« 雨上がりの金草岳(かなくさだけ)1227m | トップページ | 薬師岳・北ノ俣岳 »

2016年7月16日 (土)

能郷白山

7月16日(土曜日)

今日の山は能郷白山(のうごうはくさん)1617mです。

岐阜県本巣市、揖斐郡揖斐川町と福井県大野市にまたがる

能郷白山は岐阜県で最も遅くまで雪が残っている山だそうです。

ルートは2コースあります。

『能郷谷ルート』登山道入り口から山頂まで約3時間30分

『温見峠ルート』登山道入り口から山頂まで約2時間

今回は温見峠ルート往復です。

メンバーは4人(松井さん、坂さん、安藤さん、私)

Nougou1

コースタイム

温見峠(ぬくみとうげ)9:09~11:09能郷白山12:00~13:33温見峠

標準タイムの2時間で登れました。

Nougou2

▲温見峠までの行きは、能郷から黒津までがすれ違えない狭い道なので、

遠回りしてR157~根尾~折越峠~越波~猫峠林道~R157を通りました。

Dsc00033

▲登山口の温見峠に到着。先に5台程停まっていた。

Dsc00035

▲国道から直ぐ登山道です。

Dsc00036

Dsc00038

▲ピンク色のシモツケソウ

Dsc00039

▲ロープ場は急登です。前日の雨でより滑りやすい

Dsc00041

Dsc00043

▲ガスで視界10mぐらいだろうか

Dsc00047

▲上に伸びないダケカンバ

Dsc00049

▲能郷白山の頂上ですが、祠のある場所に行きます。

Dsc00050

▲ガスの中に現れる白山神社奥の院。

能郷白山は最澄の開いた白山信仰の山で白山と呼ばれていたそうですが、

百名山の白山と同じなので麓の集落名「能郷」を付けて能郷白山になったそうです。

Dsc00052

▲激しくガスっているために見晴らしは・・・・・・なし

初夏に咲くニッコウキスゲは終わっていた。

Dsc00054

▲祠の場所は風が強く寒かったので、三角点のある場所に戻った。

Dsc00056

▲ここで早目のランチ

Dsc00058

▲マルハダケブキ(丸葉岳蕗)  覚え方は、丸い葉っぱの山のフキ

Dsc00060

▲こんな感じでぬかるんでいます。

Dsc00061

▲ノアザミはトゲがあるので触れると痛い。

Dsc00062

▲下山中におよそ20人位の方とすれ違ったが、

こんな天気でも山に来るんだと思った。我々も来たのだが・・・   

温見峠の着いた。下山タイムは1時間半でした。

帰りはR157で能郷まで行くことになった。

対向車が来ないようにと神経を使う道でした。

松井さん 運転お疲れ様でした。

帰りの温泉は、うすずみ温泉に入った。

松井さん家に帰って野菜を沢山貰った。

何時もありがとうございます。

深田久弥は日本百名山選定の際に荒島岳と能郷白山との二つから前者を選んだ。

後者のこの山は、深田クラブにより日本二百名山に選定されている。

日本の多くの山を踏破した本人の経験から、「品格・歴史・個性」を兼ね備え、

原則として標高1,500m以上の山という基準を設け『日本百名山』を選定した。

能郷白山 おしかったね

« 雨上がりの金草岳(かなくさだけ)1227m | トップページ | 薬師岳・北ノ俣岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨上がりの金草岳(かなくさだけ)1227m | トップページ | 薬師岳・北ノ俣岳 »