カテゴリー「(岐阜県) 養老山・笙ヶ岳」の記事

2017年2月 4日 (土)

養老公園から小倉山

2月4日(土曜日)

今日は仕事の日でしたが、急に休みになったので養老の山に行ってきました。

Photo

写真の日付が間違っていました。2018 ➡ 2017でした。o(_ _)oペコッ

Aimg_0334

Aimg_0335

Aimg_0336

Aimg_0338

Aimg_0337

Aimg_0339

Aimg_0340

Aimg_0341

Aimg_0342

Aimg_0350

Aimg_0351

Aimg_0352

Aimg_0353

Aimg_0355

Aimg_0356

Aimg_0357

Aimg_0358

Aimg_0359

白山のズーム    

御嶽山や伊吹山はいつも見れるので感動が少ないが、

羽島市から見えない白山を見ると何故か興奮する。

富士山・御嶽山・白山などの山の読みを「やま」と言わないで

「さん」と呼ぶのは、信仰の山で有り、みんなから親しまれているからである。

Aimg_0362

Aimg_0363

Aimg_0364

Aimg_0365

Aimg_0370

Aimg_0371

Aimg_0372

Aimg_0373

Aimg_0379

Aimg_0380

養老神社で無事下山できたことに感謝してお参りした。

Aimg_0381

Aimg_0383

Aimg_0384

今日は風があまりなく寒くなかった。

アイゼンなしで登りましたが、三方山までは滑りやすく慎重に歩きました。

下山に歩いた牧場跡からの道はぐちゃぐちゃでした。

養老の滝近くの駐車場料金所で登山届を出すのですが、

今日は愛想のいいお姉さんでしたhappy01

雪山は道具や技術がない私は怖くてshock行けない。

でも養老の雪なら下山までの時間が少ないので、

慎重に歩けば雪山を楽しめますよ。

写真の日付が間違っていました。2018 ➡ 2017でした。o(_ _)oペコッ

| コメント (0)

2012年12月23日 (日)

笙ヶ岳(しょうがたけ)

12月23日(日曜日)

今年(平成24年度)の最後の登山(忘年登山)です。

昨日の22日(土曜日)が雨だったので今日になった。

昨日なら、なべさん・さっちゃんが参加できたのだが今日は都合が悪く、

欠席でした。(残念ですweep

メンバーは4人(松井さん、坂さん、安藤さん、私)

今日の山は、養老山系の最高峰 笙ヶ岳(しょうがたけ)908mです。

笙(しょう)はこんな笛Photo_2です。

笙ヶ岳の頂上で伊吹山からの風の音がこんな風に聞こえたから、

この名前が付いたのだろうかsign02(想像ですcoldsweats01

コースタイム

羽島7:40 → 8:15駐車場8:20 →  10:45笙ヶ岳11:23 →  13:33駐車場 

→ 14:20羽島

Adsc015060

松井さんの家からは養老山脈がよく見えます。

ここから養老の登山口までは、車で18kmで行けるので、近い山です。

Adsc013830

滝に近い駐車場です。私達が3台目でした。

Adsc013860

ここの駐車料金が少し高いbearing。平日500円、土日は1000円です。

まだ早いので管理人は居なかった。

Adsc013870

Adsc013890

Adsc013910

登山道が崩れているshock  慎重に歩いた

Adsc013920

Adsc013930

後ろを振り返ってみる。  逆光の光が怖さを引き立てる。

Adsc013950

歩き易い道です。

Adsc013960

Adsc013970

Adsc014000

ベンチがある場所で小休止をした。

安藤さんが、甘酒を持って来てくれた。美味しかった。(ご馳走様です)

Adsc014010

林道から外れ、古道を登った。もみじ峠に直行します。この道は急登です。

Adsc014050_2

Adsc014070

もみじ峠です。

Adsc014090

Adsc014110

大洞谷を渡る

Adsc014120

山を巻く長いトラバース道を進む。

Adsc014160

陽が当たると思った以上に暖かい。

Adsc014170

Adsc014180

Adsc014210

岩がガラガラした涸れ沢に入る。

Adsc014220

Adsc014240

登りがきつい。

Adsc014260

Adsc014280

Adsc014290

笙ヶ岳頂上に着いた。7人グループの登山者がいた。

Adsc014300

三角点の前にsad   我々は少し外れた所で休憩した。

Adsc014310

Adsc014340

Adsc014480

Adsc014410

Adsc014420

Adsc014370

表山は雑木林の中なので展望は無いdespair

裏山は頂上が広く展望が良いhappy01。 

でもこの表山・裏山に行くにはヤブゴギをしなくてはならないbearing

今日はハッキリ見えないが、表山と裏山の間に

大垣市内、先に金華山が見え、遠くに御嶽山も見えるAdscn5154010年前の写真です。

Adsc014430

Adsc014450

休憩を済ませ、下山した。

登りの時は曇って見えなかった伊吹山がはっきり見えたhappy01

Adsc014530

Adsc014520

岩のコケを写してみた。坂さんが微笑んでいる。

Adsc014590

緑の絨毯(じゅうたん)ですhappy01

Adsc014600

来た道を戻った。

Adsc014640

Adsc014650

Adsc014680

Adsc014690

Adsc014700

Adsc014710

行きに甘酒を飲んだ場所です。

今度はコーヒーを貰って飲んだ。美味しかったhappy01

Adsc014740

前を行くのは、頂上に居たグループ

Adsc014750

また危険な場所です。

Adsc014780

今年の杉花粉は多いだろうかsign02

Adsc014790

オーットimpact 今歩いてきた道は、通行止になっているではないかshock

行く時は、気がつかなかったcoldsweats02

Adsc014800a

Adsc014800_2

Adsc014810

駐車場を車で出るときに係員に声を掛けて駐車料金1000円を払った。

自己申告だったので払わなくて帰る車もあるかもしれないと思った。

今日は早いが風呂なしで帰ることにした。

羽島に帰って、坂さんが荷物を下ろしていたら、

「ストックを駐車場に忘れたshock」と言った。

駐車料金領収書に書いてあった電話番号に電話したら、

係員の人が見てきてくれ「ありました」の返事だった。(よかったhappy01

後日取りに行くことにした。

笙ヶ岳は雪がある時は、危険な場所があるので養老山・小倉山に登っている。

今日は皆で登れて良かったhappy01

以前の登山報告ですが、時間があったら見てください。

2012.2.5 小倉山

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-52ea.html

2011.1.23 小倉山

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-52ea.html

2009.1.4 小倉山

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-bf23.html

| コメント (0)

2012年2月 5日 (日)

小倉山(養老)

2月5日(日曜日)

2月2日に寒波が来て、岐阜では15cmの積雪がありました。

今日の山は、雪の山を歩きたくて養老の小倉山に登って来ました。

下の駐車場は、無料でした。

Adsc031030

養老の滝に向います。

Adsc031060

Adsc031070

滝の前での、若者達

Adsc031100

Adsc031130

Adsc031170

ここから登山道です。この水が滝に流れます。

登山道はトレース(かき分けた道)なので、楽に登れた。

Adsc031230

Adsc031240

三方山に行きます。

Adsc031260

Adsc031280

Adsc031290

小倉山に向います。

Adsc031330

Adsc031340

Adsc031370

小倉山頂上

Adsc031460

天気が良ければ、霊仙山が見える。今日は少し曇っている。

Adsc031470

お昼を食べず、下山する。お昼はうな丼を食べようと決めていたから。

Adsc031550

Adsc031450

Adsc031380

Adsc031400

Adsc031420

Adsc031430

Adsc031560

Adsc031570

Adsc031620

お昼は、養老ミートの隣の養老うまいもん広場で食べた。

川魚 山種さんです。http://yamatane.jp/event.html 

Adsc031630

Adsc031640

並丼を食べた。うなぎは外はカリカリ、中はふんわりとした食感です。

Adsc031650

注文してないのに、食後にコーヒーが出てきた。

デザートは、きんかんの甘いのです。

お姉さんからの、サービスでした。ありがとうございました

Adsc031670

サービスしてくれた、お姉さんです。写真を撮らして貰いました。

Adsc031690

今年の1月8日も小倉山に登って来ました。

ブログに載せませんでしたので、今回載せます。

Adsc027060

Adsc027070

Adsc027080

Adsc027110

Adsc027130

Adsc027160

Adsc027180

Adsc027270

Adsc027280

Adsc027300

Adsc027310

Adsc027330

Adsc027340

Adsc027350

Adsc027360

Adsc027370

Adsc027390

Adsc027400

養老ミートさんの隣でステーキ串とカレーを食べた。

奥の雪の山は、伊吹山です。

Adsc027530

ステーキ串は美味しかったけど、塩コショウがきついbearing

Adsc027550

牛スジ肉のカレーライスを食べたhappy01

美味しかったので養老ミートさんで牛スジを買って帰った。

Adsc027570

Adsc027580

今度は、ここでうな丼を食べようと思った。

Adsc027590

今回うなぎ高騰のため、値上げと書いてあった。

今日食べたうな丼は1400円だった。(鯉のアライが付いていたが!)

1月は1000円で食べれたのにな!

2011年1月23日 (日)

小倉山(養老)

1月23日(日曜日)

今日の山は、養老の小倉山です。

朝は寒いから、布団から出れない。

寒いのが嫌いな私が、なぜ寒い雪山に行くのかよく分からないcoldsweats01

朝9時に起きて、養老山を見たら曇っていたので、止めようかと思った。

それで、NHK日曜討論を見た。(日本はどうなるのかと討論を聞いていた)

羽島インター南のバローに買い物に出た。

98円の焼きたてのパンが美味しいhappy01

時間は11時を過ぎていた。

山に行くぞっupと、やっとその気になった。

養老の駐車場です。駐車場のおじさんが居ないので、今日は無料でした。

Adsc03083a

観光客は、滝まで歩いて行けない。リフトは動いている。

Adsc03085

養老の滝です。

Adsc03086

Adsc03089

上の駐車場です。ここは料金が要ります。

登山ノートに、氏名、住所、行き先、帰る時刻を書く。

今の時間は12時30分です。

殆どの人は、午前中に登り始めていた。(当然でしょうねcoldsweats01

私の前に、10組ほど、延べ人数で30人。

その中に、私と同じ住所の人が居た。

竹中さん、正木町坂丸 メンバーは14人の大団体だcoldsweats02

たぶん八八会だsign01 安藤さんはいるだろうかsign02

Adsc03094

養老の滝の上です。養老でこんなに雪が多いのは初めてだcoldsweats02

もう帰ってくる登山者。

Adsc03095

Adsc03101

チョット 面白い人がいる。雪の上に大の字を書いている。

Adsc03102

雪はだんだん多くなってきた。アセビの木が雪をかぶって耐えている。

帰って行く登山者ばかりです。

残念ながら、八八会らしき人達には会わなかった。

Adsc03106

Adsc03108

Adsc03109

Adsc03110

Adsc03115a

Adsc03117a

Adsc03118

14:10 ~ 14:20  

頂上です。誰もいないのは寂しいもですsad

Adsc03122a

帰り道

Adsc03121a

前方左の山、雲の中が笙ケ岳(しょうがたけ)です。

Adsc03130a

三方山に寄ってみた。

Adsc03132a

登山届けの駐車場に15時25分に着いた。

私が最後でしたcoldsweats01

養老神社の境内に菊水泉がある。

水がお酒に変わったと言われる伝説は滝の水ではなく、実はこの湧き水です。

Adsc03139a Adsc03140 Adsc03141 Adsc03142

下の駐車場に15時50分に着いた。風呂は無しで帰った。

帰りに、この店に行きました。http://www.gifucomi.net/shop/shop.shtml?s=607 

養老はお肉屋さんが多いので有名です。

皆さんは知っていましたかsign02

Adsc03144 Adsc03147 Adsc03145 Adsc03146

飛騨牛ロース100g 600円は美味しそうだが、もったいない。

飛騨牛切り落としを500g買って帰りました。(チョット贅沢をしましたhappy01

家に帰って、5等分してラップに包んで、4つを冷凍した。

100gを使って、プチすき焼きをして食べましたlovely

飛騨牛って、なんて美味しいだPhoto

残りは、牛丼や肉じゃが等で食べよう。Photo_2

| コメント (2)

2009年1月 4日 (日)

小倉山

2009年の初登山です。

養老の山に、松井さん、坂さんの三人で行きました。

滝の下の有料の駐車場からスタートしました。

この時期は、観光客や、登山者は少ないでした。

滝までに行く道に、ロウバイが咲いていて、良い香りがしました。

Dsc0442345 Dsc0442445 Dsc0442645 Dsc0443045





山を登るに付け、雪が増えてきました。

三方山(720m)は見晴らしが良かった。

小倉山(841m)で昼食をしました。

恵那山、中央アルプス、御岳、北アルプス、白山が見えてよかったhappy01

松井さんが聞いた、ペアーの女性は姉妹では無く、親子でしたsign03

Dsc0443345 Dsc0443445 Dsc0443945 Dsc0444045 Dsc0444145 Dsc0444345 Dsc0444645 Dsc0444745 Dsc0444945 Dsc0445445 Dsc0445945 Dsc0446045 Dsc0446245 Dsc0446445 Dsc0445145 Dsc0446645




帰りは牧場跡へ回って帰りました。

杉の花粉が今にも飛びそうでした。

Dsc0447045 Dsc0447145 Dsc0447545 Dsc0447645





帰りの温泉は 水晶の湯 に入りました。

混んでいて、温泉行きのバスが2.3本後になるので歩きました。

入り口でも10分ほどの待ちでした。

夜景がきれいでした。

| コメント (2)

2007年1月 1日 (月)

養老山 初日の出

2007年のスタートにあたり、初日の出登山に行ってきました。

場所は養老山です。メンバーは松井さん夫婦、隣の田口さん夫婦の合計5人です。頂上は雪があり、温度は0度以下です。午前7時に太陽が東から現れた時、頂上にいた30人ほどが、歓声をあげました。木曽川、長良川、揖斐川の川面が光って見えました。2007_hinodea

| コメント (0)