« 能郷白山 | トップページ | 岩籠山(いわごもりやま) »

2016年7月27日 (水)

薬師岳・北ノ俣岳

7月22日(金曜日)~23日(土曜日)

今年も山小屋泊りの時期が来ました。

今までの山小屋泊りは 2015-7-25.26 双六岳

               2014-7-26.27 寺地山・北ノ俣岳

               2012-9-22.23 常念岳

               2012-7-28.29 火打山・妙高山

梅雨明け後は、天気が良くて高山植物の花が沢山見れる時期です。

今回は2泊3日で行く計画を立てた。

候補は 白馬三山  悪沢岳・赤岳  空木岳  薬師岳などでした。

梅雨明けは毎年違うが7月22日にどうなっているか心配だったが

今年は7月18日に明けた。

南アルプスの悪沢岳・赤石岳に決まったので色々情報を集めた。

しかし悪沢岳・赤石岳の天気予報が曇り・雨になってしまった。

それで天気が少し良い北アルプスの薬師岳(やくしだけ)に決まった。

22日午前2時に松井さん家に行ったら、

安藤さんが「悪沢岳・赤石岳の天気が良くなるよ」と言ったが、

松井さんは薬師岳に決めた。

情報集めの少ない中を行くのは少しの心配はあった。

山小屋は太郎平小屋と薬師岳山荘があるが2泊3日なので

どこで泊まるか未定のまま出発した。

Yakusidake

2年前の北ノ俣岳から見た薬師岳です。今回はこの山を登ります。

2年前の寺地山・北ノ俣岳に登った時は飛越トンネル手前の駐車場に停めた。

飛越トンネルの先の東谷料金所に着いたのはオープン15分前の5時45分だった。

2台が前に停まっていた。(今日は登山者が少ないと思った)

ゲートオープンは定刻ジャスト6時だった。

管理人のおじさんに聞いたら「保険の関係上です」との回答だった。

折立の駐車場に着いたら100台の駐車場がほぼ満車だった。

後で調べて分かった事は、ゲートはここ以外にもあり、ここの東谷ゲートが

折立の駐車場に行くのに一番遠いことだった。

Ariminea

ありみネットよりhttp://www.arimine.net/access.html

Arimineb

上のデーターは薬師岳山荘HPhttp://www.yakushidake-sansou.com/からです

午前6時にゲートが開くが亀谷ゲートから折立まで40分、

東谷ゲートは1時間なので早く駐車場に着くには亀谷ゲートです。

折立駐車場…100台(無料)だが平日でもほぼ満車状態のようです。

ただし下山する人がいるので9時~10時くらいなら空きもでてくるようです。

太郎平小屋泊ならそれでOK。 自販機、水洗トイレあります。

22日~23日のコースです。

Ayamareko

Ayamarekoa

22日は9,7km   23日は20km (歩いた距離です)  20kmは最高距離です。

Adsc00114

▲薬師岳登山口

Adsc00117

Adsc00118

Adsc00125

▲積雪を測るポールです。

Adsc00129

Adsc00132

▲偶然だが、薬師岳山荘が写っていた。

Adsc00134

▲安藤さんが石を積んでいた。

Adsc00135

▲みなさん 何に見えますか?

Adsc00138

Adsc00139

▲池塘(ちとう)に写る雲がきれいです。

Adsc00142

▲薬師岳は奥の山です。頂上は奥の山の真ん中ぐらい

Adsc00146

▲チングルマの花びらが落ち後です。

和名のチングルマは、この実の形が子供の風車(かざぐるま)に見えたことから

稚児車(ちごくるま)から転じて付けられた。by Wikipedia         

Adsc00148

▲太郎平小屋が見えて来ました。

Adsc00150

▲太郎平小屋に着いた

Adsc00152

Adsc00153

▲松井さんが「あぁ ライチョウ」と言った。よく見るとハトでした

2330mの場所にハトが居ることが不思議だ

Adsc00154

▲薬師岳に向かいます。雲の中ですが雲は直ぐ無くなりました。

Adsc00155

Adsc00156

▲薬師峠はテントを張れる場所でした。ここに水場やトイレがあります。

Adsc00158

▲岩場を登ります。

Adsc00175

▲カールがきれいです。

Adsc00180

▲花が沢山咲いていました。

大きく分けると白い花がチングルマとハクサンイチゲ

黄色がミヤマキンバイ

Adsc00187

▲この辺りはチングルマの群生地です。

Adsc00194

▲薬師岳山荘が見えてきました。詳しくはhttp://www.yakushidake-sansou.com/

Adsc00197

▲夕食は午後5時でした。美味しかった

Adsc00202

▲午後7時 夕食を済まして布団で少し寝た後、

夕焼けが見れないかと外に出た。残念ながらここまで

 

ここから23日(土曜日)です。

Adsc00206

▲日の出を見るため薬師岳に向かった。

Adsc00208

▲あぁ~ ライチョウ 。ハトではないです

Adsc00212

▲まだ頂上は見えません。

Adsc00213

▲右手(東側)が明るくなってきました。槍ヶ岳や穂高連峰が見えます。

Adsc00214

▲ケルンに着きました。ここで日の出を見ます。

Adsc00215

▲丁度のタイミングで日の出を見れました。欲を言うと5分前に着きたかった。

Adsc00217

▲中央が槍ヶ岳です。尖がって高いから直ぐ分かる山です。

Adsc00218

▲薬師岳頂上にある祠が見えます。頂上まで行きます。

Adsc00219

▲後ろを見ています。カールに朝日が当たっています。

Adsc00221

▲後ろを見ています。

Adsc00223

▲左(西側)の富山市は雲海の下です。

Adsc00225

▲頂上の祠が見えてきました。

Adsc00236

▲山頂の祠は薬師如来像が祀られています。

Adsc00233

Adsc00234

▲雲海の下は富山市

3人の写真は写りが良くないので止めました。

Adsc00247

▲立山方面  左が剣岳

Adsc00246

▲唐松、五龍、鹿島槍が見えてます。 (たぶん)

Adsc00248

▲槍ヶ岳も穂高岳もギザギザがくっきり。手前が雲ノ平

Adsc00254_4

▲槍ヶ岳の少し左に天気が良かったら富士山が見えます。(天気は富士山の方です)

▼翌日の24日に薬師岳の登ったyasuyasubonさんの写真です。

Afujisann

Adsc00250

▲チングルマ

Adsc00264

▲朝食のため下山します。

Adsc00261

▲薬師岳山荘が見えてきました。

Adsc00269

▲朝食です。ごはんとみそ汁はセルフです。

Adsc00276

▲薬師岳山荘さん一晩お世話になりました。

6年前改築したばかいできれいでした。

民宿のような感じで、トイレもきれいでした。

詳しくはhttp://www.yakushidake-sansou.com/を見て行ってください。

昨日は70人ぐらい宿泊者があったそうです。

「最高の時は?」と聞いたら、去年のシルバーウィークに170人だったそうです。

Adsc00278

▲薬師岳山荘と薬師岳

Adsc00280

▲中央は北ノ俣岳、左は黒部五郎岳

Adsc00283

▲中央の山は黒部五郎岳

Adsc00287

▲薬師岳平で斜面にニッコウキスゲが咲いていた。

Adsc00295

▲正面が太郎平小屋と太郎山    左の山が北ノ俣岳

Adsc00293

▲正面が北ノ俣岳  ズームにすると迫力がありますね

Adsc00297

▲後ろを振り向くと薬師岳に飛行機雲が

Adsc00302

▲太郎平小屋に着いた時、安藤さんと私が「北ノ俣岳に登ろうと」言ったら

松井さんは「ここで待っている」との返事。

往復3時間以上の歩きは辛いと思ったが、考えて行く気になって貰った。

北ノ俣に向かう木道は歩きやすい。

Adsc00305

▲白いのはワタスゲです。北ノ俣岳は右奥

Adsc00306

Adsc00309

▲正面が北ノ俣岳です。お花畑の中を歩いて行きます。

Adsc00311

Adsc00312

Adsc00313

Adsc00314

Adsc00315

▲中央に見える飛行機が太陽に向かって飛んできます。

Adsc00317

▲太陽から一本の光に見えるのは飛行機雲です。(飛行機は太陽の中です)

Adsc00320

▲北ノ俣岳頂上です。

Adsc00322_2

Adsc00324

▲2年前より雲が多いです。やっぱり山は朝の早い時がきれいですね。

Adsc00325

▲昼食はお花畑で食べるため下山しました。

Adsc00326

▲北ノ俣岳山頂を振り返る。

Adsc00348

▲折立の駐車場は満車でした

下山時に多くの登山者が登って来ました。

下山の三角点で話をした青年2人は富山県民で富山の山を愛する達人だと思った。

話せば長くなるので止めますが、剣岳に何度も登った話を聞きました。

Adsc00349

▲古川町で食べたラーメン店です。醤油とんこつを食べた。

羽島には21時20分に着きました。

距離は235kmの往復でした。

有峰林道の通行料金1900円です。初めに払い、出ると時は無しです。

立山ICを利用すれば35km増えて270kmになりますが

1時間早く折立の登山口に着きます。

一番良いところは、ゲート6時にオープンして

亀谷料金所と東谷料金所スタートでは20分の違いがあります。

2泊3日の予定が1白2日になりましたが十分感動できました。

土曜日の20kmの歩きは翌日体に来ました。

薬師岳を日帰りする健脚者が多く見えますが、20kmの歩きです。

折立の駐車場を7時に出発して17時に戻るコースです。

このコースだと夕焼けや日の出が見れないので一泊するコースを勧めます。

我々は北ノ俣岳の往復を入れましたが、これを入れると健脚コースですね

松井さん 一緒に行ってくれてありがとうございました。。

薬師岳の感想は登りやすい山です。

天気に恵まれて最高の景色が見れました。

花がきれいでした。

この山を選択してくれた松井さんに感謝です。

ヤマレコのHam0501さんが同じ日に薬師岳に登ってみえました。

偶然私達3人が写っていました。

これです

Yamareko1

Yamareko2

頂上で同じだったのです。

Ham0501さんのヤマレコに上げてある写真・コメントが良いです。

上手い人のを見ると勉強になります。お手本にしたいです。

皆さんも時間があったら。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-925324.html

« 能郷白山 | トップページ | 岩籠山(いわごもりやま) »

(富山県・新潟県)の山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 能郷白山 | トップページ | 岩籠山(いわごもりやま) »