カテゴリー「(三重県) 仙ヶ岳・宮指路岳・野登山・雲母峰」の記事

2014年10月25日 (土)

入道ヶ岳  宮妻キャンプ場より

10月25日(土曜日)

今回も鈴鹿セブンマウンテンの一つ 入道ヶ岳(にゅうどうがたけ)906mです。

鈴鹿セブンマウンテンとは、昭和39年、近鉄主催で鈴鹿の山々を登るという

登山大会が実施され、対象として選ばれた7つの山々を総称して

「鈴鹿セブンマウンテン」と呼ぶようになりました。

Dsc08370_2ac

▲藤原岳、竜ケ岳、釈迦ケ岳、雨乞岳、御在所岳、鎌ケ岳、入道ケ岳です。

雨乞岳は御在所岳の後ろなので見えません。

6座は三重県ですが、雨乞岳は滋賀県です。

今日のメンバーは6人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん夫婦、私)

なべさんは、7/12蛇谷ヶ峰以来の参加で、色々と話が聞けて車中は楽しかった。

Dsc08809_2

羽島7:00 → 宮妻キャンプ場駐車場8:50 → 10:10奥ノ谷入口 → 

11:14奥ノ谷分岐(尾根) → 12:40入道ヶ岳13:35 → 15:00宮妻キャンプ場P

→ 15:40湯の山温泉グリーンホテル16:30 → 17:55羽島

Dsc08657_2

▲スタートは宮妻キャンプ場の駐車場からです。

Dsc08659_2

▲今日は鈴鹿の登山口でアンケート調査を行っているそうです。

Dsc08661_2

Dsc08662_2

Dsc08667_2

Dsc08671_2

Dsc08672_2

▲ここを見落として少し林道を行って、安藤さんが気が付いて戻った。

 ここから登山道になります。ガイド本では奥ノ谷になっています。

Dsc08673_2

▲沢を登って行く登山道は、目印が切れるので迷う。

Dsc08676_2

Dsc08678_2

Dsc08681_2

Dsc08682_2

Dsc08686_2

Dsc08687_2

Dsc08688_2

▲イワクラ尾根に出る直前は急登で、えらかった。

 水沢峠からに入道ケ岳続く痩せた尾根がイワクラ尾根です。

Dsc08689_2

Dsc08690_2

▲汗を拭く なべさん。

 紅葉がきれいでした。先に見えるのは鎌ヶ岳

Dsc08693_2

Dsc08703_2

Dsc08711_2

Dsc08713_2

▲三角錐の仏岩(ほとけいわ)とよばれる盤座(いわくら)

Dsc08706_2

Dsc08714_2

Dsc08718_2

▲重ね岩(かさねいわ)

 この付近が天孫降臨神話の伝説の場所です。

 尾根上に見られる重ね岩、仏岩、石門などの岩を御神体に見立てて

 総称を磐座(いわくら)と言います。イワクラ尾根の名前はここからのようです。

Dsc08720_2

Dsc08721_2

▲やせ尾根を進む。

Dsc08723_2

▲アップダウンを繰り返し進む。後から来る安藤さん夫婦

Dsc08724_2

Dsc08727_2

▲入道ヶ岳の頂上が見えた。

Dsc08728_2

Dsc08729_2

▲上の写真の直ぐ左に椿大社の奥宮が祀られている。

Dsc08732_2

Dsc08733_2

Dsc08734_2

Dsc08739_2

▲振り向くと、奥宮が見える。

Dsc08741_2

▲入道ヶ岳の頂上は360度の展望があり広い。

Dsc08742_2

Dsc08745_2

▲皆さん お疲れ様でした。

Dsc08746_2

Dsc08748_2

▲ここで昼食noodlericeballにした。   景色は少し霞んでいるが良い。

Dsc08751_2

Dsc08755_2

▲四日市の方面

Dsc08757_2

Dsc08760_2

▲右が御在所岳、左が鎌ヶ岳

Dsc08762_2

▲霞んでいるが、雲の上に御嶽山や恵那山が見えた。

Dsc08766_2

▲頂上に1時間ほど居た。時の過ぎるのが早い。

Dsc08767_2

▲御嶽山の噴煙が目で確認できた。噴火したのは4週間前の昼でした。

 亡くなられた方のご冥福をお祈り致します

Dsc08768_2

▲帰り(復路)は新道コース(宮妻狭方面)です。

Dsc08770_2

Dsc08774_2

▲振り向くと、入道ヶ岳頂上とその奥の山は野登山です。

Dsc08775_2

▲分岐の北ノ頭(きたのかしら)

Dsc08779_2

Dsc08780_4

Dsc08784_2

▲絶景ですhappy01

Dsc08788_2

▲雲母峰(きららみね)の右に噴煙を上げる御嶽山

Dsc08789_2

Dsc08790_2

Dsc08791_2

Dsc08793_2

▲アセビのトンネル

Dsc08794_2

▲急な下りの道です。

Dsc08795_2

Dsc08796_2

▲沢を渡る。増水していたら登山靴が濡れてしまうだろうな。

 話をしていないがきれいで愛想の良い山ガールでした。

Dsc08799_2

▲駐車場に着いた。

 帰りのお風呂は、湯の山温泉グリーンホテルに入った。

Dsc08805_2

▲帰りの車中より写す。

 中央が鎌ヶ岳、その左が雲母峰、今日登った入道ヶ岳は雲母峰の奥です。

 2週間前の竜ヶ岳、今回の入道ヶ岳ときれいな笹原を歩けました。

松井さん ありがとうございました。皆さんお疲れ様でした。

会話の無い生活を送る自分にとって、登山はみんなと色々と話が出来て楽しいhappy01

| コメント (0)

2012年12月 8日 (土)

宮指路岳(くしろだけ)

12月8日(土曜日)

今日の予定は、静岡県の沼津アルプスで富士山fujiを見る登山でしたが、

天気が良くないので、鈴鹿の山に行くことになった。

メンバー3人(松井さん、安藤さん、私)

坂さん、なべさん、さっちゃんは都合が悪く参加出来なかった。

今日の山は、2週間前に登った仙ヶ岳の北にある

宮指路岳(くしろだけ)946mです。946からクシロの名が付いたようです。

クシロを漢字に当て変えたのだが、宮指路をみやしろと読んでしまう。

宮の読み方は、宮内庁(くないちょう)では、確かにと読む。

名前から、標高が分かるから記憶に残る山です。

安易に名前が付けられた気がするが、渓谷・大岩・展望があり良い山でした。

ただ、今日は強風と初雪で寒かったsad

コースタイム

羽島7:00 → 8:55駐車場(小岐須渓谷・大石橋)9:00 → 9:13分岐→ 

10:48小岐須峠 → 11:04馬乗り岩11:15 → 11:18宮指路岳11:20 → 

11:30三体仏11:35 → 11:44東海展望11:46 → 13:07駐車場 → 

13:55湯の山温泉(グリーンホテル)15:20 → 16:30羽島

黄色のラインが歩いた道です。 登りは、カワラコバ谷、下りはヤケギ谷です。

C

松井さんの家を出て長良川の堤防を走っていたら、松井さんが

「あsign01登山靴を忘れたwobbly」と急に思い出した。

でも松井さんは戻らず、運動靴で登る事にした。

2週間前の登山口(小岐須渓谷・大石橋)に向かった。

午後から天気がよくなる予報だったが、まさか雪が降るとはsign01

Adsc011370

今日は登山者が少ない。

向こうに見える10人の団体は、話声から宮指路岳から仙ヶ岳を回るコースでした。

Adsc011470

9時 我々も、出発up

Adsc011480

以前はここを登った。 通報ポイント 宮指路岳 1

Adsc011510

今回は、登山口の右の広い林道を進みました。

Adsc011500

堰堤の所で登山道に合流しました。

Adsc011520

Adsc011530

カワラコバ谷とヤケギ谷の分岐です。通報ポイント 

団体は、ヤケギ谷を登って行った。我々は、カワラコバ谷を登った。

Adsc011540

Adsc011560

Adsc011570

通報ポイント カワラコバ11です。 こかから19まであります。

Adsc011610

松井さんの靴を写しました。

滑りやすい道だが、松井さんは上手く歩いていた。

Adsc011620_2

Adsc011630

Adsc011640

最初の難所です。

Adsc011660

後ろを振り向いて写しました。登山道が崩れています。

Adsc011690

Adsc011700

Adsc011710

ここは、クサリ場です。

Adsc011720

Adsc011730

Adsc011750

Adsc011770

どんぐりを拾った。(松井さんの娘さんが使うからです) やさしい松井さんhappy01

Adsc011780

Adsc011790

Adsc011800

カワラコバ谷を数回渡り上流に行きます。

Adsc011810

Adsc011830

Adsc011850

Adsc011860

小岐須峠(おぎすとうげ)が見えてきた。

Adsc011900

写真では分からないが凄い風が吹いています。(雪が振りそうな天気です)

Adsc011910

Adsc011920

Adsc011940

寒いので霜柱が出来ていた。今の温度は零度以下です。

Adsc011950

最後のポイント19です。ここを右に行くと、展望が良い岩場があった。

Adsc011960

Adsc012010

Adsc011990

強風でじっと立っていられない。

Adsc012030

Adsc012100

風化した岩場がむき出しになっている犬返しの険です。

仙ヶ岳に行くにはここを通ります。

最初はここへ下りようと思っていたが、風が強いので止めた。

Adsc012110

馬乗り岩

Adsc012120

Adsc012130

宮指路岳の頂上です。   風が強く寒いbearing

Adsc012150

Adsc012160

この写真は、2週間前に仙ヶ岳から見た宮指路岳方面です。

Cc

次に三体仏岩(さんたいぶついわ)と東海展望(とうかいてんぼう)に向かった。

ここの通報ポイントが ヤケギ谷9です。 数字はまで下がっていきます。

Adsc012170

三体仏岩

Adsc012180

Adsc012190

Adsc012210

Adsc012220

東海展望です。  ここに着いたら、雪雲が迫ってきた。

Adsc012240

あられ状の雪が風に吹かれて飛んで来る。白く見えるのが雪です。

顔に当たると痛い。なのでランチなしで早速下山した。

Adsc012260

Adsc012270

Adsc012280

Adsc012290

Adsc012300

お腹がすいたので、途中でおにぎりriceballを一個食べた。

Adsc012320

分岐に着いた。 通報ポイント宮指路岳です。

Adsc012330

Adsc012350

13時過ぎに駐車場に戻った。4時間の山歩きでした。

天気が良かったら、展望が良いところでのんびり出来たのだがconfident

Adsc012370

帰りの車中より。

Adsc012460

帰りのお風呂は、グリーンホテルです。お湯はかけ流しで気持ちが良かった。

今日は風呂に入っている人は少なかった。

Adsc012500

羽島には16時30分に着いた。

松井さん運転お疲れ様でした。安藤さん、お疲れ様でした。

松井さんから、ゆずや野菜を沢山貰った。何時もありがとうございます。

宮指路岳は新緑や紅葉の時期にまた登りたい山でした。

ただ梅雨から夏は、山ヒルが出そうな山ですshock

今年の登山は、あと1回の予定です。

12月22日はまだ行き先は決まっていません。

坂さん、なべさん、さっちゃん参加してねhappy01 一緒に行きましょうhappy01

| コメント (0)

2012年11月24日 (土)

仙ヶ岳(せんがたけ)

11月24日(土曜日) 

第4土曜日は皆で行く日ですhappy01

メンバーは4人(松井さん、坂さん、安藤さん、私)

なべさんから「風邪気味だからと欠席します」のメールがあった。(残念です)

今日の山は、鈴鹿南部の仙ヶ岳(せんがたけ)961mです。

鈴鹿山脈は南部に行くに従って標高・ボリュウムともに衰えていくが、

仙ヶ岳は1000m級の山の魅力がある山でした。

コースタイム

羽島6:30 → 8:20駐車場(小岐須渓谷・大石橋)8:30 → 

9:20(小社峠と仙鶏尾根)の分岐→ 10:16小社峠 → 10:46仙ヶ岳(西峰)11:05 → 

11:18仙ヶ岳(東峰)仙ノ石12:13 → 12:48仙鶏尾根分岐 → 

13:26(小社峠と屏風岩)の分岐 → 14:12駐車場 → 14:23屏風岩14:30 → 

15:15湯の山温泉(グリーンホテル)16:20 → 18:00羽島

黄色のラインが歩いた道

Bdsc008320

野登山の北東部分は砕石場があります。

鈴鹿山脈であと採石場があるのは、藤原岳です。

この道の正面右の山が、入道ヶ岳です。

仙ヶ岳は野登山の後ろなので見えません。

野登山と入道ヶ岳の間の山は、宮指路岳(くしろだけ)だと思います。

Adsc009190

小岐須渓谷(おぎすけいこく)の大石橋を渡った場所に、

15台ぐらい停めれる駐車場があります。私たちは8台目でした。

Adsc009230

写真の登山者は、静岡県からみえた夫婦です。後で会います。

Adsc009250

初めは、林道を歩きます。

Adsc009270

Adsc009280

紅葉がきれいです。

Adsc009300

30分歩いたら林道終点に着た。ここからが登山道です。

左からの支流を横切りと、前から下りて来る二人組(夫婦?)がいた。

小社峠に向かう道だが、「道が無くなっている、行けない」と言う。

それを聞いた静岡県から来た夫婦は、左から流れてくる沢を行く人がいたので

一緒に行った。我々は、松井さんの「行ける」の判断で小社峠に向かった。

地図から見ても分岐まで駐車場から50分なので、ここは分岐ではない。

5分ぐらい歩くと、登山道は仙ヶ谷を渡った。

「道が無くなっている、行けない」と言った二人組は、

ここで間違えて真っ直ぐ登っていった!と思った。

静岡の夫婦は、道を間違えた二人組のために大変なことになる。

Adsc009320

Adsc009340

小社峠と仙鶏尾根の分岐に着いた。駐車場から予定通りの50分でした。

帰りは、仙鶏尾根(せんけいおね)よりここに下りてきます。

Adsc009360

通報ポイントの3・4・5が無かった。

後で分かったが、3・4・5は仙鶏尾根と仙ヶ谷の間にあった。

Adsc009380

Adsc009440

Adsc009470

Adsc009480

小社峠が見えてきた。

Adsc009490

小社峠(こやしろとうげ)

Adsc009500

Adsc009570

振り向くと、御在所岳や鎌ヶ岳が見える。

Adsc009630

御嶽山が見えるが、写真では分からないかも。見えますかsign02

Adsc009670

四日市と伊勢湾

Adsc009600

Adsc009680

Adsc009710

仙ヶ岳961m頂上に着いた。

Adsc009730

Adsc009740

真ん中に鎌ヶ岳を入れたつもりでしたが、写っていませんでしたdespair

Adsc009810

東峰の仙ノ石(せんのいし)に向かった。

Adsc009830

Adsc009850

この石が、仙ノ石です。

Adsc009860

Adsc009920

Adsc009960

Adsc009970

Adsc010030

Adsc009900

昼ごはんは、仙ノ石から野登山の方に少し行った場所で食べた。

Adsc009880

Adsc009870

Adsc010100

これより下山です。

Adsc010110

ここで、静岡の夫婦と出会った。話を聞くと「歩いた道は登山道で無かった」とcoldsweats02

Adsc010120

Adsc010130

仙鶏尾根より仙ヶ谷に下りた。

Adsc010160

Adsc010180

Adsc010190

Adsc010200

Adsc010210

行きに歩いた道に着いた。駐車場に向かった。

Adsc010240

Adsc010270

Adsc010300

Adsc010320

Adsc010330

Adsc010340

Adsc010360

屏風岩までは、車で移動した。

Adsc010470

吊り橋から見ています。

Adsc010390

Adsc010410

Adsc010420

Adsc010430

湯の山温泉に向かう途中は、お茶畑が多い

Adsc010500

帰りの温泉は、湯の山温泉 片岡温泉の予定で行ったら、

最近リニュアルしたばかりで、凄く混んでいた。

なので、湯の山温泉 グリーンホテルに入った。

坂さんのJFカードが使えたので、600円が450円で入れた。

(坂さん、ありがとうございます)

風呂から出て、家に向かう途中の車中から見える御在所岳・鎌ヶ岳。

Adsc010540

羽島に18時に着いた。松井さんお疲れ様した。

松井さんから、大根・カブ・みかん・柿など沢山貰った。

ありがとうございましたhappy01

次回の登山は、12月8日(土曜日) 静岡県の沼津アルプスです。

追記 

25日(日曜日) 我が町の羽島市長選の投票に行ってきました。

立候補者は2人 いずれも無所属で、元市企画部長の新人 松井聡氏(61)

                      三選を目指す現職の 白木義春氏(63)

四年前の前回市長選は無投票で、八年前の投票率は51,43%でした。

今回の開票結果 26日 午前0時30分のぎふチャン放送より

Adsc011330

松井氏が白木氏に532票の差をつけて、初当選した。投票率は前回と全く同じでした。

532の数字から、ゴミニに決着をscissors

松井氏には、羽島市発展のためにリーダーシップをとって頑張って貰いたい。

なを、山に一緒に行く松井さんと関係はないです。

| コメント (0)

2012年3月25日 (日)

野登山(ののぼりやま)

3月25日(日曜日)

今日の山は、亀山市の野登山(ののぼりやま)851.6mです。

前日より冬型の気圧配置になり、鈴鹿の山は雪山になっていた。

今日は風が強く、一時雪が舞い寒かった。

メンバーは4人(松井さん、坂さん、安藤さん、私)

なべさん、さっちゃんは仕事で来れなかった。

野登山は、皆がまだ登ったことがなかった。

何故なら、頂上まで車で行けるので、魅力がなったからだ。

今回、ミツマタの花が数万本もあるミツマタの森を見たくてここにした。

坂本棚田では、今が満開のミツマタの花を見れて最高でした。

しかしミツマタの森は、まだ蕾(つぼみ)から三分咲きでした。

棚田がスタート地点で、右回りをして棚田に戻った。(黄色が歩いたコース)

Adsc038350

7:00羽島 → 8:50坂本棚田駐車場9:00 → 9:57ミツマタの森 → 

11:00仙鶏尾根 → 11:50野登山12:25 → 14:00坂本棚田駐車場 → 

14:50湯の山温泉 グリーンホテル16:10 → 17:30羽島
 

棚田の駐車場です。トイレもあります(車の後ろ)。

Adsc037240

棚田のミツマタです。

空は暗い雲があったが、ミツマタだけに陽が当たっていた。

ミツマタ・みつまたの説明を少し書きます。

枝が3本ずつ分岐するので、これが名の由来になった。

樹皮には強い繊維があり、和紙の原料になります。

しわになりにくく高級でまた虫害にもなりにくいので、

1万円札などの紙幣や証紙など重要な書類に使われています。

Adsc037270

枝が3本に別れているのが分りますかsign02

Adsc037300

Adsc037320

Adsc037330

Adsc037360

Adsc037380

Adsc037400

棚田を通り、ミツマタの森に行きます。

Adsc037430

野生動物が入らないように、電線を張った金網がしてあります

Adsc037480

ミツマタの森

Adsc037510

Adsc037520

ロマンチックに表現すれば、ホタルが舞っているよう。

花粉が飛んでいるようにも見えるは変かな。

Adsc037530

Adsc037580

まだ蕾です。

Adsc037680

山の斜面にミツマタが群生しています。

Adsc037710

Adsc037730

やせ尾根の直登を行きます。

Adsc037760

Adsc037770

Adsc037790

仙鶏(せんけい)尾根に出ます。

Adsc037840

車道に着きました。

Adsc037850

白く三角の山が鎌ヶ岳です。

Adsc037860

無線中継所が見えてきました。

Adsc037870

ここは頂上でありません。

Adsc037930

Adsc037950

次に三角点がある電波塔に向った。

Adsc037960

国見石は電波塔の近くです。

Adsc037990

Adsc038010

ここの近くに三角点があります。

Adsc038040

Adsc038050

展望が無い狭い頂上です。

Adsc038060

雪が降ってきました(寒かった)。 ここで昼食を食べた。

Adsc038100

帰りは、野登寺(やとうじ)に向った。

山は野登山(ののぼりやま)と訓読みしますが、寺は音読みです。

Adsc038110

寺の近くに、杉の巨木が何本もあった。

Adsc038120

鶏足表参道コースで下りた。店のようだがやっていなかった。

Adsc038150

Adsc038170

野登山はもう一つの名前がありました。

鶏足山(けいそくさん)です。にわとりの足と書きます。

Adsc038190

Adsc038200

表参道コースは広い道でした。

Adsc038260

坂本の部落に下りて来ました。民家にはアセビやミツマタの花が咲いていました。

Adsc038290

Adsc038300

棚田駐車場から見たミツマタ群生地です。

Adsc038330

ズームです。朝に、ここでミツマタの写真を撮った場所です。

Adsc038320

帰りのお風呂は、湯の山温泉に向かい「グリーン ホテル」に入った。

源泉掛け流しの湯で、気持ちが良かった。

帰りも高速道路を使わず帰った。往復150kmでした。

松井さん、運転お疲れ様でした。

皆さん、お疲れ様でした。

今度の登山は、4月14日(土曜日) 滋賀県の田上山系の湖南アルプスです。

| コメント (0)

2011年9月10日 (土)

雲母峰(きららみね)

9月10日(土曜日)

今日は坂さんと二人で鈴鹿の雲母峰(きららみね)888mに行って来ました。

ピンクが歩いたコースAruku_botannです。  帰りが小林新道です。

Adsc09861

登山道スタートは、スギ林の中からです。

Adsc09802

スギ林には、ヤマヒルが沢山いましたshock

Adsc09805

アセビのトンネルです。

Adsc09808

キララⅡ峰に着いたら、

パラグライダーの人が居たので飛ぶのを見学させて貰った。

Adsc09811

中日の岩瀬さんに似た人でした。

Adsc09813

いい風が吹くのを待っています。

Adsc09814

http://www.youtube.com/watch?v=EwsTWlr6wbg

二人目のおじさんは少し太めで、

年齢は60歳以上でした。

http://www.youtube.com/watch?v=pU8Ebm9IAJU

Adsc09819

でも飛んでいる姿は、鳥のようでカッコいい。

Adsc09821

雲母峰(キララミネ)の頂上

Adsc09827

またキララⅡ峰に戻って、ランチにした。鎌ヶ岳が見えます。

Adsc09830_2

Adsc09836

Adsc09840

小林新道は、やせ尾根で人があまり入っていなく荒れていた。

東海自然歩道に下りたら、乗馬をする人達に会った。

みなさん カッコいい。 みなさん60歳以上でした。

60歳以上の中年のおじさんは元気でした。

Adsc09847

Adsc09854

馬の目は優しかった。

Adsc09856

帰りの温泉は、坂さんが初めてのグリーン温泉に入った。

掛け流しでいいお湯でした。

羽島に帰り、王将で餃子と中華飯を食べた。

| コメント (0)

2008年2月 9日 (土)

雲母峰

うんも峰?でなく 雲母峰(きららみね)shine と読みます。

今日の天気予報は雲cloud・雪snow。 その通りの天気でした。

羽島を出発する時は、鈴鹿山脈がはっきり見えていたが、登山スタートは曇ってきた。

雲母橋の駐車場にcarを止めて、林道を歩き、登山口に着く。

杉林の中をのこぎりの歯の様にギザギザupwardrightに登っていった。

尾根はアセビの木が多い。雪snowが降り出してきた。

雲母峰Ⅱ峰に着いたときは、猛吹雪状態sad 寒くてbearing、居れない。

雪で道跡が分かりにくい中、雲母峰shineに向かう。ここも寒いsad お腹も空いたweep

登ってきた道も、いつの間にか雪snowが積もっていた。下りは滑って転びやすいdash

昼食は雪の降らない場所で、立ったままriceballを食べた。

菰野町も積雪は5cmあり、まだ雪が降っていたので、早く帰ることにした。

帰りの温泉は阿下喜spaに入った。TBさんありがとうございますhappy01

new今回より絵文字が設定されていましたlovely。遊べておもしろいsmile

Dsc0143030 Dsc0143130 Dsc0143330 Dsc0143530 Dsc0143630 Dsc0143830 Dsc0144130 Dsc0144730

| コメント (0)