« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月26日 (月)

武平峠~雨乞岳(あまごいだけ)~清水頭までの往復の予定が!

5月24日(土曜日) 

鈴鹿セブンマウンテンの一つ雨乞岳に登ってきました。

ちなみに残りは、藤原岳・竜ヶ岳・釈迦ヶ岳・御在所岳・鎌ヶ岳・入道ヶ岳です。

坂さん、安藤さん、なべさんは初めて登る山でした。

鈴鹿スカイラインの武平峠をスタートして、雨乞岳から綿向山に向かう途中の

清水頭(しょうずのかしら)までの往復の予定で出かけたが・・・

途中で撤退しました。

今日のメンバーは5人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、私)

鈴鹿スカイラインを走り武平峠に向かう途中で、松井さんがカモシカを見付けた。

Dsc06418_2

御在所ロープウェーのコマーシャルで「あぁ・カモシカ」と言っているのを聞いて、

カモシカなんか居ないと思っていたが、本当に居るんだ。

Dsc06415_2

武平トンネルが通行止めになっていたので、手前の駐車場に戻り止めた。

Dsc06420_2

Dsc06421_2

Dsc06422_2

トンネルを抜け少し歩いた右手に登山口があります。Dsc06429_2

Dsc06427_2

Dsc06431_2

シャクナゲが咲いていました。Dsc06437_2

Dsc06439_2

Dsc06440_2

コクイ谷とクラ谷の分岐です。クラ谷に入る。Dsc06441_2

Dsc06443_2

コイワカガミ

Dsc06446_2

クラ谷を登っていく。Dsc06453_2

Dsc06454_2

Dsc06458_2

Dsc06461_2

Dsc06467_2

Dsc06469_2

Dsc06471_2

Dsc06481_2

源流に近づくと樹林帯になる。Dsc06483_2

七人山のコルに着き、左手の稜線を歩く。Dsc06484_2

Dsc06485_2

今まで山の景色が見えなかったが、ここに来て鎌ヶ岳が見えた。Dsc06486_2

Dsc06487_2

タテヤマリンドウやフデリンドウと言います。Dsc06495_2

東雨乞岳に着いた。Dsc06496_2

Dsc06498_2

雨乞岳に向かうDsc06509_2

雨乞岳頂上

Dsc06514_2

清水頭に向かう。背丈以上のササを掻き分けて進む。Dsc06517_2

Dsc06528_2

Dsc06530

奥の高い山が綿向山、手前の笹原が清水頭です。

なべさんが体力の限界を言い出したので引き返すことにした。Dsc06527_2

引き返して雨乞岳に向かう。Dsc06522_2

我々5人を写した写真がブログにありました。

シングル スマイル ver ブロぐ http://d.hatena.ne.jp/single779/ のです。

(ブログより) 岩場を登り、深い笹薮を掻き分けて進むと、登山者が歩いてた。

先行者かと思いきや、武平峠から雨乞岳に登ってきた登山者らしい。

少し足を伸ばして清水頭を見に行ったそう。20140524201422

このコメントを書けるのは、雨乞岳で話をした人です。

写真の右端に座っている人です。

綿向山から雨乞岳を往復する凄い人(kotokeke)さんです。

kotokekeさんのヤマレコです。(ヤマレコとブログの両方を出して見えます)

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-452960.html

凄い人だと知らず、写真を撮らなかった(残念でした)

Dsc06532_2

景色の良い東雨乞岳に戻り昼食にした。Dsc06533_2

Dsc06535_2

Dsc06537_2

Dsc06545_2

これより下山

Dsc06547_2

Dsc06548_2

Dsc06551_2

Dsc06552_2

ギンリュウソウ

Dsc06556_3

Dsc06564_2

Dsc06565_2

Dsc06569_2

今日のコース

6:00羽島 ~ 駐車場7:45 ~ 7:55登山口ここは①です ~ 9:06ここは④です

 ~ 10:12ここは⑦です ~ 10:46東雨乞岳10:51 ~ 11:05雨乞岳11:12  ~ 

清水頭手前 ~ 11:58雨乞岳12:03 ~ 12:20東雨乞岳12:48 ~ 

15:04武平トンネル ~ 15:17駐車場 ~ 15:40お風呂(グリーンホテル)16:30

 ~ 17:50羽島 

| コメント (0)

2014年5月18日 (日)

釜ヶ谷山を「山びこコース」で歩いて来ました。

5月18日(日曜日)

今日は山県市の釜ヶ谷山(かまがたにやま)です。

「かま」と聞くと、鋭い草刈鎌を思いだすが、ここの「かま」はお釜です。

山容がお釜を伏せたようだからそうです。

今回は伊自良のおばあちゃんに逢いたかったので、この山にしました。

今日のコースは、

「山たまごの東海岳行」さんのデーターを参考にさせてもらいました。

このコースをずばり歩いてきました。

Kamagatani_1

いじら湖荘前の駐車場からスタート

Dsc06305_2

甘南美寺(かんなみじ)に向かいます。

Dsc06306_2

Dsc06307

お参りを済ませ、寺の裏からスタートし中電の巡視路を歩きます。

駐車場と伊自良湖が見えます。

Dsc06314_2

みぞれ林道に向かいます。今まで登ってきた分の高度を下ります。

Dsc06315_2

みぞれ谷を登り、奥の院コースに合流します。

Dsc06319_2

甘南美寺 奥の院です。

Dsc06326_2

甘南美とは甘南備、神奈備が転じた名前です。

神奈備(神の棲む所の意)の意味から、昔は名前が知れた

場所だったと思うが、今はその感じはしない。

甘南美寺の奥の院を甘南備神社と言います。(下がお寺、上が神社です)

字は右から左に読む形です。神明備南甘でなく甘南備明神(かんなみみょうじん)

Dsc06328_2

行者岩

Dsc06329_2

Dsc06330

行者岩の上からの景色です。

Dsc06334_2

Dsc06333_2

釜ヶ谷山の頂上です。

Dsc06346_2

若い人達です。カレーライスを食べていた(いい香りがしていた。カレーもいいな)

話の内容から、学校の先生のようだ。(話し声が聞こえてきた)

Dsc06338_2_2

頂上には千把小屋(せんばこや)があります。 

千把(せんば)は雨乞い行事の千把焼きから付けたようです。

伊自良には雨乞い行事が昔からありました。

伊自良の雨乞いと太鼓「伊自良十六拍子」は,およそ300年以上前から伝承

されています。その昔,伊自良の地域に日照りが続くと,10ある地区の村人が

釜ヶ谷の山頂に集まって,鉦と太鼓を雷鳴のように打ち鳴らして雨乞いをかけ,

雨をよんでいました。この雨乞いの行事は,

『龍廻し・千杷焼・太鼓「伊自良十六拍子」』を中心に行われてきました。

Dsc06341_2

Dsc06340_2

今日の山は若い子が多い。写真を撮らして貰った。(許可を貰いました)

ブログに出す許可は貰っていませんが、苦情がありましたらコメントください。

Dsc06349_2

ここから、まだ歩いたことのない「山びこコース」です。

岐阜市からの3人(中高年)の登山者です。

Dsc06350_2

坊主ヶ池

Dsc06353_2

人形杉

Dsc06354_2

Dsc06357_2

山びこ小屋

Dsc06358_2

Dsc06359_2

釜ヶ谷

Dsc06366_2

Dsc06370_2

石の階段から熊野古道のように参拝者が多かったような気がする。

Dsc06374_2

雨乞いの森     昔この広場で雨乞い行事が行われたようです。

Dsc06378_2

Dsc06376_2

もちつつじ

Dsc06379_2

梅雨に入ったら出てくる嫌われものヤマヒルです。

昔、ここはキャンプ場が賑わっていたが、

板取地区でキャンプ場が出来たので今は寂れています

Dsc06382_2

伊自良湖に下りて来ました。

Dsc06385_2

山を下りて、おばあちゃんに逢いに行った。

伊自良地区の最上部が長滝です。

おじいちゃんもおばあちゃんも同じ長滝の生まれです。

昔の人は地元で結婚したので親戚が近所に多く住んでいます。

おばあちゃんに昔の伊自良の話を聞くと大変興味が湧きます。

今度、伊自良の自然・歴史を探して歩きたいと思っています。

調べた事はブログに「伊自良の自然・歴史」で出します。

おばあちゃんは今月5月で満88歳になります。

米寿のお祝いだが今年の2月頃から足腰が弱り室内でも杖を突いて歩いている。

早く良くなって貰って、米寿のお祝いをしてあげたい。

2014.02.25
東海テレビ・スイッチで放送されました。  
岐阜・伊自良地区のまち自慢です。

初めての試みで、テレビから撮影しているので音声が少なく聞きにくいです。

http://youtu.be/ZD5qo_1JXmU

| コメント (0)

2014年5月10日 (土)

猪ノ鼻ヶ岳(いのはながたけ)と鎌掛谷ほんしゃくなげ群落

5月10日(土曜日)

今日は滋賀県蒲生郡日野町の猪ノ鼻ヶ岳(いのはながたけ)508m登山と、

鎌掛(かいがけ)のほんしゃくなげ群落のしゃくなげを見に行ってきました。

音羽城跡か鎌掛峠に車を停めて猪ノ鼻ヶ岳登山としゃくなげ見学を予定して

羽島を6時35分に出発した。

メンバーは5人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、私)

車の中では、健康の話が多い。(皆それぞれに少なかれ病んでいる

鈴鹿スカイラインに登山者の車が路肩まで止まっていた。

前日の中日新聞で「アカヤシオが満開」の記事で、出掛けた人が多いかも。

音羽城跡過ぎ、鎌掛峠も車が一台も止まっていない。

鎌掛峠を過ぎたら、直ぐほんしゃくなげ群落の駐車場に着いてしまった。

順番は逆になるが、ほんしゃくなげを先に見ることにした。

広い駐車場には一台も車がなかった。

コースタイム

羽島6:35 ~ 8:45ほんしゃくなげ群落10:25 ~ 10:30藤の寺「正法寺」11:00 ~ 

1115猪ノ鼻ヶ岳14:25 ~ 14:45大河原温泉かもしか荘16:00 ~ 17:30羽島

Dsc061800

Dsc061810

Dsc061830

「森の家」は閉まっていた。保全協力金400円を徴収する人も居なかった。

あぁ~ しゃくなげの花は終わったのだ~ と思った。(少し遅かったか

でも少し期待して、しゃくなげ渓がどんな所か見に行くことにした。

Dsc061850

珍しいツバキが咲いていた。

Dsc061880

何かの花に似ています。

Dsc062000

カーネーションに似たツバキです。

Dsc062010

Dsc061920a

しゃくなげが咲いていてくれました。

Dsc061950

Dsc061970

Dsc061990

Dsc062030

Dsc062060

ここから群落地です。

Dsc062100

Dsc062080

Dsc062090

花は盛りを過ぎていました。

Dsc062110

Dsc062120

Dsc062140

白いしゃくなげは少し遅咲きなのか、まだきれいでした。

Dsc062150

Dsc062180

Dsc062210

展望台に向います。

Dsc062220

展望台より

Dsc062260

しゃくなげが満開の時、ここからの景色は最高でしょうね。(想像してみた

Dsc062250

ここが最終点で、林道を歩き駐車場に向かった。花はベニドウダンです。

Dsc062320

山つつじ?きれいです。

Dsc062340

森の家に着いたらおじさんが居た。(料金は請求されなかったよかった)

Dsc062360

安藤さんは、ほんしゃくなげの苗を買った。

Dsc062380

Dsc062400

Dsc062420

次は登山でなく、藤を見に 藤の寺「正法寺」しょうぼうじに向かった。

Dsc062430

Dsc062440

Dsc062450

藤は今が見頃でした。

Dsc062480

Dsc062490

樹齢320年は竹鼻別院の藤と同期でした。

Dsc062530

Dsc062520

Dsc062500

Dsc062560

Dsc062580

ここは入らず帰った。(500円は少し高い)

Dsc062590

鎌掛峠に戻り、猪ノ鼻ヶ岳登山です。

Dsc062600

宝殿(ほうでん)林道を歩きます。

Dsc062610

このツツジはモチツツジです。葉を触るとねばっとします。

Dsc062630

Dsc062640

正面に猪ノ鼻ヶ岳が見えてきます。やがて道は左右に分かれ、左の道を行きます。

Dsc062660a

登山口を見落として、林道を進んでしまった。下3枚は間違えた道です。

Dsc062670

Dsc062680

Dsc062690

黄色の登山道が正解ですが、私はGPSを持っていましたが、

赤の道を進み皆に無駄苦労を掛けてしまい、すみませんでした。

Adsc061700

戻り、黄色の道を進みます。入り口は見落としてしまう程、分りにくいです。

Dsc062710

ロープがある急な道です。

標識は猪ノ鼻ヶ岳でなく、宝殿ヶ岳(ほうでんがたけ)です。

Dsc062720

猪ノ鼻ヶ岳の頂上は、雑木で覆われていて展望はありません。

Dsc062750

隅で昼食を取り、下山した。

Dsc062840

すき間から綿向山(わたむきやま)が見えます。

Dsc062850

Dsc062860

Dsc062870

Dsc062890

鎌掛峠より見える猪ノ鼻ヶ岳です。

Dsc062900

帰りの風呂は、御在所に戻りグリーンホテルに入る予定だったが、

かもしか荘の温泉の旗が目に入った。

2年前ぐらい、ここに来たら閉鎖されていた。

以前は国民宿舎だったが、今は水口センチュリーホテルグループ

甲賀の奥座敷 大河原温泉 かもしか荘です。

Dsc062960

Dsc062970

いいお湯でした。かもしか荘のHPhttp://www.kamoshika-yado.com/

いい人と来て泊まりたい温泉でした。(穴場ですよ)

今日は登山というより、観光旅行のようなでした。

みんなで行く山登りは、楽しいと思う一日でした。

ユーチュウブに写真を載せました。http://youtu.be/dTW-9Iya74Q

| コメント (0)

2014年5月 6日 (火)

ヤマシャクヤクを見に横山岳へ

5月6日(火)振替休日

4連休の最後の日、朝起きて天気が良かったので、

滋賀県の横山岳に行くことにした。

何度も行っているので、GPSは持たないで出かけた。

朝7時過ぎに出て、コンビニと道の駅に寄り、白谷登山口に9時に着いた。

すでに乗用車10台以上とマイクロバス1台が止まっていた。

マイクロバスの運転手さんは駐車場で、皆が帰るまで待っているようだ。

Dsc059550

今日のコース  黄色は林道、が登山道です。

登りは白谷本流コースで、帰りが東尾根コースです。

Bdsc039460

白谷本流コースで通行止めの場所があり、太鼓橋まで谷を登って行った。

登山道は歩きやすいように整備されていた。

Dsc059570

Dsc059580

ハシゴを登り、ガードレールを越します。

Dsc059660

上に出ると、太鼓橋に着きました。

Dsc059680

Dsc059590

経の滝です。

Dsc059710

Dsc059730

Dsc059760

ニリンソウです。

Dsc059810

Dsc059860

五銚子の滝

Dsc060010

ワサビが沢山ありました。登山者は採らないとゆうマナーがあるから。

Dsc060100

Dsc060090

イチリンソウです。ニリンソウの花の5倍はあります。葉はよく似ています。

Dsc060180

五銚子の滝を登った上から、今日の目的ヤマシャクヤクがありました

同じ場所に群生はしていません。登山道沿いにチラホラ咲いています。

今日は20輪ぐらい見ました。

写真を沢山撮ったので選ぶのに迷いました

Dsc060210

Dsc060220

Dsc060340

Dsc060390

Dsc060430_2

Dsc060540

Dsc060680

Dsc060740

Dsc060460

イカリソウが登山道沿いに沢山咲いていました。

Dsc060300

Dsc060490

Dsc060790

白い花はヒトリシズカでっす。     ヒトリシズカは寂しいからイカリソウが

Dsc060670

横山岳の頂上に着いたら、団体さんがいた。

右から2人目は女子小学生です。「よく頑張ったねぇ」と言ってあげたかった

Dsc060850

山菜の天ぷらパーティーでした。いろんな葉っぱを天ぷらにして食べてみえました。

Dsc060880

展望台(物置小屋)に乗り写真を撮った。肉眼では琵琶湖が見えるのだが・・・

Dsc060890

私が登ったので、少女は上に登りたくて仕方がない。

少女は女性(母親よりは年上)を誘って登った。

Dsc060930

Dsc060950

帰りは、東尾根コースで下りた。

Dsc060980

タムシバ

Dsc061020_2

Dsc061370

手前が余呉湖で奥が琵琶湖

Dsc061080

イワナシ

Dsc061060

イワウチワ

Dsc061300

新緑のブナ林

Dsc061410

Dsc061440

夜這いの水(よばいのみず)

Dsc061600

雑草だが、去年ここに来た時に気になった雑草です。

葉っぱに目が付いた様に見える。黒く見えるのは黒い物が付いたのでなく

葉緑素が抜けていると説明した方がいい。下の2枚目はそれほど目立たない。

おもしろ葉なので写してみました。詳しいことを知っている人はコメントを下さい。

Dsc061640

Dsc061650

駐車場に着いたら、運転手さんが待ってみえた。

「何処からの団体ですか?」と声を掛けてみた。

「半田市の山の会・・・・」と言われた。(半田ファミリー山の会かも?)

小学生の女の子のことを聞いたら、

「小学校2年生で今日は、おばあさんと来ている」と言われた。

頂上で展望台に登ったのは、おばあちゃんだったんだ。若いおばあちゃんだ

運転手さんの話では、月に2回ほど山に行くらしい。

今度の山行予定を教えてくれた、やさしい運転手さんでした。

Dsc061670

駐車場から少し出て、横山岳を振り向いて見ている。

Dsc061680

Dsc061690

今日は、ヤマシャクヤクを沢山見れて良かった。

イカリソウ・イワナシ・イワウチワは長く花が咲いていない。

そんな花が一緒に見れてラッキーでした。

マイスライドショーでまとめてみました。

http://youtu.be/pwgK9FxC1GQ

| コメント (0)

2014年5月 4日 (日)

焼尾山~三国岳~烏帽子岳~狗留尊山(篠立パーキングから一周)

5月4日(日曜日)祝日 みどりの日

5月に入り、シャクナゲが見頃だろうと思い、焼尾山・三国岳・烏帽子岳に

1人で登って来ました。

焼尾山は鞍掛峠から登れば直ぐですが、今日は篠立パーキングから歩き、

一周するコース(焼尾山・三国岳・烏帽子岳・狗留尊山)に挑戦してきました。

前日にPCでGPSにコースを入れた。

かなり長い距離なので8時間は掛かると思い、朝早く家を出ようとしたが、

起きれない。(内心、止めようかと思う)でも、ご飯を食べ8時に家を出た。

登山口の篠立パーキングまでは、渋滞に遭わずスムーズに行け、1時間後の

9時前に着いた。篠立パーキングのトイレを借り、9時に出発した。

ここから歩くのは初めてなので、GPSを頼りに歩いた。

今日のコース

Dsc057650c

初めに書いておきますが、凄いシャクナゲの群生地でした。

これだけのシャクナゲが咲いてのを見るのは初めてです。

写真ではその迫力が出せないので残念です。ではスタートします。

Dsc057690

Dsc057700

Dsc057720

私有地のつき、林業関係者以外は立ち入りを禁止します と書いてあります。

私は入りましたが、皆さんにお勧めできません。

Dsc057730

Dsc057740

中電の巡視路を歩かせてもらいます。

Dsc057750

Dsc057760

鉄塔の下を登っていきます。

Dsc057790

Dsc057890

ここからシャクナゲがありました。あまりの多さに、「凄い・凄い」言葉の連続でした。

Dsc057910

Dsc057920

Dsc057940

Dsc057950

Dsc057990

Dsc058200

Dsc058250

Dsc058270

ここが焼尾山の頂上ですが、プレートがありませんでした。

日当たりが良い場所のシャクナゲはもう枯れかけていました。

明日は雨の予報なので、これだけの凄さの花は今日迄でしょう。

Dsc058300

一枚私の写真を撮りました。この写真は拡大出来ません。

Dsc058320

次に三国岳に向います。行く尾根にはシャクナゲの木は一本も無かった。

下の写真は、カタクリです。

2枚とも同じ花ですが、写す位置が違うだけで、花の色がこれだけ違います。

Dsc058470

Dsc058480

三国岳の最高点です。

Dsc058490

ここが三国岳の山頂です。

Dsc058500

これから尾根歩きで烏帽子岳に行きます。

Dsc058530

尾根を登って来る夫婦さんです。

Dsc058570

この尾根は、シャクナゲ尾根と名前を付けてもいいくらいの多さでした。

Dsc058590

Dsc058700

Dsc058740

Dsc058790

Dsc058810

Dsc058830

Dsc059020

Dsc059060

Dsc059090

烏帽子岳の山頂です。

Dsc059240

狗留尊山に行く尾根は、アセビがいっぱい咲いていました。

Dsc059270

狗留尊山の頂上

Dsc059280

反射板のある場所です。

Dsc059320

Dsc059340

無事帰れたので、長楽寺にお参りしました。

Dsc059390

地区のおばさん達が、何か準備をしていました。(何かあるのかな)

Dsc059380

隣にある馬頭観音堂にもお参りしました。

Dsc059370

「くぁんおん」とは、

「観世音(くわんぜおん)」の略。◆仏教語

Dsc059430

篠立地区では、「こんにちは」と何人も私に声を掛けてくれる。

登山者同士なら普通だが、ここの住民は優しい人が多いと思った。

Dsc059440

駐車場に15時30分に着いた。約6時間半で帰れました。

Dsc059450

今年は、シャクナゲの当たり年なのでしょうか

今日は行って良かったと思い帰ってきました。

篠立から焼尾山へ、柵の横を通り中電の巡視路を歩たのでこのブログを

見た人から苦情が来ないか心配です。

以前のブログです。時間があったら見てください。

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-5503.html

今度、皆で行く登山は10日(土曜日)です。

場所は滋賀県の猪ノ鼻ヶ岳です。ここもシャクナゲの群生地があります。

またシャクナゲが見れます

| コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »