カテゴリー「(三重県) 三国岳・烏帽子岳」の記事

2017年4月22日 (土)

鞍掛トンネル手前から三国岳三角点の往復

4月22日(土曜日)
 
全国には三国岳と名が付く山は多くあります。
 
今日の三国岳の三国は昔の美濃国・伊勢国・近江国です。
 
現在の岐阜県(大垣市)・三重県(いなべ市)・滋賀県(多賀市)です。
 
今日は鞍掛トンネル手前から3ヶ所の三国岳ポイント行きました。
 
三国岳最高点911m  
三国岳頂上894m  
三国岳三角点815m
 
三国岳三角点は見晴らしがよくないので、ここに来る人は少ないです。
 
場所は三国岳最高点から100mを下り、20m程登った場所に三角点があります。
 
今回は焼尾山のシャクナゲの花が見えたらいいと期待して行きました。
 
メンバーは3人(松井さん、安藤さん、私)
 
坂さん、なべさんは残念ながら欠席でした。

Mikunidake1a

Mikunidake2_2

Adsc03243

▲ここまで車で来れます。

Adsc03245

▲トンネル手前で駐車しました。

Adsc03247

▲鞍掛峠が見えてきました。  左は鈴北岳、右は三国岳

Adsc03249

▲焼尾山のシャクナゲを見に行きます。

Adsc03250

▲イワウチワ

Adsc03252

▲シャクナゲは蕾です。蕾が少ないので今年は不作だと思いました。

Adsc03255

▲焼尾山の頂上

Adsc03265

▲次に向かう三国岳です。見えているのは最高点911mです。

Adsc03267

▲アセビの花

Adsc03272

▲ピンクの花は山桜

Adsc03274

▲カタクリ

Adsc03278

▲三国岳最高点に着いた。先客の4人グループ

元気なおばちゃん3人とお兄さんです。

話を聞くと、春日井市のスルジェ山の会の人達でした。

家に帰ってネットで調べました。down

http://aichirousan.web.fc2.com/intro_alpineclub/sruje.html

Adsc03281

▲三国岳頂上894m

Adsc03286

▲三国岳三角点    岐阜県(大垣市)・三重県(いなべ市)・滋賀県(多賀市)

Adsc03289

▲白い花はコブシ

Adsc03298

▲鞍掛山791m    鞍掛トンネルに下ります。

Adsc03300

▲登山届場所

Adsc03301

▲駐車場に戻りました。

多くの車があったが三国岳方面は少なく、殆どが御池岳方面に登っているようだ。

今日は松井さんの会社の歓送迎会があったので風呂なしで帰った。

家に帰って直ぐ、宅配便が来た。

送り主は、エディオン名古屋本店

SHARP ヘルシオお茶PRESSO  茶葉を挽いて粉末茶をつくる機械でした。

誰が送ってくれたか、全く心当たりが無い。

Adsc03302

なのでエディオン名古屋本店に電話してみたら、

なんと 「東海テレビのスイッチ!http://tokai-tv.com/switch/

で当選した商品です」でした。

自分は、くじ運が無いと諦めていたが、やった~happy01  と思った。

さて 使えるように勉強しなくてはthink

 

 
 

| コメント (2)

2017年3月25日 (土)

烏帽子岳登山と、いなべ市梅林公園の梅まつり

3月25日(土曜日)
 
烏帽子岳は全国に沢山ありますが、今日の山は
 
岐阜県大垣市上石津町の時(とき)にある「美濃富士」と呼ばれています。
 
今日の烏帽子岳には雪があり、雪山体験ができました。
 
下山後は、いなべ市農業公園の梅まつりを見てきました。
 
梅まつりは2月17日(金)~3月26日(日)頃 
 
なので25日は遅いかと思ったがきれいでした。
 
駐車場のナンバープレートは関西方面が多かった。
 
メンバーは5人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、私)
 
今日の行程
 
羽島7:00 ~ 細野登山口駐車場8:17 ~ 10:27烏帽子岳11:07 ~ 
 
12:55駐車場 ~ 13:20梅まつり13:50 ~ 15:00羽島

Dsc02915_2

▲細野地区にある駐車場「烏帽子岳林間広場」

Dsc029162

Dsc02933_2

▲第4展望ポイント

Dsc02937_2

▲上りは大岩コース

Dsc02939_2

Dsc02950_2

▲烏帽子岳山頂 865.1m

Dsc02955_2

Dsc02964_2

▲慎重に歩きました。下りは下が見えるので怖かった。

Dsc02967_2

駐車場に戻り、いなべ市農業公園の梅まつりを見に行きます。

Dsc02971_2

▲今年出来た「みはらし台」に行きます。

Dsc02972_2

▲「みはらし台」からの絶景

Dsc02981_2

Dsc02983_2

Dsc02984_2

Dsc02985_2

きれいでしたhappy01    

YouTubeで公開中 https://youtu.be/_-lnIvx5ICc

| コメント (0)

2014年5月 4日 (日)

焼尾山~三国岳~烏帽子岳~狗留尊山(篠立パーキングから一周)

5月4日(日曜日)祝日 みどりの日

5月に入り、シャクナゲが見頃だろうと思い、焼尾山・三国岳・烏帽子岳に

1人で登って来ました。

焼尾山は鞍掛峠から登れば直ぐですが、今日は篠立パーキングから歩き、

一周するコース(焼尾山・三国岳・烏帽子岳・狗留尊山)に挑戦してきました。

前日にPCでGPSにコースを入れた。

かなり長い距離なので8時間は掛かると思い、朝早く家を出ようとしたが、

起きれない。(内心、止めようかと思う)でも、ご飯を食べ8時に家を出た。

登山口の篠立パーキングまでは、渋滞に遭わずスムーズに行け、1時間後の

9時前に着いた。篠立パーキングのトイレを借り、9時に出発した。

ここから歩くのは初めてなので、GPSを頼りに歩いた。

今日のコース

Dsc057650c

初めに書いておきますが、凄いシャクナゲの群生地でした。

これだけのシャクナゲが咲いてのを見るのは初めてです。

写真ではその迫力が出せないので残念です。ではスタートします。

Dsc057690

Dsc057700

Dsc057720

私有地のつき、林業関係者以外は立ち入りを禁止します と書いてあります。

私は入りましたが、皆さんにお勧めできません。

Dsc057730

Dsc057740

中電の巡視路を歩かせてもらいます。

Dsc057750

Dsc057760

鉄塔の下を登っていきます。

Dsc057790

Dsc057890

ここからシャクナゲがありました。あまりの多さに、「凄い・凄い」言葉の連続でした。

Dsc057910

Dsc057920

Dsc057940

Dsc057950

Dsc057990

Dsc058200

Dsc058250

Dsc058270

ここが焼尾山の頂上ですが、プレートがありませんでした。

日当たりが良い場所のシャクナゲはもう枯れかけていました。

明日は雨の予報なので、これだけの凄さの花は今日迄でしょう。

Dsc058300

一枚私の写真を撮りました。この写真は拡大出来ません。

Dsc058320

次に三国岳に向います。行く尾根にはシャクナゲの木は一本も無かった。

下の写真は、カタクリです。

2枚とも同じ花ですが、写す位置が違うだけで、花の色がこれだけ違います。

Dsc058470

Dsc058480

三国岳の最高点です。

Dsc058490

ここが三国岳の山頂です。

Dsc058500

これから尾根歩きで烏帽子岳に行きます。

Dsc058530

尾根を登って来る夫婦さんです。

Dsc058570

この尾根は、シャクナゲ尾根と名前を付けてもいいくらいの多さでした。

Dsc058590

Dsc058700

Dsc058740

Dsc058790

Dsc058810

Dsc058830

Dsc059020

Dsc059060

Dsc059090

烏帽子岳の山頂です。

Dsc059240

狗留尊山に行く尾根は、アセビがいっぱい咲いていました。

Dsc059270

狗留尊山の頂上

Dsc059280

反射板のある場所です。

Dsc059320

Dsc059340

無事帰れたので、長楽寺にお参りしました。

Dsc059390

地区のおばさん達が、何か準備をしていました。(何かあるのかな)

Dsc059380

隣にある馬頭観音堂にもお参りしました。

Dsc059370

「くぁんおん」とは、

「観世音(くわんぜおん)」の略。◆仏教語

Dsc059430

篠立地区では、「こんにちは」と何人も私に声を掛けてくれる。

登山者同士なら普通だが、ここの住民は優しい人が多いと思った。

Dsc059440

駐車場に15時30分に着いた。約6時間半で帰れました。

Dsc059450

今年は、シャクナゲの当たり年なのでしょうかsign01

今日は行って良かったと思い帰ってきました。

篠立から焼尾山へ、柵の横を通り中電の巡視路を歩たのでこのブログを

見た人から苦情が来ないか心配です。

以前のブログです。時間があったら見てください。down

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-5503.html

今度、皆で行く登山は10日(土曜日)です。

場所は滋賀県の猪ノ鼻ヶ岳です。ここもシャクナゲの群生地があります。

またシャクナゲが見れますhappy01

| コメント (0)

2013年10月26日 (土)

狗留孫岳・烏帽子岳

10月26日(土曜日)

第四土曜日は皆で山に行く日です。

予定は岐阜県と富山県の境の白木峰でしたが、台風27号の影響で

行き先を変更しまた。

二日前の木曜日に喫茶店で会ったときは、大型台風27号が土曜日に

接近するので登山は中止になると思っていたが、幸いにコースが外れ

たので金曜日の夜に、松井さんから烏帽子岳に行くと連絡があった。

烏帽子岳(えぼしだけ)は岐阜県と三重県の境の山です。

登山口は、岐阜県側の細野コースと時山コースがありますが、今回は

三重県の古田(ふるた)から登り狗留孫岳(くるそんだけ)を通過して

烏帽子岳に登り篠立(しのたて)へ下るコースです。

メンバーは3人(松井さん、安藤さん、私)

Adsc020260

羽島8:00 → 9:05立田小学校9:08 →  10:40狗留孫岳10:54 →  

11:33烏帽子岳11:45 →  12:25狗留孫岳12:51 →  14:23立田小学校 →  

15:30羽島

立田小学校の中に駐車させて貰った。(許可無く駐車しました。人に進めれません)

Adsc019510

清水神明社の横から登っていきます。

Adsc019530

植林の薄暗い林道を終点まで歩く。

Adsc019540

林道終点から谷を登って行く。

Adsc019570

先に進めない所まで行くと、左へ曲り急登の尾根をテープを探しながら登る。

雑木林の急登です。本日の一番辛かった場所です。

Adsc019600

Adsc019620

篠立(しのたて)から登ってくる道と合流すると、傾斜が緩やかになった。

Adsc019670

開けた明るい場所に着いた。ここが狗留孫岳です。

Adsc019680

Adsc019721

電波反射板があり、ここからの展望がよい。

台風の影響がまだあり雲が早く動いている。

Adsc019690

安藤さんから甘酒を貰って飲んだ。暖かい飲み物が美味しくい。(ご馳走様です)

Adsc019720

山栗が沢山落ちていた。猿がいたので、栗は猿が食べるのだろう。

Adsc019790

烏帽子岳に向う道は、起伏が少なく整備されていた。

右前方が烏帽子岳です。

Adsc019860

頂上手前は少し急です。

Adsc019900

烏帽子岳865mに着いた。今日は天気が悪いので登山者が誰もいない。

Adsc019920

集合写真は拡大できません。

Adsc019950_2

烏帽子岳よりの展望

Adsc019960

昼食を狗留孫岳ですることにし、10分で頂上を下りた。

復路を戻り、分岐で篠立へ下りた。

Adsc020070

アセビの木が多い

Adsc020080

尾根をしばらく下ると登山道はジグザグに下り林道に出る。

Adsc020100

林道は長楽寺(ちょうらくじ)の前に着く。かなり大きく立派なお寺です。

Adsc020130

篠立の集落は立派な民家が多いと思った。

車道1.5kmを歩き立田小学校に着いた。

Adsc020140

羽島に戻り、コスモス畑で花をみた。風が強くてきれいな写真は撮れませんでした。

Adsc020230

午後3時半に松井さん家に着いた。松井さん ありがとうございました。

安藤さん お疲れ様でした。

松井さんの畑で枝豆を貰った。家に帰り早速茹でて食べました。

美味しかったです。松井さん 何時も野菜をありがとうございます。

2009.6.7 烏帽子岳を細野から松井さん、坂さん、私で登っています。見て下さい。

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-5ba4.html

2010.5.4 烏帽子岳を坂さんと二人で登っています。

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-5ba4.html

| コメント (0)

2012年5月13日 (日)

烏帽子岳・三国岳・焼尾山

5月13日(日曜日)

シャクナゲを見たくて、1人Aruku_botannで出かけました。

烏帽子岳(えぼしだけ)・三国岳(みくにだけ)・焼尾山(やけおやま)です。

オレンジが歩いた道です。(イメージです。)

Adsc060740

コースタイム

細野登山口8:40 → 10:05烏帽子岳1015 → 11:25三国岳(頂上) → 

11:30三国岳(最高点) → 12:05焼尾山12:15 → 13:00三国岳(頂上) →  

13:15三国岳(三角点)13:35 → 15:00時山バンガロー前 → 

15:40細野登山口 → 16:30養老SAで食事

 

きれいな形の烏帽子岳です。

Adsc065600

細野登山口です。  トイレを掃除しているおばさん「ありがとうございます」   

Adsc065660

烏帽子岳頂上まで一緒に歩いた愛知県知多の人です。

Adsc065690

カタクリは花が終わって、実が付いていました。

Adsc065720

コイワカガミ

Adsc065770

中里ダム湖が見えます。その奥が梅の花がきれいだった梅林公園です。

Adsc065790

烏帽子岳頂上

Adsc065861

頂上より藤原岳・御池岳が見えます。

Adsc065880

三国岳に向う途中は、石楠花(シャクナゲ)が満開の登山道でした。

Adsc066020

霊仙山方面です。

Adsc066110

白山も見えて、良かった。

Adsc066130

コイワカガミ

Adsc066170

Adsc066200

鉄塔が見えてきました。

Adsc066210

鉄塔の下

Adsc066230

振り返ってみる

Adsc066240

ここからのやせ尾根にシャクナゲの木が多い。

Adsc066250

振り返ると、鉄塔が小さく見える。烏帽子岳の奥には、御嶽山が見えた。

Adsc066300

山頂の三国岳894mに着いた。三国岳は、山頂・最高点・三角点があります。

三国とは、三重県・滋賀県・岐阜県です。

三国岳が3ヶ所あるのは面白いけど、何処が県境か迷いますよね。

県境は、山頂 三国岳894mです。(間違っていたら、コメント下さい)

Adsc066360

ここが、三国岳最高点911mです。

Adsc066370

焼尾山に向います。アップダウンがきついbearing

Adsc066430

Adsc066470

焼尾山頂上です。 標識が無いが間違いなくここが頂上です。

Adsc066590

ここのシャクナゲを見たくて、ここまで来ました。きれいですlovely

Adsc066500

頂上からの景色

Adsc066560

Adsc066570

三国岳に戻る途中、琵琶湖が見えた。

Adsc066620

三国岳の頂上に着いたら、30人以上の団体さんがcoldsweats02

Adsc066670

次に、三角点に着いた。先客4人(男性1人、女性3人)がいた。

いつもは、ここへ来ない。(初めての場所です)眺望はよくないwobbly

Adsc066710

話をしたら、豊田の人でした。

「時山へ帰る」と言われたので、後をついて行くことにした。

Adsc066730

Adsc066770

急な下りで、道がはっきりしないので、戻ることになった。

Adsc066790

再び、三角点に着いた。

Adsc066800_2

これから私が、先頭で下りた。

Adsc066810

若葉がきれいなところです。みなさん大感激していた。

Adsc066820

少し一緒に歩いて別れたが、迷わず無事戻れたかなconfident

ワサビ田の後地です。

Adsc066870

Adsc066900

Adsc066950

Adsc067000

県道139号線に出た。

Adsc067020

時山のバンガローの駐車場が見えてきた。

Adsc06703

バンガローの駐車場は赤い橋を渡ったところです。

私の車は、ここにないsad

Adsc067050

Adsc067040

40分歩いて、細野登山口の駐車場に着きましたhappy01

Adsc067070

三国岳と時山バンガローの間の登山道は、不明瞭な所が多いので、

安易に入らないで下さい。それだけ自然が多い所です。

良く登山道を知った人と入るのがよいと思います。

三国岳頂上で会った団体さんは、鞍掛峠から登った人達です。

登山ブログはここまでですhappy01

時間がありましたら、過去のブログも見てくださいhappy01

去年(平成23年)のブログ 烏帽子岳・三国岳です。

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-88cf.html

一昨年(平成22年)のブログ 烏帽子岳・三国岳・焼尾山

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-5503.html

おとt

とざん

本日の食事は、下り養老SAですcoldsweats01

高速を使わないでも、SAに入れるんですhappy01

ここが入り口です。10台ぐらいの駐車スペースがあります。

Adsc067100

テレビで、オリエンタルのカレーとスパゲティーがボリョーム満点と言っていたので、

食べたくて、ここに来ました。

Adsc067120

Adsc067150

Adsc067160

迷って、7番のダブルカレースパを食べることにした。

安くて大盛で美味しかったhappy01

昔、カレーと言えばオリエンタルだった。(懐かしかったhappy01

Adsc067130

大満足の一日でしたhappy01

今度の皆で行く登山は、26日(土曜日) 日本コバです。

| コメント (0)

2011年5月 2日 (月)

烏帽子岳・三国岳

5月2日(月) 連休2日目sun (黄砂により展望はよくない)

三重県の烏帽子岳(えぼしだけ)と三国岳(みくにだけ)に、

1人でAruku_botann 行ってきました。

羽島を5時40分に出発しました。

正面が烏帽子岳です。八重の桜が満開だったlovelyAdsc05930

Adsc05931

細野の登山口に6時40分に着いた。約1時間で来れた。

コースタイム

細野登山口:650 → 8:00烏帽子岳8:10 →  9:45三国岳9:45 → 

9:53三国岳最高点10:03  →  10:09三国岳 →  11:45時山バンガロー 

→ 12:00細野登山口

赤ラインが歩いた道です。GPSが無いので、これはイメージです。

黄ラインは車で移動です。(2台で行ったのでは無いですcoldsweats01Adsc06074

Adsc05934

Adsc05937

Adsc05938

イワウチワは満開で、花が落ちる寸前です。Adsc05944

Adsc05949

カタクリも残っていました。 Adsc05953

烏帽子岳の頂上に着きました。Adsc05956

時山に向う途中で、イワウチワが一杯咲いていましたlovelyAdsc05966

Adsc05969

Adsc05980

シャクナゲは、まだ蕾です。Adsc05982

Adsc05986

三国岳には、赤ラインへ進みます。Adsc05988

鉄塔の下を通ります。風が強く寒かったsadAdsc05994

細い尾根を歩きます。ふみ跡はあやふやな所があるが、

やせ尾根に沿って歩けば迷うことは無いと思う。

ここは陽が当たるので、シャクナゲの蕾は大きい。

少し咲いていたので嬉しかったlovelyAdsc05995

Adsc06002

Adsc05999

Adsc06004

三国岳に近づくと、ヌタ場があります。Adsc06005

この先は、急な登りになりますwobbly。岩場に沿って細々としたふみ跡をたどって、

登って行くと県境尾根に出ます。赤ラインを登ってきました。

逆コースの場合いは、分かりにくい下りです。Adsc06010

尾根に出て、5分ぐらいで頂上に着きます。Adsc06011

Adsc06012

少し先の最高点ピークです。Adsc06015

県境尾根を北に戻ります。

来た道を戻るか、時山に行こうかと考えて、時山に下りることにした。

時山から烏帽子岳・三国岳を登り、時山に下りる登山者(Hさん)に会った。

Hさんは、細野まで送ってあげると言ってくれたので、

一緒に下りることになった。Adsc06022

Adsc06026

下りる途中、1人登ってくる人がいた。

ビックリcoldsweats02 sikiさん(岳さん)でした。下見に来たと言ってみえた。

Adsc06027

Adsc06028

ワサビ田跡の横を通ります。Adsc06030

Bdsc06036

Adsc06039

車で送って貰いました。Hさん ありがとうございました。

色々話も出来て、楽しかったですhappy01Adsc06040

.

.

帰りは、ぼたんまつりを見て来ました。会場は農業公園エコ福祉広場です。

東海地区最大 5千本の牡丹(ぼたん)

http://www.city.inabe.mie.jp/pages/1983_0.html

満開だと、きれいだろうと期待して行きました。Adsc06042

なんと まだ1分咲きとはcoldsweats02  無料はうれしい(本当なら500円です)Adsc06072

Adsc06043

Adsc06055

Adsc06057

Adsc06046

Adsc06048

Adsc06052

Adsc06053

Adsc06058

観光バスが5台ほど来て、園内は人が多くなった。

Adsc06061

Adsc06063

Adsc06068

帰りは、風呂無しで帰った。

家に帰り、PCでHさんのヤマレコを見ました。(早くてビックリしましたcoldsweats02

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-108137.html

記事の中に、私の事が書いてあったので嬉しかったhappy01

明日は、揖斐川町の山に登る予定ですhappy01

| コメント (0)

2010年5月10日 (月)

烏帽子岳・三国岳・焼尾山

5月9日(日)

今日の山は、5日前の5月4日に坂さんと登った烏帽子岳(えぼしだけ)と

三国岳(みくにだけ)・焼尾山(やけおやま)です。

シャクナゲを見たくて、一人で出かけました。

Adsc00252

スタートは時山バンガロー村からです。

やはり時山部落は、平家と関係がありました。

薄暗いヒノキ林を過ぎ、鉄塔から明るくなった。急勾配の登りでした。

イワカガミが咲いていた。(5日前には無かった)

Adsc00132_4 Adsc00133_2 Adsc00134 Adsc00137

霊仙山の西南尾根が見える。

シャクナゲは満開でしたhappy01

山のシャクナゲは、木が大きく、岩場に咲くので写真が撮り難いです。

それに、花は葉の上に咲くため、下から見ると花が隠れてしまいます。

目の高さぐらいの花がきれいに見えます。

烏帽子岳の頂上に着いたが、誰も居なかった。

Adsc00141 Adsc00135  Adsc00149 Adsc00150

Adsc00152 Adsc00157 Adsc00169 Adsc00165 

次に三国岳に向った。

変化がある尾根歩きでした。

誰にも会わない。人が居た方が写真になりやすいのだがsign01

自分でモデルになってみるcoldsweats01

Adsc00171 Adsc00172 Adsc00178 Adsc00182

Adsc00184 Adsc00187 Adsc00191 Adsc00192 

三国岳に着く前辺りは、迷いやすい所があったが、

登りは上に行けば良いが、下りは迷うと思う。

三国岳に着いた。ここは最高点ではない。

三国岳は岐阜県、三重県、滋賀県の県境の山だからです。

ここでランチにした。ソースチキンカツとわらびもちを食べたhappy01

御池岳方面の山並みが見える。

Adsc00196 Adsc00200 Adsc00201 Adsc00195

三国岳最高点に行く。

この山は2005年5月28日に、三人(松井さん、坂さん、私)で来ている。

その時は、鞍掛峠から、焼尾山と三国岳の往復だと思う。

花は山ツツジがきれいでした。エビネランがあったのを覚えている。

Adsc00203 Adsc00204  

次に焼尾山に行く。急な下りになり、また登りになる。(かなりキツイ)

分岐で焼尾山に向かう。

登ってきた山が見える。右が烏帽子岳、左が三国岳 です。

頂上はシャクナゲが満開でしたhappy01

Adsc00205 Adsc00208 Adsc00217 Adsc00220

烏帽子岳とその後ろが、養老の山が見える。

来た道を、三国岳まで戻り、阿蘇谷を下りる。

木々の新緑が心地いいlovely

Adsc00228 Adsc00232 Adsc00234 Adsc00238

Adsc00237 Adsc00241 Adsc00248 Adsc00250 

15時には時山バンガロー着いた。

風呂は無しで帰った。

帰りの道中に松井さんから電話があった。

「三つ葉を家に置いていったよsign01

何時も野菜をありがとうございますm(_ _)m。                                                       

帰って、直ぐ茹でて食べました。美味しかったですhappy01

                                                                                                         

.

最後に5年前の三国岳・焼尾山の写真を載せます。

また花が咲いてる時に、みんなで行きたいですねhappy01

Adscn0537 Adscn0540 Adscn0545 Adscn0551

Adscn0555 Adscn0556 Adscn0558 Adscn0560

| コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

烏帽子岳

5月4日(祭日)みどりの日

今日の山は、三重県上石津町の烏帽子岳(えぼしだけ)865mです。

メンバーは、坂さんと私の二人です。

細野9:20 → 11:24烏帽子岳12:24 → 13:43時山バンガロー村 → 14:41細野

Adsc00070

細野登山道は1年前の5月に作られた新道です。

去年の6月に、細野新道で烏帽子岳に、3人(松井さん、坂さん、私)で登りました。

今回は、シャクナゲが咲いているかな?と思い行きました。

登山道の入り口にタケノコが出ていました。(取っていませんよcoldsweats01

展望コースに少しでしたが、シャクナゲが咲いていましたhappy01

カタクリやイワウチワも少し咲いていました。

Adsc00003 Adsc00013 Adsc00015 Adsc00017

Adsc00021 Adsc00023 Adsc00033 Adsc00035

頂上で写真を撮って、東へ5分ほどの三角点ピークに行ってみたが、

ここもほとんど眺望がないので、頂上に戻ってでランチにした。

時山バンガロー村から登ってみえた、美女軍団(4人)が来た。

「北西尾根はシャクナゲが咲いていた」と聞いたので、

我々も、時山バンガロー村に下り事にした。

美女軍団(女の人は美女に見えるcoldsweats01)に許可をもらって、写真を撮らしてもらった。

Adsc00040 Adsc00042 Adsc00043 Adsc00044

確かに、こちらのコースはシャクナゲの木が多い。

花芽が多い木もあり、数日後がきれいだろうhappy01

下りて行く正面に、霊仙山と西南尾根が見える。

鉄塔があり、上を見ると電線が交差している。

山にはまだ、山桜の薄いピンクが見える。

Adsc00045 Adsc00047 Adsc00048 Adsc00053

Adsc00057 Adsc00058 Adsc00059 Adsc00061 

時山バンガロー村に着く。

バンガローには平家の名前が付いている。

ここは平家が落ち延びた部落だったのだろうかsign02

ここから、車道を歩いた。

以前登ったことがある、時山橋から登る 釣鐘谷コースは危険と書いてあるcoldsweats02

1時間の歩きで、細野登山口に着いた。

帰りは、風呂無しで帰った。

Adsc00064 Adsc00066 Adsc00067 Adsc00068

| コメント (0)

2009年6月 7日 (日)

烏帽子岳

今日は男だけの3人で、烏帽子岳(えぼしだけ)に行きました。

F さんが、急に来れなくて残念でした。

最初の予定は、雨乞岳でしたが、鈴鹿スカイラインが通行止めの為

前日に変更で、大垣市上石津町、烏帽子岳(865m)に!。

5月17日、新しい登山道(2,7km)、細野コースが出きたと,新聞で紹介された。

烏帽子岳は山容も美しく、美濃富士とも呼んで親しまれてきたが、

既存の登山道は荒れ、容易に入山できなかった。

そこで大垣山岳協会と、地元の人が力を合わせ、

延べ300人が作業に汗を流し、3年がかりで作られたそうだ。

「山に、自然と人が共生するための新しい風を通すsign01」。

「みんなが親しめる山を目指したいsign01。」

そんな地元の思いが込められた山の開放がうれしい。

そんな思いに感謝して、登ることにした。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

烏帽子岳 林間広場に8時5分に着いた。先客の車が一台あった。

ここに、きれいで広いトイレが設置されていた。(洋式、和式の2室)

坂さんから、ビワを貰って食べた。(最近は食べたことが無かった、美味しかった)

Adsc05961 Adsc05959 Adsc05962 Adsc05958




8時15分 スタート

第一見晴ポイント ~ 第四見晴ポイント があり、木を切って見晴らしが良い。

登山道に白い花が一面に落ちている。

上を見ると、エゴノキの花が咲いていた。

第四見晴ポイントを過ぎたら、展望岩コースと大岩コースがある。

展望岩コースに進む。シャクナゲの木がある。(咲いたら綺麗だろう)

展望岩から細野集落が見える。ここは展望が良い。

10時8分 頂上に着く。2時間弱だ!

頂上の展望は、伊勢湾方面が見えるが、他は見えない。

Adsc05965 Adsc05967 Adsc05970 Adsc05971 Adsc05972 Adsc05976 Adsc05974 Adsc05977 Adsc05978 Adsc05981 Adsc05982 Adsc05983 Adsc05985 Adsc05987 Adsc05989 Adsc05990



早めの昼食にする。いつの間にか、頂上は人が増えてきた。

50分ぐらい休憩して、11時に下山する。

下りは大岩コースで下りる。

12時15分に林間広場に着いた。車が18台程あった。

新聞等で見た人でしょう。人気の山になりそうです。

Aadsc05994 Adsc05997 Adsc06002 Adsc06004 Adsc06013 Adsc06015 Adsc06017 Adsc06019



登山道は整備されて、安全な道でしたが、楽な道では無かった。

松井さんの家に帰って、たまねぎを貰った。何時もありがとうございます。

家に帰る途中、坂さんと相談して風呂に行くことにした。

岐阜市六条・岐大バイバス沿い 喜多の湯spa

人工温泉だが、掛け流し天然温泉のようなお湯で気持ちが良かった。

でも出来て間もないので、混んでいた。

| コメント (0)