« 雲谷山(くもたにやま) | トップページ | 宮妻キャンプ場から水沢峠までの往復 »

2014年12月13日 (土)

愛鷹山(黒岳)と沼津アルプス(徳倉山)

12月13日(土曜日)

2014年(H26)の忘年登山でどこの山にするか私に任された

富士山が見える山・・・・何処にしようか

最初に上がった候補は愛鷹山(あしたかやま)1188mでした。

愛鷹山の山塊全体を「愛鷹山」と呼んでいるが、この愛鷹山には

「越前岳」「鳴子岳」「袴腰岳」などの7つのピークと愛鷹山1188mがあります。

それらのピークの最高峰が「越前岳(1504m)」なので、

愛鷹山が越前岳と紹介している本やネットが多い。

愛鷹山をネット(フジヤマNAVIで愛鷹山周辺)で調べると、愛鷹山1188mが出てこない。

結果、最短に登れ富士山がきれいに見える黒岳(くろだけ)1086.5mに登ることにした。

メンバーは4人(松井さん、なべさん、安藤さん、私)

坂さんは残念ながら欠席でした。

A

B

1

13日は、西高東低の冬型の気圧配置が強まり、風が強く山間部は雪が降る

予報が出ていました。

寒波で富士山が見えるか?と心配しながら羽島を朝5時に出発した。

コースタイム

羽島IC5:10 → 7:50富士川SA8:00 → 8:25裾野IC → 8:50山神社登山口8:55

 → 10:00黒岳10:30 → 11:25登山口 → 12:35沼津漁港(昼食)13:15 → 

13:45徳倉山15:15→ 16:00長泉沼津IC → 16:05駿河湾沼津SA → 19:12羽島IC

Dsc09519_2

▲東名高速の上りで最初に見える場所が、浜名湖の橋からです。

 まだ日の出前なのでハッキリ見ないが、富士山の形が見たので

 今日は見える期待が大きくなった。

Dsc09520_2

▲朝7時朝日が昇った。

 次から写真は富士山ばかりです。(富士山に愛着があるので

Dsc09523_2

Dsc09525_2

Dsc09528_2

Dsc09536_2

Dsc09542_2

Dsc09545_2

▲富士山の右の山々が愛鷹山です。一番右が愛鷹山、一番左が越前岳です。

 今日の黒岳は越前岳の奥なので見えません。

Dsc09546_2

▲左の上が薩埵峠(さったとうげ)です。

Dsc09549_2

Dsc09550_2

Dsc09551_2

Dsc09555_2

Dsc09559_2

Dsc09560_2

Dsc09561_2

Dsc09562_2

Dsc09565_2

Dsc09567_2

▲裾野ICで下りる。料金は3割引きで4270円   (6100円×0.7)

Dsc09570_2

▲富士山の東側は、雪から水蒸気が上がり雲が湧き出ていた。

Dsc09571_2

▲山神社に広い駐車場がありました。

Dsc09572_2

Dsc09573_2

▲黄色ライン往復が歩いた道です。ここから越前岳に登る人も多いようです。

Dsc09574_2

Dsc09576_2

Dsc09577_2

Dsc09578_2

Dsc09586_2

▲▼無料の避難小屋

Dsc09587_2

Dsc09589_2

Dsc09591_2

▲最初の展望台です。真下には富士サファリパークが見えます。

 もう少し先の頂上に行きます。

Dsc09597_2

▲黒岳山頂

Dsc09601_2

Dsc09604_2

Dsc09609_2

Dsc09610_2

Dsc09605_2

▲この赤い実は、何の木でしょうか。

Dsc09608_2

▲女性陣はよく笑い、よく喋る。

 いい顔をしています。 これがストレス解消の秘訣でしょうね 

 この写真が嫌でしたらメールください。

Dsc09594_2

Dsc09614_2

▲最後に富士山を眺め、満足している後ろ姿

駐車場に戻り、沼津の漁港で海鮮丼を食べに行った。

沼津の街は、交通量が多く渋滞していた。

昼食時間に重なり、どの食堂も満員でした。

Dsc09622_2

Dsc09624_2

▲ぬまづ丼を食べた。

Dsc09625_2

▲食事を済ませ、徳倉山(とくらやま)256mを登ることにした。

Numadu

Dsc09627_2

▲登山口の近くに駐車場がなかったので、

 少し離れた駐禁でない場所に止めて歩いた。正面の山が徳倉山です。

Dsc09642_2

Dsc09628_2

Dsc09630_2

Dsc09631_2

Dsc09632_2

▲残念ながら富士山は雲の中でした。

 雲が無かったらこんな景色ですAbdsc02039a_2。4年前のブログからです。

 http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/-a-87e7.html

Dsc09637_2

Dsc09634_2

Dsc09641_2

Dsc09644_2

▲菜の花が咲き、伊豆はいつも暖かいようです。

Dsc09651_2

▲アロエの花です。上の写真の左上に咲いていました。

Dsc09653_2

▲沼津市を走行中、雲が離れ富士山が現れた。

 徳倉山に30分長く居たら富士山が見えたようです。

Dsc09658_2

▲帰りは新東名の長泉沼津ICに入った。

Dsc09669_2

▲夕焼けで頂上が明るい富士山。今日は赤くは成らなかった。

 今日のブログは富士山ばかりでした



往復松井さんが運転してくれた。松井さんありがとうございました。

皆さんお疲れ様でした。

フリー百科事典より 愛鷹山を調べると

古くは足高山と記されていた。愛鷹山を普通に読めば、あいたかやまだ。

富士山を中心に愛鷹山(足高山)、山梨県の足和田山、箱根の足柄山を合わせて

「富士三脚」と呼んだ。

縁起のよい初夢『一富士、二鷹、三なすび』の鷹は、駿河国で2番目に高い愛鷹山を

指すという一説がある。しかし、実際には駿河国で愛鷹山より高い山はある。

最後に私に起きた災難  

お昼に食べたぬまづ丼が、私の腸が悲鳴をあげた

かき揚げ丼を食べた方がよかったな

状態は書けないが、大変な夜でした。

« 雲谷山(くもたにやま) | トップページ | 宮妻キャンプ場から水沢峠までの往復 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雲谷山(くもたにやま) | トップページ | 宮妻キャンプ場から水沢峠までの往復 »