« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月28日 (日)

朝明~ハライド~国見岳~朝明

9月27日(土曜日)

初めに、御嶽山が噴火という大きなニュースからです。

27日午前11時53分ごろ、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(3067メートル)

が噴火した。政府が開催した関係省庁会議で、長野県は被害を重傷が8人で

うち7人が意識不明と報告。未確認としながらも死者がいるとした。

山頂付近などには一時250人超の登山客らが取り残された。

紅葉がきれいな御嶽山の土曜日の昼なら登山者が多くいたと思います。

まだ被害状況が分からないが、被害に遭った人が少ないことを願っています。

今日私達が登った山は、春にアカヤシオがきれいなハライド・国見岳です。

2週間前、北岳登山を断念したがリベンジで安藤さん夫婦が今日北岳に登っている。

安藤さん夫婦のエネルギー(元気)には驚かされる。

7:00羽島 → 8:30朝明駐車場8:35 → 10:05ハライド10:20 →  

11:32きのこ岩11:40 → 12:06国見岳13:02 → 13:57ブナ清水 → 

15:30朝明駐車場 → 15:42お風呂「三休の湯」 → 17:50羽島 

Adsc08127_2

▲駐車料金は500円です。 トイレがきれいになっていた。

Adsc08132_2

Adsc08131_2a

▲今日は、黄色ラインの右回りコースで歩いてきました。

Adsc08134_2

Adsc08137_2

Adsc08138_2

▲ヤマボウシの実です。ライチのような形をしています。食べてみたら美味しかった。

Adsc08140_2

Adsc08144_2

▲釈迦ヶ岳が後方に見えます。

Adsc08146_2

▲ハライド頂上が見えてきた。

Adsc08153_2

Adsc08155_2

▲ハライド頂上    四日市からみえた夫婦です。その後この夫婦に2回逢った。

Adsc08168_2

Adsc08172_2

Adsc08174_2

▲キノコ岩

次に国見岳に向かう

Adsc08193_2

Adsc08201_2

Adsc08189_2_2

Adsc08198_2

Adsc08203_2

▲国見岳頂上の岩の上

Adsc08208_2

▲頂上より少し北側の岩場で食事をした。

食事が終わり帰るとき、ある夫婦が食事に来た。

話をしたら、家は京都でロープウェイで御在所岳に来てここまで歩いて来たそうだ。

Adsc08220_2

▲京都の夫婦に手を振る、坂さんと松井さん。

Adsc08231_2

▲巨大なキノコ

Adsc08235_2

▲ブナ清水

ここでハライド頂上で会った四日市の夫婦に再会した。

Adsc08239_2

▲日が当たると新緑のようです。

Adsc08244_2

Adsc08245_2

▲朝明の駐車場に戻ってきた。

Adsc08247_2

▲風呂「三休の湯」で太陽や金星を覗かして貰った。夜は星を見るそうです。

「三休の湯」のHPhttp://www.sankyu-no-yu.jp/

Adsc08248_2

Adsc08249_2

▲風呂の中の様子です。誰もいなかったので写させて貰った。

ここでまた四日市夫婦に逢った。旦那さんはあまり印象が無いが、

奥さんはきれいな人で、話好きな人でした。

旦那さんが居ない時に、4人で山の話をした。まだ登山歴2年だそうだが、

山の事はよく知ってみえた。

2012年5月に坂さんと登った時のブログです。時間があったら見てください。  http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-aeed.html                       

松井さん運転お疲れ様でした。坂さんお疲れ様でした。

山登りは景色を体で感じ場所であるが、人と人との触れ合いの場所でもあると思った。

追記 翌日の中日新聞

Adsc08252_2

御嶽山に登って、連絡が取れないご家族の気持ちを思うと

胸が締め付けられます。生きていてと願うばかりです。

.

噴火した場所は、頂上の剣ヶ峰南側の地獄谷からです。

4年前 御嶽山に登ったときの地獄谷の写真です。

硫黄の臭いがして、恐怖を感じた場所でした。

Edsc01038_2

Edsc01040_2

Edsc01049_2

Edsc01055_2_2

娘へ  心配して電話してくれてありがとう。

追記 9月29日中日新聞の記事です。

Bdsc08255_2

亡くなられた登山者が多く、悲しくてたまりません。

まだ名前が分かっていない人が多いので、安否確認が出来ない

家族や友人の気持ちを思うと辛いです。         

亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

| コメント (0)

2014年9月23日 (火)

2014 なばなの里(ダリア・コスモスまつり)

9月23日(火曜日)秋分の日

台風16号が近づいている中、ダリアが倒れないように従業員さん達が

ひもで縛っていた。▼

Adsc08019_2 Adsc08030_2 Adsc08072_2

今日は天気が良く、今年もきれいなダリアとコスモスが見れました。

去年のダリア・コスモスです。時間があったら見てください。                          http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-2b62.html

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-7447.html

Adsc08126_2

Adsc07970_2

Adsc07981_2

▲イルミネーションの準備中

Adsc07993_2

▲秋田美人(あきたびじん)

Adsc07998_2

▲大銀河

Adsc08003_2

▲愛の園

Adsc08005_2

▲浮気な雨

Adsc08006_2

▲ハロウィンパーティ

Adsc08020_3

▲キューピット

Adsc08017_2

▲京美人(きょうびじん)

Adsc08027_2

Adsc08024_2

▲名前を忘れました

Adsc08009_2

▲桜風(さくらかぜ)

Adsc08031_2

▲砂山(すなやま)

Adsc08039_2

▲鮮烈(せんれつ)

Adsc08041_2

▲明快

Adsc08051_2

▲ドリームワルツ

Adsc08053_2

▲乱れ髪(みだれがみ)

Adsc08055_2

▲ラッキーストライプ

Adsc08069_2

Adsc08114_2

▲蜜を求めて飛ぶアゲハ蝶

Adsc08073_2_2

▲昆虫は臭いカメムシです。

Adsc08076_2

▲あかつき

Adsc08080_2

▲ダブルクリック

Adsc08088_2

▲アンティキティ

Adsc08092_2

Adsc08093_2

今回はコスモスの違う品種があり、きれいでした。

Adsc08066_2

▲左からうさぎさん、ライオンさん、ひつじさん・・・・だと思う

Adsc08063_2_2

▲ひつじさんのアップ

今度の土曜日は、鈴鹿の山に行く予定です。

| コメント (0)

2014年9月21日 (日)

2014 伊自良の彼岸花

9月21日(日曜日)

昨日20日が彼岸入りでした。

お彼岸になると必ず咲く彼岸花は、季節をどうやって分かるのだろうか?

今年も伊自良の彼岸花がきれいに咲いていました。

去年の「伊自良の彼岸花」のブログです。             http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-3e1d.html 

伊自良の地名は、山県市と合併したことで無くなってしまった。

伊自良北小学校、伊自良南小学校などや伊自良湖などに残るだけで、

住所に伊自良の地名が無いのはさみしい。(これも時代の流れなんだ

春は桜、秋には彼岸花が咲くここは、山県市掛(かけ)です。

(山県市伊自良掛(いじらかけ)でも良かったのでないかなぁ・・と思う)

掛(かけ)の皆さんが彼岸花を世話してみえ、毎年きれいな花が見れます。

Adsc07922_2

1km以上続くヒガンバナロードです。

Adsc07937_2

Adsc07938_2

Adsc07939_2

▲そば畑と彼岸花     

掛(かけ)にそばの美味しい店があります。                http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-6279.html

Adsc07944_2

▲今年の柿の出来はどうでしょうかねぇ?

(春にマイマイガの幼虫が異常発生していたので)

Adsc07947_2

▲大きい栗は「利平栗」です。

今年も「山県市ふるさと栗まつり2014祭り」が行われます。

おばあさんの家にいたら、広報の放送があった。

それは、「ツキノワグマが出没したので注意して下さい」でした。

今年は、ドングリやシイの実が不作なので熊が街に下りてくるらしい。

山に行くときは、熊にバッタリ遭わないようにリンや鈴を持って行こう。

2014.02.25 東海テレビ「スイッチ」で伊自良が紹介されました。

テレビ画面をカメラのビデオで撮りました。音が小さいのでボリュームを上げて聞いてみてください。

Yuu_3http://youtu.be/ZD5qo_1JXmU

| コメント (0)

2014年9月13日 (土)

南アルプスの北岳登山の予定が・・・・・・八ヶ岳連峰の天狗岳に変更

9月13日(土曜日)

このところ、天候不良が続いていたが、久々に晴れると予報されている

三連休、混雑が予想できたが、13・14日の予定で北岳(きただけ)3193mに

登る予定で、13日午前2時に出発した。

今回のメンバーは、安藤さんの旦那さんが参加して4人です。

一週間前は西穂高岳の予定だったが、安藤さんが「危険な場所があるから

北岳に変更しませんか」と松井さんに電話があり、私に連絡が来たのが8日

(月曜日)の夜でした。早速北岳を調べてみた。

北岳は、富士山に次ぐ日本第二の高峰であり、火山でない山としては

日本で最も高い。

日本百名山,新・花の百山,及び山梨百名山に選定されており、

同じく日本百名山の一峰の間ノ岳、日本二百名山の農鳥岳とともに

白峰三山を構成する。「南アルプスの盟主」とも呼ばれる。

北岳へは芦安(あしやす)からバスで広河原に入り、入山するのが一般的で

便利です。芦安駐車場と広河原間のバスの本数は多く便利ですが、

乗合タクシーなら9人集まれば即座に出発してくれ、バスより100円高い

だけの料金ですからおすすめです。

上の情報から朝の6時頃に芦安に着けば良いと思い羽島を2時に出た。

6時前に芦安駐車場に着いたが、第1~第6駐車場はすでに満車でした。

警備員さんに第7・第8駐車場を勧められたが、路駐して出発した。

Dsc07770_2

バスを待つ人が大勢いた。バスより早い乗合タクシーの列にも150人以上が

並んでいた。乗合タクシー9人乗り6台がピストン輸送しているが、

往復に1時間20分掛かるので、待っている150人の後では2・3時間の

待ちになる。ここで臨機応変・・・・・。登る山を変更することにした。

私が以前登った山で、八ヶ岳の天狗岳に行くことにした。

Dsc07906_2a

ここから天狗岳登山報告です。

深い樹林とコケが特徴の北八ヶ岳、アルペンムードの漂う南八ヶ岳、

その両方の良さをのコースで味わえました。

天狗岳には、東西2つのピークがある双耳峰で、西天狗岳、東天狗岳があります。

Dsc07903_2a

コースタイム

唐沢鉱泉9:00 → 11:18黒百合ヒュッテ11:30 → 13:08東天狗岳13:50 → 

14:13西天狗岳14:23 → 17:10唐沢鉱泉 →  17:15唐沢鉱泉入浴18:22→   

22:00羽島

Dsc07773_2

▲唐沢鉱泉の入口に登山届があります。

Dsc07775_2

▲この橋は帰りに通ります。

Dsc07777_2

▲トリカブト

Dsc07779_2

▲鉄製の橋を渡り山に入ります。

Dsc07780_2

Dsc07782_2

Dsc07787_2

Dsc07795_2

Dsc07798_2

▲北八ヶ岳のシンボルの苔むす森や沢を登ります。

Dsc07802_2

▲黒百合ヒュッテhttp://www.kuroyurihyutte.com/に着いた。

Dsc07803_2

Dsc07806_2

▲ここで小休止

Dsc07807_2

▲西天狗岳に向かいます

Dsc07808_2

Dsc07809_2

▲振り向くと、黒百合ヒュッテが見えます。

Dsc07811_2

▲▼  ↑とΟを目印に進みます。

Dsc07814_2

Dsc07816_2

▲前方に見えるのが、左が東天狗岳、右が西天狗岳です。

Dsc07819_2

▲後から登ってくる安藤さん夫婦

Dsc07821_2

▲ここは天狗の奥庭    上空には雲が

Dsc07825_2

▲一番奥の山が、蓼科岳

Dsc07832_2

▲東天狗岳の頂上が見えてきた。

Dsc07837_2

▲雲の間から青空が見え出した。(日頃の行いが良いから

Dsc07840_2

Dsc07844_2

Dsc07849_2

▲ブロッケン現象を見ている登山者

Dsc07846_2

▲登山者が増え、頂上が賑やかになった。

Dsc07851_2

▲硫黄岳の爆裂火口壁

Dsc07833_2

▲南八ヶ岳方面     近くの山は根石岳

Dsc07850_2

Dsc07854_2

▲こんな小さい子も登っていました。

Dsc07848_2

▲隣の山が天狗岳の双耳峰の西天狗岳

Dsc07859_2

▲西天狗岳に向かう

Dsc07864_2

▲振り向くと安藤さん夫婦

Dsc07865_2

▲西天狗岳に向かう松井さん

Dsc07867_2

▲根石岳の奥に硫黄岳

Dsc07868_2

▲東天狗岳から下りて来る安藤さん

Dsc07872_2

Dsc07873_2

▲東天狗岳

Dsc07874_2

▲西天狗岳に向かう

Dsc07876_2

▲振り向くと東天狗岳

Dsc07878_2

▲頂上直下

Dsc07879_2

▲西天狗岳に着いた。

西天狗岳に三角点(2646メートル)があり、一面ハイマツの平坦な山頂です。

縦走路にある東天狗が登山者でにぎわうのに対し、

20分ほどしか離れていない西天狗は静かで、のんびりできる所でした。

Dsc07881_2

Dsc07882_2

▲集合写真

Dsc07884_2

▲これから唐沢鉱泉に向かいます。

Dsc07886_2

Dsc07888_2

▲縞枯れの木から見えるのが西天狗岳

Dsc07893_2

▲ここ展望台から絶景が見えました。

Dsc07896_2

Dsc07894_2

Dsc07895_2

Dsc07891_2

Dsc07891_3

▲八ヶ岳の主峰  

少し赤い赤岳2889m、その右の小さい山が中岳、その右が阿弥陀岳2805m

いつかこの山(南八ヶ岳)を登りたい。

Dsc07899_2

▲駐車した唐沢鉱泉手前の道路に着いた。

Dsc07901_2

▲唐沢鉱泉に入った。HPhttp://www.karasawakousen.com/

ここは信玄の隠し湯として伝えられた秘湯です。

泉質は二酸化炭素冷鉱泉で、炭酸の泡が肌に心地いい

打たせ湯があったが、冷泉だったので止めた。

帰りの高速は、諏訪ICから入り、駒ヶ岳SAで晩ごはんを食べた。

走行距離は約640km  高速料金往復約8300円

松井さん ありがとうございました。

皆さ お疲れ様でした。

最後に安藤さん夫婦は仲が良いと思った

旦那さんは海外でも働いた技術者(エンジニア)でした。

働き者の旦那さん、支える奥さんと理想の夫婦でした。

(ちょっと褒めすぎですかね

追記  13日 北岳に登った xingyewwさんのヤマレコ報告から

抜粋させてもらいました。

自宅をPM8:30に出発し、芦安市営駐車場にPM11:30に到着するも、

第二、第三駐車場は既に満車。驚いたことに、既に乗合タクシー乗り場には

10人程の列ができており、危機感を覚えながら3:30に列に並ぶつもりで

3時間程度の仮眠をとる。AM3:00に起きて、支度をして3:30に列に並ぶが

、既に30人程度が並んでいるではないか!!

乗合タクシーが4:00過ぎに到着して乗車開始。先頭の何名かは荷物だけ

置いて人は不在であった。おそらく、始発時間が5:10なので、

それまで仮眠しているのだろうか?? 結果、僕は三台目の乗合タクシーに

乗ることができた。乗ってからすぐ出発、夜叉神峠のゲート前でゲートが

開くまで1時間ちょっとの待機、その間は仮眠。ゲートが開き、峠の山道を

どんどん登って行き、広河原インフォメーションセンターに到着。

天気がよい連休は、混雑を想定して早めの行動をしないと思った。

そして連休の山小屋泊りも混雑するのでサービスがよくない。

人気の山の登山は、混雑しない平日が良いから定年になった行こう。

それ時まで、元気でいたい。

松井さん、坂さん、なべさん、安藤さんも元気でいて下さいねぇ

| コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »