc029650

Adsc029680

富士山の、手前右の山が先ほど登ってきた欅立山です。

Adsc029690

鉄の階段は、まだ続きます。

Adsc029700

Adsc029710

尾根に着くと、展望が良くなる。

Adsc029770

Adsc029780

Adsc029750

薬師岳の頂上は展望が無く、薄暗く寒い。温度は1℃だったbearing  

ここは後で写真を撮った。

Adsc029810

Adsc029820

少し下って登り返すと、南面が明るい文殊岳(もんじゅだけ)山頂に着いた。

Adsc029840

Adsc029870

Adsc029890

清水港と三保の松原が見えます。

Adsc029900

焼肉パーティです。

Adsc029930

Adsc029940

乾杯beer

Adsc029950

飛騨牛は美味しいhappy01

Adsc030000

これを読めば竜爪山のことが少し分ります。

Adsc030130

Adsc030120

Adsc030100

Adsc030140

叫ぶimpact 松井さん

Adsc030150

Adsc029860

Adsc030010

Adsc030070

少し戻り薬師岳で写す。

Adsc030170

Adsc030190

Adsc030280

穂積神社に戻り、車で下りて行く途中で竜爪山を見ています。

Adsc030390

Adsc030380

帰りの風呂は無しです。

今日の走行距離456km  高速料金 行き2400円 帰り2050円

皆さん お疲れ様でした。

松井さんのお陰で遠くに行けます。ありがとうございますPhoto

| コメント (0)

2013年7月16日 (火)

雨ヶ岳(あまがたけ)・竜ヶ岳(りゅうがたけ)

7月14日(日曜日)

今日の予定は、富山県の白木峰(しらきみね)でしたが、

北の方は天気が悪いので、前日に松井さんが富士山fujiの近くの

雨ヶ岳(あまがたけ)と竜ヶ岳(りゅうがだけ)に決めてくれた。

でも、東に行って富士山fujiが見える確率は50%ぐらいだろうかthink

富士山が見えたら最高のご褒美なのだが。

期待と不安で、朝5時に出発した。

メンバーは3人(松井さん、安藤さん、私)

坂さん・なべさん 今度は参加してください。

雨ヶ岳と竜ヶ岳は下のですdown。静岡県と山梨県の県境です。

Adsc005280

5:15羽島IC → 7:15(新東名)清水PA7:25 → 7:38新富士IC → 

8:30根原駐車場8:35 → 8:47A沢貯水池 → 9:45端足峠9:48 →  

11:06雨ヶ岳11:43 →  12:45端足峠 →  13:32竜ヶ岳14:12 →  

14:47端足峠 →  15:46根原駐車場 → 16:40富士宮焼そば17:10 →  

17:30新富士IC →  21:00羽島IC

山と渓谷社出版の「静岡県の山」のコースを参考にさせて貰い、

この通り歩いてきました。

Adsc005230

三ヶ日JCTから新東名高速道路で行くことにした。

トンネルが多いが、走りやすい道です。

松井さんが運転していたが、140km出ていた。

車が良いので、乗り心地は最高だ。

でもスピード違反で捕まると大きいので少しスピード抑えてもらった。

曇り空ながら、新静岡ICを過ぎた頃から富士山が見えてきた。

Adsc003550

清水PA(パーキングエリア)でトイレ休憩とコンビニで買い物をした。

新清水IC近くで富士山が大きく見えてきた。

Adsc003580

新富士ICを下りて、富士宮から国道139号線で朝霧高原に向った。

道の駅「朝霧高原」を過ぎ、次の集落の根原(ねばら)の駐車場の

入り口が分らず通過してしまった。

少し走り、ユータンした場所から富士山がきれいに見えた。

停まって写真撮影cameraannoy

Adsc003770

この花は、ユウスゲです。伊吹山の三合目に一杯咲いています。

Adsc003790

きれいな富士山ですlovely。最高です。さて、この先どうなるでしょうcoldsweats01

Adsc003780

小学校とガソリンスタンドの間の狭い道に入るとゲート手前に駐車場がある。

Adsc003820

無人の駐車料金徴収ポストがある。チャント500円入れました。

Adsc003830

Adsc003850

ネットで張られた貯水池です。ここからは水は見えない。

Adsc003870

端足峠(はしたとうげ)に向う。

Adsc003880

Adsc003910

白い花は雑草のヒメジョオンかハルジオンだと思う。

栽培してあるか、自然生えなのか分らない。

Adsc003940

東海自然歩道を少し歩く。

Adsc003960

端足峠に着いた。高い所に雲があるが富士山を覆う雲は出ていない。

Adsc004080

Adsc004081

Adsc004082

次に今日の最高点の雨ヶ岳1771.7mに向う。

Adsc004090

キツイ登りが、1時間20分あるwobbly

Adsc004120

Adsc004160

Adsc004170

時々、富士山が見えて元気が出る。

Adsc004200

雨ヶ岳の頂上に着いた。

Adsc004250

先客の2グループがみえた。

Adsc004251

ここでランチnoodlericeballにした。

着いた時は富士山はきれいに見えていたが、徐々に雲が湧き出てきた。

Adsc004280

Adsc004310

Adsc004360

Adsc004380

上の右の人は、1人で登ってきた女性です。この人に写真を撮ってもらった。

Adsc004410

雨ヶ岳の最後の写真です。

Adsc004420

これより下山し端足峠に戻る。

Adsc004430

Adsc004500

富士山に雲のリングが見える。

Adsc004550

端足峠に戻り、こんどは竜ヶ岳に向う。

貯水池が見えた。思ったより大きく広い。

Adsc004560

富士山に雲がまとわり着いてきた。竜ヶ岳では富士山は見えないかも。

Adsc004580

笹の中に登山道が出来ている。

鈴鹿セブンマウンテンの竜ヶ岳と同じ様な感じがする。

Adsc004630

Adsc004640

背丈以上のササの中は迷路のようです。

Adsc004650

Adsc004660

頂上は、ササが無くて広い。360度の展望です。

Adsc004670

テーブルでコーヒーcafeにした。(何時も安藤さんありがとうございます)

後ろに見えているのが、今登ってきた雨ヶ岳です。

Adsc004700

Adsc004701

南アルプス方面

Adsc004710

南アルプスの山ですが、名前は分りません。

Adsc004711

Adsc004712

雲がだんだん減ってきた。

Adsc004731

上の青年に写真を撮ってもらった。

Adsc004750

富士山の頂上の雲が消えた。

Adsc004830

初めてズームレンズに交換した。レンズは50mm-210mmです。

普段使っているのが、18mm-50mmですが、これ一本で充分だと思った。

Adsc004860

Adsc004861

雲が色々と変化してくるので、面白い。

Adsc004880

Adsc004910

Adsc004920

これより下山です。帰路は往路を戻る。

松井さんが雨ヶ岳をみて「あそこまで行ってきたんだ」と自分を褒めていた。

Adsc004950

Adsc005010

写真の真中が、道の駅「朝霧高原」です。

Adsc005030

富士山が雲に覆われてきた。

Adsc005040

Adsc005090

15時46分に駐車場に着いた。

歩行時間(休憩時間を含む)は7時間10分でした。

国道139号線は連休と富士山が世界文化遺産登録になったことから、

自動車が多く、渋滞していた。

富士宮に来たらご当地料理を食べたいと思い、富士宮焼きそばを食べた。

Adsc005160

Adsc005170

コシが強く噛み応えのある麺に、肉かすやイワシの削り粉の風味が香る

独特の味わいだった。美味しかった、腹持ちも良い。写真はミックス630円

Adsc005180

新富士ICに17時30分に入ったが、東名高速道路と合流する三ヶ日JCTと

岡崎~豊田間が渋滞で1時間の遅れで21時に羽島ICに着いた。

松井さん 運転お疲れ様でした。

走行距離550km  高速料金往復5400円

松井さん家に戻り、野菜をたくさん貰った。何時もありがとうございます。

田内さんからも野菜を貰った。ありがとうございます。

私の五十肩は大分良くなりました。

| コメント (0)

2011年12月24日 (土)

浜石岳・薩埵峠・三保の松原

12月24日(第4土曜日)

今日は静岡県由比(ゆい)の浜石岳(はまいしだけ)707mから、富士山fuji

心行くまで見てlovely、由比どんぶりと桜えびのかきあげを食べて来ましたhappy01

メンバーは5人(松井さん、なべさん、安藤さん、Hさん、私)

5:45羽島IC → 8:07清水IC → 8:40駐車場8:46 → 9:27浜石岳頂上10:46 → 

11:20駐車場 → 11:58由比漁港(ランチ)12:23 → 12:44薩埵峠13:05 → 

13:45三保の松原14:08 → 14:34静岡IC → 17:00羽島IC

東名高速道路上りで、富士山fujiが最初に見えるのは浜名湖の橋からです。

小さいけど、ハッキリ見えた。(今日は富士山が見える期待が膨らむlovely

晴れ女の、なべさんが居るからcoldsweats01

Adsc023940

吉田ICから、富士山fujiが真正面にhappy01

Adsc023980

清水ICを下り、1号線で由比に向う。  横にはJRが走っている。

左上が、薩埵峠(さったとうげ)です。後でそこへ行きます。

Adsc024010

由比駅を過ぎ、浜石野外センターに向う。

対向車とすれ違えないほどの狭い道だwobbly

野外センター手前の広い駐車場に車を止める。

Adsc024030

三本松コースで登る。

Adsc024050

三本松の内一本の松は枯れているようだ。

松井さんが見ているのは、駿河湾(するがわん)

Adsc024080

木の間から富士山fujiが見える。雲がなくきれいだlovely

Adsc024090

45分程で、頂上の広い所に着いた。

Adsc024150

目の前に、雄大な富士山が見えるhappy01。感動の時だup お~~lovely

Adsc024170

Adsc024190

南アルプスの北岳も見える。

Adsc024230

Adsc024280

Adsc024310

安藤さん、何時もありがとうございますhappy01。  「コーヒーcafeご馳走さま」

Adsc024330

Adsc024350

Adsc024380

Adsc024600

目の前は、駿河湾(するがわん)、奥が伊豆半島です。

Adsc024470

Adsc024480

Adsc024530

Adsc024570

時の過ぎるのを忘れ、頂上で1時間20分も居た。

富士山fujiに雲が少しずつ増えてきた。

Adsc024910

お昼のランチは、ここでは食べない。

由比漁港で、桜えびのかきあげを食べるのだup

駐車場の戻り、由比漁港に向った。(少し道に迷ったが、着いた)

Adsc025120

Adsc025110

Adsc025030

歌手のジェロさんが「NHK昼ぶら」で来ていた。私もTVで見ましたhappy01

Adsc025040

由比どんぶりは、桜えび・しらすが一杯乗って、美味しかったhappy01

Adsc025050

桜えびのかきあげも美味しかったhappy01。サクサクの食感、いい香りが何ともいえない。

Adsc025080

漁港で食べるランチは、旅行の気分も味わえる最高の場所でしたhappy01

Adsc025100

次に、薩埵峠(さったとうげ)に向った。

ここに行く道も狭い。

Adsc025150

Adsc02554

Adsc025510

富士山から、伊豆半島、駿河湾が見える。

ユーチュウブhttp://www.youtube.com/watch?v=G06u4IXJJdA

偶然ですが、渡り鳥が一羽写っています、分りましたかsign02

Adsc025190

Adsc025200

Adsc025210

江戸時代の浮世絵画家、安藤広重の「東海道五十三次」に描かれている場所だ。

800pxtokaido16_yui

Adsc025230

右から、東名高速道路、国道1号、JRです。

Adsc025350

次に、羽衣の松がある三保の松原に行った。

Adsc025550

Adsc025560

Adsc025570

Adsc025590

Adsc025600

Adsc025620

Adsc02566

Adsc025750

Adsc025670

Adsc025760

17時に羽島ICに着いた。

松井さん、運転お疲れ様でした。皆さん、お疲れ様でした。

今回は登山と言うより、観光旅行の楽しい一日でしたhappy01

往復距離 500km 高速料金往復(半額で)約5000円

今回から、コメントは受け付けない事にしました。

御意見・御感想は、メールでお願いします。

2011年5月14日 (土)

毛無山・富士芝桜まつり

5月14日(土曜日)

今日の山は、富士山の西側の毛無山(けなしやま)1945mです。

どうしてこの名前が付いたのかは分かりませんが、頂上は、はげ山でありません。

メンバーは3人(松井さん、安藤さん、私)  坂さんは、残念ながら欠席でした。

高速料金上限1000円が5月末で終わりになるsign02 ので、

(まだ法案が可決していないので、伸びるかもしれません)

高速料金上限1000円の内にと、遠くに行くことになりました。

今日のコース

5:30松井さん宅 → 5:40羽島IC → 8:15富士IC →  9:00毛無山駐車場9:10 

→ 12:25毛無山13:15 → 15:20毛無山駐車場 → 15:40富士芝桜まつり16:30

→ 17:42富士IC →  20:56羽島IC →  21:02松井さん宅

富士川SA手前の高速道路より、前方に富士山が見えるが、

黄砂で、ぼんやりしか見えない。(黄砂がwobblyAdsc06937

コースは黄色ラインの往復です。

見て分かるように、登り口より稜線まで1000mの直登の急登でした。

安藤さんは、両足の太股をつってしまい辛そうでした。Adsc07114

この駐車場は、無人の有料駐車場でした。Adsc06949

Adsc07051

出発です。Adsc06950

Adsc06953

新緑の若葉が、まぶしいくらいです。Adsc06955

涸れ沢を渡ります。Adsc06957

Adsc06962

ミツバツツジです。葉っぱが3枚なので、三つ葉つつじです。Adsc06964

「不動ノ滝見晴台」より落差100mの不動ノ滝が見えます。Adsc06967

Adsc06972

Bdsc06970

イワカガミが見晴台近くに咲いていました。Adsc06973

アセビの花Adsc06980

やっと五合目です。Adsc06982

足元にバイケソウ(ユリ科)が生えています。

オオバギボシOobagibosiと間違えて、食べると中毒になりますので注意してください。

ここまで登ってくると木々は、まだ芽吹いていません。Adsc06987

富士山展望台は大きな岩の上です。Adsc06990

黄砂で少し霞んでいますが、これだけ見えればラッキーですlovelyAdsc06991

八合目ぐらいから、安藤さんは両ふとももを攣ってしまった。

安藤さん、頑張ってup もう少しです。(辛そうですbearingAdsc07010

稜線に着いて、安城から来た3人グループの女性から、薬を貰ったlovely

この薬は、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)   (発作の緩和に即効性あり)Adsc07011

北アルプス展望台に登ります。Adsc06999

山の名前は私が調べたので、間違いがあるかも知れませんcoldsweats01

この山は、南アルプスの山でしたcoldsweats02Adsc07003

Adsc07004

Adsc07005

Adsc07006

プレートに北の下に南と書いてありました。(やはり南アルプスですよねcoldsweats01Adsc07009

頂上に着きました。富士山側しか展望はありませんが雄大な眺めですlovelyAdsc07016

安藤さんは、疲れた顔しています。Adsc07021_2

最高の場所で、ランチですhappy01Adsc07031

カップメンのカップは風船のようです。Adsc07028

Adsc07023

パラグライダーやハンググライダー鳥のように飛んでいました。

ハンググライダーの人が、こちらの方に来て、手を振ってくれました。

残念ながら、そのシャッターチャンスを逃してしまった。Adsc07036

富士山を見ている、登山者Adsc07038

復路は、安藤さんの足が心配だったので、回り道しないで下りた。Adsc07047

麓でニリンソウが咲いていた。Adsc07049

駐車場に着いた。ホットconfidentAdsc07050

麓のオートキャンプ場です。明日は日曜日なので、今日は泊まりなのでしょう。Adsc07053

Adsc07054

Adsc07055

今日のもう一つの目的地、富士芝桜です。

入り口に五分咲きと書いてあった。

芝桜の苗は、かなり少なかった。Adsc07063

まばらの芝桜です。遠くから見ると、コマクサのようです。Adsc07065

Adsc07067

富士山が目の前に見えるので、絵になりますがcoldsweats01

芝桜は迫力がありませんsadAdsc07069

Adsc07072

Adsc07074

Adsc07075

Adsc07080

Adsc07082

Adsc07085

Adsc07092

Adsc07093

Adsc07096_2

パンフレットのように、芝桜の絨毯(じゅうたん)の年もあったのでしょうが、

今年は、はっきり言って落ちます。Adsc07113

帰りに、「道の駅 朝霧高原」に寄り、国道139号線、西富士道路(無料)と走り

富士ICに入り帰った。

帰りの車中では、安藤さんから、パンやお菓子を貰って食べた。

(いつも、すみません)

羽島の松井さん宅に着いたのは、午後9時を過ぎていた。

松井さん、往復の運転お疲れ様でした。(ありがとうございました)

走行距離570kmcoldsweats02 高速料金2000円でしたhappy01

松井さん宅で、旬な野菜をいっぱい貰った。

松井さんの奥さん、何時もありがとうございます。

| コメント (0)

2010年3月27日 (土)

満観峰・花沢山

3月27日(土)第4土曜日

静岡県焼津市の満観峰(まんかんほう)と花沢山(はなざわやま)に行きました。Aruku_botann

メンバーは5人(松井さん、坂さん、Aさん、Fさん、私)

Tizu 今日のコースです。

羽島IC6:20 → 9:05花沢の里・観光駐車場9:15 → 花沢の里 

→ 10:10鞍掛峠10:28 → 10:50満観峰11:08 → 11:58日本坂峠 

→ 12:25花沢山13:20→ 花沢の里 → 14:40花沢の里・観光駐車場 

→ 15:00焼津 かんぽの宿16:00 → 19:45羽島IC

富士山を見たくて、この山に決めましたPhoto

広い花沢の里・観光駐車場の車を止め、花沢の里を歩いた。

花沢の里は、昔ながらの村の面影を残した所でした。

無人販売所のみかんがあった。(一袋に10個ぐらい入って100円は安い)

Aさんが、みんなで山頂で食べるのに買った。

里のゆるい坂を登り、登山道に入る。(振り向けば、花沢の部落が見える)

鞍掛峠に着いて休憩した。

Adsc08719 Adsc08725 Adsc08729 Adsc08732

伸び放題の茶畑があるが、通りやすいように切ってある。

手入れされた茶畑の緑がきれいだ。

今年は5月2日が八十八夜の日だ。

その頃は、新芽が出て一面が黄緑色になって、もっときれいだろうsign01

少し歩いたら、満観峰(まんかんほう)470m山頂に着いた。富士山はsign02

Adsc08735 Adsc08736 Adsc08740 Adsc08742

富士山fujiは見えませんでしたweep。(天気sunの良い日に行ったのですがsad

運が良いと、4枚目のように見えます。

岳さん写真を無断ですが頂きました。

みかんをテーブルの上に一列に並べて、

数えていたら、Aさんが頭を出して「10sign01」と言った。

Aさんはひょうきんで面白い人ですhappy01

みかんを皆で食べた。(Aさん ありがとうございます)

まだ午前11時で、風があり寒いので、花沢山で昼食にするように歩いた。

Adsc08753 Adsc08755 Adsc08759 Mankannhou

茶畑の中を通り、何度かコブを越えて、日本坂峠に着いた。

ここは、奈良時代に通られた東海道です。

ここから、花沢山への急な登りになった。

時間も12時になり、お腹が空いて力が出ない。(みんなも同じだったと思う)

左に静岡市の街がすぐ下に見える。駿河湾の海の色がきれいだ。

東名高速の日本坂トンネルがこの下を通っている。

花沢山(はなざわやま)450mに着いたが、

樹林に覆われ少し焼津の街が見えるだけで眺望は良くない。

石の可愛いお地蔵さんに気持ちが癒される。

集合写真で坂さんとAさんが、お地蔵さんの真似をしている。

(坂さん、Aさんはユーモアのある楽しい人ですhappy01

昼食は少し戻った、反射板がある所で食べた。

眺望は良くないが、風が無いので暖かい。

Fさんが、ビールを持って来てくれたので、みんなで二山登頂に乾杯beerした。

Fさんからドリンク、パン、チョコレートも貰った。

何時もありがとうございます o(_ _)o

今度は、私もお菓子を持っていきますcoldsweats01

Adsc08762 Adsc08765 Adsc08768 Adsc08772

Adsc08773 Adsc08779 Adsc08780 Adsc08787

下りの道を、松井さんが詳しい登山者に聞いてくれて、日本坂峠に

戻らないで、300の階段がある道を下りた。(簡単に作られた階段です)

ヤマブキの黄色や山桜の薄ピンクがきれいでした。

下りて行ったら、花沢の里の水車小屋の横に出た。

また風情ある花沢の里を歩いた。

古い町で、喫茶店は昔の茶屋かなcoldsweats01。(手作りのケーキや、パンがある)

万葉集の歌碑がある。昔は、賑わった東海道だったのだろう。

無人販売所には、今の旬のタケノコが出ていた。(大きいので500円ぐらい)

私は100円のみかんを買って帰った。

Adsc08790 Adsc08796 Adsc08802 Adsc08799

Adsc08803 Adsc08805 Adsc08804 Adsc08806

Aさん、Fさんの二人が早く駐車場に着いた。

ここでハプニンが起きるcoldsweats02

Adsc08810 

二人が落ちていた携帯電話を見付けたsign03

下山後の温泉は、焼津のかんぽの宿に行く予定だったので

携帯電話を持っていって、フロントで松井さんが説明したが、

かんぽの宿では受け合ってくれなかった。

風呂から出たら、交番に届けることにしたが、まずは風呂に入った。

ここは高台にあって、最上階(8階)の展望風呂から、

焼津漁港や海岸の景色が見えてとても良かったhappy01。(お客さんは少なかった)

風呂から出て、交番に向う車中で、Aさん、Fさんは携帯の履歴や電話帳で

落とし主を探す電話をしていた。(初めは不審者と思って相手にしてくれなかった)

回りまわり、落とし主の奥さんに繋がった。

(Aさん、Fさんの誠意と根性には、私は感動した。)

南楠(なぐす)交番でA、Fさんは書類を書いて携帯をお巡りさんに預けて来た。

お礼は要らない、名前も伏せるにサインをしていた。

お巡りさんが、お礼を言っていたのが心に残った。

かっこ良い、Aさん、Fさん、松井さんだった。

(きっと善い事があると思います)

Adsc08811 Adsc08813 Adsc08814 Adsc08816

帰りの高速道路は、やはり渋滞でした。

休憩無しで、200km程を3時間半の時間がかかった。

松井さん、運転お疲れ様でした。ありがとうございましたhappy01

松井さんの家に着いて、タケノコを貰った。

「奥さん、ありがとうございますhappy01

早速、家に帰って作りましたcoldsweats01。美味しかったです。

Takenoko

| コメント (0)

2010年2月14日 (日)

真富士山

2月の第2日曜日 2月14日

メンバーは5人(松井さん、坂さん、ナースAさん、Fさん、私)

今日の山は、静岡県の真富士山(まふじやま)1401mです。

富士山を見に行ったのですが、見えませんでしたweep

登山口10:00 →  10:50ヲイ平  →  11:14真富士峠 →  

11:53第二真富士山12:08 →  12:33真富士峠 →  

12:49第一真富士山13:36→  14:14ヲイ平 → 14:54登山口

羽島を6時に出発に静岡ICに着いた時は、カメラでは写らないくらいの

富士山が見えていた。

平野の部落より林道に入り、第1、第2と登山口を通過して第3登山口に着いた。

標高800mまで上がったので見晴らしも良い。

駐車場には先客の車が3台停まっていた。駐車場と言っても路肩です。

登山口に入ると、ミツマタ(紙幣の原料になる)の花の蕾があった。

登山道は、急登の薄暗いヒノキ林に入っていった。

登山道の脇にお地蔵さんが安置されている。その脇に俳句が書いてある。

苔むした岩の沢筋を登っていくと、ヲイ平に着いた。

我々は真富士峠に向かうコースを行った。

真富士山峠に着いたが、富士山側は雲でまったく見えないsad

Adsc08016_4 Adsc08017_3 Adsc08019_2 Adsc08020_2

Adsc08021_2 Adsc08025_2 Adsc08031_2 Adsc08035_2

第二真富士山1401mに向う。

霧氷がきれいで、別世界のようだhappy01

固定ロープが張られた、岩場の難所を慎重に進む。

ナースAさんは、アイゼンを付けた。

青空が見えたりするが、富士山側は雲の中だ。

第二真富士山山頂に着いたが、富士山は見えなかったsad

Fさんから栄養ドリンクを貰って飲んだ。(ありがとうございます)

Adsc08039 Adsc08043 Adsc08047 Adsc08048

Adsc08050 Adsc08051 Adsc08056 Adsc08057

Adsc08057a Adsc08058 Adsc08060 Adsc08062

真富士峠に戻り、第一真富士山1343mに向う。

頂上は第二より広い。先客の登山者(夫婦)に記念写真を撮って貰った。

松井さんの顔が硬い。松井さんは笑った顔がいい。

ここでランチにする。

またFさんから、パンやお菓子を貰う(何時もすみません)

食後のコーヒーcafeをナースAさんが作ってくれた。(美味しいhappy01

セルフタイマーで記念写真を撮った。

逆光で暗く写ったが、みんなの表情は明るいhappy01

Adsc08066 Adsc08072 Adsc08073 Adsc08075 

Adsc08078_2 Adsc08079_3 Adsc08082 Adsc08084 

帰りは、真富士神社分岐を通過し、ヲイ平を通り、駐車場に着いた。

Adsc08086 Adsc08087 Adsc08088 Adsc08090

ドライブイン 真富士の里に寄る。

きれいな富士山の写真があった。

その写真を撮ったら、私が写っているcoldsweats01

Adsc08092 Adsc08093

静岡ICから高速道路に入った。ところどころで渋滞があり帰りが遅くなった。

松井さん運転お疲れ様でした。ありがとうございました 。

第4土曜日は近場に行きましょう。みんなsign01元気でね  

| コメント (0)

2010年1月23日 (土)

越前岳

今日は富士山fujiが見える越前岳(えちぜんだけ)1504mに行きました 。

メンバーは4人(松井さん、坂さん、ナースAさん、私)

virgoFさんは仕事で来れなかった。

愛鷹(あしたか)連峰の最高峰が越前岳1504mだが、

愛鷹山(あしたかやま)1187mの山もある。

山のガイドブックには、愛鷹山=越前岳と書いてある物があるsign02

羽島5:00 →  8:40十里木高原8:58 → 9:37馬ノ背9:44 →10:46 越前岳 11:36 

→ 13:08十里木高原 → 温泉(ヘルシーパーク裾野) → 19:00羽島

東名高速で富士山が見えたときは興奮した。Photo

今日はいい写真が撮れそうですhappy01

富士山に雪が少ないように見える。

Adsc07785 Adsc07786_2 Adsc07787

富士ICで下りるの普通だが、高速料金1000円なので裾野ICまで行く事にした。

裾野ICを下りてコンビニで弁当を買った。

富士サファリパークの方に向う。その先が十里木(じゅうりぎ)高原だ。

高速道路で見えた富士山より白くて、きれいだhappy01

Adsc07788 Adsc07789 Adsc07790 Adsc07792

広い駐車場がある。そこが越前岳登山口になっている。

枯れたススキの急斜面を登っていくと、十里木高原展望台に着いた。

富士山がきれいだぁhappy01

Adsc07793 Adsc07794 Adsc07796 Adsc07799

Adsc07801 Adsc07802 Adsc07803 Adsc07804

南アルプスの雪をかぶった高い山が見える。(名前は分からない)

富士山はだんだん雲の中に隠れてしまう。おぃおぃcoldsweats01

ベンチがある馬ノ背で小休止をする。(富士山が見えたら最高の場所だろうsign01

ここから雑木林の中に入る。葉は落ちているので割りと明るい。

登山道には雪は無いが、道は凍土(アイスバーン)で滑りやすいcoldsweats02。   

Adsc07806_2 Adsc07807 Adsc07808 Adsc07809

頂上に着いた時は、全く景色が見えなかった。(みんな疲れた顔だbearing

風の当たらない場所で、早めのランチにする。

温かいラーメンが美味しい。(気温は氷点下だろう)

Aさんから、干し柿やコーヒーを貰う。(何時も、色々ありがとうございますAさんcoldsweats01

食べ終わって頂上に戻ると、駿河湾が見えた。(少し霞んで、逆光だ)

Adsc07813 Adsc07815 Adsc07816 Adsc07818

下りは滑りやすいので気をつけて下りた。

Aさんはアイゼンを付けた。(やはり冬山はアイゼンは必需品だぁsign01と思った)

登山者もアイゼンを付けている人が多い。

長靴の人もいた。(気温が高いと、道がどろどろになるのを知っている人だろう)

Adsc07829 Adsc07835 Adsc07838 Adsc07841

富士山は十里木高原展望台までで、それ以降は見れなかったweep

登り始めて30分程で雲の中に入ってしまった。

冬の寒い日は、富士山が見える確立は高いと思ったがsign03

綺麗な富士山が見える日に山に行くのは難しいと思った。

だから、また行きたくなるhappy01

今日の歩いたコース(黄色のラインの往復)

Adsc07848_2

帰りの温泉は、すその美人の湯 ヘルシーパーク裾野に入った。

雲が無かったら富士山がきれいに見える温泉でした。(残念bearing

Adsc07847

松井さん、運転お疲れ様でした。ありがとうございました。

坂さん、Aさんお疲れ様でした。また富士山fujiを見に行きましょうねhappy01

| コメント (0)

2009年9月27日 (日)

金冠山・達磨山と沼津市観光

伊豆の山 二日目です。

Adsc06854 旅館の美味しい朝食を食べて、朝市を見て、海岸を散歩した。

まるで観光旅行の気分だhappy01

お土産を、Fさんお奨め梅屋さんで、ホールインといず柑を買った。

お土産屋さんで売っているお菓子より、

お饅頭屋さんの方が美味しくて、良いものがあると思った。

Fさんありがとう 良いものが買えました。

今日の山は、金冠山(きんかんざん)816mと達磨山(だるまやま)982mです。

戸田峠(へだとうげ)に車を止めて、二つの山を往復するコースです。

戸田と書いて、へだ  と読むが、 とだ と読んでしまうcoldsweats01。(地名は難しい)

金冠山(きんかんざん)へは歩きやすい道で、15分で登れた。

頂上からの景色は良いが、富士山は雲の中だった。(残念think

Adsc06882 Adsc06884 Adsc06886 Adsc06887

戸田峠に戻り、達磨山を目指す。

この道も歩き易かった。(運動靴でも登れる)

アセビのトンネルも涼しくて気持ちがよい。

戸田の町と戸田港が見えた。

小達磨山で撮った松井さんの笑った顔がいいhappy01

笹原の道は、鈴鹿の山を感じさせる。

Adsc06891 Adsc06892 Adsc06894 Adsc06896 Adsc06899 Adsc06902 Adsc06903 Adsc06905

13時28分に頂上に着いた。(50分の歩きだった)

達磨山は一等三角点の山の風格で、360度の大展望だhappy01

旅館の紙コップにビールを注いで、かんぱーいbeer

Fさんからホールインを貰って食べた。おいしいhappy01

Adsc06912 Adsc06914 Adsc0691545 Adsc06911

帰りの道も景色が良くて気持ちがいい。

Adsc06919 Adsc06921 Adsc06924 Adsc06926

沼津に行き、香貫山に登った。残念ながら富士山は見えない。

沼津魚港でぬまづ丼を食べた。美味しかったhappy01

Adsc06930 Adsc06932 Adsc06933 Adsc06942 Adsc06943 Adsc06944 Adsc06945 Adsc06949

帰りの高速は混んでいたが、22時30分に羽島ICに着いた。

松井さん運転 お疲れ様でした。

Fさんお疲れ様でした。

楽しい二日間をありがとうございました。

| コメント (0)

2009年9月26日 (土)

天城山と城ヶ崎海岸

今回は一泊二日(26日、27日)の、伊豆の山です。

一日目は、天城山(万二郎岳1300m、万三郎岳1405m)

メンバーは三人(松井さん、Fさん、私)

土曜日の、0時20分ぐらいに羽島ICに入る。

沼津ICを下りた所で、新しい道が出来ていて松井さんはビックリしていた。

Fさんがナビゲーターをしてくれたので、迷うことなく天城高原ゴルフ場に着いた。

広い駐車場で、水洗トイレもあった。

車で少し寝て、8時55分にスタートする。

駐車場からは、万三郎岳と天城山脈が見える。

シャクナゲコースを歩く。

Adsc06703 Adsc06708 Adsc06709 Adsc06712

しばらく歩くと、一人の外人さんが後ろから歩いてみえた。

松井さん  「お国はどこですかup」 と英語ぽい日本語で聞くsign02

外人さん  「イングランド゙です」 

松井さん  「お名前はup

外人さん  「リチャードです」

松井さん  「日本へは、観光? お仕事ですかup

リチャード゙さん 「英語の先生をしています」 なるほど 日本語が分かるはずだ

松井さん  「旅は道づれ、分かりますかup

リチャードさん分かったのか? 松井さんと気が合ったのかsign02

万二郎岳、万三郎岳と一緒に歩くことになった。 これも 国際親善なのかcoldsweats01

Adsc06713 Adsc06716 Adsc06718 Adsc06719

万二郎岳で、老夫婦からリンゴを貰った。

Fさんがうまい手つきで皮をむいてくれた。

リチャードさんも一緒に食べた。

老夫婦のやさしい気持ちがうれしく、美味しかった。

しばらく歩くと、展望の良い岩場があった。

駐車場から見えた万三郎岳が目の前に見える。

ここから富士山が見える場所だが、残念ながら今日は見えなかった。

道には紫色のトリカブトがきれいに咲いている。

アセビのトンネル、根が浮き上がったブナ林、シャクナゲの群生地

と気持ちが良い自然の中を歩いた。

Adsc06720 Adsc06721 Adsc06727 Adsc06725 Adsc06786a Adsc06751 Adsc06755 Adsc06758

11時35分 万三郎岳に着いた。(2時間40分かかった)

ここでランチにした。(富士山は見えないが良い山だ)

リチャードさんと記念写真を取り合って、握手をして別れた。

リチャードさんはまだ天城峠まで歩くが、

我々と付き合って時間を取ってしまった。

また、リチャードさんに逢えたらいいと、みんなが思った。

Adsc06760 Adsc06765 Adsc06766 Adsc06768

帰りの道は、コケが多い。

キノコがあるが、食べられるか分からないので見るだけ。

14時40分に駐車場に着いた。(2時間15分かかった)

Adsc06781 Adsc06786 Adsc06787 Adsc06790

次にサスペンスドラマによく出てくる城ヶ崎へ向う。

ドラマでは犯人が分かる場所だsign02

海がきれいだ。自然の造形美に感動する。

遠くに大島が霞んでみえた。

Adsc06831 Adsc06794 Adsc06809 Adsc06800 Adsc06801 Adsc06804 Adsc06808 Adsc06823

今夜の泊まりは伊東温泉です。

名前はアンジンと聞いたが、ホテルか旅館かも分からなかった。

料理、お風呂、もてなしと気配りがさせた高級宿でした。

Fさん ありがとうございました。

アンジンのHPhttp://angine.jp/  

| コメント (0)

より以前の記事一覧