« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月25日 (土)

入道ヶ岳  宮妻キャンプ場より

10月25日(土曜日)

今回も鈴鹿セブンマウンテンの一つ 入道ヶ岳(にゅうどうがたけ)906mです。

鈴鹿セブンマウンテンとは、昭和39年、近鉄主催で鈴鹿の山々を登るという

登山大会が実施され、対象として選ばれた7つの山々を総称して

「鈴鹿セブンマウンテン」と呼ぶようになりました。

Dsc08370_2ac

▲藤原岳、竜ケ岳、釈迦ケ岳、雨乞岳、御在所岳、鎌ケ岳、入道ケ岳です。

雨乞岳は御在所岳の後ろなので見えません。

6座は三重県ですが、雨乞岳は滋賀県です。

今日のメンバーは6人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん夫婦、私)

なべさんは、7/12蛇谷ヶ峰以来の参加で、色々と話が聞けて車中は楽しかった。

Dsc08809_2

羽島7:00 → 宮妻キャンプ場駐車場8:50 → 10:10奥ノ谷入口 → 

11:14奥ノ谷分岐(尾根) → 12:40入道ヶ岳13:35 → 15:00宮妻キャンプ場P

→ 15:40湯の山温泉グリーンホテル16:30 → 17:55羽島

Dsc08657_2

▲スタートは宮妻キャンプ場の駐車場からです。

Dsc08659_2

▲今日は鈴鹿の登山口でアンケート調査を行っているそうです。

Dsc08661_2

Dsc08662_2

Dsc08667_2

Dsc08671_2

Dsc08672_2

▲ここを見落として少し林道を行って、安藤さんが気が付いて戻った。

 ここから登山道になります。ガイド本では奥ノ谷になっています。

Dsc08673_2

▲沢を登って行く登山道は、目印が切れるので迷う。

Dsc08676_2

Dsc08678_2

Dsc08681_2

Dsc08682_2

Dsc08686_2

Dsc08687_2

Dsc08688_2

▲イワクラ尾根に出る直前は急登で、えらかった。

 水沢峠からに入道ケ岳続く痩せた尾根がイワクラ尾根です。

Dsc08689_2

Dsc08690_2

▲汗を拭く なべさん。

 紅葉がきれいでした。先に見えるのは鎌ヶ岳

Dsc08693_2

Dsc08703_2

Dsc08711_2

Dsc08713_2

▲三角錐の仏岩(ほとけいわ)とよばれる盤座(いわくら)

Dsc08706_2

Dsc08714_2

Dsc08718_2

▲重ね岩(かさねいわ)

 この付近が天孫降臨神話の伝説の場所です。

 尾根上に見られる重ね岩、仏岩、石門などの岩を御神体に見立てて

 総称を磐座(いわくら)と言います。イワクラ尾根の名前はここからのようです。

Dsc08720_2

Dsc08721_2

▲やせ尾根を進む。

Dsc08723_2

▲アップダウンを繰り返し進む。後から来る安藤さん夫婦

Dsc08724_2

Dsc08727_2

▲入道ヶ岳の頂上が見えた。

Dsc08728_2

Dsc08729_2

▲上の写真の直ぐ左に椿大社の奥宮が祀られている。

Dsc08732_2

Dsc08733_2

Dsc08734_2

Dsc08739_2

▲振り向くと、奥宮が見える。

Dsc08741_2

▲入道ヶ岳の頂上は360度の展望があり広い。

Dsc08742_2

Dsc08745_2

▲皆さん お疲れ様でした。

Dsc08746_2

Dsc08748_2

▲ここで昼食にした。   景色は少し霞んでいるが良い。

Dsc08751_2

Dsc08755_2

▲四日市の方面

Dsc08757_2

Dsc08760_2

▲右が御在所岳、左が鎌ヶ岳

Dsc08762_2

▲霞んでいるが、雲の上に御嶽山や恵那山が見えた。

Dsc08766_2

▲頂上に1時間ほど居た。時の過ぎるのが早い。

Dsc08767_2

▲御嶽山の噴煙が目で確認できた。噴火したのは4週間前の昼でした。

 亡くなられた方のご冥福をお祈り致します

Dsc08768_2

▲帰り(復路)は新道コース(宮妻狭方面)です。

Dsc08770_2

Dsc08774_2

▲振り向くと、入道ヶ岳頂上とその奥の山は野登山です。

Dsc08775_2

▲分岐の北ノ頭(きたのかしら)

Dsc08779_2

Dsc08780_4

Dsc08784_2

▲絶景です

Dsc08788_2

▲雲母峰(きららみね)の右に噴煙を上げる御嶽山

Dsc08789_2

Dsc08790_2

Dsc08791_2

Dsc08793_2

▲アセビのトンネル

Dsc08794_2

▲急な下りの道です。

Dsc08795_2

Dsc08796_2

▲沢を渡る。増水していたら登山靴が濡れてしまうだろうな。

 話をしていないがきれいで愛想の良い山ガールでした。

Dsc08799_2

▲駐車場に着いた。

 帰りのお風呂は、湯の山温泉グリーンホテルに入った。

Dsc08805_2

▲帰りの車中より写す。

 中央が鎌ヶ岳、その左が雲母峰、今日登った入道ヶ岳は雲母峰の奥です。

 2週間前の竜ヶ岳、今回の入道ヶ岳ときれいな笹原を歩けました。

松井さん ありがとうございました。皆さんお疲れ様でした。

会話の無い生活を送る自分にとって、登山はみんなと色々と話が出来て楽しい

| コメント (0)

2014年10月11日 (土)

石槫峠から竜ヶ岳・静ヶ岳

10月11日(土曜日)

今回の山は鈴鹿セブンマウンテンの一つ竜ヶ岳(りゅうがたけ)1099mです。

メンバーは5人(松井さん、坂さん、安藤さん夫婦、私)

なべさんは「登る自信がないから」とメールがあった。(残念です)

安藤さん夫婦は、北岳を再度挑戦した元気な夫婦です。

北岳は「良い山だった」と聞いた。(私もいつかは登ってみたいなぁ)

Dsc05549_2

7:00羽島 → 石槫峠8:55 → 9:35重ね岩9:40 → 10:12竜ヶ岳10:25 → 

11:38静ヶ岳11:49 → 12:57竜ヶ岳13:38 → 14:42石槫峠 → 16:15羽島

石槫峠へ三重県側から行こうとしたら通行止めだったので、滋賀県側から

入った。(事前に調べておくべきでした

Dsc08387_2

Dsc08385_2

▲まだ小学校に行ってない子供を3人連れて登る夫婦がいた。

Dsc08389_2

▲一番下の子は、お父さんのリュックの中です。

Dsc08390_2

ここからスタートです。ここは①番です

Dsc08391_2

Dsc08392_2

Dsc08393_2

▲あんな小さな子が登れるような道でないが・・・・・登れるだろうか。

Dsc08394_2

Dsc08400_2

Dsc08402_2

Dsc08404_2

▲重ね岩  

Dsc08405_2

Dsc08409_2

Dsc08410_2

▲アルプスのよう見えるでしょう

Dsc08413_2

▲安藤さんの顔がいい

Dsc08414_2

Dsc08417_2

▲かなり登りがきつい

Dsc08418_2

▲ツルリンドウです

Dsc08423_2

▲尾根に着いた。ここから気持ちがいい尾根歩きです

Dsc08424_2

Dsc08427_2

Dsc08428_2

▲広い山頂です。

Dsc08432_2

▲安藤さんがコーヒーを入れてくれた。(いつもありがとうございます)

Dsc08433_3

▲集合写真    安藤さんが目をつぶっていたので黒くしています。

Dsc08436_2

▲静ヶ岳に向かいます

Dsc08440_3

Dsc08443_2

Dsc08446_3

Dsc08447_2

Dsc08448_3

▲後ろを振り向て写した竜ヶ岳頂上

Dsc08451_2_2

▲分岐点

Dsc08453_2

▲キノコがあったが、食べれない気がした。

Dsc08457_2

Dsc08461_2

▲鏡池のようです

Dsc08476_2

▲銚子岳頂上

Dsc08470_2

▲写真を下の彼女に撮ってもらった。

「写真を撮ってください」と頼んだら、明るく「良いですよ」と答えてくれた。

その返事が優しくて、私の心に残った。(きっとサービス業か接客業だろ)

Dsc08473_2

▲安藤さんの旦那さんは営業の仕事なので、話をすることが好きなようです

Dsc08465_3

▲ここから竜ヶ岳の頂上がみえます。小休止をしてあそこ(竜ヶ岳)に行きます。

Dsc08482_2

▲▼竜ヶ岳へ登り

Dsc08486_2

Dsc08501_2

▲竜ヶ岳頂上

Dsc08499_2

▲▼頂上で昼ごはん

Dsc08503_2

Dsc08508_2

▲これより下山

Dsc08511_2

▲石槫峠に着いた。

朝一緒だった夫婦と子供3人は、ちょうど帰ったところだった。

頂上まで登ったと聞いた。

普通は、危ないから小さい子を登山に連れて行かないが、

その危なさを見守る親は凄いと思った。

あの子供たちは、きっと山が好きな大人になるだろうなぁ。

2011.4.17 竜ヶ岳・静ヶ岳・銚子岳を登ったブログです。時間があったら見てください。http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-56b2.html

御嶽山の噴火で10月11日(土曜日)現在で死者56人

まだ行方不明の人が7人もみえます。

早く家族の元に返したいと、自衛隊、消防、警察の努力には頭が下がります。

| コメント (2)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »