« 青葉山 | トップページ | 鬼面山(きめんざん) »

2015年9月26日 (土)

鍋尻山(なべじりやま)

9月26日(土曜日)

今日の山は滋賀県多賀町の鍋尻山(なべじりやま)838mです。

初めの予定は三重県の学能堂山でしたが、天気が不安だったので

近場の山で、まだ登っていない鍋尻山になった。

メンバーは4人(松井さん、なべさん、安藤さん、私)

坂さんは残念ながら欠席です。

山と渓谷社「滋賀県の山」を参考にして登った。

Dsc04151_2

地図で場所を見てみます

Dsc04150_3

鍋尻山は霊仙山の南南西の位置です。登山口は保月(ほうずき)からです。

Dsc04148_3

▲黄色のラインが往復歩いた道です。

松井さんの車のナビに目的地を保月に設定してスタートしたら、

河内(かわち)の風穴を通り右回りに5km以上の林道を案内した。

高速を使わず、下道優先の設定だったので距離を優先したのでした。

この5kmほどの林道が手に汗握る怖い道でした。

落石はチラホラあり、ここを通るのと心配する道ばかりでした

運転していた松井さんが一番緊張していました。

Dsc04100_2

▲やっと保月(ほうずき)着きました。緊張の連続で神経が疲れました。

Dsc04099_2

▲保月(ほうずき)の廃村の小学校跡に駐車させて貰いました。

Dsc04101_2

Dsc04094_2

▲登山口に咲いていたアケボノソウ(曙草) 

花は5弁で星型。花弁には紫色の点と、黄緑色の特徴的な丸い模様がつく。

和名アケボノソウの名前は、この模様を夜明けの星空に見立てた名前。

別名キツネノササゲ。        この後キツネが出てきます。

Dsc04102_2

▲登山口は登山届の用紙とポストがあります。あまり登っていない山のようです。

Dsc04103_2

Dsc04106_2

Dsc04109_2

Dsc04118_2

▲1時間ぐらいで頂上に着きました。

Dsc04119_2

Dsc04125_2

▲鋭い目をしたキツネがこちらを見ています

怖いかと思ったら、意外と人馴れしているキツネでした。

お腹が空いているようだったので、おにぎりを少し投げたら食べました。

Dsc04121_2

▲頂上で記念写真

Dsc04133_2

▲食事は少し戻り、見晴らしが良い場所で食べた。

Dsc04129_2

▲春先には福寿草が咲く場所で、今は小さな花が一面に咲いていました。

Dsc04132_3

▲ここは鈴鹿北部の展望台です

Dsc04138_2

▲食べ物をもらいたくて、ウロウロしているキツネちゃん

Dsc04139_3

Dsc04136_3

Dsc08929_2_2 Dsc08916_2

▲上の2枚は去年高室山(たかむろやま)に登った時のです。

Dsc04141_2

▲これより下山です。

下りで一度、ルートを見失い東側の植林に入り込みかけました。

踏み跡が薄い箇所があり、ルートミスし易い山です。

Dsc04145_2

▲山を下りたら、そばの花が一面に咲いていました

違う道で帰ったが、この道もすれ違いが出来ない不安な道でした。

落石も少しあり、登山よりもアクセスの方がハードな山でした。

「もう一度行きたい?」と聞かれたら、皆も「行きたくない」と答えるでしょうね

羽島を7時に出て、途中でなべさんを乗せ、保月に着いたのは9時半でした。

12時半に駐車場に戻り、下道を走り、羽島に15時前には着きました。

今回の登山はイマイチでしたが、こんな登山もありますね。

松井さんへ、  愛車の車体が泥などで汚れてしまいましたね

いつも車を出して頂きありがとうございます。

次回の登山は、10月10日(土曜日) 長野県の鬼面山(きめんざん)です。

追記

伊吹山でもキツネの「こんちゃん」が人気のようですよ

Photo_2

« 青葉山 | トップページ | 鬼面山(きめんざん) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青葉山 | トップページ | 鬼面山(きめんざん) »