« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月22日 (土)

小川路峠(おがわじとうげ)

8月22日(土曜日)

初めの予定は、福井県の若狭富士と呼ばれている青葉山でしたが。

日本海側が秋雨前線の影響で天気が悪くなるようだったので変更して

長野県飯田市の小川路峠(おがわじとうげ)1642mにしました。

メンバーは5人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、私)

コースタイムです。

6:20羽島IC → 7:50飯田IC → 8:50駐車場8:55 → 12:25小川路峠13:25 → 

16:20駐車場 → 17:30昼神温泉19:00 → 19:10園原IC → 20:40羽島IC

小川路峠の説明

秋葉街道で遠山郷と飯田を繋ぐ峠道です。

現在は、遠山郷と飯田の間には、矢筈トンネルが貫いてアッという間に往来

できます。住民の往来が無くなると、登山者のみの山になった。

飯田側は観音堂を1番に33番で峠になるように何番観音という表示と石仏がある。

昔の旅人は、石仏に無事を願いつつ手を合わせたことだろう。

Dsc03828_2

▲東海周辺 週末の山登り ベスト120  「山と渓谷社」より

Dsc03831

Dsc03733_2

Dsc03734_2

▲秋葉街道の小川路峠までの案内板。

ここに動物が入らないように網のゲートがあり、ここを開けて入った。

Dsc03735_2

▲最初は林道のような広い道を歩きます。

Dsc03738_2

▲水飲み場

Dsc03744_2

▲石仏の観音様が祀ってあります。歩き始めは6番でした、33番まで頑張ろう

Dsc03746_2

Dsc03749_2

Dsc03748_2

Dsc03751_2

Dsc03752_2

▲汗馬沢 遠山郷と飯田の間で往来があった当時は、茶店が数軒あった。

Dsc03753_2

Dsc03816_2

▲この花の名前は

家に帰り調べると、キツネノカミソリのピンクのようです。

普通はオレンジ色です

Kitunenokamisori_2

松井さんが「以前に登った山でキツネノカミソリ群生地があったので調べて」

と言われたので、調べました。

それは2011.1210 夏焼城ヶ山でした。http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/a-2598.html

Dsc03755_2_2

▲ここを昔の人は歩いて通過したのですね。

Dsc03759_2_2

Dsc03760_2

Dsc03761_2

▲ヤマナシの実

Dsc03763_2

Dsc03769_2

Dsc03771_2

▲ひいるば「火ふり場」です。

Dsc03765_2

Dsc03767_2

Dsc03803_2

Dsc03805_2

▲山で見た色々なキノコ

Dsc03774_2

▲突然開けて、中央アルプスがよく見える展望地に来たが今日は見えない

 晴れていたら、こんな景色です

Ogawajitougeb_2

Dsc03779_2

▲小川路峠到着

Dsc03782

▲石仏に無事に登ってこれたことに手を合わせる。

Dsc03780_2

Dsc03781_2

Dsc03783_2

Dsc03787_2

▲この花は調べていません

Dsc03789_2

▲南アルプス展望台へ

Dsc03790_2

Dsc03794_2

Dsc03792

▲ここで昼食にしたが、コバエが多いので苦労した。

Dsc03793_2

Dsc03796_2

▲南アルプスは雲の中です。(残念です)

 天気が良かったらこの景色が見える。

Ogawajitougea_2

Dsc03801_2

▲再び小川路峠に戻った。

プレートがあるが、地元の小学生の手作です。何故分かるかって

裏には上久堅(かみひさかた)小学校と作った小学生の名前が彫ってありました。

http://kamisc.ed.iidanet.jp/?p=486

Dsc03798_2

Dsc03817_2

▲山椒(さんしょ)の葉と実   この山椒の実を食べてみました。

ミントの数倍の刺激がある感じです。

軽いしびれがあり、しばらく爽やかさが残りました。

美味しかったので少し貰って帰りました。

実山椒-青山椒とも言います。山椒の未熟の実で、最も香りと辛味が強い。

シラスと佃煮にした、ちりめん山椒は有名です。

Dsc03822_2

▲登山口に着いた。

誰とも逢わない、静かな山でした。それが、この山の魅力なんでしょうね

Dsc03823_2

▲帰りの風呂は、阿智村公営日帰り温泉の

湯ったり~な昼神 http://hirugamionsen.jp/onsen/cat28/post-15.html

に入って汗を流した。

夕食事は館内のレストランで、今日一日を振り返り地元のそばを美味しく頂いた。

なべさんは7月に登った日野山で皆に迷惑かけたから参加を迷ったが、

「日本海が見える青葉山に行きストレスを発散しましょう」の私のメールで

参加してくれたが、小川路峠に変更になり、すみませんでしたm(_ _)m。

今日は登りが3時間30分、下りが3時間の長時間の登山でした。

なべさんは「2時間以上の登りは、私には無理だ」と言っていたが、

また、是非参加した下さいね

次回登山予定はは、9月12日(土曜日) 福井県の青葉山です。

| コメント (0)

2015年8月 9日 (日)

宮妻キャンプ場~水沢岳~鎌尾根~岳峠~宮妻キャンプ場

8月8日(土曜日)

連日猛暑日が続いています。高い山に登れば涼しいが、行くまでの時間や

歩く距離を考えると日帰り登山は暑い

今回は登山場所が何度も変わった。

初めは能郷白山だったが国道157号線が岐阜県側の大河原から温見峠まで

災害の為去年の11月から通れない(開通はまだ未定です)

先週8月2日に近くまで行ってみた▼

Dsc03561_2

▼本巣市の長屋神社祭礼が8月2日(日曜日)にあったので帰りに寄ってみた。

Dsc03566_2

Dsc03563_2

Dsc03572_2

Dsc03575_2

Dsc03592_2

Dsc03595_2

▲花傘の中に切り紙を入れ、馬を走らせながら花傘を開くのです。

切り紙の花吹雪できれいでした

登山に戻ります。

能郷白山がダメになり、次の候補は長野県の坊主岳でしたがダメになり

次は長野県の鬼面山になったが、安藤さんが行けなくなった。

松井さんと二人だけになったので、当日に行先を決めることになった。

松井さん家に6時に集まり、行先を去年12月に水沢岳の予定が

雪が多かったので水沢峠までの往復になったので水沢岳に登ることになった。

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-f7b3.html

水沢岳(すいざわだけ)までの往復だけで終われば良かったが、

私が「カズラ谷で下りることにしよう」と言ったので、長い距離を歩くことになった。

(この時、地図を持っていなかった事が、私の大失敗と反省していますm(_ _)m)

鎌ヶ岳の手前まで来たが、登らないで下りることにした。

コースタイム

宮妻キャンプ場8:00 ~ 9:50水沢峠10:00 ~ 10:30水沢岳10:40 ~ 

12:20岳峠 ~ 15:00宮妻キャンプ場

Dsc03684_3

Dsc03597_2

▲北海道の様な風景は長良川の堤防です。   牛さんの餌の牧草ロール

Dsc03599_2

▲宮妻キャンプ場近くの駐車場 

Dsc03613_2

Dsc03614_2

▲峠近くの岩が囲む狭い谷道です。右側に水の流れが少ない滝がある。

冬に来た時はここに氷瀑があった。左のガレの斜面を本谷を巻いて登る。

Dsc03618_2

▲水沢峠に着く。去年はここまで来た。この尾根が鎌尾根(かまおね)です。

Dsc03625_2

▲ガレの滑りやすい急な道を進む。雪があったらアイゼンが必要な上りでした。

Dsc03630_2

▲丸く切り開かれた水沢岳頂上に着いた

Dsc03632_2

Dsc03634_2

▲カズラ谷の分岐まで鎌尾根を歩くことにした。

Dsc03641_2

▲もろい花崗岩の間を歩く。

Dsc03642_2

▲自然が作るオブジェだ

Dsc03643_2

Dsc03646_2

▲小さいアセビが沢山ある。

Dsc03651_2

▲花が咲いたようにきれいだ

Dsc03657_2

▲やせ尾根

Dsc03663_2

▲クサリ場

Dsc03664_2

Dsc03666_2

▲鎌ヶ岳のとんがりを見ながら、カズラ谷の分岐に来ないなぁと思いながら進む。

Dsc03667_2

▲後ろを振り返る・・・・(だいぶ歩いた)

Dsc03668_2

▲目の前に鎌の頂上。上に飛んでいるのはパラグライダー。

Dsc03669_2

▲岳峠に着いた。目の前が鎌ヶ岳だが登らない。

Dsc03670_2

Dsc03672_2

▲雲母峰への尾根に着いた。

Dsc03673_2

真っ直ぐ行けば雲母峰です。私達は至宮妻口 カズラ谷に向かう。

Dsc03675_2

▲カズラ谷と名前が付いているが、尾根道です。

深く掘り込まれた道で滑りやすい場所がある。

Dsc03679_2

▲沢の流れる音が響いてくると、右に20m程の大きな滝が現れた。

名前はないようです。左からも沢の水が流れてきてここの下で合流した。

Dsc03680_2

▲ここからキャンプ場までは10分ぐらいで着いた。駐車場は満車でした。

キャンプ場は大勢の人で賑わっていた。

帰りの風呂はグリーンホテルに入って汗を流して帰った。

脱衣所で松井さんの足がヒルに噛まれていたことが分かった

今の時期は鈴鹿はヒルがいますね

今日は松井さん ありがとうございました。

水沢岳(すいさわだけ)とは読みにくいですね。みずさわだけと読んでしまう。

どんな山か調べると、

鎌ヶ岳と入道ヶ岳の間に位置する山で、地形図では宮越山とも記されている。

はっきりした輪郭はなく、あまり人目を引く山ではない。

山頂からの展望も樹林にさえぎられ余り開けない。

水沢峠は、伊勢と近江を結ぶ間道のひとつとして盛んに利用されたと

いわれるが往時の面影は今はない。

最短コースは、宮妻峡から林道をつめ、水沢峠を経るコースで3時間程度。

鎌ヶ岳、鎌尾根宮指路岳のコースは、宮妻峡をベースとした

手ごろな一日周遊コースで約5時間。

入山者の少ない鈴鹿南部の登山道は、かなり荒れているので注意を要す。

なお、宮妻峡は、鎌ヶ岳や入道ヶ岳登山の基点であるほか、

夏はキャンプ場としても賑わう。

| コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »