« 烏帽子岳へシャクヤクを見に  上りは細野コース下山は時山コース | トップページ | 竜ヶ岳 シロヤシオを見に遠足尾根、下りは石榑峠から砂山 »

2018年5月 4日 (金)

藤原岳  上りは孫太尾根、下りは大貝戸コース

5月4日(金曜日)祝日 みどりの日
 
藤原岳を孫太尾根(まごたおね)で登ったことが無かったので行ってきました。
 
孫太尾根の登山口は墓地と南部第2配水池が目印ですが、
 
分かりにくい場所で少し迷いました。
 
孫太尾根登山道は地元の愛好家が目印を付けて登れるようになった道です。
 
踏み跡やテープの目印を頼りに登って行きました。
 
養老山脈の表山・裏山のようなバリルートです。
 
孫太尾根は距離が長いので体力と神経を使いました。
 

Dsc06854_20004

▲墓地の駐車場に停めさせて貰いました、

Dsc06855_20005

南部第2配水池

Dsc06856_20006

神武社殿跡

Dsc06857_20007

青山峡キャンピングパーク

Dsc06860_20008

山椒(さんしょ)の木が多い

Dsc06864_20009

丸山

Dsc06865_20010

採石場

Dsc06866_20011

オレンジ色がきれいな山ツツジ

Dsc06867_20012

山シャクヤクはもう花が終わっていた。

登山道から外れた場所にはまだ咲いているようですが、分かりませんでした。

Dsc06869_20013

藤原岳の頂上が見えてきました。

Dsc06874_20016

多志田山

Dsc06876_20017

セメント工場

Dsc06878_20018

分岐点 左に行くと治田峠です。竜ヶ岳に行くには左です。

Dsc06880_20019

Dsc06882_20020

採石場の一番上の場所

Dsc06885_20021

ニリンソウ

Dsc06888_20023

藤原岳1140m

Dsc06889_20024

中央が御池岳   右がこれから行く天狗岳

Dsc06890_20025

頂上が笹の山が竜ヶ岳   遠くの中央が御在所岳

Dsc06893_20026

藤原山荘が見えます

Dsc06897_20028

藤原山荘

Dsc06901_20030

カラスト台地のようです。

Dsc06903_20031

コバイケソウ  

この大きさになるとコバイケソウと分かるが、新芽の時期は

オオバギギボウシ(これは食べれる山菜)と似ています。

コバイケソウは有毒のアルカロイドを含有し、加熱しても毒は消えません。

誤食すると嘔吐(おうと)、下痢、手足のしびれ、めまいの症状が出ます

Dsc06904_20032

Dsc06906_20033

天狗岩1165mは藤原岳より高いです。

Dsc06911_20035

藤原岳の頂上が見えます

Dsc06907_20034

天狗岳から見える竜ヶ岳・御在所岳

Dsc06917_20001

花が終わった福寿草   葉っぱがにんじんの葉に似ている(私の感想)

Dsc06919_20003

大貝戸の神武神社    

孫太尾根に神武社殿跡があったな。関係があるのかな?

ここから車を停めた孫太尾根登山口まで約7,5kmの車道を歩きました。

Fujiwaradake0001

Fujiwaradakea0001

 

« 烏帽子岳へシャクヤクを見に  上りは細野コース下山は時山コース | トップページ | 竜ヶ岳 シロヤシオを見に遠足尾根、下りは石榑峠から砂山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 烏帽子岳へシャクヤクを見に  上りは細野コース下山は時山コース | トップページ | 竜ヶ岳 シロヤシオを見に遠足尾根、下りは石榑峠から砂山 »