« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月28日 (土)

学能堂山(がくのどうやま)

11月28日(土曜日)

今日の山は、「三重県の山」(山と渓谷社)の学能堂山(がくのどうやま)

1021.6mです。

メンバーは5人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、私)

2,3日前から急に寒くなり、昨日は岐阜県の山間部は雪の予報が出ていた。

今日の学能堂山で雪があるとはビックリでした。

Dsc04710_2

▲学能堂山の頂上  ここは「岳の洞」とも呼ばれています。読み方は「がくのどう」

今日のコース

6:00羽島 → 6:35桑名IC → 7:27久居IC → 8:45登山口8:53 → 

10:32県境尾根出合 → 11:00学能堂山11:45 → 13:17登山口

 → 14:20榊原温泉 湯の瀬15:30 → 19:30羽島

Gaku1

Nou3

▲学能堂山から見えた山並み   まるは登った山。

Dsc04687_2

▲国道368線より狭い林道を車で500m以上進む。

舗装が途切れた所に水道施設?がありその前と上に駐車スペースあります。

その先はかなり荒れているので車はここまで。

Dsc04691_2

Dsc04692_2

▲ここで林道と合流する。

Dsc04694_2

Dsc04695_2

▲上から雪が解けて水滴が落ちてきた。

高度を上げて行くと雪の固まったものが落ちてきた。(背中に入ったら最悪)

Dsc04697_2

Dsc04698_2

▲こんなに雪が・・・・

Dsc04699_2

Dsc04700_2

▲県境尾根に着いた。県境は奈良県と滋賀県です。

Dsc04701_2

▲尾根を800m進みます。なだらかな道です。

Dsc04703_2

▲頂上手前は少し急です。頂上に着き、直ぐ三角点にタッチするなべさん。

Dsc04704_2

▲360度の展望です     でも寒い

Dsc04708_2

▲フルメンバーの5人     (いつまでも皆と元気で登りたいなぁ)

Dsc04705_2

▲大洞山・尼ヶ岳方面

Dsc04707_2_2

▲三峰山・高見山方面

Dsc04706_2

▲奈良県の山々

Dsc04712_2

▲ここで昼食にした。  寒い時は暖かいラーメンが美味しい

Dsc04716_2

▲尾根直下と県境尾根からの下りは、雪が解けて滑りやすかったので

慎重に歩いた。

下山の時に名古屋市の3人と犬をおんぶした夫婦と子供2人に会った。

しばらく下りて林道を歩いて駐車場に戻った

帰りの温泉は、榊原温泉 温泉保養館 湯の瀬に入った。

http://www.sakakibaraonsen.gr.jp/oyado/yunose.html

Dsc04718_2

無色透明な榊原温泉の湯は、

風呂上がりに肌がつるつるスベスベになる事から美肌の湯として知られています。

Dsc04717_2

▲65才以上は250円です。(私は62才なので残念

地元の人限定でないので、このサービスはいいね

お湯はぬるぬるでした。岐阜の池田町の「池田温泉」の湯に似ている。

15時30分に温泉を出たので、順調なら2時間後の17時30分に羽島に

着くと思っていたが・・・・。

久居ICに入るとき「亀山~四日市 事故渋滞」の表示

ゆっくりでも行ければと思って高速に入った。

事故がなくても渋滞する区間なので、思った以上の渋滞に入ってしまった。

あまりの渋滞の為、鈴鹿ICで高速を下りた。

考えることは皆同じで、下りてからも国道306線も菰野町までのろのろ。

車中で12月の忘年登山を富士山近くの山に行こうと盛り上がったが、

まとまらず今度の登山は鈴鹿山脈の山になった。

12月12日(土曜日)は御池岳の南にある土倉岳1049.5mです。

| コメント (0)

2015年11月14日 (土)

野村坂(花立峠)より大谷山・滝谷山

11月14日(土曜日

最初の予定は、根尾のうすずみ温泉近くの「倉見」だった。

前日の天気予報は雨だったので中止になると思っていたが、

松井さんの提案で大野町と谷汲の境界線上の山になった。

(大谷山(おおたにやま)360.8mと滝谷山(たきだにやま)398.1m)です。

メンバーは4人(松井さん、なべさん、安藤さん、私)

坂さんは欠席でした。

羽島7:00 → 花立峠8:10 → 8:50大平山 → 9:20滝谷山 → 10:40花立峠

 → 大野温泉 → 羽島

Dsc04620_2

▲花立峠のコース案内板

Dsc04622_2

▲小雨の中をリックなしでカッパを着て歩いた。

Dsc04624_2

▲後ろを見る。  広い駐車場がある峠の登り口です。

Dsc04625_2

Dsc04626_2

▲はっきりと分からないが、左奥の山が池田山だと思う。

Dsc04627_2

Dsc04630_2

▲展望台

Dsc04632_2

▲大谷山下の展望台から、東の金華山から南の羽島方面がみえる。

(天気が良かったら・・・)

Dsc04637_2

▲近世の天守閣や石垣が有った城で無く、 主郭の周囲に曲輪を巡らしたものと

書かれている

Dsc04638_2

▲「野村城跡」の説明板を過ぎ8時50分「大谷山」に着いた

Dsc04640_2

▲アップダウンして緩やかな登りをすると、 9時20分「滝谷山」に着いた

Dsc04642_2

Dsc04643_2

Dsc04646_2

▲アセビの新芽がきれいだ。(このまま冬を越すのだろう)

Dsc04650_2

10時40分花立峠に戻る。

小雨でしたが歩き易い尾根道で、近くて山歩きが楽しめる里山でした。

帰りの風呂は「大野温泉」に入った。

なべさんがチケットを持っていたので奢ってもらった。(ありがとうございました。)

風呂を出て大野温泉で昼食にした。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »