« 各務原アルプス  須衛(すえい)・向山(むこうやま) | トップページ | 各務原アルプス (大岩見晴台・金山) »

2015年2月14日 (土)

石巻山(いしまきさん)と大知波峠(おおちばとうげ)

2月14日(土曜日)

今日の山は愛知県豊橋市の石巻山358mと大知波峠(おおちばとうげ)です。

メンバーは4人(松井さん、坂さん、なべさん、私)

安藤さんは仕事があったので欠席でした。

13日金曜日は強い冬型の気圧配置で日中は雪が舞う寒い日でした。

(明日の登山が雪で中止にならないか気になった

14日早朝雪が降ったが、太平洋側は天気が良いだろうと期待して家を出た。

Dsc00106_2

▲松井さんの家の前  養老山脈は雪雲の中です。

Dsc00104_2

▲羽島ICに向かう途中   

松井さんの車はスノータイヤを履いていなかったので、松井さんは心配になり

息子さんの車と取り換えるため家に戻った。

(慣れない車のため、帰りにハプニングが起きる

石巻山まで行く道順です

Photo

コースタイム

7:30羽島IC→8:50豊橋IC→ 9:23石巻山駐車場9:30→ 10:00石巻山山頂10:08

→ 12:15大知波峠13:15→ 14:30駐車場15:45→ 16:13豊橋IC→ 17:22羽島IC

Dsc00114_2

▲石巻山を最短に登るにはここまで来るのが楽だ。

30台ぐらいが止めれる駐車場やトイレが設置さてている。

Dsc00111_2

Dsc00115_2

Dsc00116_2

Dsc00118_2

▲石巻神社

Dsc00119_2

石巻山を登っていく道中には、たくさんの見どころやパワースポットがあります。

▼石巻蛇穴

白い大蛇の悲恋伝説があり、自分が叶えられなかった恋の代わりに、

訪れた人の恋を成就させてくれるとのことです.

穴の大きさは直径60センチ、奥行13メートルほどです。

ハイキング・デートにいかがですか?蛇が恋を叶えてくれるかもしれません。

と豊橋HPhttp://www.city.toyohashi.lg.jp/11570.htmに書いてありました。

Dsc00121_2

Dsc00123_2

Dsc00122_2

▼ダイダラボッチの足跡(パワースポット)

ダイダラボッチが本宮山と石巻山をまたいで小便をし、それが豊川になったという

伝説があります。この写真は石巻山に残るダイダラボッチの足跡です。

ちなみに、もう片方の足跡も本宮山に残っているそうです。

Dsc00125_2

Dsc00128_2

▼天狗岩

大天狗、少天狗の岩があります。天狗同士が石を投げ合って勝負した名残だと

言われています。

Dsc00130_3

Dsc00131_2

▲▼右手には大きな岩壁がそびえる。

天狗岩を越えた地点から山頂まで続く道を通り抜けると、

新たな自分に生まれ変わることができるのだそうです。

Dsc00133_2

Dsc00134_2

Dsc00136_2

鉄鎖を伝いながら階段を上がると、いよいよ山頂です。

 

▼山頂

景色が360度見渡せる、見事な眺望が目の前に

今日は天候に恵まれ、運よく富士山も見ることができました
          
頂上で味わう、登頂の達成感と清々しい空気、美しい景色・・・間違いなく、

1番のパワースポットです

Dsc00137_2

Dsc00138_2

Dsc00145_3

Dsc00145_2

Dsc00139_2

Dsc00140_2

Dsc00142_2

Dsc00149_2

Dsc00150_2

Dsc00147_2

Dsc00148_2

▼コノシロ池

昔、海から隆起して石巻山ができた時に、取り残されてしまったコノシロ(魚)

が棲んでいたと言われる池です。池の水は飲むことができ、

地元の方々の間では身体に良い水として有名だそうです。

また、恋の水とも呼ばれ恋人を結ぶ水であるとも云われています。
          

Dsc00153_2

Dsc00155_2

▲この水を飲むのは勇気がいりますね

Dsc00157_2

Dsc00160_2

Dsc00161_2

石巻山を下り、大知波峠に向かいます。

道を間違え30分以上の時間ロスと、体力を消費してしまった。(すみません)

(最初の予定では大知波峠から富士見岩まで行くつもりでしたが・・・)

A

Dsc00162_2

Dsc00163_2

▲この先は間違いです。

Dsc00166_2

▲間違った道を戻り、登山道を登る。

Dsc00168_2

Dsc00169_2

▲階段を登り、着いたのはここでした。

Dsc00172_2

▲大知波峠に着いた。以前ここに来ましたhttp://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_9003.html

Dsc00173_2

Dsc00174_2

▲団体さんが昼食を食べていた。

Dsc00175_2

Dsc00181_2

Dsc00183_2

Dsc00184_2

Dsc00187_2

▲富士見岩まで30分だが、ここで帰った。

Dsc00189_2

Dsc00192_2

Dsc00194_2

Dsc00197_2 

Dsc00199_2

▲石巻山は頂上が岩がゴロゴロした形が良い山です。

Dsc00200_2

Dsc00202_2

▲駐車場に着いた。

ここでハプニング起きた。

車のドアが開かない(普通はスタートキーのボタンを押せば開くのだが)

キーを取りだしでドアを明け、エンジンを掛けようとしても全く反応がない

ライトが点灯したまんまになっていた。(バッテリー切れでした)

松井さんはJAFに入っいたが、カードを自分に車に置いたままだった。

幸いなことに、坂さんがJAFの会員でカードを持っていた。

早速坂さんの名前でJAFに電話して修理に来てもらうことに。

30分ぐらいで来れると電話があったので待った。

その間 歴史と地理の勉強しましょう。

Dsc00207_2

▲石碑が立っていました。刻まれている和歌は、

「弓張の 山のかなめと 天そそる 石巻の峯は 神います山 三郎」 と読めました。

石巻山は信仰の山で,石巻神社がその象徴でしょう。 

弓張山地は、愛知県と静岡県の県境付近にあって、赤石山脈の最南端、

標高300m前後の弓状の丘陵帯です。静岡県側では湖西連峰と呼ぶこともあります。

愛知県側には葦毛湿原や石巻山など豊かな自然があります。 

JAFが来てくれた

Dsc00208_2

Dsc00209_2

Dsc00210_2

Dsc00213_2

Dsc00214_2

JAFさんありがとうございました。(料金は無料でした)

JAFは困った時に頼りになると思った。

帰りはエンジンを切らないようにと真っ直ぐ帰った。

Dsc00216_2

▲写真は新幹線と夕日

Dsc00218_2


松井さんの家に無事着いた。

今日は天気が良く、雪のない山で最適な山歩きでした。

パワースポットでパワーを貰らったので明日から頑張ろう

第4土曜日(28日)は各務原アルプスの一部を歩きます。

 


  Yuu_3_2http://youtu.be/rdmgALhglVw

« 各務原アルプス  須衛(すえい)・向山(むこうやま) | トップページ | 各務原アルプス (大岩見晴台・金山) »

(愛知県)の山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 各務原アルプス  須衛(すえい)・向山(むこうやま) | トップページ | 各務原アルプス (大岩見晴台・金山) »