« 2015  なばなの里 しだれ梅とイルミネーション | トップページ | 鳩吹山のカタクリ »

2015年3月15日 (日)

三上山(近江富士)・十二坊(岩根山)

3月14日(土曜日)

今日の山は滋賀県の近江富士と呼ばれている三上山(みかみやま)432mと

十二坊(じゅうにぼう)405mです。(岩根山とも呼ばれています)

天気予報では小雨のち曇りでしたが、低山だから大丈夫だろうと出かけた。

メンバーは5人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、私)

7:12羽島IC →8:26栗東IC → 8:36御上神社P8:52 → 9:03登山口 → 

9:56三上山10:08 → 10:50登山口 → 11:00御上神社P → 

11:30十二坊温泉ゆららP →11:35登山口 → 12:12十二坊(岩根山)12:25 → 

13:00十二坊温泉P → 13:05温泉ゆらら15:00 → 15:10竜王IC → 16:10羽島IC

羽島では曇っていたが、高速道路を西に進むと天気が徐々に悪くなってきた。

御上神社(みかみじんじゃ)に着いた時は小雨が降っていた。

トイレの隅でカッパを着て、リュックは持たないで出発した。

Dsc00489_2

Dsc00491_2

▲うっすら見えているのが三上山です。

Mikamiyama

▲赤ラインが歩いたコースです。(正確なものなくイメージです)

 駐車場から車道を横断しましたが、交通量が多いので、

 北に歩いて信号機からの横断を勧めます。

Dsc00494_2

上りは裏道を歩いた。

Dsc00495_2

Dsc00497_2

Dsc00502_2

Dsc00504_2

Dsc00510_2

▲三上山の頂上

Dsc00516_2

Dsc00512_2

Dsc00514_2

▲集合写真を撮って直ぐ下山した。帰りは表道です。

Dsc00517_2

展望台からの眺めは何も見えません。

Dsc00519_2

Dsc00523_2

▲割岩は面白い場所でした。

Dsc00527_2

▲上から撮っています。

Dsc00528_2

▲100kg以上の人は通れないでしょうね

Dsc00533_2

▲妙見堂跡

Dsc00538_2

▲総勢18人の団体さんとすれ違った。大阪方面から来たそうだ     

Dsc00544_2

登山口の御上神社

Dsc00545_2

次は十二坊(岩根山)登山です。9.6kmを車で移動です。

Dsc00546_2

▲十二坊温泉ゆららの駐車場に停めさせて貰った。

 なべさんは山に登らず温泉で待つことにした。写真は歩いて行くなべさんです。

 (この時小雨が降っていたが、帰る時は雨が止んでいたのでなべさんは

  傘を温泉に忘れてきてしまった

Jyuunibou

▲赤ラインが歩いたコースです。(イメージです)

Dsc00547_2

Dsc00549_2

▲ ▼スギヒラタケ  毒キノコです。

Dsc00550_2

Dsc00551_2

Dsc00555_2

▲十二坊(岩根山)の頂上

Dsc00558_2

Dsc00563_2

Dsc00565_2

Dsc00567_2

Dsc00568_2

これより下山

Dsc00570_2

Dsc00571_2

温泉ゆららに入り、なべさんと合流して地料理まつしたで昼食にした。

Dsc00572_2

Dsc00574_2

食べたのは、お勧めの十二坊ゆば丼

Dsc00575_2

Dsc00576_2

▲写真とはボリュームが全然違っていた。(期待外れでした)

 食事を済ませ、温泉にゆっくり入った。お湯はかけ流しでいいお湯でした。

Dsc00577_2

温泉を出て、羊のゆら坊(ゆらぼう)を見た。今年は未年なので記録に残るだろう。

Dsc00581_2

Dsc00580_2

▲  どうも  よろしく

Dsc00582_2

▲オートキャンプ場

帰りは竜王ICからだが、高速道路のETCに入るときにハプニングが起きた。

カードがきちんとセットしてなかったので、バーが上がらなかった。

初めての貴重な体験でした。バーが下がっていても前には進めた。

松井さんが係りの人に説明に行ってカードを貰って来た。

そして羽島ICで下りる時に一般ゲートで料金を払った。

今回は小雨が降る中での登山でしたが、山に登るのは楽しいことだと思った。

3月15日(日曜日)

松井さんから「羽島太鼓LIVE2015のチケットがあるので行かない?」

と電話があったので喜んで出かけることにした。

Hasimataiko

羽島太鼓だけでなく進行途中に津軽三味線や書道があり変化があり良かった。

太鼓の音色は何故か心に響き懐かしくも思った。

懐かしく思うのは母親のお腹にいた時に聞きた母親の心臓鼓動に似ている

からだろうか。(想像の世界ですが

太鼓演奏者や三味線演奏者に神がかりの様なものを感じました。

まさに降臨(こうりん)。

書道の小川さんの書いた「龍」には羽島市が天に昇っていく勢いを感じました。

撮影禁止でしたが、演奏が終わり全員が舞台に立った時の写真です。

皆さん ありがとうございました。

皆さんの笑顔が良かったのでブログに載せました。

隠れて写してすみません。この写真は苦情があれば消去します。

Bdsc00593_2_2


« 2015  なばなの里 しだれ梅とイルミネーション | トップページ | 鳩吹山のカタクリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2015  なばなの里 しだれ梅とイルミネーション | トップページ | 鳩吹山のカタクリ »