« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

烏帽子岳へシャクヤクを見に  上りは細野コース下山は時山コース

4月30日(月曜日)昭和の日 振り替え休日
岐阜県上石津町にある烏帽子岳のシャクナゲを見に行ってきました。

Dsc06754_20023

今日は登山者が多い。

Dsc06759_20024

シャクナゲの木があった右の展望台コースを行きます。

Dsc06762_20026

シャクナゲが咲いていました

Dsc06765_20027

Dsc06767_20029

シロヤシオも咲き始めていました。

Dsc06766_20028

Dsc06768_20030

烏帽子岳山頂

Dsc06770_20031

Dsc06773_20032

シロヤシオは若葉と花が同時に出てくるので花が目立たないです。

アカヤシオは花が咲き終わってから若葉が出てくるから花が目立ちますね。

Dsc06774_20033

ミツバツツジもきれいです。

ミツバツツジもアカヤシオと同じで、花が終わって若葉が出てきます。

Dsc06777_20035_2

イワカガミも咲き始めていました。

岩場に咲き、葉っぱがツルツルして鏡の様だからです。

Dsc06776_20034

ここからシャクナゲの花の多さ、綺麗さに興奮しました

Dsc06778_20036

Dsc06779_20037

Dsc06785_20041

Dsc06787_20042

Dsc06789_20043

Dsc06790_20044

Dsc06791_20045

岩場のシャクナゲは半分終わっていました。

Dsc06792_20046

遠くの山は、真ん中が鍋尻山で右の長い尾根が霊仙山です。

この後は時山バンガローには下りずに鉄塔NO10に向かいます。

この尾根もシャクヤクの花が沢山咲いていました。

Dsc06802_20048

Dsc06804_20049

鉄塔 NO10

Dsc06806_20001

鉄塔より狗留孫岳方面

Dsc06807_20002

時山方面  遠くの山は霊仙山

三国岳まで行って時山に下りようと思って来たが、

ここでユーターンして時山に下りることにした。

Dsc06810_20003

Dsc06811_20004

Dsc06813_20005

Dsc06814_20006

Dsc06815_20007

Dsc06823_20008

鉄塔 NO11 下はガレ場です。

Dsc06824_20009

今日、気を使って下りた場所です。

Dsc06825_20010

時山の登山口

Dsc06826_20011

時山養魚場です。

ここで川遊びや釣った魚を塩焼きにしたり、バーベキューが出来ます。

えぼしの里便り  小町さんのアメブロの写真がきれいです。

https://ameblo.jp/eboshinosato/entry-11629455404.html

Dsc06829_20014

Dsc06827_20012

Dsc06830_20015

「せいないばし」から細野登山口までの4km程を歩いて帰ります。

Dsc06831_20016

ガードレールに付けられた動物除けのセンサーです。

この前を通ったら急に警戒音が鳴ったり、犬が吠えたりしました。

鹿やイノシシ除けです。

Dsc06832_20017

椎茸の原木栽培

Dsc06833_20018

地名の住鹿(じゅうろく)が面白い。昔、鹿が住んでいたんでしょうね。

Dsc06834_20019

二リンソウが咲いていた。

Dsc06836_20020

登山口のある細野(ほその)

Dsc06837_20021

駐車場に着きました。

今年の大垣市上石津町の烏帽子岳のシャクナゲは良かった

0022

| コメント (0)

2018年4月29日 (日)

御在所岳・国見岳のアカヤシオと蒼滝(あおたき)

4月29日(日曜日)
 
アカヤシオを見たくて朝明渓谷の駐車場に行ったが満車で止められなかった。
 
朝早く起きられなくて、家を出たのは10時過ぎでした。
 
11時頃なら帰ってくる登山者がいると思って行ったが駄目だった。
 
それならと御在所岳の登山口に行くことにした。
 
路駐の車が何台もあり、御在所岳の人気が分かる。
 
表口登山口前の駐車場を探したら特等席が空いていた。(ラッキー
 
登りは表道が渋滞場所が多いので、一ノ谷新道で登ることにした。
 

013

014

015

▲一ノ谷新道入り口

016

019

雲母峰(きららみね)888m  名前も高さも良いですね

020

ハルリンドウ

023

鷹見岩よりロープウェイを見ています

024

鷹見岩よりか鎌ヶ岳を見ています。

025

アカヤシオ

026

027

028

030

032

大黒岩からの眺め

033

先ほど登っていた鷹見岩

034

大黒岩

035

031

036

御在所山上公園

038

039

御在所岳頂上

040

アカヤシオは満開

041

奥の山は、雨乞岳・イブネ・クラシ

042

6月1日から7月10日までロープウェイが整備で止まります。

043

国見峠に下りました。これから国見岳へ向かいます。

044

045

046

石門の上からの眺め

047

石門

048

国見岳

049

国見岳の岩からの眺めです。御在所に雲が湧き出てきました

050

051

右奥に見えるのが天狗岩   この後行きます。

054

052

きのこ岩がある方向

053

中央のきのこ岩が見えますか?

055

下りは国見尾根です。天狗岩が見えてきました

057

天狗岩ですが、どこから見たら天狗なんでしょうね。(犬みたい)

056

▲ゆるぎ岩

058

上から見た ゆるぎ岩です。

059

下から見た ゆるぎ岩

060

国見尾根に咲いていたシャクナゲ

062

藤内小屋のある裏道に合流しました。

063

藤内小屋の前を通ります

064

065

団体さんの後ろに来ました。

登山者が居る写真は物の大きさが分かって良い。

001

002

003

ここを通るのは初めてです。

004

ツアーの引率者さんです。    ちょっと声は掛けれなかった。

005

普通なら車道を歩き駐車場に戻るのだが、蒼滝(あおたき)に寄ってみた。

006

落差50mの巨大な花崗岩を流れる滝です

008

007

009

Dsc06710_2

水しぶきで花崗岩の岩肌が蒼(あお)く光って見えることから

この名前が付いたそうです。

滝を見た後は東海自然歩道を歩き駐車場に戻りました012

| コメント (0)

2018年4月28日 (土)

墓谷山(はかたにやま)

4月28日(土曜日)
 
墓谷山は横山岳(1132m)から南へ張り出した三高尾根の鞍部の
 
鳥越峠から尾根を登った山です。
 
横山岳の登山口の白谷登山口から鳥越峠→墓谷山の往復もコース案
 
にあったけど、今日は国道303号線沿いにある木之本町杉野農協横にある
 
墓谷山駐車場から登るコースで歩きました。
 
メンバーは6人(松井さん、坂さん、安藤さん夫婦、なべさん、私)

201804280020

201804280021

▲JA前いた地元の人に「トイレないですか」と聞いたら、「もみじ会館の裏から

入ってください」と言われた。

201804280027

トイレと書いてないので初めてだと分からないよね。

201804280026

最後まで読むと管理維持費で志しと書いてあります。使用したら志

201804280025

201804280024

201804280028

201804280029

見えている山が墓谷山です。杉野富士とも呼ばれているようです。

201804280030

黄色い花はウマノアシガタ

201804280031

登山口

201804280032

201804280033

201804280034

先年杉

201804280035

新緑の中を進む

201804280036

201804280037

201804280038

201804280039

立派な杉林です。地名の杉野か想像すると、昔から杉林が多かったのかな?

201804280040

急登をロープを使って登って行きます。

201804280041

201804280042

201804280043

201804280044

ヤブレガサ

201804280045

201804280046

イカリソウ

201804280047

ブナの木

201804280048

頂上に着いた。みんながいない?

201804280049

横山岳

201804280052

三角の山は蕎麦粒山

201804280053

遠くの三角の山は天狗山

201804280050

201804280051

201804280054

201804280055

201804280056

201804280057

201804280058

201804280059

ヒトリシズカ

201804280062

イチリンソウ

201804280001

 

201804280002

八重のイチリンソウ

201804280003

201804280004

201804280005

201804280006

201804280007

アケビの花

201804280009

201804280010

田んぼに蛙のの卵

201804280011

もうオタマジャクシに育っている。

201804280013

201804280012

料理旅館の「長治庵」でした

201804280018

今年(2018年)横山岳の山開きjは5月20日です。

201804280019

駐車場に着いた。

201804280022

 

Burogu

| コメント (0)

2018年4月21日 (土)

藤橋城より周回  花房山→小津権現山へ縦走

4月21日(土曜日)
 
第3土曜日は仕事の日だが、急に休みになったので奥美濃の

花房山(はなぶさやま)に行ってみようと思い前日に予定を立てた。

花房山は標高1189m   小津権現山の標高は1158m
 
花房山の登山口は東杉原登山口で標高は240m、
 
小津権現山の登山口は藤波谷登山口で標高は230mとほぼ同じです。
花房山の往復時間を推測すると登り2時間30分、下り1時間30分

ニ山(花房山・小津権現山)を登ろうとしたら縦走しかない。

縦走の時間は2時間ぐらいで行けると推測
 
 
 


藤波谷登山口から藤橋城までは7kmあるので、歩きで1時間30分

予定の時間は
 
2時間30分+2時間+1時間30分+1時間30分
 
合計7時間30分 
 

2018042100011

▲藤橋城に着いたのは9時40分でした。
 
 
花房山の往復でも良いかと藤橋城を出発した。
 
 
 花房山の往復でも良いかと藤橋城を出発した。

201804210039

右端にトイレがあったので借りた。きれいなトイレでした

201804210040

橋に猿の群れが居たが直ぐ去って行って良かった。

2018042100012

201804210042

2018042100014

東杉原登山口

201804210045

2018042100013

ここが駐車場です。   藤橋城より10分

201804210046

登山道はよく整備されています。道は急登です。

201804210047

ブルーシートは何だと思います?   

201804210048

トイレでした。中を覗かして貰いました。

201804210049

2ヶ所目トイレ 花房山はきれいにしている山だと思った。

201804210050

雪山は能郷白山です。

201804210051

花房山頂上から能郷白山の前に徳山ダムが見えます。

201804210052

痩せ尾根を進みます。

201804210002

201804210001

イワウチワが至る所に咲いています。

201804210003

201804210004

201804210005

花房山頂上の手前から小津権現山を見ています。

201804210008

花房山頂上に着いた。

2018042100016

今日の絶景写真  能郷白山と徳山ダム

201804210010

藤波谷登山口から小津権現山に登り、ここ花房山に来た登山者です。

「ここまで5時間かかり、バテバテです」と言っていた。

(私と反対回りですが、小津権現山へ行けるだろうか!と不安になる)

登山口の移動は自転車だそうだ。(一人ならそれが普通なんだろう)

201804210009

小津権現山までは遠いなぁ~

201804210011

登山道に一杯咲いていたるイワウチワ    (良いときに来れました

201804210012

201804210014

尾根伝いに進みますが、アップダウンがありました。

201804210015

カタクリも至る所に咲いている

201804210018

キクザキイチゲ 青

201804210019

キクザキイチゲ 白

201804210020

小津権現山頂上に着きました。頂上手前がロープを使って登る急な道でした。

201804210021

花房山への縦走道は地元の方が笹などを切ってあり歩きやすかった。

201804210024

花房山ではシャクナゲの木は分からなかったが、

小津権現山はシャクナゲの木が多い。蕾がありました

201804210025

日本山岳会岐阜支部で行われている小津権現山の「森り作り」の場所を通る

201804210027

藤波谷登山口に着いた。    

横山ダムを過ぎ新川尻橋手前300mの場所で数台駐車可

201804210029

300mを車に注意して歩き、橋の手前を右に行きます。(通行止めの道です)

201804210030

新しい橋とトンネルです。開通間近のようです。

201804210031

道路にオタマジャクシ

201804210032

誰も通らない道です。

201804210033

小さな滝もあります。

201804210034

藤橋城が見えてきました。

201804210035

2018042100015

201804210036

駐車場は私の車だけです。

201804210037

コースタイム

藤橋城9:45 → 9:55東杉原登山口 → 12:17花房山頂上12:20 → 

14:22小津権現山頂上14:27 → 16:00藤波谷登山口 → 17:30藤橋城

帰りに寄った大光楼https://tabelog.com/gifu/A2101/A210104/21013275/

みそベトコンを食べた。

2018042100017

2018042100018

完食です。  美味しかった

金華山から見た小津権現山と花房山

Dsc02729a

 

| コメント (0)

2018年4月14日 (土)

天気が気になったが、イワザクラを見に鎌ヶ岳へ

4月14日(土曜日)
 
第二土曜は登山の日でしたが、松井さんの都合で8日(日曜日)に
 
舟伏山に登ってきた。
 
今日は曇り時々雨の予報が出ているので登山に行こうか止めようか迷いました。
 
行く気になったのは、ヤマレコのユーザー名 hanabana31さんの
 
イワザクラの写真を前夜見たことからからです。
 
今回のイワザクラは舟伏山ではないです。
 
鎌ヶ岳の長石谷(ながいしだに)コース沿いに咲いているイワザクラです。
 
家を8時半に出て駐車場に10時に着いた。
 
駐車場は満車で停められないかと思ったら、まだ空いていた。
 
今日のような天気は登山を敬遠するのだろう。

201804140013

ここからスタートです

201804140014

まずはここを渡ります。山岳用語では渡渉(としゅう)と言います。

今回の登山道は長石谷を何度も渡渉を繰り返し登り詰めるコースです。

201804140015

最初にあったイワザクラの咲いていた場所です。

ここは長石谷の本流に流れる脇の沢です。

201804140017

▲イワザクラの群生地

201804140018

  きれい 来て良かった

201804140019

201804140020

201804140021

201804140022

イワウチワも咲いていました。

201804140023

きれいな渓谷です。中央にカメラマンが居ます

201804140024

2ヶ所目のイワザクラの群生地  ここは長石谷沿いですので直ぐ分かります。

201804140025

201804140026

201804140027

201804140028

201804140029

201804140030

同じ場所でシャッタースピードを遅くした写真

201804140031

▲イワウチワも至る所に群生しています。

201804140032

201804140033

犬星大滝の前で知り合った女性

少し話したが、ここは3回目だそうだ。一人で登るなんて健脚者なのでしょうね。

(もう少し話をしたかったな

201804140035

犬星大滝からの登りは霧状態で前方の目印が分からなくて苦労した。

写真は後から来る滝で会った女性。

201804140036

▲長石谷への下り口です。ここから鎌ヶ岳へは急登です。

201804140037

鎌ヶ岳の頂上  ガスで何も見えません。

201804140038

下りは武平峠方面に下ります。 白い花はバイカオーレン

県境尾根(鎌ヶ岳~武平峠)から三ツ口尾根に入ります。

そこは標識はありません。それどころか進入出来ないように止めてあります。

ここへ入るのは勇気が要りました。

このコースは地図に無いバリルート(バリエーションルート)です。

踏み跡はしっかりしてますが、ガスっている日で初めての道なら避けてください。

私はヤマレコのユーザーhanabana31さんのGPSログをダウンロードして置いたので

心強かったです。でも私の経験からGPSログは完璧でないです。

誤差のリスクを考えなくてはいけない。

進んで行く方向がログから外れると間違いだと分かるだけです。

これも私の経験からですが、一人で登山する時は、

ここを行くのと思う危険な場所に来たら、たいてい別の安全な道があります。

がむしゃらに進むと滑落、遭難もありえます。

なので慎重さ、謙虚さ、臆病さが大事だと思っています。

201804140039

御在所岳によくある奇石です。霧で先が見えません。

201804140001

▲アカヤシオ

201804140002

201804140003

▲ミツバツツジ

201804140004

▲ガスっていますが、晴れていたらきれいです。

201804140005

満開のアカヤシオですが曇り空では・・・・

201804140009

ここへ下りて来ました。

三ツ口尾根分岐にテープが張ってある。県境稜線(難路)を下りて来たのだ。

201804140007

アカヤシオが満開

201804140008

今年のアカヤシオはゴールデンウイークでは遅いですね。

201804140010

山さくらと鈴鹿スカイライン

ここから車道を歩いて駐車場に戻りました。

201804140011

201804140012

登りはイワザクラを見たかったので長石谷で行き、

下りはアカヤシオ、ミツバツツジが咲く三ッ口尾根で下りました。

お目当てのイワザクラの群生地が見れて大満足でした。

桑名市多度で東建ホームメイトカップがあったので
 
観光バスやシャトルバスが多かった。
 
今日 3日目が終わり重永が-14でトップ
片山、石川が-10でトップを狙う状態です。
 
明日が最終日 重永、片山、石川の3人の激突が面白くなってきた。
追記 4月15日
ファイナル ラウンド 結果
優勝   重永亜斗夢
 2   石川遼
 3   キムキョンテ
優勝は熊本出身 29歳の重永亜斗夢(しげながあとむ)さんでした。
 

 
 
、、
 

| コメント (0)

2018年4月 8日 (日)

舟伏山

4月8日(日曜日)
 
今日はイワザクラの咲く舟伏山(ふなふせやま)1040mです。
 
今年の桜の開花は例年より一週間も早かった。
 
舟伏山のイワザクラも4月1日に開花した情報がヤマレコ入った。
 
8日なら丁度良いタイミングだと思い出かけたが、信じられない雪山でした。
 
メンバーは5人(松井さん、坂さん、安藤さん夫婦、私)

Funafuse

羽島を7時に出てコンビニで買い物をして、舟伏山の駐車場(あいの森)に

着いたのは8時40分でした。(走行距離は55km)

201804080019

▲駐車場の山桜は満開

201804080021

登りは東ルートで行くことにした。以前はこんなに伐採されていなかった。

201804080022

中央に登山者が居ますが見えますか?

201804080023

ここからスタートです。

201804080024

視界が広く初めて歩く登山道のようです。

201804080025

201804080026

前方の山が舟伏山ですが、雪山だぁ

201804080028

201804080029

201804080030

桜峠に着いた。

201804080031

201804080032

桜峠の桜に雪が

201804080033

201804080035

201804080036

201804080037

雪も降り出し、寒い。こんなはずじゃなかった。

201804080038

足下をよく見て慎重に歩いた。

イワザクラの群生地は数回来ているので分かると思ったが、

雪で周りを見る余裕がなかったのでイワザクラの群生地を

見落として進んでしまった。

後から登って来られた登山者に聞くと「もっと下です」と・・・・・えぇ

下りの西コースでイワザクラの咲いている場所を聞いたら、

「展望台の岩場ですが登山道から外れいます」でした。

下山時に見えるなら良いと思ったが、私だけ写真を撮りに戻った。

ここです。登山道より10m程入った場所です。

201804080043

201804080039

201804080042

201804080040

201804080041

雪をかぶったイワザクラ

201804080044

10分遅れで私も頂上に着いた。我々のメンバー以外誰も居ない。

201804080045

コーヒータイム  0度以下の中、暖かいコーヒーは最高

201804080046

ランチは食べず、集合写真を撮って帰ることにした。

201804080001

201804080002

舟伏山の頂上を振り返る

201804080003

ヤブレガサが雪から頭を出す。

201804080004

バイケイソウも寒そう

201804080005

201804080006

201804080007

展望台に着いたがイワザクラは何処に咲いている

201804080008

展望台下の岩場でイワザクラを探す安藤さんです。

中央の場所にイワザクラが咲いていますが、安藤さんは行けませんでした。

私が写真を撮ってきました。カメラのレンズが曇り鮮やかな写真は撮れませんでした。

201804080009

201804080010

201804080011

201804080012

登山道は雪が溶けて ぐちゃぐちゃです。(滑って転びそうに何度もなりました)

201804080013

ここまで来ると雪はなく若葉がきれいでした。

201804080014

ミツマタの花

201804080015

201804080016

今回は左回りで歩きました。

201804080017

13時半頃に駐車場に着きました。

帰りにランチと思ったが2時を過ぎ、入る場所が無かったので真っ直ぐ羽島に帰った。

行きは国道256→美山から国道418→谷合より神崎川沿いを上るコース

帰りは谷合より県道91→伊自良の平井を通るコースです。

帰りの距離は52kmと行きより3km程少なかった。

花の名山と知られている舟伏山ですが、今日は雪で殆ど見れませんでした。

イワザクラの時期に雪山ハイクになると想像が出来ない舟伏山でしたが、

その分記憶に残る山になりました。

10年前(2008.04.12)に舟伏山に登ったブログhttp://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_1309.html

| コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »