« 草津白根山が噴火 | トップページ | 関市の山王山・まるまる山・松尾山 »

2018年1月27日 (土)

陰平山(かげひらやま)

1月27日(土曜日)
 
今週は最低気温がマイナスの寒い日(正に大寒)が続き、
 
24日の夕方から雪が降り出した。
 
27日の登山はどうなるかと心配したが、車道に雪はなかった。
 
今日の山は近場でまだ行ったことのない、
 
各務原市鵜沼の「日本ラインうぬまの森」の中にある
 
陰平山(かげひらやま)237.6mです。
 
この山は鵜沼(うぬま)市民の山ですね。
 
岐阜市なら金華山ではなく百々ヶ峰のような山です。
 
今日のメンバーは5人(松井さん、坂さん、安藤さん夫婦、私)
 
コースタイム
 
羽島8:30 → 9:30うぬまの森11:30 → 12:30かんぽの宿岐阜羽島14:30
 
→ 14:40羽島   かんぽの宿岐阜羽島で昼食と入浴(セットで1000円)
 

Adsc05528_2

▲岐阜の山旅100コース 美濃[下]より

Dsc05518_2

▲黄色の丸が陰平山です。

陰平山の近くに貞照寺(ていしょうじ)があります。

坂さんや安藤さんは知っていたが私は・・・

貞照寺は、明治時代の女優である川上貞奴(かわかみさだやっこ)さんが、

私財を投じて建立した寺です。

明治二十七年オッペケペー節で知られる川上音二郎と結婚し、

以後新派演劇の発展に尽くし、老後は木曽川畔に別荘を建て静かな余生を送った。

川上貞奴さんは幼少の頃から成田山を信仰していたので本尊は不動明王です。

各務原市・関市・犬山市に不動明王の寺が多いのはこの地方の特徴ですね。

今度 時間があったら貞照寺に行こう

Adsc05475_2

▲うぬまの森の無料駐車場 午後5時に閉門するので注意

Adsc05476_2

Adsc05477_2

Adsc05478_2

日陰は雪が残っていたので慎重に歩いた。

Adsc05479_2

Adsc05480_2

Adsc05481_2

Adsc05483_2

Adsc05484_2

▲ここは最高点で三角点ではないです。

Adsc05486_2

Adsc05488_2

立派な展望塔が見えてきました。

Adsc05490_2

Adsc05497_2

木曽川と遠くが名古屋方面

Adsc05501_2

Adsc05504_2

景色がよい最高の場所でした。

Adsc05507_2

三角点まで戻り写真を撮った。撮ってくれたのは管理人さんでした。

Adsc05511_2

ジャンパーを着た人が管理さん  寒い中の見回りご苦労様です。

Adsc05517_2

センターハウス前に戻った。

各務原アルプスの東のスタート位置はうぬまの森のようです。

今度は皆で明王山に行ってみましょう

Adsc05521_2

かんぽの宿岐阜羽島で昼食とお風呂

Adsc05523_2

今日の日替わりランチはみそかつ定食でした。

Adsc05524_2

食事を初めにして後で風呂に入った。

風呂の温度が少し低かった。

 

初め陰平山をいんぺいざんと思ったが、かげひらやまだった。

一般的にはかげは影の字を思うのではないかな?

影と陰の意味の違いは、影は日が当たった後ろにできるもの。

陰は表面に現れないことや、人目につかないことかな?

仮想通貨ビットコインのようなものかな?

違うな

 

« 草津白根山が噴火 | トップページ | 関市の山王山・まるまる山・松尾山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 草津白根山が噴火 | トップページ | 関市の山王山・まるまる山・松尾山 »