« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月27日 (土)

陰平山(かげひらやま)

1月27日(土曜日)
 
今週は最低気温がマイナスの寒い日(正に大寒)が続き、
 
24日の夕方から雪が降り出した。
 
27日の登山はどうなるかと心配したが、車道に雪はなかった。
 
今日の山は近場でまだ行ったことのない、
 
各務原市鵜沼の「日本ラインうぬまの森」の中にある
 
陰平山(かげひらやま)237.6mです。
 
この山は鵜沼(うぬま)市民の山ですね。
 
岐阜市なら金華山ではなく百々ヶ峰のような山です。
 
今日のメンバーは5人(松井さん、坂さん、安藤さん夫婦、私)
 
コースタイム
 
羽島8:30 → 9:30うぬまの森11:30 → 12:30かんぽの宿岐阜羽島14:30
 
→ 14:40羽島   かんぽの宿岐阜羽島で昼食と入浴(セットで1000円)
 

Adsc05528_2

▲岐阜の山旅100コース 美濃[下]より

Dsc05518_2

▲黄色の丸が陰平山です。

陰平山の近くに貞照寺(ていしょうじ)があります。

坂さんや安藤さんは知っていたが私は・・・

貞照寺は、明治時代の女優である川上貞奴(かわかみさだやっこ)さんが、

私財を投じて建立した寺です。

明治二十七年オッペケペー節で知られる川上音二郎と結婚し、

以後新派演劇の発展に尽くし、老後は木曽川畔に別荘を建て静かな余生を送った。

川上貞奴さんは幼少の頃から成田山を信仰していたので本尊は不動明王です。

各務原市・関市・犬山市に不動明王の寺が多いのはこの地方の特徴ですね。

今度 時間があったら貞照寺に行こう

Adsc05475_2

▲うぬまの森の無料駐車場 午後5時に閉門するので注意

Adsc05476_2

Adsc05477_2

Adsc05478_2

日陰は雪が残っていたので慎重に歩いた。

Adsc05479_2

Adsc05480_2

Adsc05481_2

Adsc05483_2

Adsc05484_2

▲ここは最高点で三角点ではないです。

Adsc05486_2

Adsc05488_2

立派な展望塔が見えてきました。

Adsc05490_2

Adsc05497_2

木曽川と遠くが名古屋方面

Adsc05501_2

Adsc05504_2

景色がよい最高の場所でした。

Adsc05507_2

三角点まで戻り写真を撮った。撮ってくれたのは管理人さんでした。

Adsc05511_2

ジャンパーを着た人が管理さん  寒い中の見回りご苦労様です。

Adsc05517_2

センターハウス前に戻った。

各務原アルプスの東のスタート位置はうぬまの森のようです。

今度は皆で明王山に行ってみましょう

Adsc05521_2

かんぽの宿岐阜羽島で昼食とお風呂

Adsc05523_2

今日の日替わりランチはみそかつ定食でした。

Adsc05524_2

食事を初めにして後で風呂に入った。

風呂の温度が少し低かった。

 

初め陰平山をいんぺいざんと思ったが、かげひらやまだった。

一般的にはかげは影の字を思うのではないかな?

影と陰の意味の違いは、影は日が当たった後ろにできるもの。

陰は表面に現れないことや、人目につかないことかな?

仮想通貨ビットコインのようなものかな?

違うな

 

| コメント (0)

2018年1月24日 (水)

草津白根山が噴火

1月23日午前10時頃

群馬県と長野県の境にある草津白根山の本白根山(2171m)が噴火し、訓練中だった自衛隊員やスキー客に死傷者が出た。

草津白根山は白根山、逢ノ峰、本白根山を含めた三山の総称です。気象庁が噴火警戒レベルを設けた2007(平成19)年からレベル1が設定されていた。今回、噴火した場所は重点的に観測されてきた白根山の湯釜付近ではなく、白根山の鏡池付近とみられている。専門家にとっても意外な場所だった。

この草津白根山は2010年7月19日(月) 海の日

Club 岳さんのメンバー5人と私の6人で登っています。

これらは7年半前の写真です

Wdsc01466_3_2

Wdsc01478_2

▲駐車場

Wdsc01482_2

白根レストハウス

Wdsc01484_2

弓池

Wdsc01485_2

弓池と遠くに北アルプス

Wdsc01488_2

逢ノ峰(あいのみね)に向かう

Wdsc01489_2

白根山

Wdsc01491_2

Wdsc01492_2

Wdsc01493_2

湯釜展望台への遊歩道がジグザグに見えています。

Wdsc01494_2

逢ノ峰の頂上の東屋

Wdsc01502_2

鏡池に向かう

Wdsc01504_2

鏡池

Wdsc01506_2

Wdsc01509_2

Wdsc01510_2

Wdsc01512_2

神秘的な亀甲の模様が見えます

Wdsc01513_2

Wdsc01521_2

Wdsc01523_2

コマクサの群生地

Wdsc01526_2

Wdsc01537_2

Wdsc01538_2

Wdsc01539_2

後ろの山は、四阿山(あずまやさん)

Wdsc01549_2

Wdsc01564_2

Wdsc01573_2

Wdsc01582_2

Wdsc01586_2

Dsc01590_2

Wdsc01595_2

Dsc01605_2

ヤナギランの蕾とリフト

Dsc01606_2

Wdsc01607_2

Wdsc01608_2

Wdsc01612_2

Wdsc01610_2

Wdsc01617_2

湯釜に到着。神秘的な火口湖です

Wdsc01613_2

Wdsc01616_2

Wdsc01621_2

Wdsc01625_2

Wdsc01630_2

7年半前の写真でした。

まだ噴火活動が続いているので鏡池の近くには当分行けないでしょうね。

| コメント (0)

2018年1月13日 (土)

石津御岳

1月13日(土曜日)
 
今回は私が体調を崩しため参加できませんでした。
 
メンバーにはご心配を掛けてすみませんm(_ _)m
3枚の写真は安藤さんから貰いました。

201005010001_2

201005010002_2

201005010003_3

| コメント (2)

2018年1月 1日 (月)

明けましておめでとうございます

              Photo
謹んで新年のお慶びを申し上げます。
 
皆様には、お健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます.。
 
昨年は「こつこつ登山日記」を見て頂き、心よりお礼申し上げます。
 
今年も旧年同様よろしくお願いいたします。
 
本年が皆様にとって幸多き年となりますようお祈り申し上げます。
 
平成三十年元旦  

Photo_2

 

| コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »