« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

名鉄岐阜駅から各務原アルプスを歩きJR坂祝駅まで

12月31日(土曜日)

大晦日に山登りしている暇な人がいるんだと思った人・・・

暇な人は私です。

前日に掃除と買い物を済ませ、以前から思っていた

金華山からJR坂祝駅までの縦走に挑戦してきました。

金華山の周回や各務原アルプスの周回はしてきましたが、

縦走は初めてなので、行ける自信は50%でした。

縦走は車をまた取りに行かなくてはならないので、今回は公共交通を使いました。

竹鼻線の始発に乗って行くと名鉄岐阜駅に5時50分に着きます。

それからJR岐阜駅から乗ってJR坂祝駅に着くのは7時です。

今は陽が短い(岐阜の日の出が7時2分、日の入りが16時51分)

30km以上ある距離を10時間で行くとなると坂祝駅からは厳しい。

なので少しでも早い出発の名鉄岐阜駅をスタートすることにした。

名鉄岐阜駅から金華山までのコースは歩いたことが無い。

粕森公園から水道山には小学校の遠足で行った記憶がある。

ここを通るのは暗い時間帯なので、数日前に最短コースを調べてた。

運が良ければ金華山で今年最後の日の出が見えるかもしれない。

今回は荷物を軽くするため、デジカメの安いのです。

Aimg_0145_2

▲5時27分の電車に乗ります。

Aimg_0147_2

▲名鉄岐阜駅まで350円です。

Aimg_0150_2

▲粕森公園(かしもりこうえん)から出発です。

粕の読み方は酒粕のかすですが、ここの公園はかしと読むようです。

隣に橿森神社(かしもりじんじゃ)があるが同じかしもりと読むのが不思議だ。

Aimg_0148_2

Aimg_0151_2

▲このラセン状の歩道からスタートします。時間は6時10分

橿森神社の裏は真っ暗です。懐中電灯を使い歩いた。

Aimg_0153_2

▲展望台に着いた。水平線がオレンジに染まっていた。

日の出30分ぐらいの前の景色です。

Aimg_0160_2

▲日の出直前 6時57分

Aimg_0163_2

▲7時02分 日の出です。明日のここは凄い人でしょう。

Aimg_0166_2

Aimg_0167_2

Aimg_0170_2

▲右側の山々をこれから行きます。左側は西山と舟伏山です。

中央の山は尾崎三峰山でその奥が各務原アルプス

Aimg_0177_2

▲鷹巣山より金華山を見ています。

Aimg_0184_2

▲眺望がない洞山

Aimg_0196_2

▲白山大権現の祠がある野一色権現山です。

Aimg_0194_2

▲鳥居の下が野一色の街です。

Aimg_0200_2

▲野一色権現山を下り車道を歩きます。右の白い建物は東海学院大学です。

Aimg_0201_2

▲東海学院大学前のコンビニで、ピザまん・あんまんとホットコーヒーを買った。

Aimg_0202_2

▲大学の左奥から三峰山に登ります。

Aimg_0208_2

▲三峰山頂上手前で金華山方面を見ています。

Aimg_0211_2

▲三峰山山頂です。白山は見えなかった。

Aimg_0216_2

▲歩いて来た山々です。金華山・鷹巣山・洞山・野一色権現山

Aimg_0215_2

▲金華山のアップです。  安いデジカメでもズーム機能は凄い。

Aimg_0212_2

▲御嶽山のズームです。私の一眼レフカメラよりきれかも。

Aimg_0226_2

▲尾崎霊園と尾崎団地の間が東登山口です。

Aimg_0228_2

▲ここにもコンビニがあるので食料補給には困らない。

ここでは買わないので先を急いだ。

Aimg_0230_2

▲次に登る山です。登山口は六所神社からです。

六所神社から、もう少し先に行くと伊吹の滝あります。

Aimg_0231_2

▲六所神社の左側を登ります。

Aimg_0236_2

▲頂上には白山神社が祀られていました。

Aimg_0238_2

▲六所神社・白山神社から尾根を歩くと伊吹の滝から登ってくる道に合流します。

Aimg_0239_2

▲北山展望台  今の時間は11時40分

Aimg_0240_2

Aimg_0241_2

Aimg_0242_2

▲権現山の祠

Aimg_0243_2

▲土曜日で天気が良かったら大勢の登山者がいる場所だが今日は一人だけ。 

今の時間は12時です。

ここまで名鉄岐阜駅から6時間、金華山から5時間です。

17時までに猿琢城に行くのには、あと5時間しかない。

Aimg_0248_2

▲これから行く各務原アルプス  奥の山脈です。

Aimg_0250_2

Aimg_0252_2

▲芥見権現山(ヤマレコでは岐阜権現山)の頂上は誰もいません。

今の時間 12時30分

Aimg_0253_2

▲桐谷坂(きりやさか)  ここの横断が危険です。

左側(関市)から来る車が坂で見えないからです。

2週間前に同じコースでここまで来たが太ももの吊で諦めたことがあります。

その時のブログは載せていません。

今回コースを載せます。

20161218

20161218a

この時の反省は、ペース配分や水分補給でした。

これを勉強にし無理をしないように歩いたので、

芥見権現山(岐阜権現山)に着いたのは30分遅れでした。

今回は太ももに違和感がないので行けそうです。

Aimg_0254_2

▲向山(むこうやま)303m

Aimg_0256_2

▲向山見晴台

Aimg_0259_2

▲須衛(すえい)322m

Aimg_0264_2

▲金山(かなやま)347,7m

Aimg_0266_2

▲大岩見晴台

Aimg_0272_2

▲迫間城跡(はさまじょうあと)  ここが迫間山309mだと思います。

Aimg_0277_2

▲明王山(めいおうざん)384.3m

Aimg_0280_2

せき 田原  の旗が気になったので調べました。

「田原の宝を関市の宝に」  

そんな合言葉で、今年度田原ふれあいのまちづくり委員会が立ち上がったのです。

田原の宝とは、明王山を舞台にした歴史です。

信長は清州からもみえる明王山にのろし台を置き、尾張と美濃の中継地としました。

なので、今でも頂上からは、名古屋も関も一望でき、関で一番長めのいい場所です。

今回、歴史講座とウォーキング大会、

そして、明日初日の出を拝む会を開催されるようです。

           HP せき・まちづくりNPOぶうめらん より抜粋しました。

Aimg_0283_2

▲今年最後の日の入り 今の時間16時37分

Aimg_0285_2

▲猿琢城(さるばみじょう)

Aimg_0289_2

▲17時16分 JR坂祝駅に着きました。名鉄岐阜駅から11時間24分でした。

Aimg_0291_2

Aimg_0293_2

▲この電車はワンマン電車でした。車内で車掌さんから切符を買いました。

名鉄は駅の入り口で切符を買った。JRは昔ながらのやり方なんだ。

今日の歩いたコースです。

Yamareko1

Yamareko2

Ayamareko3

Ayamareko4

Ayamareko5

Ayamareko6

▲このコースは忍耐力・持久力を試されます。

次は反対コースの坂祝駅から歩いて成功させたい。

今年の2月11日に坂祝駅から歩いたヤマレコです。

この時は金華山まで行けませんでした。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-810837.html

| コメント (0)

2016年12月24日 (土)

母野洞(はんのぼら)・湯の洞山(高山)

12月24日(土曜日)

平成28年度こつこつ登山最後の登山です。

松井さんが岐阜県の山歩きhttp://www.gem.hi-ho.ne.jp/tn-hiraku/さんの

2016.3.21 母野洞・湯之洞山をみて、ここに行くことになった。

岐阜県の山歩きさんのHPを参考にさせて頂きました。

メンバーは5人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、私)

Hannobora2

コースタイム

羽島7:30 → 駐車場8:58 → 9:58 74鉄塔10:15 → 10:30 73鉄塔 →

 10:55母野洞11:05 → 12:05湯の洞12:50 → 14:00駐車場 → 

14:30武芸川温泉16:00 → 17:00羽島

Adsc02527_2

▲金門橋手前の墓地の駐車場に停めさせて貰いました。

Adsc02528_2

▲きんもんはし

Adsc02529_2

▲金門橋を渡って直ぐを右に突き当り迄進み、

突き当たりの所から下に降り、鉄製の橋を渡ります。

Adsc02531_2

Adsc02532_2

▲中電の巡視路を歩かせて貰い、先ずは74鉄塔に行きます。

Adsc02534_2

Adsc02535_2

▲杉林の中の石を積んだ横を行く

Adsc02536_2

▲杉林が続く道を行くと右下に滑滝が見えてきた

Adsc02537_2

Adsc02539_2

Adsc02540_2

▲鉄塔74・75のプレートが有り、鉄塔74方向に谷を離れて左に入る。

Adsc02542_2

▲74鉄塔

Adsc02543_2

▲ここから美濃市の誕生山や天王山が見えた。

Adsc02548_2

▲No.73に向かう

Adsc02549_2

▲No.73の鉄塔からは展望が無いので先に進む。

Adsc02552_2

▲母野洞(はんのぼら)頂上到着  ぽっかり切り開かれた山頂は展望が無い。

Adsc02556_2

▲ここで安藤さんが作って来てくれた甘酒を頂いた。バームクーヘンはなべさんから。

(ありがとうございます)

Adsc02559_2

▲今年もこつこつ登山5人は元気ですhappy01

Adsc02563_2

▲次に湯の洞(高山)に行った。

Adsc02564_2

▲頂上手前は急です。

Adsc02565_2

▲湯の洞山の頂上に着いた。

Adsc02570_2

▲東と南側が開けている

Adsc02576_2

▲雪山は中央アルプスだと思う。

Adsc02577_2

▲東海北陸自動車道や長良川

Adsc02581_2

▲今年最後の集合写真です。

いつもブログを見て頂きありがとうございました。

Adsc02585_2

▲帰りは地図上にある登山道を歩いた。

この道は普段は歩かないようで荒れていた。

Adsc02586_2

Adsc02587_2

▲ここで鉄塔74に行く場所に着いた。ここから登って来た道を戻ります。

Adsc02588_2

▲金門橋に戻ってきました。9:00~14:00の山歩きでした。

Adsc02591_2

▲帰りの温泉は武芸川温泉https://www.mugegawa.jp/

今年の11月に装いを新たにオープンしたばかりで混雑していた。 

4種類の岩盤浴やゆったりくつろげる休憩所が入館料のみでご利用出来ました。

本年度の登山報告はこれで終わりです。

ありがとうございました。

みなさん よいお年をお迎えくださいhappy01

| コメント (0)

2016年12月11日 (日)

各務原アルプス

12月11日(日曜日)

昨日は山梨県の篠井山に登って疲れましたが、

今日も近場を歩いてきました。

各務原アルプスは岐阜県各務原市の北部の山並みの通称。

各務原台地の北端に位置し、東西に伸びる標高350 m級の丘陵地帯。

関市側からは「関南アルプス」(せきみなみアルプス)と呼ばれている。

各務原市と関市の共同で全長10 kmに及ぶハイキングコースです。

稜線は各務原市関市岐阜市の境界です。

各務原アルプスでなく、KSGアルプスが良いのではcoldsweats01

Ayamareko1_2

Ayamareko2_2

Aayamareko3a_2

Adsc02369_2_2

▲朝6時半に家を出て、伊吹の滝に着いたのは7時10分でした。

Adsc02373_2_2

▲直ぐ下は東海北陸自動車道です。中央に138タワーが見えます。

Adsc02381_2_2

▲各務原権現山への急な上りbearing

Adsc02387_2_2

▲各務原権現山317m

Adsc02390_2_2

▲次の行く芥見権現山(岐阜権現山)です。鉄塔が見える場所が頂上です。

Adsc02391_2_2

▲金華山周辺

Adsc02393_2_2

▲これから行く各務原アルプス    奥の稜線です。

Adsc02396_2_2

▲芥見権現山316.5m頂上

Adsc02397_2_2

▲老洞峠からの急な登りで、後ろから鈴の音がしてきた。

一人の女性がハイペースで登って来た。

抜かされないように頑張って頂上に着いたら、

あれっ  おばちゃんが先に着いていた。

おばちゃんは直登コースを来たのだ。

おばちゃんはJR蘇原駅から伊吹の滝まで歩き、各務原アルプスを歩き

JR坂祝駅まで行くとのこと。

名の知れた健脚者だと思い名前を聞いてみたが、答えは無かった。

「写真を撮っていいですか?」と聞いて写しています。

でもブログに載せても良いかは聞いていませんcoldsweats01

私が先に芥見権現山を出発した。

ここから抜かされないようにペースを上げて歩きました。

Adsc02399_2_2

▲桐谷坂の国道を横断する。この横断が危険です。

横断して、ここを登り向山に行きます。

Adsc02400_2_2

▲「アルプスハイキングコース」と書いてあります。

「各務原アルプスハイキングコース」と書いてないのが謙虚ですね。

Adsc02403_2_2

▲向山を過ぎ、向山見晴台313mに着いた。

頂上で話しをしたおじさんです。いろんな人と話せて楽しいhappy01

Adsc02417_2_2

▲反射板がある金山347.7m

Adsc02419_2_2

▲下は各務原CCです。帰りは寒洞池とゴルフ場の間を通ります。

Adsc02421_2_2

▲大岩見晴台   ここが眺めがいいところ

Adsc02428_2_2

▲迫間山 団体が写真を撮っていた。

Adsc02430_2_2

▲この辺りは関市なので「関南アルプスハイキングコース」と書いてあります。

Adsc02431_2_2

▲猿啄城(さるばみじょう)の手前から木曽川を見ています。

Adsc02433_2_2

▲猿啄城(さるばみじょう)

Adsc02437_2_2

▲坂祝駅や木曽川の右に鳩吹山が見えます。

猿啄城で引き返しました。

明王山の手前で、芥見権現山で会ったおばちゃんに逢った。

「早いね、早いはcoldsweats02

「私は日本山岳会の一員で、中でも早い方ですが、早い」

「住所は〇〇市、歳は70歳です」とおばちゃんから話しかけて来た。

(70歳とは思えない元気なおばちゃんでした)

Adsc02444_2_2

▲明王山にて   

迫間山の辺りで道を聞いて来た家族連れ(これて良かったです)

Adsc02454_2_2

▲各務野自然遺産の森

Adsc02457_2

▲近道を出来ないかと各務原CCに来たが私有地の為立ち入り禁止でした。

Adsc02459_2

▲岐阜CC敷地内も歩けないので大回りして蘇原自然公園の横を通り

15時33分に伊吹の滝に着いた。

晩ごはんは魚パーティに誘われていたので、天然温泉の

美人の湯かかみがはら http://tokai.pokanavi.jp/content.php?eid=00025

で汗を流し、サッパリした。

Adsc_0846

▲美味しい鯛しゃぶをご馳走になりました。ご馳走様でしたm(_ _)m

| コメント (0)

2016年12月10日 (土)

篠井山(しのいさん)1394.4m

12月10日(土曜日)

2016年(H28)の忘年登山で富士山が見える山に行ってきました。

富士山が見えなければ行かないと決めていたから、

一週間前から天気予報が気になっていた。

天気は良いと分かったが、候補は前日まで2山あった。

共に山梨県の山で、精進湖から登る三方分山(さんぽうぶんざん)と

篠井山(しのいさん)でした。

登山口までの距離と登山時間から、共に少ない篠井山に松井さんが決定した。

メンバーは4人(松井さん、なべさん、安藤さん、私)

坂さんは欠席でした。

5:36羽島IC→ 8:09新清水IC → 篠井山登山口9:10 → 11:20篠井山12:50

 → 14:24篠井山登山口 → 14:37奥山温泉15:37→ 道の駅「とみざわ」

 → 16:30新清水IC → 19:30羽島IC

Adsc02463_2

Photo

1

Photo

Adsc02264_2

Adsc02269_2

Adsc02271_2

Adsc02274_2

Adsc02276_2

▲国道52号線を北上し南部町に入ると篠井山が見えてくる

Adsc02280_2

▲中部横断自動車道の工事現場

Adsc02280_3

▲篠井山奥山温泉登山口駐車場に駐車   10台程度駐車可能

Adsc02281_2

Adsc02282_2

Adsc02357_2

▲登山道の特長  この山は上級クラスsign02

Adsc02285_2

▲篠井山はヒル山で有名らしい。  5月から11月の半年は注意ですね。

Adsc02288_2

Adsc02292_2

Adsc02295_2

Adsc02298_2

▲九十九折ルートなので意外と楽です 

あと○.○kmが頻繁にあるので進歩具合がすぐに分かります。

Adsc02299_2

Adsc02301_2

Adsc02302_2

Adsc02303_2

Adsc02304_2

▲このクマよけ鐘、山頂まで4箇所位ありました。

ただ、鐘というより鉄官なので音色は悪くあまり大きな音は出ません。

Adsc02306_2

Adsc02307_2

Adsc02310_2

▲木橋がいくつかありました。         

Adsc02313_2

Adsc02314_2

▲頂上が見えてきた。

Adsc02315_2

▲やったーhappy01 大展望

Adsc02316_2

Adsc02319_2

Adsc02321_2

▲真っ白な白峰三山。尖った山が北岳

Adsc02325_2

▲一旦鞍部に下り登ると北峰です。

Adsc02323_2

▲北峰は展望はありません。山頂の南峰から往復10分程度です。

Adsc02327_2

▲霜柱ができており夜の気温は氷点下に下がるのだろう、山は冬に入っている。

Adsc02330_2

▲再び南峰に戻りランチ  富士山がご馳走です。

Adsc02334_2

Adsc02337_2

Adsc02351_2

▲いい眺めです

Adsc02350_2

▲下山前にもう一度富士山を眺める。

Adsc02345_2_2

▲山頂の鐘は音色がよく、よく響きました。

Adsc02358_2

▲駐車場に戻りました。

Adsc02359_2

▲奥山温泉spa \820 泉質:アルカリ性単純温泉浴槽は40°

源泉掛流しの内湯と大露天風呂の2つ

Adsc02365_2

▲巨大タケノコが目印の道の駅「とみざわ」

平成5年に山梨県内ではじめてオープンしたの「道の駅」だそうです。

産地の特産品や野菜が並んでいた。買わなかったが見るだけでも楽しい。

帰りも新清水ICから入って新東名を走り上下集約の岡崎SAに寄った。

レストラン・フードコートを見て回り、食べたのは 

包宝 PAOPAOの肉まん(高いだけあって美味しかった)

松井さんのお蔭で遠くまで行けれます。

ありがとうございます。

| コメント (0)

2016年12月 4日 (日)

金華山周辺の山

12月4日(日曜日)

午後から天気が悪くなる予報が出ていたので、金華山周辺の山を歩いてきました。

ヤマレコメンバーのkobee_brさんの「どこにも行けないので金華山サークル」

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-984260.html

を参考にさせて頂きました。

岩戸公園 → 鷹巣山→ 洞山 → 野一色権現山 → 三峰山 → 岩田山 → 

舟伏山 → 西山 → 金華山 → 岩戸公園

Kinkazan

Kinkazanb

Adsc02174

▲鷹巣山に登る途中   下に見えるのは岩戸公園

Adsc02184_2

Adsc02186_2

▲ ▼ 鷹巣山(たかすやま)の頂上

Adsc02187_2

Adsc02196_2

▲くちなしの花の実

Adsc02210_2

▲モチつつじ

Adsc02214_2

▲洞山(ほらやま)の頂上    

Adsc02217_2

▲野一色権現山へ向かう途中

Adsc02223_2

▲野一色権現山手前で私を走って追い越して行った人がいた。

Adsc02224_2

▲野一色権現山(のいしきごんげんやま)の頂上

ここでトレランの人と話ができた。

トレランの人はYAMAPの美濃のまむしさん「金華山グレートトラバース」

https://yamap.co.jp/activity/62220 のコースを参考にして走るとの事。

話を聞くと、三峰山・岩田山・舟伏山は初めてだった。

なので案内しようと思ったが、私はトレランは出来ない。

でも、ここから少しスピード上げて歩きました。

トレランの意味

トレイルランニング 森や山中、自然公園などの未舗装の道を走るスポーツ。

以前は山岳マラソンなどと称され、山野を舞台に活動する一部の人たちが

トレーニングを兼ねて登山道や林道を走っていた。

近年は自然に触れながら体力増進やダイエットを図ろうとフィットネス感覚で

始める人が増えている。

YAMAKEIでも 金華山グレートトラバース

金華山、鷹巣山、洞山、野一色権現山、尾崎三峰山、岩田山、舟伏山、西山

と書いてありました。http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=28761

NHKの田中陽気さんのグレートトラバースのブームで名前を付けたようですね。

Adsc02227_2

Adsc02230_2

▲三峰山の岩場

Adsc02231_2

▲三峰山の頂上  天気が良い日は白山が見える。

Adsc02234_2

▲三峰山を下り岩田山に向かいます。

Adsc02235_2

▲春日神社から岩田山に登ります。

Adsc02237_2

▲岩田山の登りが今日の難所でした。岩田山の頂上

Adsc02239_2

Adsc02242_2

▲見落としてしまいそうな舟伏山の三角点

Adsc02248_2

▲舟伏山にある貯水タンク

Adsc02253_2

▲西山でトレランのSさんと別れる。

ペースを上げて歩いたので、両方の太ももが吊ってしまった。

金華山まで歩けない状態だったが、休憩したら歩けるようになった。

やはり自分のペースで歩かないとダメだと思った。

Adsc02254_2

Adsc02258_2

Adsc02259_2

▲岐阜城の辺りは紅葉がきれいでした。

岩戸公園に戻り、家に帰る途中で雨が降り出した。

2011.12.12追記

いとう様へ

長良川展望台の入り口を教えて欲しいとの事ですので写真を付けます。

Adsc02122_2_2

古津から歩いて来ると信号機に来ます。

直進すると百々ヶ峰に登る車道です。

東海自然歩道は向こうに渡り左に少し行きます。

Adsc02123_2_2

この道に入れば標識があります。

Adsc02124_2_2

Adsc02125_2_2

いとう様 分ったでしょうか?

| コメント (3)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »