« 米田白山(よねだはくさん)・梨割山(なしわりやま) | トップページ | 百々ヶ峰(どどがみね)417.9m »

2019年10月26日 (土)

面平山(おもてびらやま)528m

10月26日(土曜日)

今日の山は美濃市面平(おもてびら)にある面平山(おもてびらやま)です。

C_20191027001201

▲山の名前は地名から付けられたようです。

210

今日の山の予定は、寺尾ヶ原千本桜公園の駐車場から汾陽寺山(ぶんようじさん)でしたが!

松茸山でテープが張ってあったので山に入るのを止めました。

Dsc00994-214

▲寺尾の千本ヶ千本桜駐車場   自販機の燃えた跡がありました。どうしたのかな?

Dsc00995-215

▲ロープの内側にビニールの紐が張ってました。

10月に、この山を登った人が地元の人に叱られたと書いてあったのでここで止めました。

山の一部かと思っていたが、この山全体が入山禁止のようです。(立て札が無かったので思い凄いかも)

ここは次回にして、今日はこの近くの登れる山を調べてみた。

安藤さんは柳島山がヤマップに足跡あると言ったが、私のヤマレコには無かった。

ヤマレコに足跡があったのは面平山でした。

松井さんは面平山に決めた。

E

Dsc00997-217

▲神明神社前で駐車させてもらいました

Dsc00996-216 Dsc00999-218

▲民家の間が登山口

Dsc01000-219 Dsc01001-220

▲九十九折れの登山道

Dsc01002-221

▲神社までお地蔵さんが何体も祭られていた

Dsc01016-228 Dsc01005-222

▲石の立派な階段です

Dsc01018-229

▲面平観音が刻んである

Dsc01007-223

▲観音堂の横を通ります

Dsc01009-224

▲面平山の頂上   雑木に囲まれ展望がない 三角点もないようです

Dsc01014-226

▲ファイトー

Dsc01015-227

▲ツルリンドウの実

Dsc01019-230 Dsc01020-231 Dsc01021-232 Dsc01022-233

▲ツヤブキの花  漢字で書くと 石蕗、艶蕗

艶葉蕗(つやはぶき)つまり「艶のある葉を持ったフキ」から転じた説

厚葉蕗(あつはぶき)つまり「厚い葉を持ったフキ」から転じた説があります。

 

Dsc01023-234

▲往復2時間で神明神社前に着いた。面平山は歩きやすい地元の信仰の山でした。

Dsc01024-235

▲帰りに「ふれあいバザール」で昼食と行ったが、

路駐も出来ないほどの満車状態なのであきらめた

Dsc01026-237

▲昼食は3回目の「なると寿し」

前回の「なると寿し」で食べたブログ⤵

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-3181.html

Dsc01029-238

▲ランチタイムの海鮮ちらし並700円です。後みそ汁とフルーツが出ます

Dsc01034-240

▲羽島に戻り、羽島市美術展へ

Dsc01032-3

▲松井さんの知り合いの作品

Dsc01035-3

▲今日は「はしま寄席」があり駐車場は満車でした。

講談師の神田松之丞さんのチケットは取れないほどの凄い人だと思ったが・・羽島に!

Dsc01037-202

▲羽島 美濃菊展が11月1日~3日 羽島文化センターで開催されます。

皆さん是非見に来てください。

Dsc01052-208

▲いちのえだ 田園フラワーフェスタのコスモス

Dsc01038-203 Dsc01043-204 Dsc01048-205

▲ヒマワリを撮す松井さん

Dsc01050-207

▲ヒマワリとコスモス     やっぱし花はいいね😃

« 米田白山(よねだはくさん)・梨割山(なしわりやま) | トップページ | 百々ヶ峰(どどがみね)417.9m »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米田白山(よねだはくさん)・梨割山(なしわりやま) | トップページ | 百々ヶ峰(どどがみね)417.9m »