« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月23日 (土)

本巣七名山の大茂山(おおもやま)

6月23日(土曜日)

昨日の金曜日は天気が良かったが、今日は梅雨前線が本州南岸に北上し、

昼前後から雨の予報でした。

初めの予定は本巣七名山の大白木山(おじろぎやま)でしたが、

登山口の折越峠まで行ったら、カッパを着ないと歩けない程の雨が降ってきた

うすずみ温泉に入って帰ろうか?でも 

登山に来たのだから、大茂山(おおもやま)453mに登ることにした。

今日のメンバー5人(松井さん、坂さん、安藤さん夫婦、私)

5

▲登山口は外山(とやま)小学校の裏です。

Dsc08264

大茂山登山の駐車場は、登山口近くの車道に数台置けますが・・・狭いです。

Dsc08265

外山小学校の駐車場に停めさせて貰いました。(学校に了解は貰っていません)

今日は授業参観がありました。(家に帰って調べました)

C

Dsc08266

ここからスタートです。雨が降ってなくて良かった。

Dsc08267

Dsc08268

Dsc08269

つづら折り(九十九折り)の道です

Dsc08270

Dsc08271_2

梅雨の時期から夏に出てくるヒルです

安藤さんの手にヒルがいた。どこから来たのだろう?上から、下から

Dsc08272

Dsc08273

Dsc08275

Dsc08276

Dsc08278

Dsc08279

NHK本巣テレビ中継放送所

Dsc08280

Dsc08281

NHKの電波塔

Dsc08282

一番の鉄塔です。No76

Dsc08284

右側に見えるのが大茂山

Dsc08288

二番目の鉄塔。No75

Dsc08289_2

朽ちた木

Dsc08290

3番目の鉄塔。No74  小雨が降り出したのでカッパを着た

Dsc08291

電線は釜ヶ谷山に繋がっている

Dsc08293

大茂山頂上の東屋が見えてきた。

Dsc08296

雨降りの日は東屋がありがたい

Dsc08300

Dsc08301

東屋で昼食     ここに40分間居た

Dsc08303

下山はふるさと林道歩きです。

Dsc08306

Dsc08309_2

カモシハを見ることができ、ラッキー

Dsc08311_2

紫陽花がきれいです。

Dsc08312_2

Dsc08314

Dsc08315

国道157号線が見えてきました。

Dsc08316

少し国道157号線を歩きます。

Dsc08318

外山小学校の駐車場に戻りました。

B

今日の歩いたコースです

A

下山の車道歩きは5.7kmありました。

上り2時間5分   下り1時間35分

羽島7:00 → 折越峠 → 9:45大茂山登山14:05 → 13:10羽島

| コメント (0)

2018年6月16日 (土)

本巣の七名山 岩岳・大茂山

6月16日(土曜日)
第3土曜日は仕事の日でしたが、休みになったので本巣の七名山の残り2山を
登ってきました。初めに岩岳(いわたけ)999mに行きました。

3

4

Dsc08167_2

Dsc08120_2

▲ここが登山口です。

左に車2台のスペースがありますがユーターン場所なので駐車できません。

Dsc08123_2

Dsc08128_2

Dsc08130_2

Dsc08132_2

Dsc08133_2

Dsc08135_2

Dsc08137_2

能郷白山の頂上は雲の中です

Dsc08138_2

Dsc08156_2

雷倉は廃道になった林道で分かります。

Dsc08157_2

Dsc08153_2

舟伏山は頂上の真ん中が切り込んであるので分かります。

Dsc08152_2

Dsc08147_2

岩岳の頂上は展望がありません。

Dsc08161_2

下山途中で木々の隙間から見えた、とうふ屋さん

Dsc08163_2

とうふ屋さんです。

Dsc08164_2

黄色の花がきれいです。名前は?

Dsc08165_2

Dsc08166_2

とうふ屋さんの前のバス停

Dsc08168_2

明日 6月17日根尾川あゆ釣り大会があります。

1

次は外山(とやま)の大茂山(おおもやま)453mです。

Dsc08170_2

神海(こうみ)駅の前です。地名は読み方が難しいですね。

5

外山(とやま)小学校の裏か姥坂峠が登山口ですが、

私が参考にした人は春日神社から直登するコースでしたので、

春日神社裏の登山口らしき場所を探したのですが、登れるような場所ないので

諦めて、車道のふるさと林道を歩きました。

Dsc08171_2

春日神社前   車は道路反対側の空き地に停めませた。

Dsc08172_2

慰霊塔のようです。この前に広い場所があるのでここに駐車しても良かったかも。

下山はバリエーションコースを使いここに下りました。

Dsc08178_2

ふるさと林道からの眺め

Dsc08184_2

頂上です。ここまえ車で来れます。

Dsc08185_2

Dsc08183_2_2

Dsc08194_2

トンビの様に空を飛べたら・・・

Dsc08195_2

眺望は主に東側です。日の出を見るには良い山ですね。

Dsc08187_2

東屋のテーブルが地図です。

Dsc08189_2

大茂山の頂上

Dsc08197_2

下山はバリエーションコースなのでこの境界線の杭が目印です。

春日神社裏は斜度は45度以上あり落ち葉で滑り苦戦しました。

Dsc08199_2

Dsc08200_2

彫刻が凝ってあります。巧みの技ですね。

Dsc08201_2

2

紫ラインが上りに歩いたふるさと林道です。 

オレンジラインは下山に歩いたコースです。

Dsc08206_2

山を下り、食事は谷汲のうどんそば喜更(きさら)です。

Dsc08203_2

冷やしたぬき 海老トッピングです。

Dsc08205_2

Dsc08204_2

そばを食べ終わり、五平餅も食べました。

五平餅のタレが美味しかった。「うんま

今日2山を登りましたが、登山者は一人も居ませんでした。

梅雨に入りヒルが出るので夏場は登山を敬遠されているようですね

| コメント (2)

2018年6月 9日 (土)

福井県側より夜叉ヶ池   ニッコウキスゲが絶景

6月9日(土曜日)

今日は福井県側より龍神伝説が残る夜叉ヶ池に登ってきました。
6月末ぐらいがニッコウキスゲの満開の時期ですが、今年は早いようです。
今日のメンバーは4人(松井さん、安藤さん夫婦、私)

Dsc07861_2a

▲今日のベストショット1枚

南壁の岩肌一帯のニッコウキスゲ   白い花はコバイケソウ

Dsc07790_20037

岩谷川に沿って車で林道を進むと終点のここに着く。

トイレと駐車場があります。ナンバーは福井県か関西方面が殆ど。

Dsc07791_20038

カツラの木

Dsc07792_20039

Dsc07793_20040

Dsc07794_20041

Dsc07796_20042

Dsc07797_20001

Dsc07798_20043

Dsc07799_20044

Dsc07800_20045

岩谷川の沢沿いを登っていきます。

Dsc07801_20001

コアジサイ

Dsc07803_20046

Dsc07804_20047

Dsc07805_20048

Dsc07807_20001

大きな水音がする方を見ると 夜叉ヶ滝でした。

Dsc07809_20001

渡河は木橋が整備されていました。耐荷物250kgと書いてあった。

Dsc07811_20049

Dsc07812_20050

Dsc07813_20001

サンカヨウの実

Dsc07815_20002

2回目の渡河

Dsc07818_20001

岩谷のトチノキです。 

Dsc07884_20001_2

林野庁選定「森の巨人百選」に選ばれているが、

20年以上経っているので標識はかなり朽ちていた。 

Dsc07819_20001

Dsc07820_20003

沢から外れ、山登りの始まりです。

Dsc07821_20004

Dsc07822_20005

Dsc07823_20006

シャクナゲの木

Dsc07826_20007

Dsc07827_20008

ギンリュウソウ

Dsc07829_20009

Dsc07830_20010

Dsc07831_20011

Dsc07833_20013

ナナカマドの花

Dsc07835_20014

Dsc07836_20015

タニウツギ

Dsc07839_20016

夜叉ヶ池が見えてきました。

Dsc07841_20018

Dsc07844_20001

イモリです。     池を守るはイモリ、屋敷を守るのはヤモリです。

Dsc07846_20019

Dsc07847_20020

白いのは花で無く、モリアオガエルの卵

Dsc07848_20021

県稜線の尾根に行きます。

夜叉ヶ池が岐阜県側か福井県側に所有するかで争いが発生している。

分水嶺の稜線から言えば福井県だが、神話や神社などイベントからは岐阜県でしょうか。

Dsc07850_20001

県稜線の尾根の岐阜県側はお花畑でした。

Dsc07852_20023

ニッコウキスゲ・イブキトラノオ

Dsc07853_20001

アザミ

Dsc07854_20001

Dsc07855_20001

稜線を夜叉ヶ池山の方へ登ります。

Dsc07856_20024

黄色はニッコウキスゲ、白いのはコバイケソウ

Dsc07860_20001

アカモノ (低山のツツジです)

Dsc07864_30001

岐阜県側の登山道が見えますが、山開きが6月30日なので登山者はいない。

Dsc07866_20028

登山道で休憩し、おにぎりを食べた。 

他の登山者が来たら移動しようと思っていたが誰も登って来なかった。

Dsc07872_20030

Dsc07873_20031

クワガタムシは逃がしました。

Dsc07878_20032

夜叉ヶ池に戻り、記念写真

Dsc07880_20033

これより下山です。

Dsc07881_20001

以前はここは祠があったなぁ

Dsc07887_20001

帰りの見た夜叉ヶ滝  陽があたって良い

Dsc07889_20034

ササユリ

Dsc07898_20035

帰りの温泉は、今庄365温泉 やすらぎに入って帰った。

Photo

羽島6:30 → 9:10夜叉ヶ池登山14:10→ 14:50温泉やすらぎ15:50 → 17:50羽島

2011.07.09 一人で福井県側より夜叉ヶ池に登ったブログです。

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-86a9.html

| コメント (2)

2018年6月 3日 (日)

本巣の七名山  大白木山・倉見山・文殊山

6月3日(日曜日)

本巣の七名山、どんな山なのかな 行ってみたくなりました。
昨日の能郷白山に続き、今日は大白木山(おじろぎやま)・倉見山(くらみやま)です。

大白木山

初めに大白木山(おじろぎやま)1234.5mに登りました。

数字の並びがきれいな山と知られていますが、登る人は少ないようです。

今日は日曜日なのに登山者が一人も居なかった。

ちなみに揖斐川町に貝月山(かいずきやま)がありますが、ここは1234.2mです。

Ojirogiyama_img11

http://www.usuzumi.jp/contents/map/climbing/ojirogiyama.html 上のデーターはここから

1

Dsc07656_20038

▲上大須から折越林道を進で行くとお地蔵さんがある折越峠があります。

そこに大白木山の登山口があります。

Dsc07655_20037

Dsc07657_20039

Dsc07663_20041

法面の最上部より、私の車が見えます。

Dsc07664_20042

同じ法面の最上部より能郷白山が見えました。

Dsc07661_21

ズームしてみました。

Dsc07669_20043

根上り桧です。

Dsc07670_20044

大白木山の頂上が見えました。向かい合う反射板から分かります。

Dsc07671_20045

分岐点です。大白木山へは右ですが左の反射板のある場所に行きました。

Dsc07673_20046

ここに女性用の腕時計が付けてありました。誰かの忘れ物でしょうね。

Dsc07676_20047

反射板が一つあっただけで眺望はありませんでした。

Dsc07678_20048

2コの反射板がある場所が大白木山です。

Dsc07681_20051

大白木山です。

Dsc07689_20055

Dsc07692_20057

大白木山頂上に着きました。

Dsc07693_20058

1234.5mの大白木山

Dsc07695_20059

Dsc07696_20060

こちらの方の山は分かりません。

Dsc07697_20061

Dsc07700_20062

オオカメノキ

Dsc07702_20001

大きなシダ

Dsc07703_20002

上から覗くと幾何的

Dsc07679_20049

ギンリュウソウ(銀竜草) 別名ユウレイタケ

Dsc07682_20052

Dsc07705_20004

ギンリュウソウは梅雨の時期に出て来ますね。

下山して越波(おっぱ)へ行く途中に三段滝に寄りました。

Dsc07712_20006

Dsc07713_20007

Dsc07714_20008

癒やされる場所でした。

Dsc07717_20009

三段滝

Dsc07718_20010

三段滝の説明

滝を見て国道157号線を通り、うすずみ温泉に向かいます。

黒津から能郷までは国道ですが「酷道」とも呼ばれている場所です。

「落ちたら死ぬ!」の看板があるのも有名です。

絶対すれ違えない道での対向車との出会いは最悪です。

ここの道は軽自動車でないと通りたく無いです。

倉見山登山

道の駅うすずみ桜の里に着きました。

登山者の駐車は道の駅前で無く第2、第3駐車場を使用させて貰います。

Kurami_img2v2a_2

http://www.usuzumi.jp/contents/map/climbing/kurami.html 上のデーターはここより

2_2

Dsc07763_20023

道の駅で五平餅を買いました。

Dsc07730_20012

貯水槽の右側が登山口です。

Dsc07733_20013

貯水槽前のベンチで五平餅を食べました。タレがみたらし団子と同じ味でした。

Dsc07735_20014

ここからスタートです。18/18です

Dsc07736_20015

Dsc07738_20016

Dsc07740_20017

Dsc07745_20018

昔の道は廃道化しているようです。

Dsc07756_20021

倉見山頂上です。正式には倉見のようです。

眺望は殆どありません。

Dsc07755_20020

Dsc07749_20019

南側に木々の間から雷倉が見えます。

Dsc07757_20022

北側には岩岳が見えるだけです。

山を下り、道の駅織部の里もとすへ

http://www.oribenosato.jp/index.php

施設内のレストラン 和美庵(わびあん)で昼食です。

http://www.oribenosato.jp/page5401.php

Dsc07765_3

上の中からてんぷら定食を食べました。

Dsc07764_20024

蕎麦が美味しかった。天ぷらは天つゆで無く塩で食べます。

天ぷらも美味しかった。

文殊の森と文珠山

Dsc07766_20026

文殊の森のササユリが気になったので行きました。

Dsc07767_20027

ササユリは見頃は過ぎていました。

Dsc07770_20029

Dsc07773_20030

池に咲いていたヒメコウヒネ

Dsc07778_20032

ヤマボウシは満開でした。

Dsc07776_20031

文殊山(もんじゅやま)

今日の登山は本巣の七名山の内  大白木山・倉見山・文殊山の三山でした。

| コメント (4)

2018年6月 2日 (土)

能郷白山 能郷谷コースで登る

6月2日(土曜日)
今日は急に仕事が休みになったので、能郷白山に登ってきました。

Dsc07781_4

▲能郷谷コースは登山者の体力と根性が試されるコースです。
ゲート位置が標高380mで能郷白山の標高が1617mですから標高差は
1237mですが累計では1500mぐらいになります。
距離は往復で16.6kmです。
温見峠コースは累計標高差は600m、距離は往復4.6kmです。
能郷谷コースはゲート位置(駐車場から)谷筋に沿って林道(廃道)を
登山口まで歩きます。(この距離が3.5kmあります)
登山口にある案内板の先が一番の難所の渡渉ですが
今年から簡易橋が出来ていて安心して渡渉出来ました。
谷から外れ急登な道を進みます。
前方の巨大な山が見えますが能郷白山でなく前山(まえやま)です。
前山の頂上は行きませんが、尾根に出るとやっと能郷白山が見えます。
せっかく登って来たのに下りに気持ちが折れそうになります、根性で進みます。
今日は天気が良く能郷白山がハッキリ見え、登山道には高山植物が咲き
楽しい登山でした。

Dsc07548_20028

白山神社境内の電話ボックス内に登山届場所があります。

Dsc07549_20029

ゲート前が駐車場です。

Dsc07550_20030

午前8時で私は12台目でした。ここは15台ぐらいで満車になります。

その後の人は、少し戻り駐車します。(10台ぐらいでしょうか?)

今日の能郷谷コース登山者の車は25台ぐらいでした。

Dsc07555_20032

林道(途中から廃道)3.5kmを歩くと登山口に着きます。

Dsc07554_20031

Dsc07556_20033

この仮の橋で助かりました。

Dsc07557_20034

Dsc07558_20035

ミドリのシャワーです。森林浴

Dsc07559_20036

Dsc07561_20037

▲ここで1/6

Dsc07565_20039

前方の山は前山(まえやま)

Dsc07570_20040

お迎えブナ   ここで2/6です。

Dsc07576_20041

ユキザサ(雪笹)

Dsc07578_20001

ここで3/6です。 まだ能郷白山は見えません  

Dsc07583_20002

遠くに見えるのが徳山ダム

Dsc07593_20004

ここ(前山)まで来てやっと能郷白山が見えます。

Dsc07594_20005

▲ここで4/6

Dsc07599_20007

マイズルソウ(舞鶴草)

Dsc07601_20008

▲雪渓がある右が能郷白山山頂、左が奥の院

Dsc07604_20010

奥の院と登山者が見えます。

Dsc07607_20011

▲5/6位置 根性の最後の上り 

Dsc07609_20012

Dsc07615_20013

サンカヨウ(山荷葉)

Dsc07618_20014

先ずは奥の院へ

Dsc07630_20019

コバイケソウ

Dsc07629_20018

▲「岐阜円空仏を彫る会」さんが彫り上げた観音像3体が安置されています。

Dsc07624_20015

奥の院前より  左の山が前山

Dsc07631_20020

カタクリ

Dsc07640_20023

三角点に向かう登山者  奥は奥の院

Dsc07635_20021

能郷白山の頂上1617mです。

今年からなのかな? 笹が刈られて見晴らしが良くなっていました。

A0026

B0027

1

本巣の七名山とは赤○です。

Dsc07779_3

道の駅 織部の里の織部展示館内に本巣市観光協会があります。

本巣の七名山頂上、もしくは三名山頂上の写真に自分の写真を写して

観光協会に申請すれば粗品が貰えるそうです。

何が貰えるか分かりませんが、今のところ興味はありません。

| コメント (2)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »