« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

御在所岳の中道は大渋滞  今年の紅葉はいまいち

10月30日(日曜日)

今日も天気が良いので山に行くことにした。

御在所岳は混むのが分かっていたので鎌ヶ岳に登ろうと出発した。

菰野町に来たとき、気分が変わり御在所岳にした。

登山口に着いたのは9時半だった。(駐車場が全くないbearing

かなり上まで駐車場を探したが無いので戻り、

裏口登山口よりもっと下がった場所の路肩に停めた。

軽自動車が入れる場所があったので良かった。(乗用車は早く来るしかないですね)

路駐でも白線より出なかったら駐禁にならないようです。(たぶんcoldsweats01

(旧料金所前の駐車場は7時前で既に満車だったと後で聞いた)

Dsc01569_2

▲9:40 御在所岳裏道国道入口を出発した。

Dsc01571_2

Dsc01572_2

Dsc01573_2

▲ロッククライミングの練習場所のようです。本番は藤内壁でしょうか!

Dsc01574_2

▲藤内小屋のおじさん

Dsc01584_2

Dsc01597_2

▲頂上手前

Dsc01607_2

▲望湖台   琵琶湖が望める場所です。肉眼では見えました。

Dsc01620_2

▲大黒岩の場所です。

Dsc01625_2

Dsc01622_2

Dsc01627_2

Dsc01628_2

Dsc01614_2

一ノ谷新道で下りようかと思ったら、太鼓の演奏が聞こえて来た。

Dsc01633_2

▲ここに着いたら終わっていた。(残念)

帰りは中道が空いていると思い中道で下りることにした。

Dsc01638_2

▲中道の入口にある富士見岩

Dsc01639_2

▲後ろの山は鎌ヶ岳

Dsc01640_2

▲さっきまで居た大黒岩

Dsc01641_2

▲思いもよらない渋滞に遭う。

キレットまで登ってくる登山者がいた。キレットでは14時だった。

(帰りはロープウェーで下りるのだろう)

Dsc01646_2

▲お決まりの地蔵岩で終わります。駐車場に15時に着いた。

御在所岳は人気の山でした。

以前のブログ 2013.10.27 見てくださいdown

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-7ff9.html

| コメント (0)

2016年10月29日 (土)

竜ヶ岳  春の羊が秋は赤い羊?

10月29日(土曜日)

今日は竜ヶ岳の紅葉を見てきました。

Photo

Photo_2

Bdsc01510_2

▲宇賀渓観光案内所の有料駐車場(500円)に駐車 

ここから竜ヶ岳の頂上が見えます。頂上でここが見える写真があります。

今日は、ボランティア、警察の方々が安全登山の啓発活動を実施されてましたが、

私が最後でした。       

Bdsc01512_2

▲上りは遠足尾根です。尾根は遠足の様な気持ちがいい歩きですが、

尾根に出るまでは急登です。

Bdsc01513_2

▲岩場のある所から見た景色です。頂上は中央です。

Bdsc01516_2

▲トリカブト

Bdsc01517_2

▲今年のトリカブトは枯れているので花が少ないです。

Bdsc01518_2

Bdsc01519_2

▲尾根に出た場所です。竜ヶ岳は左奥です。

Bdsc01521_2

▲木の実を鳥が食べた後です。私も食べてみた。美味しくはないが食べれます。

Bdsc01525_2

▲竜ヶ岳頂上に人が居るのが分かります。ズームしてみましたdown

Bdsc01525_3

▲頂上がのっぺらだと分かります。

Bdsc01549_2

▲頂上への登りです。この時吹き飛ばされそうな、すごく風が吹いていました。

信じられないと思いますが台風並みの風でした。

Bdsc01551_2

▲足を踏ん張って写しています。絶景ですhappy01

Adsc058993

▲この写真は、今年5月中ぐらいに私が写したものです。

Bdsc01556_2

▲頂上から景色。黄色の場所が宇賀渓の駐車場です。ズームアップdown

Bdsc01556_3

▲駐車場に自分の車がありました。

Bdsc01557_2

▲頂上は寒くて居られなかったので下山しました。

Bdsc01558_2

Bdsc01559_2

▲最後に竜ヶ岳を見てます。

Bdsc01561_2

▲遠足尾根か金山尾根で迷って、金山尾根で下山。

殆どの人は遠足尾根へ行った。

Bdsc01564_2

▲マムシソウの実      あの花からは想像できない。

Bdsc01565_2

Bdsc01567_2

▲以前は吊橋だったようです。

Bdsc01568_2

▲管理人さんに自分が書いた登山書に下山時刻を書いて渡す。

登山時刻別に登山届が分けてあるが、

多くの中から探すのは個人情報がまるわかりだcoldsweats02

鈴鹿の山でこれだけ管理された山はない。

| コメント (0)

2016年10月23日 (日)

2016-2017 なばなの里イルミネーション

今回のテーマエリア 新登場 「 大地 」 ~だいち~

史上最大の圧倒的スケールとクオリティで世界の大絶景を演出!

壮大なスケールと圧倒的なクオリティでお送りする「なばなの里イルミネーション」

毎年変わる注目のテーマエリア、今回のテーマは「大地」(だいち)。

世界四大陸の秘境をはじめ、日本が世界に誇る大絶景まで、

自然が作る雄大で美しい景観や、想像を超える情景の移ろいを、

国内最大級のスケールと、世界最高峰のプログラミング技術により色鮮やかに、

表現力豊かに演出いたします。

一度は誰もが行ってみたい、見てみたいと想い憧れた世界の大絶景として

モチーフにしたのは、アメリカ大陸、南極大陸、アフリカ大陸、ユーラシア大陸と、

日本を代表する美しい風景の、5つの絶景。

見る人すべてを圧倒する壮大なテーマを表現するために、

なばなの里 史上最大の 高さ 約 30 m 、横幅 約 155 m という

超巨大スケールの大パノラマのイルミネーションを作りました。

最新LEDにより移りゆく壮大な景観をより鮮やかに、

繊細かつダイナミックな臨場感あふれる演出で表現しています。

また、複数のエリアの演出は「なばなの里史上初」最高傑作のプログラム

により完成いたしました。

まさに後世に残したい、なばなの里だけで体験できる

圧倒的なクオリティの最高のイルミネーションです。

                   2016年10月14日 長島観光開発株式会社

説明はコピーしています。up

これからは私のコメントです。

Adsc01485_2

米国のモニュメントバレー

Adsc01486_2

南極

Adsc01480_2

アフリカのサバンナ

Adsc01481_2

クロアチアの湖と滝

5番は日本の棚田ですが写真はありません。

棚田の景色の時、右上に赤いUFOのような動くものが出ます。

何なんでしょうね? 行かれた時に観てください。

この五ヶ所の絶景が音楽と共に迫力あるイルミネーションが観れました。

土日は午後10時までですが、9時過ぎになると音楽のボリュームが下がります。

閉園2時間前に入った方が人が少ないのでお勧めです。

上の写真は中日新聞にも載ったのと同じですのでブログに出しても

問題は起きないでしょうねcoldsweats01

B_2

興味のある方は、なばなの里イルミネーションを観に行ってください。

| コメント (0)

2016年10月22日 (土)

八ヶ峰(はちがみね)

10月22日(土曜日)

今回の山は、2週間前に中止になった八ヶ峰(はちがみね)800.1mです。

八ヶ峰は京都と福井の府県境にある山です。

山頂から八ヵ国が望めることから名前が付いたようです。

八ヵ国とは、山城(やましろ)、河内(かわち)、摂津(せっつ)、近江(おうみ)

        越前(えちぜん)、丹波(たんば)、丹後(たんご)、若狭(わかさ)

今日は曇り空だったので眺望はいまいちでした。

今日の予定は、八ヶ峰登山と小浜の海鮮丼を食べる事です。

メンバーは5人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、私)

コースタイム

羽島6:30 → 羽島IC6:40 → 小浜IC8:13 → 8:50八ヶ峰家族旅行村8:55 → 

10:52八ヶ峰11:00 → 12:40八ヶ峰家族旅行村 → 13:20小浜で海鮮丼14:00 → 

14:40熊川宿14:50→  17:00羽島

A

B

Dsc01416_2

▲登山口は八ヶ峰家族旅行村です。

工事現場のおじさんに聞いて、ここに停めさせて貰いました。

Dsc01417_2

▲工事現場のおじさんが登山口を教えてくれた。

Dsc01419_2

Dsc01420_2

▲5台ぐらい停めれる登山駐車場があります。

でもここに上がって来る道が悪いです。

Dsc01421_2

▲告 猿・鳥殿は面白い    

猿・鳥には通じないが、作物を採られるので文句を書きたかったのでしょう                    

Dsc01426_2

▲センブリ

科名:リンドウ科/属名:センブリ属 和名:千振/生薬名:当薬(とうやく)

消化不良、食欲不振、胃痛、腹痛、下痢なに効きます 

湯で千回かき混ぜても苦い味が消えないところに名称も由来していて、

地域によっては薬草(くすりぐさ)、 医者倒し(いしゃだおし)、薬草(やくそう)と

呼ばれています。 

試しに葉っぱを噛んでみた   苦いsad       

Dsc01423_2_2

Dsc01457_2
▲センブリ              

Dsc01456_2

▲リンドウ

Dsc01428_2

Dsc01430_2

Dsc01431_2

Dsc01433_2

Dsc01455_2

▲色々なキノコ

Dsc01436_2

▲八ヶ峰山頂

Dsc01437_2

▲山の名前は殆んど分からないcoldsweats01

Dsc01439_2

▲コーヒータイム  (安藤さん毎回ありがとうございます)

Dsc01448_2

▲チュー チュー トレインに挑戦            似ていないcoldsweats01                           

Dsc01460_2

▲夏のアザミの花は終わりです。

Dsc01458_2

▲こんな所にハチの巣

山を下りて小浜に向かった。

Dsc01467_2

▲小浜の 食事処かねまつさん

Dsc01464_2

Dsc01463_2

▲海鮮てんはま丼 1500円のところ200円引きの1300円で食べれた。

美味しかったhappy01

青葉山に登った時も「かねまつ」さんで食べています。down

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-f477.html

Dsc01472_2

▲帰りは鯖街道 熊川宿に寄った。

Dsc01468_2

Dsc01469_2

Dsc01470_2

▲小浜から京都までの道を鯖街道と言います。

主に魚介類を京都へ運搬するための物流ルートであったが、

その中でも特に鯖が多かったことから、近年になって鯖街道と呼ばれるようになった

小浜「海鮮てんはま丼」の説明

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

どれも 美味しそうですねhappy01

| コメント (0)

2016年10月10日 (月)

高山祭の宵祭(よいまつり)  翌日は乗鞍岳

10月9日(日曜日) 高山祭の宵祭(よいまつり)

毎年10月9日、10日は高山祭りがあります。

今回は土日だったので登山を兼ねて行ってきました。

高山祭は年2回ありますが、春と秋は名前が違うとは知らなかった。

春は「山王祭(さんのうまつり)」秋は「八幡祭(はちまんまつり)」

詳しいことはインターネットで調べれるので書くことは止めました。

参考にhttp://da-inn.com/takayamamaturiaki-16094/ 

Dsc01089_2

高山に着いたのは17時を過ぎていた。車を停めて桜山八幡宮に向かった。

宮川が昨日の雨で増水していた。(放流した鯉はどうなったかな?)

▲桜山八幡宮表参道に屋台が並んでいた。

Dsc01090_2

▲先ずは桜山八幡宮でお参りする

Dsc01091_2

▲午後6時 屋台のちょうちんに灯が入った。宵祭(よいまつり)の始まりです。

すごく混んでいて前に行けなかったが、前では獅子舞が行なわれていた。

Dsc01092_2

Dsc01095_2

Dsc01096_2

Dsc01102_2

Dsc01103_2

100個にもおよぶ提灯を灯した屋台が幻想的です。

下の2枚の写真は安川通りです。

Dsc01104_2

▲神楽台(かぐらたい)が屋台行列を先導します。

Dsc01109_2

▲安川通りに一旦曳き揃えられた所を観覧しようとする人が多いので、

たいへん混雑していました。

おすすめは下一之町down。ここから各屋台蔵へと曳き別れていくのですが、

時間的は20時半過ぎなので、混雑も少し緩和されていました。

Dsc01117_2

Dsc01116_2

▲獅子舞は小学生もやっていた。

ここで最後だが、3回以上やっているので疲れているのを感じた。

Dsc01121_2

Dsc01126_2

今日の高山祭りは二人で来ています。相手はご想像にお任せhappy01

夜に明日の計画を立てる。

1、新穂高ロープウェイで西穂高コース
2、ほうのき平駐車場から乗鞍岳コース

高山市から近い乗鞍岳に決め寝た。

10月10日(体育の日) 乗鞍岳登山

ほうのき平駐車場に着いたのは6時50分ぐらいだった。

駐車場に沢山の車が止まっていた。ここで夜を明かした人もいるだろう。

ほうのき平の朝の気温は6度なので車中泊りは厳しい。

平湯バスターミナルから来るバスが6時55分に出発する。

もうバスは待っていたが、間に合わなかったので、

ほうのき平を7時25分発のバスに乗った。

「ほおのき平」ー「乗鞍畳平」片道45分。往復では2300円です。

Dsc01130_2

▲車中から見えるきれいな形の笠ヶ岳

Dsc01130_6

Dsc01132_2

▲白山も見えました。

Dsc01139_2

▲穂高連峰・槍ヶ岳     まだ登ったことがない憧れの山々です。

Dsc01139_5

Dsc01142_2

▲乗鞍畳平に到着しました。 現在の気温は1度です。寒いbearing

Dsc01145_2

Dsc01148_3

▲乗鞍高原方面が見える場所です。

遠くに八ヶ岳や南アルプスが雲海から頭を出したいる。

Dsc01153_2

▲富士見岳を左に見て、歩きやすい広い道を進む。

Dsc01154_2

Dsc01155_2

Dsc01156_2

Dsc01160_2

▲中央の山は自信が無いが浅間山だろうか?

Dsc01164_2

▲南アルプスの山々

Dsc01165_2

▲正面は剣ヶ峰   氷は1cmの厚さがあった。

Dsc01167_2

▲肩の小屋までは広い道です。

Dsc01172_2

▲ここから登山道らしいです。

Dsc01174_2

Dsc01175_2

Dsc01178_2

▲乗鞍観測所と北アルプスの山々

Dsc01178_5

Dsc01179_2

▲高度を上げていくと岩が大きくなってきます。

Dsc01180_2

▲中央の山が剣ヶ峰です。

Dsc01182_2

▲後ろを見ています。

Dsc01184_2

▲剣ヶ峰はもうすぐです。右の人がいる場所は蚕玉岳(こだまだけ)2979m

Dsc01186_2

Dsc01187_2

▲御嶽山が見えました。

Dsc01187_4

Dsc01188_2

▲南アルプスの北岳の後ろに富士山があります。肉眼では分かり難い。

Dsc01190_5

Dsc01190_3

▲北岳の後ろから「おれの方が高いと」富士山がいっているようです。

北岳(きただけ)は、山梨県南アルプス市にある標高3,193mの山。

富士山に次ぐ日本第二の高峰であり、火山でない山としては日本で最も高い。

Dsc01194_2

▲山頂までは順番待ちでした。

写真撮影も長い列だったので自分の写真はありません。 

10月10日10時 登頂  (別に揃えた分けでなく偶然でした)      

Dsc011952

Dsc01197_2

▲これより下山です。

Dsc01199_2

▲頂上小屋付近で休憩したup down (頂上は狭いので休憩が出来なかった)

Dsc01200_2

Dsc01206_2

▲次に富士見岳に登ります。

Dsc01207_2

Dsc01211_2

Dsc01212_2

▲富士見岳頂上

Dsc01214_2

▲畳平に戻り、銀嶺荘でラーメンを食べた。

Dsc01215_2

▲次は魔王岳に登ります。

Dsc01216_2

Dsc012172

Dsc01227_2

乗鞍岳の魅力は畳平の登山口からゆっくり歩いても2時間でお手軽に登れて、

3000Mからの展望が楽しめます。

乗鞍岳は、「こんにちは」のあいさつは殆んど無く、観光地の山だと思った。

まだ登ったことがない 笠ヶ岳・槍ヶ岳・穂高に登りに行きたい。

気力・体力・お金を貯めるぞ~

| コメント (0)

2016年10月 8日 (土)

10月8日の登山は中止になりました。

10月8日(土曜日)は、福井県の八ヶ峰登山と若狭小浜の海鮮丼を

食べる予定でしたが、8日の午前6時の時点で小雨が降っていたし

回復が期待できなかったので中止になりました。

8時頃に雨が上がったので一人で金華山を登ってきた。

岩戸公園の駐車場はガラガラに空いていました。

頂上はロープウェーで登ってきた家族連れや団体さんが多かった。

金華山まで登り、七曲り登山道で岐阜公園に下りた。

ポケモンGOをするのもここに来た理由です。

ロープウェー前では100人以上の人がポケモンGOをしていた。

公園を隅々まで歩いたが新しいポケモンは見つからなかったので

止めて瞑想の小道から馬の背でもう一度登ることにした。

瞑想の小道を普通の速さで歩いていたら、手を繋いだ20代のアベックが

私を追い越して行った。(面白くないpout

私は遅れないよう付いて行った。

アベックは馬の背コースに入った。

男性は確かに健脚だが、女性はそれほどの体力がない。

男性は岩場を一人で登って行ったが女性は付いて行けない。

私はここで女性を追い越して登って行ったら、上の方で男性が待っていた。

少し自分勝手な男性だと思いながら私は登って行った。

馬の背を一気に金華山まで登ったので汗が噴き出した。

意地でペースを上げたが、マイペースで行くべきだったと反省した。

つまらない日記でした(^-^;

| コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »