« 鬼面山(きめんざん) | トップページ | 野村坂(花立峠)より大谷山・滝谷山 »

2015年10月24日 (土)

ホノケ山

10月24日(土曜日)

今日の山は福井県のホノケ山736.8mです。

登山後に、温泉と海鮮丼を入れたコースです。

温泉は、露天風呂「漁火」、河野シーサイド温泉「ゆうばえ」、しぶき温泉「湯楽里」

の中から当日に しぶき温泉「湯楽里」に決まった。

メンバーは3人(松井さん、坂さん、私)

なべさん、安藤さんは都合が悪く欠席でした。

Dsc04527_2

豆知識

ホノケ山(737m)は、京都や府中(武生)へ、急を知らせるノロシ台があったことから

この名がついたと言われています。

登山道の大部分を占める峠道は、古北陸道若狭脇往来・「塩の道」とも呼ばれ、

ブナの原生林の中を走る「切り通し」は深さ6mに達する所もあり、

この道の歴史を偲ぶことができます。

だが、確かな記録がないので「まぼろしの北陸道」と呼ばれています。

Honoke3

▲目的地までの「ルート検索」すると

Honoke9

国道305号 河内~奥野々道路(ホノケ山トンネル)(平成25年11月4日開通)

福井県南条郡三町(南条町、今庄町、河野村)の合併により誕生した

南越前町の旧河野村から旧南条町のホノケ山を貫通するトンネルが開通。

この道路により、北陸自動車道今庄ICへのアクセスが向上し、

地域間の連携強化や経済効果が期待されています。

Honoke2a_2

6:45羽島IC → 7:57今庄IC → 9:00奥野々第二駐車場 → 

10:15菅谷峠 → 10:48ホノケ山11:40 → 13:05奥野々第二駐車場 → 

13:40しぶき温泉「湯楽里」15:00 → 15:20食事「弁天」15:50 → 

16:42敦賀IC →17:40羽島IC

Dsc04426_2

▲奥野々に着いたが、登山口が分からず30分ほど迷った。

(すみません 私の勘違いでした)

松井さんが、ソバを刈るおばさんに登山口を聞いてくれた。

Dsc04428_2

▲国道305号から、この看板の所で脇道に入ります。

Dsc04429_3

▲第2登山口には5台ほどの駐車スペースがあります

Dsc04431_2

▲ここから、登山開始です。「まぼろしの北陸道」です

Dsc04432_2

▲登山口を出発すると、しばらく急坂が続いてから尾根に出ます。

Dsc04436_2

▲ゆるやかな尾根を進むと、「切り通し」が現れます。

切り通しは人馬によって削られた道です。昔は多くの人が行き来していた。

Dsc04440_2

▲切り通しを過ぎるとやがてブナの森に入る。紅葉はもう少し後でしょうね。

Dsc04445_2

▲車道が見えてきた。

Dsc04446_2

▲菅谷峠(すげんたんとうげ)に着いた。 (ここまで車でこれるんだ

Dsc04447_2

▲菅谷峠のホノケ山案内板です。(ホノケ山の説明が書いてあります)

Dsc04448_2

Dsc04454_2

▲最後の登りは直登でちょっとキツイです。100mごとに案内表示があります。

Dsc04457_2

Dsc04459_2

Dsc04464_2

▲山頂の二等三角点「戸谷」 のプレートがありました。

Dsc04467_2

▲ブルーの服の人は福井の人です。

「笠松のドックランによく行く」と言っていた。(世間は狭いな)

Dsc04470_2

▲福井の人に写真を撮ってもらった。

Dsc04465_2

▲頂上からの南条方面です。  今日は霞んでいる。

Dsc04485_2

▲私達の後に3台が来ていました。先に帰った2台と後の3台も福井ナンバー。

ホノケ山は地元の人が登る山だと思った。

▲帰りの風呂は、しぶき温泉湯楽里(ゆらり) http://www.shikibuonsen.jp/index.asp

Dsc04487_2

Dsc04488_2

▲ランチ(海鮮丼)をここで食べようかと思って来たが、13時30分で終わっていた。

残念 (今の時刻は13時40分)

施設の特徴は、 

小高い丘の上から見える美しい景観が自慢。

展望大浴場へは、長さ60メートルの斜行エレベーターで繋がる。

美人の湯としても人気が高く、高温から低温まで5つの浴槽を設置しているほか、

寝湯、打たせ湯など12種類の湯巡りが楽しめる。

私の感想は、露天風呂が小さく、景観がイマイチ。

Dsc04490_2

▲食事は越前・河野 福井県 浜の活丼(かつどん)1~16の店から選んで

16番目の シーサイド弁天さんで 弁天さしみ膳を食べに行くことにした。

坂さんはフライ無しの刺身A定食にした。

Dsc04493_2

Dsc04494_2

Dsc04495_2

▲刺身はプリプリな歯ごたえで浜でしか味わえない美味しさでした。

新鮮な刺身がメインだが、魚の揚げたてサクサクのフライも肉厚で美味しかった。

Honoke4

Honoke5

Honoke6

詳しいことはhttp://kouno-fukui.main.jp/wp-content/uploads/2014/02/20141016160022476_0001.jpg

今日のコースは、登山・風呂・美味しい食事で満足な一日でした。

« 鬼面山(きめんざん) | トップページ | 野村坂(花立峠)より大谷山・滝谷山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鬼面山(きめんざん) | トップページ | 野村坂(花立峠)より大谷山・滝谷山 »