« 江南(曼陀羅寺公園)ふじまつり | トップページ | ヤマシャクヤクを見に横山岳へ »

2014年5月 4日 (日)

焼尾山~三国岳~烏帽子岳~狗留尊山(篠立パーキングから一周)

5月4日(日曜日)祝日 みどりの日

5月に入り、シャクナゲが見頃だろうと思い、焼尾山・三国岳・烏帽子岳に

1人で登って来ました。

焼尾山は鞍掛峠から登れば直ぐですが、今日は篠立パーキングから歩き、

一周するコース(焼尾山・三国岳・烏帽子岳・狗留尊山)に挑戦してきました。

前日にPCでGPSにコースを入れた。

かなり長い距離なので8時間は掛かると思い、朝早く家を出ようとしたが、

起きれない。(内心、止めようかと思う)でも、ご飯を食べ8時に家を出た。

登山口の篠立パーキングまでは、渋滞に遭わずスムーズに行け、1時間後の

9時前に着いた。篠立パーキングのトイレを借り、9時に出発した。

ここから歩くのは初めてなので、GPSを頼りに歩いた。

今日のコース

Dsc057650c

初めに書いておきますが、凄いシャクナゲの群生地でした。

これだけのシャクナゲが咲いてのを見るのは初めてです。

写真ではその迫力が出せないので残念です。ではスタートします。

Dsc057690

Dsc057700

Dsc057720

私有地のつき、林業関係者以外は立ち入りを禁止します と書いてあります。

私は入りましたが、皆さんにお勧めできません。

Dsc057730

Dsc057740

中電の巡視路を歩かせてもらいます。

Dsc057750

Dsc057760

鉄塔の下を登っていきます。

Dsc057790

Dsc057890

ここからシャクナゲがありました。あまりの多さに、「凄い・凄い」言葉の連続でした。

Dsc057910

Dsc057920

Dsc057940

Dsc057950

Dsc057990

Dsc058200

Dsc058250

Dsc058270

ここが焼尾山の頂上ですが、プレートがありませんでした。

日当たりが良い場所のシャクナゲはもう枯れかけていました。

明日は雨の予報なので、これだけの凄さの花は今日迄でしょう。

Dsc058300

一枚私の写真を撮りました。この写真は拡大出来ません。

Dsc058320

次に三国岳に向います。行く尾根にはシャクナゲの木は一本も無かった。

下の写真は、カタクリです。

2枚とも同じ花ですが、写す位置が違うだけで、花の色がこれだけ違います。

Dsc058470

Dsc058480

三国岳の最高点です。

Dsc058490

ここが三国岳の山頂です。

Dsc058500

これから尾根歩きで烏帽子岳に行きます。

Dsc058530

尾根を登って来る夫婦さんです。

Dsc058570

この尾根は、シャクナゲ尾根と名前を付けてもいいくらいの多さでした。

Dsc058590

Dsc058700

Dsc058740

Dsc058790

Dsc058810

Dsc058830

Dsc059020

Dsc059060

Dsc059090

烏帽子岳の山頂です。

Dsc059240

狗留尊山に行く尾根は、アセビがいっぱい咲いていました。

Dsc059270

狗留尊山の頂上

Dsc059280

反射板のある場所です。

Dsc059320

Dsc059340

無事帰れたので、長楽寺にお参りしました。

Dsc059390

地区のおばさん達が、何か準備をしていました。(何かあるのかな)

Dsc059380

隣にある馬頭観音堂にもお参りしました。

Dsc059370

「くぁんおん」とは、

「観世音(くわんぜおん)」の略。◆仏教語

Dsc059430

篠立地区では、「こんにちは」と何人も私に声を掛けてくれる。

登山者同士なら普通だが、ここの住民は優しい人が多いと思った。

Dsc059440

駐車場に15時30分に着いた。約6時間半で帰れました。

Dsc059450

今年は、シャクナゲの当たり年なのでしょうか

今日は行って良かったと思い帰ってきました。

篠立から焼尾山へ、柵の横を通り中電の巡視路を歩たのでこのブログを

見た人から苦情が来ないか心配です。

以前のブログです。時間があったら見てください。

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-5503.html

今度、皆で行く登山は10日(土曜日)です。

場所は滋賀県の猪ノ鼻ヶ岳です。ここもシャクナゲの群生地があります。

またシャクナゲが見れます

« 江南(曼陀羅寺公園)ふじまつり | トップページ | ヤマシャクヤクを見に横山岳へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 江南(曼陀羅寺公園)ふじまつり | トップページ | ヤマシャクヤクを見に横山岳へ »