« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月28日 (土)

呉枯ノ峰(くれかれのみね)と賤ヶ岳(しずがたけ)

6月28日(土曜日)

メンバーは3人(松井さん、安藤さん、私)

なべさんは、初めは「行く」とメールがあったが、前夜「自信がないのでやめます」

とメールがあった。(残念です)

坂さんは、週初めに手に通風の痛みが出た。尿酸値はそんなに高くは

なかったそうだ。

数日前まで土曜日は曇り・雨の予報だった。朝5時頃は小雨が降っていたので、

中止になるかもと思いつつ、松井さん宅に向かった。

予定では天吉寺山(てんきちじやま)918mでしたが、その近くで

低い山に行くことにした。それが呉枯ノ峰(くれかれのみね)532mです。

聞いたことがない山で、地図にも載っていない山です。

でも呉枯ノ峰は、新・分県登山ガイド「滋賀県の山」に載っています。

B

Dsc06882_3_3

▲コースタイム 墓地から呉枯ノ峰の往復です。

羽島6:00 ~墓地の駐車場7:34~ 8:48呉枯ノ峰9:08~10:00墓地の駐車場

Dsc06814

▲墓地の駐車場に停めさしてもらう。墓地に猿が群れでいた。

お供えものを狙っているのだろうか? 墓石は、・・家の墓の文字がなく

殆ど「先祖代々墓」か「南無阿弥陀仏」でした。

Dsc06815

▲正面の右が登山口です。

Dsc06816

▲道標には呉枯ノ峰の字がないので、半信半疑で進んだ。

Dsc06817

▲登山道は枯葉が一杯落ちています。

Dsc06819

Dsc06820

Dsc06822

Dsc06824

▲頂上に着いた。

Dsc06829

▲集合写真   山を下り、あねがわ温泉で昼食の予定だったが、

安藤さんが、「まだ早いので余呉湖を歩いてみたい」とのことで、

松井さんが、賤ヶ岳をリフトのある方から歩くことにした。

Dsc06833

▲山から下りた。賤ヶ岳のリフト場をカーナビに入れ、向かった。

途中、木之本の街を通ったら観光客が多い。

NHK軍師官兵衛の黒田家の先祖がここにあるそうだ。

黒田氏の出自がどこかには諸説あり、議論の種になっている。

しかし近世福岡藩主となった黒田氏の子孫が認めたのが、

近江国伊香郡黒田村(長浜市木之本町黒田)なのだ。

Dsc06837

リフト乗り場の駐車場

Dsc06838

Dsc06841

Dsc06842

Dsc06843

Dsc06844

▲登山口はリフト乗り場のとなり

Dsc06845

▲この道は、読売新聞社の「遊歩百選」のひとつになっています。

Dsc06846

Dsc06848

▲リフトは利用者がいない時は、止まります。今は動いていません。

Dsc06850

▲体力に自信がない人は、リフトを利用した方がいいです。

下りたら頂上でないです。頂上まで300mの歩きがあります。

料金は往復780円です。

Dsc06856

Dsc06854

▲頂上に向かう途中、びわ湖が見える絶景ポイントがあります。

Dsc06857

▲頂上のびわ湖が見える場所

Dsc06858

▲びわ湖

Dsc06865

▲賤ヶ岳頂上

Dsc06864

▲NHK 江(ごう)  笑っちゃいますね( ´艸`)プププ

Dsc06867

Dsc06866

▲小谷山方面

Dsc06863

Dsc06861

▲余呉湖

Dsc06869

Dsc06870

▲ボランティアで歴史を説明してくれる人。

話好きで言葉が湯水のように出てくる。

地図をバックに棒で指して説明してもらえるので、歴史に興味がある人は

話を聞くのは最高の勉強になると思います。

棒を持った人はまるで、七本槍の一人のようだ。きっと先祖なのだろう。

「賤ヶ岳の戦い」を私なりの考えで書いてみました。

本能寺の変で織田信長が倒れた後、明智光秀を討ち実質的な主導権を

握っていた豊臣秀吉と、織田家の旧臣中第一の家柄を誇る柴田勝家との

間で権力争いが生じ、ついに武力をもって決着を付けようとしました。

これが俗にいう「賤ヶ岳の合戦」です。

柴田軍が敗戦した理由は色々あると思うが、

茂山にいた前田利家が戦線離脱ことが大きいのでは!

天下分け目の「関ヶ原の戦い」があるが、「賤ヶ岳の戦い」も天下分け目の

戦いだと思う。戦力は柴田軍が勝り、織田家血筋からも柴田軍が有利だ。

戦いの前に、水面下で行われた駆け引きが戦果を決めたのだろう。

豊臣秀吉が戦いに勝てたのは、智略で優っているいたのだと思う。

山を下り、あねがわ温泉向かい、初めに風呂に入った。(いいお湯でした)

食事は松井さんが会員なので安かった。

Dsc06878

▲あねがわ温泉の食堂    気まぐれ定食を3人頼んだ。

Dsc06876

▲ごはんもおかずも美味しかった。

ごはんがお替わりがが出来たので、松井さんと私はお替わりをした。

おいしい水の田んぼのお米は美味しいな。

羽島のお米も美味しいがそれ以上かも!

ここの風呂もお勧めです。http://www.mau.co.jp/onsen/sub/onsen_01.html

2013.9.14 賤ヶ岳のブログがあります。http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-4280.html

羽島に帰り、松井さんが作った野菜(きゅうり・とまと・なす)を貰った。

何時もありがとうございます。

7月の第2土曜日登山は、坂さん・なべさんの参加を待っています。

| コメント (0)

2014年6月14日 (土)

平から折立山・権現山・ホッケ山の往復

6月14日(土曜日)

梅雨の中休みで、山に行くことが出来ました。

今日は、滋賀県琵琶湖の西側の比良(ひら)山系の南端の山です。

権現山(ごんげんやま)996m、折立山(おりたてやま)819m,

ホッケ山(正確な高さは分かりませんが1000mぐらい)です。

我々はこの三山の往復ですが、一般の登山者は小女郎峠から坂下へ下りるか、

小女郎峠から蓬莱山へ登ります。

メンバーは4人(松井さん、坂さん、安藤さん、私)

なべさんは、「家でゆっくりしています」と前夜にメールがあった。

前日まで行くか迷ったのでしょうね。

私は「えらくない山ですから参加して下さい」とメールしたのですが・・・(残念です)

羽島6:00 → 8:55駐車場8:57 → 9:08旧道入口 → 9:20登山口 →  

9:52アラキ峠 → 10:00折立山10:08 → 10:45権現山10:55 →  

11:25ホッケ山12:05 → 12:30権現山 → 12:56アラキ峠 → 13:30旧道入口

 → 13:40駐車場 → 14:15くつき温泉てんくう15:10 → 17:50羽島

Adsc06795_2

▲「滋賀県の山」 権現山・折立山の地図のコピーです。

本は一周コースですが、私達が歩いたのは平からホッケ山までの往復です。

 

今回から説明が写真の下にしました。(ほとんどの人が下に書いているので)

Dsc06707

▲平(たいら)バス停付近に車を止めようと探したが無くて花折トンネル手前

まで来てしまった。(ここは花折さんの駐車場だったのだろうか)

Dsc06709_2

▲立派な店構えの鯖寿しの花折さんです。(まだ開店していませんでした)

Dsc06711_2

▲この花はなんでしたかね

Dsc06712_3

▲ あのみち このみち さんぽみち  これに漢字を入れて

   逢のみち 湖のみち 山歩みち   これは面白いですね。

Dsc06713_2

▲旧道入口(花折峠道入口) 

Dsc06715_2

▲花折トンネルが出来る前はこの道で花折峠越をしたのでしょうね。

Dsc06718_2

▲林道歩きは終わり、ここから登山道になります。

Dsc06720_3

▲アラキ峠に向かいます。

Dsc06721_2

Dsc06722_2

Dsc06724_2

Dsc06725_2

▲アラキ峠に着いた。

Dsc06728_2

▲折立山に向かう

Dsc06729_2

Dsc06730_2

▲折立山の頂上は見晴らしはよくない。

坂さんは疲れている顔です。(集合写真は拡大できません)

Dsc06732_2

Dsc06735_2

Dsc06739_2

Dsc06740_2

▲山ツツジ  色んな角度から写してみました。

Dsc06742_2

▲アラキ峠に戻り

Dsc06744_2

▲権現山に向かいます。

Dsc06745_2

▲権現山山頂に着いた。

Dsc06746_2

Dsc06747_2

▲ここからの景色はいいよ

Dsc06755_3

▲権現山山頂   (集合写真は拡大出来ません)

Dsc06756_2

▲ホッケ山に向かう

Dsc06764_2

 

Dsc06762_2_2 Dsc06763_2

▲ホッケ山でびわ湖を見ながら昼食。

Dsc06768_2

▲団体さんが登ってきた。団体さんの後ろの山が、権現山です。

Dsc06769_2

▲小さい子も登れる山です。男の子が6歳、女の子が9歳です。

Dsc06770_2

▲これから下山です。

Dsc06774_2

▲権現山に着いた。途中で小雨が降り出したのでカッパを上だけ着た。

Dsc06776_2

▲ピンクの花はウツギです。

Dsc06777_2

Dsc06780_2

Dsc06781_2

Dsc06782_2

▲この花はいい香りがしました。名前は分かりません。

Dsc06783_2

▲この花も名前が分かりません。

Dsc06786_2

▲モリアオガエルの産卵です。

Dsc06788

▲この道は、鯖街道(さばかいどう)なので焼鯖寿司を食べれる店が多いです。

後で調べて分かったのですが、鯖街道 花折さんは有名なお店でした。

日経お取り寄せ寿司ランキング第一位だなんてビックリでした。

ここが工房でした。http://www.hanaore.co.jp/

Dsc06790_2

▲今日の温泉は、くつき温泉てんくうです。http://www.gp-kutsuki.com/tencoo/

露天風呂の男女の境に大きな天狗のお面があります。

Dsc06791_2

Dsc06789

帰りは、途中まで私が運転した。

くちき温泉を出て、朽木の三差路で道を間違えてしまった。

367号線で小浜方面に行く予定が、23号線で安曇川(あどがわ)沿いに走り、

琵琶湖に着いた。

三差路で間違えたと思い方向を変えたが、それが間違えでした。(すみません)

毎回松井さんのお蔭で遠くの山に登れます。ありがとうございます

6月28日(土曜日)は滋賀県浅井町の天吉寺山(てんきちじやま)917m

です。午前中に登山を終えてあねがわ温泉で昼食の予定です。

なべさん 今度は参加して下さい。

安藤さんは「気分転換になるから来ればいいのに」と言っていますよ。

姉貴(あねき)的存在のなべさんが来ないと寂しいです。

| コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »