« 小川路峠(おがわじとうげ) | トップページ | 鍋尻山(なべじりやま) »

2015年9月12日 (土)

青葉山

9月12日(土曜日)

青葉山(あおばやま)は、福井県高浜町と京都府舞鶴市との境に

そびえる山で、美しい山容から別名若狭富士とも呼ばれている山です。

昔は、若狭三山(青葉山、多田ヶ岳、飯盛山)の一つとして修験道が

盛んにおこなわれていた山のようです。

今日のメンバーは5人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、私)

Dsc03833_2

▲小浜から海岸線に沿って西に走ると、目の前にドド~ンと見えてきました。

別名、若狭富士京都側からは、丹後富士と呼ばれているようです。

この角度から見ると、二峰が重なって、双耳峰であることは分かりません。

Dsc03837_2

▲まさに富士山の如く、秀麗な円錐形です     右は高浜の海岸です。

Dsc03968_4

今日の行動

8:45青葉山登山14:45 → 15:15湯ったり温泉「あみーシャン大飯」16:15 → 

17:05エンゼルライン展望台17:35 → 18:20小浜市のかねまつ(海鮮丼)18:50

コースタイム

6:10羽島IC → 三方五湖PA → 8:35駐車場(健康長寿の里)8:45 → 

8:45中里登山口 → 9:45展望台10:05  →10:35馬の背10:40 → 

10:55青葉山東峰11:00 → 11:40青葉山西峰12:22 → 14:38中里登山口 → 

14:45駐車場(健康長寿の里) → 20:45羽島IC

Dsc03840_2

▲駐車場の「青葉山青少年旅行村」が・・・

Dsc03842_2

▲「青葉山健康長寿の里」に変わっていました(2015/04より)。

管理人のおじさんに地図を貰った。

①から⑨を歩く予定にしていたが、管理人さんは⑥西峰までの往復を勧めた。

Dsc03844_2

Dsc03849_2

Dsc03853_2

Dsc03854_2

▲中里登山口をスタート

Dsc03856_2

▲竹林を抜ける

Dsc03858_2

▲杉の木はネットで保護してあります。野生のシカが多いのでしょう

Dsc03860_2

▲展望台がある開けた場所に着いた。

Dsc03865_2

Dsc03867_2

▲展望台から高浜海岸を望む

Dsc03873_2

▲階段が多い

Dsc03877_2

▲「馬の背」と呼ばれる岩稜

Dsc03874_2

Dsc03876_2

▲馬の背から南側に見える麓の町。

Dsc03879_2

▲こんな大きな山なめくじを見たのは初めてだ。 体長は12cmぐらいありました。

Dsc03933_2

▲ヤマジのホトトギス(山路の杜鵑草)

Dsc03885_2

▲東峰の頂上   眺望がないので、そのまま西峰に向かいます。

Dsc03887_2

▲鉄製のハシゴを登ります

Dsc03889_2

▲岩場をロープが巻いています。カニの横ばいのようです

慎重に進めば問題ありません。前に舞鶴湾が見えます。

Dsc03891_2

Dsc03893_2

▲目指す青葉山の西峰

Dsc03898_2

Dsc03899_2

▲大師洞(だいしどう) 泰澄大師がここで修行したとされる。

Dsc03903_2

▲西峰に着いた。ここに西権現と呼ばれる祠と休憩所があった。

頂上はその後ろに見える岩場の上です。

Dsc03912_2

Dsc03908_2

▲眼下に広がる内浦湾の絶景

Dsc03915_2

▲ここで昼食を済ませた。

松尾寺方面に縦走する人も多いが、私達は復路は往路を戻ることにした。

Dsc03925_2

▲羽子板の羽のような実です。名前は分かりません。

Dsc03926_2

Dsc03932_2

▲本日2度目の青葉山東峰

Dsc03935_2

▲二度目の馬の背  ここで昼食するグループの横を通り過ぎる。

Dsc03936_2

▲登山口に咲いていた彼岸花。行くときは気が付かなかったが

Dsc03937_2

▲700m未満の低山とはいえ、険しい岩稜でアルペン気分も味わえた山でした。

Dsc03939_2

▲国道27号線沿いに「シーサイド高浜」の風呂があったが温泉でないので、

湯ったり温泉「あみーシャン大飯」http://www.wakasa-ohi.co.jp/ami_01.htm入った。

Dsc03949_2

▲エンゼルラインを走り展望台に行った。(安藤さんの希望により)

内外海[うちとみ]半島の付け根から久須夜ケ岳[くすやがたけ]山頂まで、

市内を見下ろしながら走る約10kmのドライブコースです。

標高600mのところに設けられた展望台からは壮大なパノラマが広がり、

天気がよければ北東に越前岬、西に丹後半島が一望できる。

夕暮れ時には沈む太陽が海面を茜色に染める。

Dsc03948_2

Dsc03945_2

▲常神半島

Dsc03950_2

▲左の山が今日登った青葉山です。この位置からだと、双耳峰の山だと分かる。

夕暮れ時には沈む太陽が海面を茜色に染める絶景がみれる場所だが、

今日は雲があり、ここまで

Dsc03954_2

エンゼルラインを下りる時、サル、シカ、うりぼう(猪の子供)を見た。

晩飯は、普通なら高速のドライブインで済ませるのでが、

今日は松井さんが「小浜市で海鮮丼を食べよう」と言ったので小浜市へ・・・

Dsc03960_2

▲小浜市で海鮮丼の美味しいお店 かねまつさんで食事 http://tabelog.com/fukui/A1803/A180304/18000100/

お店は雑居ビルの2階にあります。駐車場が少ないので、少し離れた所の

市営駐車場を利用するように案内してありました。(1時間以内は無料です)

Dsc03959_2

▲写真はてんはま丼です。

坂さん、なべさん、安藤さんはかねまつ丼(1200円)を、

松井さんと私はてんはま丼(1500円)を食べた。

てんはま丼は、かねまつ丼にズワイガニが入っています。

観光地とかの海鮮丼になると、2000円ぐらいはしますが、

1200円であら汁がお代わり自由なので値打ちでした。

写真では分かりませんが、中に刺し身の角切りがゴロゴロと入っています。

美味しい刺し身を腹一杯 頂きました

坂さんとなべさんは、食べきれなくて残したほどあります。

Dsc03964_2

▲奥さんの笑顔が素敵な店でした。小浜市に行ったらまた行きたい店でした。

今回の登山は、観光と食事を兼ねた楽しい一日でした。

松井さん、往復の運転お疲れ様でした。

一日ありがとうございました。

次回の登山は、9月26日(土曜日) 

三重県の学能堂山(がくのどうやま)1021mです。

シルバーウィーク5連休(9月19日~23日)の会社も多いようです。

この時期を「シルバーウィーク」と呼称するのは「ゴールデンウィーク」に類似する

ことからだが、この時期に旅行を計画している人も多いでしょうね。

天気が良かったら、きっと私は山に行っているでしょうね

« 小川路峠(おがわじとうげ) | トップページ | 鍋尻山(なべじりやま) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小川路峠(おがわじとうげ) | トップページ | 鍋尻山(なべじりやま) »