« 学能堂山(がくのどうやま) | トップページ | 池田山 (大津谷新道より) »

2015年12月12日 (土)

君ヶ畑から土倉岳(はぜくらたけ)の予定をもう少し頑張ってテーブルランドへ

12月12日(土曜日)

昨日は異常気象が起きた。伊勢で25.4度だった。(師走に夏日

高温の原因は東海地方の南海上に居座る異常に暖かい空気が、北側の

低気圧が発達し暖気を強く引っ張ったからです。

今日も平年より4~5度高い予報が出ていました。

実際、今日は暖かい日でした

今日の山は滋賀県の土倉岳(はぜくらたけ)1050mです。

メンバーは5人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、私)

Dsc04802_2

▲今日の一枚   土倉岳から青空のテーブルランドに向かう

「テーブルランド」と言う地名はありませんが、御池岳の南北約3km、

東西数百mの広い平らな空母のような山容の山頂部を「テーブルランド」と

登山者仲間で呼ばれているからです。(これは私の感想です

コースタイム

7:00羽島 → 8:55駐車場9:00 → ノタノ坂 → 11:30土倉岳11:40 → 

12:05御池岳(テーブルランド)13:10 → 13:30土倉岳 → 15:45駐車場 → 

16:15道の駅16:30 → 17:50羽島

A2_2

▲土倉岳は御池岳の南側の山です。今日はテーブルランドまでの往復です。

Dsc04765_2_2

▲君ヶ畑登山者用駐車場です。紅葉の時期を過ぎると登山者はいない。

Dsc04768_2

▲小又谷の林道を進む

Dsc04770_2_2

Dsc04772_2

▲昨日降った雨で増水し、林道を横切っています。

Dsc04775_2

▲我々は靴を脱いで裸足で渡った。

水が冷たかったので、靴を履いたら足がポカポカした。

Dsc04773_2

▲松井さんは飛び石で対岸に着いた。

Dsc04778_2

▲鉄の橋を渡ります

Dsc04780_2

▲ノタノ坂めざし登ります

急な登りが谷の終点あたりまで続き、かなりキツイです。

Dsc04783_2

▲尾根が見えてきた。そこがノタノ坂です。

Dsc04784_2

▲一本目の鉄塔  銚子岳・静ヶ岳・藤原岳が見える。

Dsc04788_2

▲イワカガミ群生地の尾根を歩きます。

Dsc04789_2

▲土倉岳の手前に来たら、太陽が出てきた。

Dsc04790_2

▲土倉岳の頂上に着いた。

Dsc04791_2

▲集合写真を撮って、すぐテーブルランドに向かう事にした。

Dsc04794_2

Dsc04795_2

▲前方に見える御池岳に向かって進みます。

Dsc04798_2

▲藤原岳方面

Dsc04799_2

▲山頂部へ上がるときマークが無く直登することに。

Dsc04803_2

▲テーブルランドと言われるように平らな山頂部に着いた。

Dsc04805_2

▲ここで昼食。 今日は12月と思えない暖かさだった。

Dsc04809_2

▲とんがった山が天狗堂、手前がT字尾根。

Dsc04811_2

▲御在所岳、雨乞岳方面

Dsc04812_2

▲ボタンブチに登山者が時々数人見える。

Dsc04813_2

▲琵琶湖と湖東平野(多賀町)

Dsc04817_2

▲これから下山です。  T字尾根で下りれば早いけれども、

そこは遭難事故が多いので安全策で戻ることにした。

Dsc04818_2

▲広いテーブルランド

Dsc04819_2

Dsc04824_2

▲ここから下ります。

Dsc04826_2

▲前方の山が、土倉岳です。

Dsc04830_2

Dsc04832_2

Dsc04835_2

▲藤原岳方面

Dsc04836_2

▲ノタノ坂です。ここを右(君ヶ畑)に下ります。

Dsc04837_2

Dsc04840_2

▲また裸足になり渡ります。

Dsc04844_2

▲帰りは松井さんも

Dsc04848_2

▲帰り、道の駅 「奥永源寺 渓流の里」でトイレと買い物

http://www.city.higashiomi.shiga.jp/category/14-0-0-0-0.html

羽島に午後5時50分に着いた。冬はこの時間はもう暗い。

松井さん ありがとうございました。皆さん お疲れ様でした。

10日(木曜日)松井さん、坂さんと喫茶店で会った時は、

土曜日の天気が良くない予報だったので、中止か行先変更だったが、

今日は12月と思えない暖かい日で、土倉岳とテーブルランドでは

太陽が出てくれて、最高な一日でした。

後1回で本年度(平成27年)が終わりです。

最後は12月26日(土曜日) 池田山です。

最高な一日になりますように

« 学能堂山(がくのどうやま) | トップページ | 池田山 (大津谷新道より) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 学能堂山(がくのどうやま) | トップページ | 池田山 (大津谷新道より) »