« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月26日 (土)

金華山・百々ヶ峰

11月26日(土曜日)

第4土曜日は皆で行く日でしたが、松井さんの親類に御不幸あり中止になりました。

謹んでお悔やみ申し上げます。

最初の予定は美濃市の母野洞(はんのぼら)613,7mでした。

今日は一人で金華山と百々ヶ峰に登ってきました。

Ayamareko3

Ayamareko4Ayamareko2Ayamareko1

Dsc02033_2

▲岩戸公園より出発

Dsc02034_2

▲登り口

Dsc02035_3

▲金華山の後、西山と舟伏山に行きます。

Dsc02038_2

▲隼(はやぶさ)の写真を撮るカメラマン

Dsc02040_2

Dsc02041_2

▲登山道から外れるので観光客は来ない三角点

Dsc02042_2

Dsc02045_3

Dsc02046_2

岐阜城前

Dsc02047_2

Dsc02049_3

▲頂上より養老方面を見ています。

写真では分かりませんがその後ろに御在所岳や鎌ヶ谷が見えました。

Dsc02054_3

▲北側を見ています。これから行く山です。

Dsc02055_3

Dsc02062_3

Dsc02072_2

▲西山176m

Dsc02081_2

▲鵜飼い大橋

Dsc02083_3

▲横から見ると舟を伏せた山容だが、ここからはきれいな形です。

Dsc02089_2

▲頂上辺りは水平なので頂上が分からない舟伏山262m

Dsc02100_3

▲千鳥橋を渡り古津(ふるつ)の集落に行きます。

Dsc02112_2

▲千鳥橋

Dsc02113_3

▲千鳥橋より百々ヶ峰方面を見ています。

手前の山の下に小島山トンネルが最近出来ました。なのであの山は小島山なのかな?

Dsc02114_2

▲千鳥橋の途中にあるモニュメント

Dsc02117_3

▲千鳥橋を渡った辺りより、舟伏山・金華山を見ています。

Dsc02118_2

Dsc02120_2

▲ハウスの中はイチゴの花が咲いていました。クリスマス用のイチゴでしょう。

Dsc02125_2

▲東海自然歩道で松尾池に向かいます。

Dsc02128_2

▲展望台です。直ぐ下が小島山トンネルが通っています。

Dsc02129_2

Dsc02131_2

▲気持ちがいい黄色が目に入り楽しい。

Dsc02133_3

▲いったん松尾池まで下りて百々ヶ峰に登ります。

Dsc02140_2

▲松尾池

Dsc02138_2

▲渡り鳥

Dsc02142_2

▲ヤマガラ

カテゴリーの(岐阜県)金華山・百々ヶ峰でヤマガラAdsc02853の写真があります。

Dsc02144_2

▲カメラマンが多い

Dsc02147_3

▲百々ヶ峰山頂の手前の岩場

Dsc02153_2

▲百々ヶ峰417.9m 山頂

Dsc02154_2

▲金華山は逆光になる

Dsc02158_2

▲西峰341.4m

Dsc02159_2

▲反射板

Dsc02162_2

Dsc02163_2

Dsc02164_2

Dsc02165_2

Dsc02167_2

▲岐阜公園にて   あの人達はポケモンGOをしています。

私もここまで来てやったが、今は止めました。

Dsc02168_2

▲ロープウェー

これで写真は終わりです。

この後は七曲り登山道で途中まで登り車道で下りました。

歩いた距離22.48km 約8時間でした。

| コメント (2)

2016年11月23日 (水)

釜ヶ谷山

11月23日水曜日 (勤労感謝の日)

釜ヶ谷山に登った写真をヤマレコに載せています。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1012788.html

| コメント (0)

2016年11月12日 (土)

倉谷山(くらたにやま)

11月12日(土曜日)

福井県の九頭竜湖の近くある倉谷山1082.6mに行って来ました

地形図に山名の入っていない山ですが 分県ガイドに載っています。

メンバーは5人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、私)

コースタイム

羽島7:00 → 各務原IC → 8:28白鳥IC → 途中で紅葉みる → 

登山口駐車場9:30 → 9:50沢を渡る → 11:45鉄塔11:55 → 

12:22頂上手前の鉄塔 → 12:26倉谷山頂上12:33 → 

12:40鉄塔で雑煮13:33 → 13:50鉄塔 → 14:25沢を渡る → 

14:33駐車場 → 16:00やまと温泉17:10 → 17:40郡上八幡城17:50 →

郡上IC → 18:42各務原IC → 19:25羽島

Adsc01844_2

Adsc01845_2

▲この登山口は間違いです。正しいのは送電線の手前の場所です。

A_2

Adsc01727_2

▲白鳥ICを下り、無料区間を走り国道158号線で九頭竜湖に進みます。

紅葉がきれいです。

Adsc01740_2

▲最初の吊り橋の箱ヶ瀬橋を渡り、面谷橋を渡った分岐に、

平家岳登山口の標識が見えた。左へ行くと平家岳登山口です。

ここに車を停め、紅葉を楽しむ。

Adsc01731_2

▲面谷橋

Adsc01734_2

Adsc01732_2

Adsc01737_2

▲面谷橋です。橋を渡った場所に車があります。

Adsc01744_2

▲湖岸の紅葉を楽しみながらを進み、米俵橋を渡り、

次に伊勢川橋を渡ります。上の橋は伊勢川橋です。

橋を渡り県道は左に折れるが、登山口は右の林道に入ります。

右端に少し見えている山が倉谷山です。

Adsc01747_2

▲舗装は無くなり600m程進むと車を置くスペースがあります。

この上に広い駐車場があるが四駆車でないと行けません。

Adsc01750_2

Adsc01752_2

▲登山口を探しながら進む。

Adsc01754_2

▲頭上に送電線が有る位置で下りる。ここは間違いです。

Adsc01755_2

▲川を渡る。

ここから鉄塔に出るまでは道を探して歩くルートファインディングでした。

(ちょっと大げさです)

山岳用語ルートファインディングの意味

自分の知識や感覚、地図やコンスなどの情報を元に正しいコースを見つける技術。
道ってしまったり、ガスに巻かれた時に必要で、冷静な判断力が試される。

Adsc01756_2

Adsc01759_2

Adsc01762_2

▲このキノコは食べれるのかぁ?

Adsc01764_2

Adsc01765_2

Adsc01768_2

▲鉄塔手前の最後の急登です。

Adsc01771_2

▲鉄塔に着いて、みんな安心するhappy01

巡視路を使えば1時間で来れるが2時間掛かりました。

Adsc01774_2

Adsc01777_2

▲頂上手前の鉄塔までは急です。

Adsc01779_2

▲頂上手前の鉄塔です。 ピンクのテープが倉谷山への目印らしい。  

ここから頂上までは藪漕ぎです。

Adsc01780_2

▲藪を漕ぎ、ようやく一番高い地点で三角点発見。

三角点の横に倉谷山と彫られた、朽ちかけの板を発見。

Adsc01783_2

▲集合写真     ポーズはミニハートheart01

Adsc01794_2

▲頂上は展望がないので、九頭竜湖が見えないかと鉄塔まで戻り先へ進む。

200mほど進むと景色がいい。湖面の向こうは鷲鞍山だろう。

遠くに白い山が見える。

Adsc01792_2

▲白山

Adsc01786_2

▲鉄塔まで戻り、松井さんが持ってきてくれた雑煮を食べた。

なべ、お椀、だしまで用意して頂きありがとうございました。

坂さんは野菜を持ってきてくれた。

Adsc01788_2

▲美味しく頂きました。

Adsc01791_2

▲左の人は健脚者ですよ。ここに来る前に鷲鞍山に登ってみえたのだから。

Adsc01795_2

▲雑煮を食べ元気になって下山します。

Adsc01796_2

▲標高1000mぐらいは紅葉が終わっています。

Adsc01798_2

Adsc01800_2

Adsc01802_2

▲安心した鉄塔です。ここから下りる道は、登ってくる予定だった巡視路です。

Adsc01804_2

▲中央の山が平家岳だと思います。

Adsc01805_2

▲巡視路は整備されています。

Adsc01806_2

▲この辺りが紅葉の見ごろです。

Adsc01808_2

▲川を渡ります。

Adsc01809_2

▲倉谷山登山口の標識はありません。これが目印です。

Adsc01811_2

▲車が見えてきました。

Adsc01816_2

▲伊勢川橋

Adsc01817_2

▲伊勢川橋から見た景色

Adsc01820_2

▲今日の倉谷山です。鉄塔が見える辺りです。

Adsc01821_2

▲紅葉を楽しみ進む。

Adsc01823_2

▲長いつり橋の箱ヶ瀬橋。写真を撮る観光客が多い。

Adsc01824_2

▲見える道は、国道158号線

Adsc01829_2

▲メタセコイアの紅葉を国道158号線沿いで見つけた。

Adsc01833_2

▲メタセコイアといえば、マキノ町の並木を思い出す。

帰りに郡上八幡城のライトアップを見に行こうと松井さんが言った。

白鳥ICに入らず、国道で郡上八幡に行くことになった。

途中でやまと温泉やすらぎ館http://www.gujo-tv.ne.jp/~kuturogi/onsen.htm

に入り郡上八幡城に行った。

Adsc01837_2

Adsc01841_2

Adsc01842_2

▲郡上八幡城http://castle.gujohachiman.com/momiji_matsuri2016

12~14日は、世界糖尿病デーに合わせ、天守閣を青くライトアップしています。

これが幻想的でした。

松井さん ありがとうございました。

| コメント (0)

2016年11月 6日 (日)

宮妻狭キャンプ場~水沢岳~鎌尾根~鎌ヶ岳~宮妻狭キャンプ場

11月6日(日曜日)

今日は、宮妻狭キャンプ場 ~ 水沢岳(すいさわだけ) ~ 鎌尾根 ~

鎌ヶ岳(かまがたけ) ~ 宮妻狭キャンプ場 と歩いてきました。

宮妻狭キャンプ場10:50 → 12:45水沢岳 → 14:15鎌ヶ岳14:30 → 

16:00宮妻狭キャンプ場

Kamagatakea

Kamagatake

▲ヤマレコの記録が切れてしまいました。2枚を続けて見てください。

Adsc01655_2

水沢岳は地図では「宮越山」とありますが、

三角点 基準点名は「冠山」です。3つの名前があるのは面白いですね。

Adsc01656_2

▲水沢岳の登山口です。   もう帰って来た登山者

Adsc01659_2

▲緩やかな登山道に見えますが急です。

Adsc01664_2

▲水沢峠

Adsc01672_2

▲水沢岳(すいさわだけ)

Adsc01673_2

▲これから鎌ヶ岳に行きます。

Adsc01680_2

▲難所のキノコ岩です。 ここを下りて来ました。

Adsc01690_2

Adsc01702_2

Adsc01703_2

Adsc01708_2

▲岳峠の三差路です。帰りはカズラ谷に下ります。

Adsc01709_2

Adsc01712_2

▲鎌ヶ岳頂上  バックは御在所岳

Adsc01717_2

▲下山します。登って来た鎌尾根が見えます。中央奥の山が水沢岳かな

Adsc01721_2

▲鎌ヶ谷登山口  こかから鎌ヶ岳までは登り2時間です。

Adsc01723_2

▲帰りの車内から鎌ヶ岳が見えます。右が御在所岳、左が雲母峰です。

今日は吹き飛ばされそうな強い風の日でした。

御在所岳は今日も混んでいると思うが、

遅い時間だった事もあってか鎌ヶ岳は空いていました。

また水沢峠~鎌尾根~岳峠までは誰とも会いませんでした。

誰とも会わないのは、少し寂しいですね。

紅葉は写真では表現できなくて残念です。

実際はもっときれいです

| コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »