カテゴリー「(岐阜県) 夜叉ヶ池・三周岳」の記事

2018年6月 9日 (土)

福井県側より夜叉ヶ池   ニッコウキスゲが絶景

6月9日(土曜日)

今日は福井県側より龍神伝説が残る夜叉ヶ池に登ってきました。
6月末ぐらいがニッコウキスゲの満開の時期ですが、今年は早いようです。
今日のメンバーは4人(松井さん、安藤さん夫婦、私)

Dsc07861_2a

▲今日のベストショット1枚

南壁の岩肌一帯のニッコウキスゲ   白い花はコバイケソウ

Dsc07790_20037

岩谷川に沿って車で林道を進むと終点のここに着く。

トイレと駐車場があります。ナンバーは福井県か関西方面が殆ど。

Dsc07791_20038

カツラの木

Dsc07792_20039

Dsc07793_20040

Dsc07794_20041

Dsc07796_20042

Dsc07797_20001

Dsc07798_20043

Dsc07799_20044

Dsc07800_20045

岩谷川の沢沿いを登っていきます。

Dsc07801_20001

コアジサイ

Dsc07803_20046

Dsc07804_20047

Dsc07805_20048

Dsc07807_20001

大きな水音がする方を見ると 夜叉ヶ滝でした。

Dsc07809_20001

渡河は木橋が整備されていました。耐荷物250kgと書いてあった。

Dsc07811_20049

Dsc07812_20050

Dsc07813_20001

サンカヨウの実

Dsc07815_20002

2回目の渡河

Dsc07818_20001

岩谷のトチノキです。 

Dsc07884_20001_2

林野庁選定「森の巨人百選」に選ばれているが、

20年以上経っているので標識はかなり朽ちていた。 

Dsc07819_20001

Dsc07820_20003

沢から外れ、山登りの始まりです。

Dsc07821_20004

Dsc07822_20005

Dsc07823_20006

シャクナゲの木

Dsc07826_20007

Dsc07827_20008

ギンリュウソウ

Dsc07829_20009

Dsc07830_20010

Dsc07831_20011

Dsc07833_20013

ナナカマドの花

Dsc07835_20014

Dsc07836_20015

タニウツギ

Dsc07839_20016

夜叉ヶ池が見えてきました。

Dsc07841_20018

Dsc07844_20001

イモリです。     池を守るはイモリ、屋敷を守るのはヤモリです。

Dsc07846_20019

Dsc07847_20020

白いのは花で無く、モリアオガエルの卵

Dsc07848_20021

県稜線の尾根に行きます。

夜叉ヶ池が岐阜県側か福井県側に所有するかで争いが発生している。

分水嶺の稜線から言えば福井県だが、神話や神社などイベントからは岐阜県でしょうか。

Dsc07850_20001

県稜線の尾根の岐阜県側はお花畑でした。

Dsc07852_20023

ニッコウキスゲ・イブキトラノオ

Dsc07853_20001

アザミ

Dsc07854_20001

Dsc07855_20001

稜線を夜叉ヶ池山の方へ登ります。

Dsc07856_20024

黄色はニッコウキスゲ、白いのはコバイケソウ

Dsc07860_20001

アカモノ (低山のツツジです)

Dsc07864_30001

岐阜県側の登山道が見えますが、山開きが6月30日なので登山者はいない。

Dsc07866_20028

登山道で休憩し、おにぎりを食べた。 

他の登山者が来たら移動しようと思っていたが誰も登って来なかった。

Dsc07872_20030

Dsc07873_20031

クワガタムシは逃がしました。

Dsc07878_20032

夜叉ヶ池に戻り、記念写真

Dsc07880_20033

これより下山です。

Dsc07881_20001

以前はここは祠があったなぁ

Dsc07887_20001

帰りの見た夜叉ヶ滝  陽があたって良い

Dsc07889_20034

ササユリ

Dsc07898_20035

帰りの温泉は、今庄365温泉 やすらぎに入って帰った。

Photo

羽島6:30 → 9:10夜叉ヶ池登山14:10→ 14:50温泉やすらぎ15:50 → 17:50羽島

2011.07.09 一人で福井県側より夜叉ヶ池に登ったブログです。down

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-86a9.html

| コメント (2)

2013年6月21日 (金)

夜叉ヶ池と谷汲ゆり園

6月16日(日曜日)

16日は谷汲ゆり園に行こうと思い午前9時まで寝ていた。

起きたら天気sunがいいではないかcoldsweats02。養老の山が家からきれいに見えた。

山に行こうhappy01

行き先は迷って、毎年今頃行く 夜叉ヶ池に決めた。

時間があったら、帰りに谷汲ゆり園に行こうと思った。

1人で登山する時は、ブログに行き先を書くことを決めたので、

朝10時前にブログに夜叉ヶ池に行くと書いた。

そのブログは私が家に帰って消しましたが、約20人ほどの人がブログを

見ていたので、私が夜叉ヶ池に行ったことは知っている。

以前と同じ様な写真ばかりなので、止めようかと思いましたが出すことにしました。

夜叉ヶ池に岐阜県側から登る場合は行くまでの道が狭い。特に登山口

手前7kmが一車線ですれ違う場所が少なく神経を使って行かなくてはならない。

私がこの道に来た時間は11時半頃だった。

対向車が来ないのを願って進んだが、早い時間に登った人は11時には

山を下りて来る。なので5台程の車とすれ違った。

11時以降は帰りの車があるので、早めに登山口に着いた方が運転は楽です。

登山口に11時45分に着いた。家から1時間45分、距離で75kmでした。

駐車場の特等席が空いているhappy01。すれ違った車の場所ですcoldsweats01

今日は真夏のような天気sunです。

Adsc000010

Adsc000030

Adsc000020

幽幼の滝

Adsc000110

Adsc000120

サンカヨウ  。  Adsc000170

Adsc000200

夜叉壁のニッコウキスゲAdsc000270

Adsc000890

夜叉壁     。Adsc000300

Adsc000310

モウセンゴケは殆どの登山者は見ていかない。Adsc000390

Adsc000380

これは食虫直物です。 Adsc000360

Adsc000410

Adsc000450

夜叉ヶ池   Adsc000480

モリアオガエルの産卵Adsc000490

Adsc000500

Adsc000510

イモリ    。  。Adsc000560

ライブカメラのある所まで行きました。Adsc000580

Adsc000600

Adsc000620

http://park10.wakwak.com/~sakauchi/ ライブカメラの映像が見れます。Adsc000630

ガスが出てきました。Adsc000640

直ぐ無くなりました。Adsc000750

Adsc000800

ニッコウキスゲは蕾が多いので、6月末まで良いようです。Adsc000650

バイケソウ     。Adsc000840

Adsc000880

ブナ林       。Adsc000920

Adsc000930

Adsc000950

Adsc000970

15時5分に駐車場に着いた。3時間20分の登山でした。

去年6月30日のブログですdown。同じような写真ですがcoldsweats01

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-78d4.html

Adsc000980

次に谷汲ゆり園に行った。16時15分に着いた。Adsc001220

Adsc001000

Adsc001240

Adsc001040

Adsc001050

Adsc001100

Adsc001110 

Adsc001120

Adsc001250

Adsc001150

Adsc001170

奥に見える山は、谷汲の妙法ヶ岳667mです。Adsc001200

Adsc001210   

ここも少し早かったなぁsad。6月末が満開のような気がする。

明日は、愛知県の鞍掛山(くらかけやま)882mに行きます。

今まで雨が降っていたが、明日は天気が良いようですhappy01

2012年6月30日 (土)

夜叉ヶ池・三周ヶ岳

6月30日(土曜日)

今日は仕事の日でしたが、急に休みになったhappy01

しかし、手放しで休みを喜んでいられないdespair

でも梅雨の中、貴重な晴れの休みは、山に行く絶好のチャンス。

夜叉ヶ池のニッコウキスゲを見に行こうsign01と思いネットで調べたら、

岐阜県側は30日に山開きあると分った。行こうhappy01

8時20分 駐車場に着いた。すでに多くの車が止まっていた。

Adsc077690

ここで山開きの式が行なわれるようだ。

Adsc077710

この山は、禁止事項が多い。

それだけ、この山の自然が守られていることだ。(良いことだconfident

Adsc077720

ササユリが登山者を迎えてくれていた。

Adsc077820

写真の中央下に登山者が見えます。昇龍の滝あたり

Adsc077910

Adsc077930

Adsc077940

Adsc077960

横から見ると、二段の滝になっている。

Adsc077980

まだ雪渓が残っている。

Adsc078010

Adsc078030

Adsc078050

Adsc078130

Adsc078090

何気ない草のようで、見逃してしまう。何か分りますかsign02

Adsc079120

これが、モウセンゴケです。

Adsc079090

Adsc079100

Adsc078230

ズームで見ると、葉には腺毛があり、小さな昆虫が捕らえられているのが分る。

モウセンゴケは、粘液のついた葉で虫を捕らえて養分を取る食虫植物です。

コケの仲間ではなく、花も咲きます。

Adsc0782300

夜叉壁の一面にニッコウキスゲが 咲いていたhappy01

和名は禅庭花(ゼンテイカ)です。

http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/monocotyledoneae/liliaceae/nikkoukisuge/nikkoukisuge.htm

Adsc078240

Adsc078241

県境稜線に着いた。今登って来た登山道が見える。こちらが岐阜県側です。

Adsc078320

県境稜線の北に夜叉ヶ池はあるので、ここは福井県です。

ライブカメラの場所に向かう。

Adsc078370

Adsc078430

これが、ライブカメラです。

http://park10.wakwak.com/~sakauchi/

Adsc078450

ここから、三周ヶ岳(さんしゅうがたけ)1292mが見える。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=7DAMQX77ARw

Adsc078460

登ってくる登山者。  見た目ほど危なくないですcoldsweats01

Adsc078490

写真を撮る登山者。 私もいいカメラcameraが欲しいなぁcoldsweats01

もっと良い写真を撮りたいと思うが、カメラの良し悪しの違いでなく、

それはテクニックの違いかもしれないcoldsweats02

Adsc078530

Adsc078550

夜叉ヶ池の周りの木道より写す。

Adsc078620

Adsc078630

Adsc078640

Adsc078650

イモリ

Adsc078710

夜叉龍神社にお参りする。

Adsc078690

Adsc078680

白い泡の物が、モリアオガエルの卵

Adsc078670

Adsc078700

Adsc078660

三周ヶ岳に向う。

写真は先ほど登った、ライブカメラの山です。

Aadsc078740

夜叉ヶ池が稜線の右側にあります。

Adsc078750

Adsc078800

前に見える団体(総勢22人)が、金沢ハイキングクラブのみなさんです。

http://khc-web.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=607&comment_flag=1&block_id=44#_44

Adsc078860

ヤブコギを繰り返すwobbly。笹の葉のシャワーを前から浴びる感じですsad

三周ヶ岳が見えてきた。

Adsc078890

11時10分 三周ヶ岳(さんしゅうがたけ)1292mに着いた。

頂上は、山名のプレートも無く、6畳ぐらいの狭い場所ですcoldsweats02

無線のしているおじさん(本巣市の人)が居ただけ。

おじさんから、笠ヶ岳に何度も登られるた話を聞いた。

7月中(14,15,16)の連休は凄い人が山に来ると言っていた。

(私も、笠ヶ岳に登りたいなぁconfident

Adsc078900

無線のやり取りををしばらく聞いていた。これもまた面白い。

Adsc078910

夜叉ヶ池に戻るコース。

Adsc078970

三周ヶ岳の頂上より、途中のピークの方が展望がいい。

三周ヶ岳まで行くより、ここでランチriceballが良いかもcoldsweats01

Adsc078950

夜叉ヶ池に登山者が多くいた。今日の開山の式に参加した人達のようです。

7月1日の岐阜新聞ニュースより

http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20120701/201207010843_17427.shtml

Adsc079040

Adsc079050

福井県側から登られた夫婦さん。

巻き寿司を一個貰った。知らない人と話すのも登山の楽しみだ。

福井県側はニッコウキスゲは咲いていないとの事でした。

Adsc079070

岐阜県側から登った尾根の場所です。ここも展望がいい。ランチをする登山者

Adsc079080

夜叉壁を登ってくる人達。 また女性を写してしまったcoldsweats01

Adsc079170

外人さんも多い。 ここは国際的な山だhappy01

Adsc079180

ここを登るのが大変でしたwobbly

Adsc079200

サンカヨウ

Adsc07804

コアジサイ(ユキノシタ科)

Adsc079220

13時30分 駐車場に着いた。 

登山者の車がトイレがある所まで路駐してあった。(今日はすごい人だcoldsweats02

Adsc07925

帰り、夜叉ヶ池の里 さかうち道の駅に寄って食事をした。

14時半 遅めのランチです。

Adsc079290

Adsc079300

Adsc079270

Adsc079280

「地元の物を食べる」にこだわる私。

ダチョウの肉を食べた感想。

肉は鶏であることは味で分る。食感は赤みの牛肉のようで歯ごたえがある。

淡白の味で、脂身が無いのでヘルシーな感じだhappy01

でも脂身が無いので、うまみが足りない感じがした。

Adsc079320

ダチョウが地元の物なのかと疑いたくなる人の為に、ダチョウ牧場に行った。

Adsc079340

Adsc079360

ダチョウの首は、キリンの首と違い、くねくねと動く。

異様な感じがする。まるで妖怪のようだcoldsweats01

Adsc079390

仕事が休みになった事で、行くことが出来た山でしたhappy01

楽しい一日でしたhappy01

夜叉ヶ池の伝説を簡単に説明すると、

日照りに困った郡司が、雨を降らせた返礼に池の龍神に娘を嫁がせた話です。

詳しいことを知りたい人は、

http://www.mirai.ne.jp/~godokita/yasya/ysgik00.html

| コメント (2)

2011年7月 9日 (土)

夜叉ヶ池・夜叉ヶ池山

7月9日(土曜日)

今週は、残業が毎日3時間あり、疲れましたsad

前夜、夜叉ヶ池と三周ヶ岳を登る計画を立てて、6時に目覚ましを掛けて寝た。

しかし朝、なかなか起きられない。もう少し、もう少しと8時まで寝てしまった。

朝ごはんを食べ、家を出たのが9時だった。

今日の夜叉ヶ池へは、福井県から入った。(初めてです)

303号線で揖斐川町から坂内に入り、道の駅 夜叉ヶ池に着いたのは、

10時頃でした。ここまで50kmです。

ここから、岐阜県側の登山口まで1時間も掛からないと思う。

福井県の登山口に着いたのは、11時50分だった。

今日のコースは、夜叉ヶ池から夜叉ヶ池山までの往復です。

Bdsc07998

登山口までは、岐阜県側より道が広いので楽だった。

20台程駐車できる。今日は登山者が少ないようだ。

カツラの巨木があった。

Adsc07901

Adsc07902

Adsc07903

夜叉滝

Adsc07912

Adsc07914

Adsc07918

Adsc07919

夜叉ヶ池に着いた。今日は登山者が少ない。

Adsc07926

Adsc07928

Adsc07927

Adsc07929

Adsc07930

Adsc07931

Adsc07934

http://www.youtube.com/watch?v=GUg4HPU7_MM

次に、夜叉ヶ池山に向った。

Adsc07939

高度を上げて行きます。

Adsc07940

Adsc07941

Adsc07945

Adsc07947

Adsc07948

福井県側です。雲は夏です。

Adsc07950

夜叉ヶ池が、ハートheartに見える位置です。

Adsc07951

今日の頂上です。三周ヶ岳まで行くのは止めた。

Adsc07952

Adsc07953

夜叉壁

Adsc07959

Adsc07962

Adsc07963

Adsc07975

ヤマガールが登ってきたlovely

Adsc07966 

夜叉ヶ池の監視員さんです。(ご苦労様です)

Adsc07981

下山途中のブナ林

Adsc07983

花は、山あじさいが咲いているぐらいだ。

Adsc07985_2

Adsc07995

駐車場に着いたのは、15時20分だった。(往復で3時間20分)

Adsc07999

まだ時間があるので、花はす公園のはすを見に行った。

去年、7月11日に行ったブログがあります。

ハスは朝に開花して、昼にはつぼんでしまうので、行くなら午前中にsign01

Adsc08000

Adsc08002

Adsc08003

Adsc08006

Adsc08009

帰りに寄った、そば屋さん。

おろしそばを頼んだ。麺は太めで腰があります。

Adsc08019

Adsc08020

ニッコウキスゲを期待して行ったのですが、少し遅かったです。

花はす公園まで、往復300kmありました。(1人で行くには遠い距離です)

高速を使えば、今庄で下りれば、夜叉ヶ池や花はす公園まで直ぐ行けます。

| コメント (0)

2010年11月 7日 (日)

夜叉ヶ池・1206mピークまで

11月7日(日)

今日は、岐阜県坂内の夜叉ヶ池(やしゃがいけ)です。

メンバーは3人(松井さん、坂さん、私)

当日まで、行き先が決まらないままで、7時に松井さん宅に集合した。

紅葉mapleが良いだろうと思い、夜叉ヶ池に決まった。

安藤さんは都合が悪く、3人だけの登山になった。

Adsc03414

羽島7:00 → 9:20登山口9:25 → 10:21幽幻ノ滝10:28 → 

10:56夜叉ヶ池11:06 →11:461206mピーク(夜叉ヶ姫岳)12:00 → 

12:30夜叉ヶ丸(夜叉ヶ池山)13:12 → 13:26夜叉ヶ池 → 

14:40登山口着14:50 → 17:10羽島

国道303号線を走り、川上(かわかみ)から林道池ノ又(いけのまた)線に入る。

坂内バイクランドでトイレ休憩をした。登山届窓口Cdsc03267_3 がある。

ダム湖を過ぎると、道は1車線なる。

避難場所が少なく、対向車が来たら嫌な道になる。

奥に行くほど、紅葉がきれいになった。

走行中の車内よりの写真

Adsc03270 Adsc03272 Adsc03274 Adsc03275

9時20分に駐車場に着いた。

もう満車状態でしたが、一番奥に停めれた。

準備して、9時25分スタートした。

沢を何度も渡り、登り始めは急で汗をかいたので、服を一枚脱いだ。

後はなだらかな道で、紅葉を十分楽しんだ。

登山口から幽幻の滝の手前までの写真です。

Adsc03277 Adsc03279 Adsc03280 Adsc03285

Adsc03291 Adsc03292 Adsc03297 Adsc03303

登山口より1時間程で 幽幻の滝 に着いた。

夜叉姫が身を清めたという滝です。

たいした事はないが、登山ガイドブック「岐阜県の山」では、

幽玄の滝と書いてあるが、これは間違いで幽幻の滝です。

Adsc03309 Adsc03314_2 Adsc03310 Adsc03311

Adsc03317 Adsc03319

夜叉壁の登山道の右に、昇竜(しょうりゅう)の滝が見え始める。

道はロープやクサリがある岩場の急登が続く。

Adsc03320 Adsc03321 Adsc03325 Adsc03326

Adsc03327 Adsc03328 Adsc03330 Adsc03332

夜叉ヶ池が見える尾根の鞍部に着いた。

標識には、三周ヶ岳の矢印はあるが、三国岳の名前は消されてあった。

後で分かったことだが、三国岳は藪(やぶ)こぎの山で、一般登山者は、

避けた方が良い山でした。

夜叉ヶ池に新しく観覧席が作られていた。

パトロールのおじさんと話したら、今年の9月に出来たようだ。

高速が1000円で使えるようになって、

楽に登れる福井県側から登る登山者が増えたそうだ。

パトロールのおじさんに写真を撮ってもらい、三国岳に向った。

Adsc03333 Adsc03334 Adsc03336 Adsc03338

Adsc03340 Adsc03342 Adsc03343 Adsc03344

急登が続き、夜叉ヶ池が小さくなっていく。

1212mのピークで登山者が昼食を食べていた。

夜叉ヶ丸 と書いたプレートを持って写真を撮っていた。

後で調べて分かったことだが、地図上の名前は無いが、

地元では、夜叉ヶ丸とか夜叉ヶ池山と呼ばれているらしい。

Adsc03345 Adsc03348 Bdsc03349 Adsc03350

ここから笹藪の中をかき分けて進むbearing

目の前に、山が見える。ここが三国岳かと思い登ったがsign01

ピークに着いたが、名前が分かる物が何も無い。

三角点らしき物はある。ガイド本では夜叉ヶ池から1時間と書いてある。

まだ40分ぐらいなのでまだ早い。

先に進むが、前方の山Adsc03355_2までは、まだ遠いので、途中で引き返した。

後で調べて分かった事だが、最近登ったグループで、

夜叉ヶ池から2時間掛かったと書いてあった。

すごい藪こぎで、二度と行きたくないと書いてあったshock

まるで、恵那山の近くの焼山の藪こぎのようなものだったと思った。

前のピークに戻りenter、写真を撮った。

ここも後で分かったことだが、ピーク1206mでした。

以前は、夜叉姫岳と書いたプレートPhotoがあったが今は無い。

Adsc03351 Adsc03352 Adsc03354 Adsc03352a

夜叉ヶ丸に戻り、昼ごはんriceballを食べた。

Adsc03358 Adsc03362 Adsc03364 Adsc03367

夜叉ヶ池に戻る。登った時は気にならなったが、ハートheart01の形に見える。

Adsc03369 Adsc03371 Adsc03373 Adsc03374

Adsc03375 Adsc03379 Adsc03381 Adsc03380

夜叉ヶ池から、夜叉壁を下り、ブナ林の中をを帰った。

Adsc03384 Adsc03386 Adsc03390 Adsc03392

Adsc03394 Adsc03401 Adsc03404 Adsc03407

Adsc03409 Adsc03408 Adsc03410 Adsc03411

14時40分 駐車場に着いた。

風が無く、暖かい日でした。紅葉mapleのいい日に登れてラッキーでしたhappy01

今回は、風呂は無しで帰った。

松井さん宅に着いて、松井さんからみかんを貰った。

ありがとうございます。 

| コメント (0)

2009年8月15日 (土)

夜叉ヶ池

盆休み 15日(土曜日)

一人で夜叉ヶ池に行きました。

前日は、羽島花火の打ち上げを目の前で見て、大玉に大感動。

朝9時に起きて、どこの山に登ろうか? と迷う!

夜叉ヶ池に決定して、坂内に向った。

303号に大きな看板があった。

坂内バイクランドから、10kmほど狭い林道なるが、

対向車が来ないか冷や冷やだった。(対向車は一台もなかった)

駐車場に着いたが、車は15台ぐらいだった。

早い人は、もう下りて来られた。私は11時20分に出発!

歩き始めて、道脇にホトトギスが咲いていた。正式名は??

他にも花が咲いているが、名前は分からない。

ライブカメラの場所まで登って行った。

ガスが出てたり、風が強かったら怖い道だ!

夜叉ヶ池でランチにする。神秘的な池だ!

次に三周ヶ岳に向うが、心細くて途中で断念した。

帰りの温泉は、藤橋の湯に入り帰った。

Adsc06359_2 Adsc06298 Adsc06299 Adsc06308 Adsc06307 Adsc06309 Adsc06311 Adsc06312 Adsc06315 Adsc06317 Adsc06319 Adsc06320 Adsc06321 Adsc06323 Adsc06326 Adsc06328 Adsc06333 Adsc06334 Adsc06335 Adsc06344 Adsc06345 Adsc06348 Adsc06347 Adsc06350 Adsc06353 Adsc06354 Adsc06355 Adsc06358 

| コメント (0)