« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月28日 (土)

松尾山登山と、笹尾山(石田三成陣跡・交流館)

3月28日(土曜日)

今日は天気が良くないので、関ヶ原町にある松尾山(まつおやま)293mです。

9374

登山口の駐車場から40~50分で登れて、山頂からの眺めが良い山です。

登山道は砂利道で歩きやすく、頂上にはトイレもありハイキングには適した山でした。

松尾山は関ヶ原の戦いで小早川秀秋(こばやかわひではる)が陣を構えた山です。

Dsc02779-213

▲松尾山城(長亭軒)史 

1400年頃に小守護富島氏が城を築き、1569年織田信長に帰属、1570年浅井長政修築

1579年廃城、1600年小早川秀秋の陣所とする。(小早川陣は関ヶ原の戦いの前日に来ています)

関ヶ原の戦いの話

この松尾山から、東軍(徳川家康)と西軍(石田三成)の配置が一望出来る場所です。

小早川秀秋が西軍から東軍に寝返った事で戦況が一変し東軍が勝ちました。

小早川秀秋と徳川家康との密約があったが、小早川秀秋は直ぐには参戦せず様子を観ていました。

迷っていたか、優勢な軍に参戦しよう!と思っていたのか?

小早川秀秋は豊臣秀吉の親戚なので裏切るとは、西軍陣は思っていなかった。

世間は正統性(道理)や正統性(血筋)を大切にしています。

合戦中に理由はともあれ、裏切った卑劣な行為と世間から馬鹿にされています。

明智光秀が織田信長を討った「本能寺の変」も正当性(道理)があったか分っていない。

小早川秀秋は関ヶ原の戦いからわずか2年後に亡くなっています。(享年21歳)

歴史は諸説あり、真実は分らないです。

石田三成のやり方に小早川秀秋の不満が溜まっていた時に、徳川家康が小早川秀秋を上手く利用したのでしょうね。

石田三成は才能には優れていたが、統率力や裏工作に関しては徳川家康が上でしたね。

説明はこれくらいで、登山の写真です。

Dsc02762-203

Dsc02763-202

▲登山口の駐車場です。5,6台しか停めれません

Dsc02766-204

Dsc02768-205

▲整備された遊歩道です

Dsc02769-206

▲ショウジョバカマ

Dsc02772-207 Dsc02773-208 Dsc02775-209

▲アセビ

Dsc02777-211

▲山頂手前

Dsc02778-212 Dsc02780-214

▲松尾山山頂

Dsc02781-3

▲山頂からの眺め     次に行く笹尾山・石田三成陣跡が見えます

ここから小早川秀秋は戦いに手を出さず観ていた。

Dsc02788-218 Dsc02786-216Dsc02787-217_20200328201801

▲西軍!東軍!  あなただったら どっち?

Dsc02789-219 Dsc02792-221 Dsc02795-223 Dsc02797-224

▲公衆トイレ

Dsc02798-225 Dsc02800-226

▲駐車場に戻りました。 途中で1家族が登って来た。

次に笹尾山・石田三成陣跡へ寄ることにした。

Dsc02801-227 Dsc02802-228

▲石田三成の家紋は「大一大万大吉」(だいいちだいまんだいきち)

Dsc02803-229 Dsc02804-230 Dsc02806-231 Dsc02808-232

▲笹尾山交流館で甲冑(かっちゅう)がレンタルできる。

Dsc02809-233

▲松尾山の小早川秀秋軍が、なぜ動かないか石田三成はイライラしていたと思う。

Dsc02810-234 Dsc02812-236 Dsc02815-237 Dsc02816-238 Dsc02817-239

▲ロッカーの表に家紋が書いてあり、中に読み方と誰の家紋か説明があります。

この建物は、小学校の廃校後の施設です。

Dsc02818-240

▲レンタルできる甲冑。

Dsc02821-3

▲本物の甲冑

Dsc02825-201

▲甲冑を身につければ、気分は武士になったようで気持ち良いだろうな。

 

追記  3月29日の中日新聞  早く新型コロナウィルスが終息してほしい

9380

 

 

 

 

| コメント (0)

2020年3月22日 (日)

鷺山(さぎやま)と道三塚(どうさんづか)

3月22日(日曜日)

今日は斎藤道三を偲んで鷺山城跡68mと道三塚に行ってきました。

1_20200322223701

▲北野神社からスタートです。

2_20200322223701

▲斎藤道三の家紋は黒地に波の形  斎藤道三がデザインした物です。

読み方は、二頭波紋(にとうなみもん)・立浪紋(たつなみもん)

寄せては返す波の様子で戦いや兵法の極意を示したものです。

水しぶきが2つと3つがありますが、物事には割り切れるものと、割り切れない物があるとのこと。

斎藤道三の哲学を感じます。

3 4 5

▲道三岩と濃姫岩・・・らしい?  左の岩が道三の顔にみえますか?

6 7 8 9 10 11 13_20200322223801

▲鷺山山頂

次に道三塚へ  ここの場所は分かりにくい場所でした。⤵

20 14 15 16 17 18 19

長良川の戦いで斎藤道三は側室(深芳野)の子・斎藤義龍に討たれました。

道三の遺体は常在寺(じょうざいじ)の西南に埋葬されましたが、塚はたびたび

長良川の洪水に見舞われたため、1837年に常在寺の住職によってここに移された。

「長良川の戦い」を詳しく知りたい人はこちら⤵
https://nihonsi-jiten.com/nagarakawa-notatakai/

 

鷺山城跡に行くにあたり、困ったのは駐車場でした。

近くまで行ったけど駐車場が分らなかったので、

マーサ21で止めて歩きました。

鷺山城跡の北東のある白山神社は広い駐車場がありました。

白山神社に行ったら祭りの準備をしてみえたので、お参りして帰りました。

Dsc02676-2_20200323000001

▲白山神社から頂上に行けそうです。

Dsc02678-2

▲鷺山小学校の南側に登山口があります。

西側にある心洞寺の駐車場にも登山口があります。⤵

Dsc02761-2 23

南側の駐車場です。⤵

21 22

Dsc02701-2

▲おおおお・・・何かあったのかなぁ?

Dsc02712-2

▲格好いいパトカーです😃  車種は日産のエクストレイル  パトカー用改造車

後部座席には乗りたくないですね(^^;)

 

 

| コメント (0)

2020年3月15日 (日)

大河ドラマ「麒麟がくる」 美濃国の守護(しゅご)土岐氏(ときし)

3月15(日曜日)

題目が大きくなっていますが、高富地域の大桑(おおが)を自転車(レンタサイクル)で回ってきました。

古城山(大桑城跡)→ 取矢神社 → 四国堀跡・六万墓 → 南泉寺 → 十五社神社 

Dsc02437-2

▲四国山香の森でレンタルサイクル(100円で借りれます)

Dsc0252003

▲新しいトイレを作っています

Dsc0252204

▲駐車場が出来ていました。

Dsc0252305 Dsc0252401

▲最初は展望台に寄りました。

Dsc0252724

アップした写真が下⤵です。

Dsc02527-223 Dsc0253425

登山口

Dsc02535-226 Dsc0253727 Dsc0254933

▲前回は寄らなかった切井戸へ

Dsc0255135 Dsc0255034 Dsc0255236 Dsc0255739

▲山頂手前

Dsc0256040

天守閣があった場所

Dsc0257245Dsc02563-241Dsc02567-243Dsc02570-244 Dsc0256542

▲古城山山頂

Dsc0255437 Dsc0255538

駐車場に戻り、自転車で気持ちよく下りました。

Dsc02588-252

▲カタクリが咲いているか洞照禅寺に寄ってみました。

Dsc02587-251Dsc02577-246

咲いてました😃

Dsc02578-247Dsc02583-249Dsc02586-250Dsc02581-248

▼次に行った場所は取矢神社

Dsc02590-253

▲矢は水の意味です。雨乞いの神社のようです

Dsc0259254 Dsc0259455 Dsc0259501 Dsc0259602

▲四国堀跡(しこくぼりあと)  

「四国堀」と呼ばれるのは、尾張・伊勢・越前・近江の四つの国の加勢を受けて作られたから付いた。

土岐氏の勢力が分る跡です。

土岐氏の守護所が初めから、大桑にあったのではないです。

1535年長良川で大洪水が起こり、現在の岐阜市長良にあった守護所が水没になりました。

それで大桑に政治的機能が移し、大桑城や守護所が整備されました。

Dsc0259803

▲ボランティアガイドの土田さんです。

私一人に、たくさん(30分以上)説明をして貰い、ありがとうございました。

「麒麟がくる」は割と正確に作られているそうです。

今までの織田信長のドラマだと、濃姫が土岐氏に嫁いで戻った事を描いていません。

「麒麟が来る」で、もっくんが演じる斎藤道三が濃姫の旦那の土岐頼純(よりずみ)を

お茶で毒殺するシーンがありました。

ネット上では「伊右衛門でおくりびと!」うまい

濃姫の話に戻ります。この時の濃姫の年齢は11歳です。小学5年生の子供です。

1547年 土岐頼純が若くして急死しています。死因は正確に分っていませんが、

斎藤道三の指図で濃姫が・・・かも? (濃姫12歳の時です)

帰蝶の名前は蝶の様にフラフラになって帰って来たからの説があるそうです。

Dsc02439-2

▲戦死六萬墓   斎藤道三と土岐氏の戦いです。

六万は多過ぎだと思いますが、それほど多くの人々が巻き込まれた場所です。

人骨が散乱するこの当たりは気味悪く建物が無かった場所ですが、最近は老人ホームなどが建っています。

Dsc0260104

▲南泉寺

1517年 土岐氏の菩提寺として、当時の守護・土岐政房(まさふさ)が開山した寺院です。

土岐政房は頼芸(よりのり)の父です。

頼芸は土岐氏最後の守護です。頼芸を追い出したのは斎藤道三です。

1552年 斎藤道三が下克上によって国盗りしたのです。

Dsc0260205 Dsc0260306 Dsc0260909 Dsc0260607 Dsc0260708 Dsc0261110a

▲十代が濃姫の旦那の頼純(よりずみ) 「麒麟がくる」で矢野聖人さんが演じています。

十一代は斎藤道三に追い出された頼芸(よりのり)「麒麟がくる」で尾美としのりさんが演じています。

頼純からみて頼芸は、おじさんになります。

順番が変と思うでしょうが、頼純の親(頼武)は頼芸の兄です。

Dsc0261311

▲十五社神社

平安時代に創建された神社で、土岐氏が氏神として崇敬していました。

Dsc0262212 Dsc0262313

▼四国山香りの森に戻ります

Dsc02438-2

▲四国山香りの森 カフェハーブレンド

Dsc0262515

▲今日のランチはハヤシライスとハーブティー

 

下の写真は2年前のです。桜が若い木できれいでした。

Dsc06037-201 Dsc06038-202 Dsc06039-203 Dsc06051-206 Dsc06042-205 Dsc06040-204 Dsc06056-207 Dsc06060-208 Dsc06062-209 Dsc06064-210 Dsc06067-211 Dsc06070-212 Dsc06074-213

四国山香りの森 ティータイム

土岐氏のコメントで間違いがあるかもしれません。

帰蝶(濃姫)役の川口春奈さん可愛いですね。

You Tubu 川口春奈 はーちゃんねる登録者83.5万人です。私もその一人です😃

今までのドラマ織田信長では、濃姫は最初に出るだけで、信長の妹 お市の方が大事な役割をしていました。

帰蝶(濃姫)と信長の間には子供は無かったし、記録が残っていないので結婚後の話は殆どフィクションです。

今回「麒麟がくる」では川口春奈さんは重要な位置の人かも?

あと注目の人は、麒麟が来るを言葉にした駒ちゃんです。

(麒麟とは、戦乱の世を終わらせ平和な世をもたらす人)

ポスターの「麒麟がくる」で明智光秀が描かれているが、麒麟を連れてくるは明智光秀だろうか?

私は駒ちゃんが麒麟を連れてくるのではないかと思う。

追記 2020-04-18 中日新聞にボランティアガイドの土田さんが載っていました。有名な人だったと驚きました。9653

 

| コメント (0)

2020年3月14日 (土)

3月14日の登山は中止

雨降りのため中止になりました。

| コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »