カテゴリー「(岐阜県) 御嶽山」の記事

2010年10月17日 (日)

御嶽山 

10月17日(日曜日)

今日の山は、前から行きたかった御嶽山(おんたけさん)です。

御嶽山は岐阜と長野の県境にあり、登山口が5ヶ所程あります。

交通の便が良い長野県から登る4コースのが一般的です。

田ノ原口コース、黒沢口コース、開田口コース、日和田口コース

岐阜県側からのコースは、濁河(にごりご)温泉から登る小坂口コース

今回、私は小坂口コースで、御嶽山に登りましたAruku_botann

初めに、山名の由来を説明します。古くは「みやま」「みたけ」などと呼ばれ、山のなかでも王と尊称された。御嶽信仰が普及するにつれ御嶽(おんたけ)と呼ばれだし、親しみを込めて「木曽の御嶽山」となったそうです。

御嶽山は乗鞍(のりくら)火山帯の属する火山で、どこから眺めてその美しい独立峰です。日本有数の霊山として、古来より信仰を集めています。

御嶽山は四つの峰があります。最高峰の剣ヶ峰(けんがみね)、摩利支天山(まりしてんざん)、継母岳(ままははだけ)、継子岳(ままこだけ)です。

また、五つの火山湖があります。一ノ池、二ノ池、三ノ池、四ノ池、五ノ池です。一ノ池、四ノ池は水は溜まっていません。

出来るだけ多くの場所に行きたかったので、深夜1時に羽島を出発しました。

国道は明るく、車も深夜に関わらず走っていましたが、濁河(にごりご)温泉に

向う道は真っ暗で、空には輝く星、鹿やタヌキ、イタチ等も出てきました。

30km程の山道を走ったら、少し車酔いになりました。

濁河温泉に着いたのは、午前4時半頃でした。駐車場には5台程止まっていました。

周りに明かりが無いため、本当に真っ暗でした。星は大きく見えましたshine

車の中で、一時間寝ました。(何処でも私は直ぐ寝れますsleepy

5時半に起きて、夜買った吉野家の牛鍋弁当を食べ、準備をして

5時45分にスタートしまた。剣ヶ峰までのコースです。

Aaadsc01191

日の出の時間は6時頃ですが、濁河温泉は御嶽山の西側なので、

お日様が当たるのは8時頃です。なので6時を過ぎてもまだ暗いです。

飛騨頂上まで4,2kmあり、100m毎にプレートがあり親切だと思いました。

Adsc00926_2 Adsc00927_3

仙人橋を渡る。紅葉のきれいな場所だが、太陽が当たらないので残念sad

後方に白山が見えて感動するhappy01。日の出の太陽が照らしている。

ジョーズ岩とは、面白い名前だ。安藤さんも同じ名前を付けるだろうかsign02

Adsc00929_3 Adsc00930_2 Adsc00931 Adsc00932_2

湯の花峠に着く。(硫黄臭が風に乗って飛んでくる所から名前が付いたそうだ。)

右手に摩利支天山(まりしてんざん)が見える。

コメツガの樹林帯の中に、赤や黄色のナナカマドがきれいだ。

Adsc00933 Adsc00935 Adsc00937

かえる岩(似ていないwobbly)、のぞき岩、お助け水(水場は無い)を過ぎる。

Adsc00939 Adsc00942_2 Adsc00946

この辺りのナナカマドの葉は、みんな落ちていました。

ダケカンバが茂る中を登っていくと、森林限界になり、

ハイマツの大斜面になる。32は登山口から3200mの所の意味です。

後ろには、白山が見え、前方左に乗鞍岳、穂高連峰が見え出したhappy01

Adsc00952 Bdsc00957 Adsc00949

朝は氷点下なのだろう、5cm程の霜柱がある。(ねぎラーメンのねぎの様coldsweats01

ハイマツの大斜面を過ぎると、ロープで保護されたコマクサ群生地がある。

そこに五ノ池小屋があります。その上が飛騨頂上だ。

Adsc00958_2 Adsc00960 Adsc00963 Adsc00964

8時20分 五ノ池小屋に着く。登山口より2時間35分

目の前に氷が張った五ノ池が見える。

小屋の温度計は、3度だった。風もあり体感温度は0度ぐらいだ。

五ノ池小屋に入り、ストーブに当たらしてもらった。

小屋は15日で終わり、片付け中で宿泊の登山者はいなかった。

小屋の管理人さんが、「前日は氷点下3度で、池が凍った」と言っていた。

Adsc00966 Adsc00967 Adsc00968

三ノ池を左手に見ながら、トラバースして行く。

ナナカマドの赤い実だけが残っている。

Adsc00969 Adsc00977 Adsc00984 Adsc00995

登って行き、賽の河原(さいのかわら)の中を通り過ぎる。

ここは御嶽教信者にとって先祖の霊が集まる場所で、

至る所に小石でケルンが積まれ、お地蔵様が祀られて、

一種独特の雰囲気がある場所です。

Adsc00990 Adsc00998 Adsc01000

斜面を登りと、コバルトブルーの二ノ池に着いた。

二ノ池小屋は営業していなかった。

一枚目は、一ノ池の外輪山で3000mはあるが名前が分からない。

二枚目の真中が、剣ヶ峰です。

Adsc01004 Adsc01005 Adsc01010 Adsc01013

9時50分頂上に着いた。登山口より約4時間

(空気が薄いので、最後の一歩一歩がきつかったbearing

Adsc01021 Adsc01024 Adsc010260_2

360度の大展望です。

遠くに富士山が見えた。(cameraレンズの汚れがあり、見苦しくてすみません)

Adsc01022 Adsc01032 Adsc01033_2

目の前の、火口湖が水が無い一ノ池です。水は二ノ池に流れて行くようです。

今日の天気は、青空の上に雲があり日差しが弱いです。

Adsc01035_2 Adsc01036 Adsc01037 Adsc01031

この続きは、御嶽山2でhappy01

| コメント (0)

御嶽山 2

10月17日(日)

御嶽山の続きです。

Aadsc01191 剣ヶ峰から濁河温泉までの帰りのコースです。

9:50剣ヶ峰10:05 → 10:06一ノ池外輪山10:46 → 11:00賽の河原11:10

→ 11:40摩利支天山→ 12:20五ノ池小屋 → 12:50継子岳13:00 → 

13:22五ノ池小屋 → 15:25濁河温泉駐車場 → 17:00厳立峡17:05 → 

17:10ひめしゃがの湯18:30 → 21:00羽島

帰りは来た道を戻るより、一ノ池火口壁をめぐりに行くことにする。

Adsc01035_3

剣ヶ峰3067mの社務所の裏から、岩場の道を下りて行きます。

右に一ノ池、左に奇怪に切れ落ち、硫黄臭い水蒸気を上げる不気味な

地獄谷火口を見下ろしながら進みます。

Adsc01038 Adsc01040 Adsc01049 Adsc01055

やがて、ピークに着いた。ここは岐阜県と長野県の境です。

一ノ池火口壁上のピークは飛騨側としては最高点(標高3050m)だが、

名前が無いのは寂しいし、不思議だsign02

一ノ池をはさんで剣ヶ峰と向かい合い、火口壁上を進むと、

南に継母岳(ままははだけ)が見えます。

そのまま継母岳まで登れそうな気もしますが、登山道は長野県西部地震で

崩壊したため行くことはできません。

二ノ池を右下に見ながら、二ノ池新館小屋に下ります。

Adsc01064 Adsc01067 Adsc01071 Adsc01078

賽の河原(さいのかわら)に下りて、次に摩利支天山(まりしてんざん)2959mに

登ります。3枚目の山の真中が摩利支天山(まりしてんざん)です。

4枚目は振り返って、剣ヶ峰を見ています。

Adsc01080 Adsc01081 Dsc01082 Adsc01085

頂上は尾根道で本当に狭い所です。この山は、賽の河原を囲む

外輪山で、東西に長く伸びていて西端が摩利支天山です。

大噴火で山頂部が吹き飛んでできた陥没地が賽の河原です。

そのため、北側はなだらかなハイマツ原の外斜面と、

南側は溶岩層がむきだしになった絶壁の斜面が対照的な山です。

Adsc01088 Adsc01089 Adsc01090_2 Adsc01091

頂上で直ぐ折り返して、五ノ池小屋に下りて、

継子岳(ままこだけ)2859mに登りました。

Adsc01100 Dsc01102 Adsc01106 Adsc01108

継子岳は御嶽山の最北端にあり、四ノ池外輪山の最高点です。

左側に濁河温泉が見えます。右側には四ノ池があります。

Dsc01116 Adsc01109

変わった石?があり不思議な場所を通り、

継子岳(ままこだけ)2859mに着いた。頂上は広い場所です。

下に、チャオ御岳スキー場が見えます。

北に、乗鞍岳がすぐ近くに見えます。

日和田高原から直登するルートがあります。

山麓の日和田から眺める御嶽山は「日和田富士」の名があり、

「ふるさと富士」の中では最高峰です。

Adsc01118 Adsc01123 Adsc01124 Adsc01127

Adsc01128 Adsc01129 Adsc01130

再び五ノ池小屋に戻り、濁河温泉に下ります。

Adsc01133 Adsc01134 Adsc01132 Adsc01137

ツララがありビックリcoldsweats02

湯の花峠辺りから、太陽が顔を出してくれました。ラッキーでした

赤や黄色のナナカマドの葉がが光越しに見え、燃えているようです。

15時25分に駐車場に着きました。他の車は無く、みんな帰ったようです。

全工程時間は9時間半でした。

Adsc01141 Adsc01142 Adsc01145 Adsc01150

Adsc01178 Adsc01179 Adsc01185 Adsc01186

ゆっくり濁河温泉に入る時間もあったが、長い林道を早く抜けたいので、

直ぐ帰りました。林道からきれいな御嶽山が見れた。

Adsc01187 Dsc01189

帰り小坂町の厳立峡(がんだてきょう)に寄って見ました。(初めての所です)

日も落ちて、駐車場には一台も止まっていなかった。

係員さんが片づけをしていた。紅葉の時期を聞いたら、「一週間後ぐらい」

と言っていた。滝めぐりもあり紅葉mapleの時期は最高だろうlovely

Adsc01190

温泉が近くにあるので、入った。

ひめしゃがの湯です。源泉が良かった。このお湯は最高でしたhappy01

ここで晩ご飯を食べた。名物の鉱泉粥(こうせんがゆ)です。

これは源泉で炊いたお粥です。胃にやさしく、温泉を食べているような感じでした。

Adsc01192

ここを18時半に出て、羽島に21時に着きました。

帰りの運転も、眠くなく快調に帰れましたhappy01

| コメント (0)