« 竜ヶ岳 シロヤシオを見に遠足尾根、下りは石榑峠から砂山 | トップページ | 花房山(はなぶさやま)1189,5m »

2018年5月 6日 (日)

小津三山の雷倉(かみなりくら)

5月6日(日曜日)
 
朝が筋肉痛で起きれないかと思ったが痛みは無いので、
 
小津三山(小津権現山、花房山、雷倉)のまだ登ったことがない雷倉に登ってきました。

Dsc07005_20026

八谷集落に入る橋の手前に駐車しました。

先客が一人ありました。

Dsc07008_20028

▲八谷集会所前までバスが来ています。

Dsc07009_20029

ここが登山口

Dsc07010_20030

Dsc07012_20031

案内がしっかり書いてあるので迷いませんでした。

Dsc07013_20032

水路を歩い行くと「ここを下る」の案内

Dsc07015_20033

Dsc07016_20001

本巣山人連協さん整備をありがとうございます。

Dsc07017_20034

古い鉄の橋を渡る

Dsc07019_20035

標識の道を行きます。

Dsc07020_20036

ナンバープレートがあるがよく意味が分からない。

Dsc07021_20037

18になった。

Dsc07022_20038

▲次は17です。数字が減っています

多分これは1が100mなのか?

だとしたら33は頂上まで3300mあることを意味しているな。

ここで半分だな

Dsc07024_20039

ピンクのテープが案内してくれるので迷わず登れます。

Dsc07025_20040

岩場もあります。

Dsc07031_20002

廃林道の場所で能郷白山が見えました。

Dsc07032_20003

Dsc07035_20004

八谷橋に停めてあった登山者と会いました。

私が「一人で凄いですね」と言ったら「同じじゃ無いですか」と言われた。

確かにそうだ。  

男女同権の中、女性が一人と思うのは良くないな。

女性は「雷倉は3回目です、前より道の案内がしっかりしている」と言っていた。

女性は「面倒なのでネットには載せてない」と言っていて

「ブログありますか?」と聞いてきた。

私はなぜか「書いていません」と言ってしまった。

Dsc07036_20005

頂上の手前は、なだらかな道でした。

Dsc07037_20006

タムシバ    コブシと花びらが違います。山に多いのがタムシバです。

Dsc07038_20007

Dsc07043_20011

雷倉(かみなりくら)の頂上は登山道の通過点のような場所でした。

Dsc07039_20008

Dsc07040_20009

遠くに白山

Dsc07041_20010

Dsc07049_20012

頂上から少し移動して写しています。

徳山ダムの貯水湖が見えます。  

花房山頂上から徳山ダムが見えましたが、ここからは見えません。

Dsc07053_20013

頂上から少し移動して写しています。

Dsc07054_20014

Dsc07056_30016

花房山の登山口の藤橋城がみえました。

Dsc07060_20017

この景色は下山途中からです。

登るときは後ろを見なかったので気付きませんでした。

登山候補に挙がっている倉見山が見えました。

Dsc07061_20018

倉見山の登山口を帰りに探しに行きました。

Dsc07065_20019

リンドウ

Dsc07066_20020

ヒトリシズカ

Dsc07075_20022

車を停めた八谷橋に戻りました。ここに33のプレートがありました。

GPSでは片道3800mありましたが、

登山道が安全なコースになり距離が増えたのだと思いました。

A

B0001

登山道は尾根の直登で、きつい道でした。

初心者でも時間を掛ければ登れますが、体力が必要な山です。

今回の登山はヤマレコユーザー名 sugi1000さんのデーターを参考にさせて貰いました。

Dsc07081_20025

道の駅うすずみ桜の里 横の「茶畑」でざるそばを食べた。

Dsc07077_20023

倉見山の登山口を探しました。うすずみ温泉の駐車場からスタートできます。

Dsc07078_20024

ここも雷倉と同じプレートがありました。18なら頂上まで1800mなのでしょう。

Dsc07079_20001

うすずみ温泉の倉見山登山口から雷倉を見ています。正確には、頂上は見えません。

本巣の山を整備されている本巣山人連協の皆さんありがとうございます。

本巣山人連協のヤマレコのユーザー名 sugi1000さんの雷倉登山者へのコメント

山馴れていない方は経験者同行で入山してください。登山届は現地にないので根尾の消防署か派出所でも受け付けてくださいます。なによりご家族、友人、知人等に行く先を言ってからお出かけください。熊はよく出ます。携帯電話は全体を通して通じる所が多いですが、谷筋では分かりません。

« 竜ヶ岳 シロヤシオを見に遠足尾根、下りは石榑峠から砂山 | トップページ | 花房山(はなぶさやま)1189,5m »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竜ヶ岳 シロヤシオを見に遠足尾根、下りは石榑峠から砂山 | トップページ | 花房山(はなぶさやま)1189,5m »