« 本城山(ほんじょうざん)423m | トップページ | 関市中之保の権現山 »

2019年3月 3日 (日)

下呂御前山(空谷山)1411mと大江戸温泉物語下呂新館のランチバイキング

3月2日(土曜日)
急に休みになったので下呂御前山と大江戸温泉物語下呂新館のランチバイキングを
楽しんできました。

Photo

▲歩いたコースは駐車場スタートです

Dsc00033

4~5台の停めれる駐車場

Dsc00032

Dsc00034

Dsc00035

Dsc00036

登山口

Dsc00037

Dsc00038

熊と遭うかもしれないので熊除けの鈴を鳴らして歩きました

Dsc00042

動く動物!

Dsc00044

カモシカです    私をジーと見ています

Dsc00045

5合目まではハイキングのような歩きでしたが、

ここから山道になります

Dsc00048

Dsc00051

Dsc00052

霜柱です   まだ最低気温は氷点下ですね

Dsc00053

雪はアイスバーンなので注意して歩いた

Dsc00055

崩落場所です

Dsc00056

注意して覗いてみた

Dsc00059

Dsc00061

Dsc00062

見晴台よりの眺め

Dsc00063

下呂市です

Dsc00064

こんな道を進みます

Dsc00065

8合目です  ここは平らな場所です

Dsc00066

Dsc00067

Dsc00068

広い登山道です  平らのように見えますが登りです

Dsc00070

9合目です   

Dsc00071

Dsc00072

頂上が見えてきました

Dsc00074_2

御嶽山が目の前に初めて現れ、おーと言葉が出ました

この感動は登らないと分らないでしょう

Dsc00083

北アルプス

Dsc00081

白山

Dsc00079

Dsc00082

こんな頂上です    誰も居ません 独り占めです

Dsc00087

頂上から下呂の街を見ています

Dsc00092

ズーと居たいが・・・・・下山前の一枚

Dsc00096

9合目にあった高岩大権現に寄りました

Dsc00097

Dsc00098

Dsc00100

登山口に戻りました

Dsc00101

駐車場の手前で初めての登山者に会いました

Dsc00103

大江戸温泉物語下呂新館

Dsc00104

ランチバイキングの受付はフロントの右端に専用の受付がありました

https://gero.ooedoonsen.jp/news/5601

Dsc00105

ここで料金(2580円)を支払い、リストバンドをもらい付けます

Dsc00106

誰かと行ったと思ったでしょう!

私一人分です

Dsc00107

Dsc00108

下呂新館名物の高山ラーメン    

自分で作るのでなくコックさん(きれいな女性)に作ってもらえます

Dsc00109

パンも蜂蜜も美味しかった 

Dsc00110

デザートも食べ満腹になりました。

全部の種類の料理は食べきれませんでした。

食後の風呂は、3時からです。ロビーで休憩していても良いのですが、

私はフロントで下呂の街の駐車場や見所を聞いてに出かけました。

Dsc00111

市営の駐車場は1時間までは無料で、あと30分ごとに100円支払います。

2時間で200円で、3時間なら400円です。

先ずは下呂駅まで歩きました

Dsc00113

Dsc00114

Dsc00115

Dsc00117

川にある露天風呂です(噴泉池)     水着で入ります

Dsc00118

Dsc00119

Dsc00121

Dsc00120

Dsc00122

駐車場に戻り1時間以内の無料で出て、また入りました。

Dsc00123

これより温泉街の散策です。

Dsc00124

Dsc00125

Dsc00127_2

▲飛騨牛のあぶり握り寿しの湯島庵は凄い人でした。http://yushimaan.com/shop/

Dsc00129

先ずは温泉寺へ

Dsc00130

満腹でこの階段はきつい

Dsc00131

Dsc00133

Dsc00134

福寿草

Dsc00139_2

市営の駐車場(1時間以内)を出て湯の町雨情公園へ  野口雨情の像

桜の木が多いので4月は良いところです。今日は一人もいません

Dsc00136

合掌村の駐車場は無料です 

入村料は800円です。風呂に入れる3時になったので入村しないで

大江戸温泉物語下呂新館に戻った。

フロントでリストバンドを見せてフェイスタオルをもらいました。

風呂は3時から入れますが5時や6時になっても入れます。

3時は当日の宿泊客が入れる時間と同じです。

大江戸温泉物語下呂新館の温泉のお湯は日本三名泉(有馬・草津・下呂)

の名前ほどでは無かった。

露天風呂だが入浴剤が入れられ色と香りがありました。

辛口に言うなら、お湯に自信があるなら入浴剤はだめでしょう。

Dsc00135

下呂温泉に入りたかったら下呂の旅館がいいでしょうね。

旅館も日帰り温泉をやっていました。例で小川屋さんは1500円でした。

安く温泉に入るなら、白鷺の湯やクアガーデン露天風呂がいいでしょうね

Dsc00141a

Dsc00094

最後は19年前に松井さんと登った下呂御前山です。

木が茂り御嶽山の見晴らしは少し悪くなりましたね

« 本城山(ほんじょうざん)423m | トップページ | 関市中之保の権現山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本城山(ほんじょうざん)423m | トップページ | 関市中之保の権現山 »