« 水ノ塔山(みずのとやま)・東篭ノ登山(ひがしかごのとやま) | トップページ | 2014 伊自良の彼岸花 »

2014年9月13日 (土)

南アルプスの北岳登山の予定が・・・・・・八ヶ岳連峰の天狗岳に変更

9月13日(土曜日)

このところ、天候不良が続いていたが、久々に晴れると予報されている

三連休、混雑が予想できたが、13・14日の予定で北岳(きただけ)3193mに

登る予定で、13日午前2時に出発した。

今回のメンバーは、安藤さんの旦那さんが参加して4人です。

一週間前は西穂高岳の予定だったが、安藤さんが「危険な場所があるから

北岳に変更しませんか」と松井さんに電話があり、私に連絡が来たのが8日

(月曜日)の夜でした。早速北岳を調べてみた。

北岳は、富士山に次ぐ日本第二の高峰であり、火山でない山としては

日本で最も高い。

日本百名山,新・花の百山,及び山梨百名山に選定されており、

同じく日本百名山の一峰の間ノ岳、日本二百名山の農鳥岳とともに

白峰三山を構成する。「南アルプスの盟主」とも呼ばれる。

北岳へは芦安(あしやす)からバスで広河原に入り、入山するのが一般的で

便利です。芦安駐車場と広河原間のバスの本数は多く便利ですが、

乗合タクシーなら9人集まれば即座に出発してくれ、バスより100円高い

だけの料金ですからおすすめです。

上の情報から朝の6時頃に芦安に着けば良いと思い羽島を2時に出た。

6時前に芦安駐車場に着いたが、第1~第6駐車場はすでに満車でした。

警備員さんに第7・第8駐車場を勧められたが、路駐して出発した。

Dsc07770_2

バスを待つ人が大勢いた。バスより早い乗合タクシーの列にも150人以上が

並んでいた。乗合タクシー9人乗り6台がピストン輸送しているが、

往復に1時間20分掛かるので、待っている150人の後では2・3時間の

待ちになる。ここで臨機応変・・・・・。登る山を変更することにした。

私が以前登った山で、八ヶ岳の天狗岳に行くことにした。

Dsc07906_2a

ここから天狗岳登山報告です。

深い樹林とコケが特徴の北八ヶ岳、アルペンムードの漂う南八ヶ岳、

その両方の良さをのコースで味わえました。

天狗岳には、東西2つのピークがある双耳峰で、西天狗岳、東天狗岳があります。

Dsc07903_2a

コースタイム

唐沢鉱泉9:00 → 11:18黒百合ヒュッテ11:30 → 13:08東天狗岳13:50 → 

14:13西天狗岳14:23 → 17:10唐沢鉱泉 →  17:15唐沢鉱泉入浴18:22→   

22:00羽島

Dsc07773_2

▲唐沢鉱泉の入口に登山届があります。

Dsc07775_2

▲この橋は帰りに通ります。

Dsc07777_2

▲トリカブト

Dsc07779_2

▲鉄製の橋を渡り山に入ります。

Dsc07780_2

Dsc07782_2

Dsc07787_2

Dsc07795_2

Dsc07798_2

▲北八ヶ岳のシンボルの苔むす森や沢を登ります。

Dsc07802_2

▲黒百合ヒュッテhttp://www.kuroyurihyutte.com/に着いた。

Dsc07803_2

Dsc07806_2

▲ここで小休止

Dsc07807_2

▲西天狗岳に向かいます

Dsc07808_2

Dsc07809_2

▲振り向くと、黒百合ヒュッテが見えます。

Dsc07811_2

▲▼  ↑とΟを目印に進みます。

Dsc07814_2

Dsc07816_2

▲前方に見えるのが、左が東天狗岳、右が西天狗岳です。

Dsc07819_2

▲後から登ってくる安藤さん夫婦

Dsc07821_2

▲ここは天狗の奥庭    上空には雲が

Dsc07825_2

▲一番奥の山が、蓼科岳

Dsc07832_2

▲東天狗岳の頂上が見えてきた。

Dsc07837_2

▲雲の間から青空が見え出した。(日頃の行いが良いから

Dsc07840_2

Dsc07844_2

Dsc07849_2

▲ブロッケン現象を見ている登山者

Dsc07846_2

▲登山者が増え、頂上が賑やかになった。

Dsc07851_2

▲硫黄岳の爆裂火口壁

Dsc07833_2

▲南八ヶ岳方面     近くの山は根石岳

Dsc07850_2

Dsc07854_2

▲こんな小さい子も登っていました。

Dsc07848_2

▲隣の山が天狗岳の双耳峰の西天狗岳

Dsc07859_2

▲西天狗岳に向かう

Dsc07864_2

▲振り向くと安藤さん夫婦

Dsc07865_2

▲西天狗岳に向かう松井さん

Dsc07867_2

▲根石岳の奥に硫黄岳

Dsc07868_2

▲東天狗岳から下りて来る安藤さん

Dsc07872_2

Dsc07873_2

▲東天狗岳

Dsc07874_2

▲西天狗岳に向かう

Dsc07876_2

▲振り向くと東天狗岳

Dsc07878_2

▲頂上直下

Dsc07879_2

▲西天狗岳に着いた。

西天狗岳に三角点(2646メートル)があり、一面ハイマツの平坦な山頂です。

縦走路にある東天狗が登山者でにぎわうのに対し、

20分ほどしか離れていない西天狗は静かで、のんびりできる所でした。

Dsc07881_2

Dsc07882_2

▲集合写真

Dsc07884_2

▲これから唐沢鉱泉に向かいます。

Dsc07886_2

Dsc07888_2

▲縞枯れの木から見えるのが西天狗岳

Dsc07893_2

▲ここ展望台から絶景が見えました。

Dsc07896_2

Dsc07894_2

Dsc07895_2

Dsc07891_2

Dsc07891_3

▲八ヶ岳の主峰  

少し赤い赤岳2889m、その右の小さい山が中岳、その右が阿弥陀岳2805m

いつかこの山(南八ヶ岳)を登りたい。

Dsc07899_2

▲駐車した唐沢鉱泉手前の道路に着いた。

Dsc07901_2

▲唐沢鉱泉に入った。HPhttp://www.karasawakousen.com/

ここは信玄の隠し湯として伝えられた秘湯です。

泉質は二酸化炭素冷鉱泉で、炭酸の泡が肌に心地いい

打たせ湯があったが、冷泉だったので止めた。

帰りの高速は、諏訪ICから入り、駒ヶ岳SAで晩ごはんを食べた。

走行距離は約640km  高速料金往復約8300円

松井さん ありがとうございました。

皆さ お疲れ様でした。

最後に安藤さん夫婦は仲が良いと思った

旦那さんは海外でも働いた技術者(エンジニア)でした。

働き者の旦那さん、支える奥さんと理想の夫婦でした。

(ちょっと褒めすぎですかね

追記  13日 北岳に登った xingyewwさんのヤマレコ報告から

抜粋させてもらいました。

自宅をPM8:30に出発し、芦安市営駐車場にPM11:30に到着するも、

第二、第三駐車場は既に満車。驚いたことに、既に乗合タクシー乗り場には

10人程の列ができており、危機感を覚えながら3:30に列に並ぶつもりで

3時間程度の仮眠をとる。AM3:00に起きて、支度をして3:30に列に並ぶが

、既に30人程度が並んでいるではないか!!

乗合タクシーが4:00過ぎに到着して乗車開始。先頭の何名かは荷物だけ

置いて人は不在であった。おそらく、始発時間が5:10なので、

それまで仮眠しているのだろうか?? 結果、僕は三台目の乗合タクシーに

乗ることができた。乗ってからすぐ出発、夜叉神峠のゲート前でゲートが

開くまで1時間ちょっとの待機、その間は仮眠。ゲートが開き、峠の山道を

どんどん登って行き、広河原インフォメーションセンターに到着。

天気がよい連休は、混雑を想定して早めの行動をしないと思った。

そして連休の山小屋泊りも混雑するのでサービスがよくない。

人気の山の登山は、混雑しない平日が良いから定年になった行こう。

それ時まで、元気でいたい。

松井さん、坂さん、なべさん、安藤さんも元気でいて下さいねぇ

« 水ノ塔山(みずのとやま)・東篭ノ登山(ひがしかごのとやま) | トップページ | 2014 伊自良の彼岸花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 水ノ塔山(みずのとやま)・東篭ノ登山(ひがしかごのとやま) | トップページ | 2014 伊自良の彼岸花 »