« 竹鼻別院の藤・羽島公園の藤 | トップページ | 江南(曼陀羅寺公園)ふじまつり »

2014年4月26日 (土)

総門山の予定が、北総門山までで帰ることに!

4月26日(土曜日)

今日の山の予定は、三重県多気郡大台町の総門山(そうもんざん)948.6m

でしたが、総門山が目の前に見える北総門山(きたそうもんざん)704mです。

松井さんが、「短時間で楽に登れる山」を探して総門山を決めてくれた。

これは「三重県の山」総門山のコースタイムです。

歩行時間1時間35分の楽に登れる山の予定でしたが・・・・

Adsc056460_2

メンバーは4人(松井さん、なべさん、安藤さん、私)

坂さんは体調不良で欠席でした。

コースタイム

6:00羽島 → 6:35桑名東IC → 8:00大宮大台IC → 8:30駐車場8:45 → 

11:22北総門山12:22 → 14:10駐車場 → 14:26奥伊勢フォレストピア15:15 

→ 15:30大宮大台IC → 17:20羽島

大宮大台IC手前の奥伊勢PAでトイレ休憩をした。

売店は8時半からでしたが、帰ろうとした7時40分位にオープンした。

ここで握りたてのおにぎりを買った。

私は「たぬき」というおにぎりが珍しかったので買って直ぐ食べた。

天かすが入った味付けおにぎりでした。五目御飯風で味付けは甘い。

大宮大台ICを下りる時、今日登る総門山が正面に見えます。

行く時は知らなかったが後で調べて分った。

Adsc0555401

Tizu

高速を下り、奥伊勢フォレストピアを通り過ぎ、総門林道を行くと行き止まり。

想定外の事態でした

Adsc056370

Adsc056380

奥伊勢フォレストピアまで戻るか、ここから登るか迷い、ここから登ることにした。

Adsc055560

現在地は下の地図を見てください。

Adsc055570

ここからスタートです。なべさんが見ているのはワラビです。

Adsc055580

周りにはシキミが植樹してあります。Dsc056340

Adsc055600

シキミの花

Adsc055610

アセビの新芽の赤が、花が咲いた様できれいです。

Adsc055630

第2の総門林道を作っているかと思う程の広い道です。

Adsc055640

「野鳥の森」の入り口があったが、入らずにこの林道を進んだ。

この判断が間違っていた

Adsc055650

道を作っている横を通してもらった。

Adsc055660

道はかなり急です。四駆でしか登れないと思う道を必死に登った。

しばらく行くと道が無くなった。山の中を道を探して登ったが・・・・・

私はGPSを持っていたが、安いので登山地図が入っていない。

いつもは自宅のPCでポイントを入れてコースを作っている。

北総門山の方角は分るが、ここの場所は入れていない。

引き返すことにした。

Adsc055670

作業をしていた兄さんに道を聞いたら、

作業を止めて近くの道標のある場所まで連れて行ってくて教えて頂いた。

ありがとうございました。

Adsc055680

赤丸が現在地です。山を登れば尾根に出る事が分ったが・・・・

Adsc055690

道は人が通った跡が薄く荒れていた。

道標が無く、道案内のテープも無い場所を、山の急斜面を登っていった。

Adsc055700

尾根に出たのは、東屋がある場所より50mほど西に行った場所でした。

尾根は緩やかな道で、アセビの花が満開に咲いていました。

Adsc055730

展望が良い場所です。

Adsc055780

Adsc055790

Adsc055810

北総門山の東屋が見えてきました。

Adsc055850

ミツバツツジがきれいです。

Adsc056050

車でここまで来れたら、総門山に登れたんですが

Adsc055910

西側の大台ケ原方面です。

Adsc055900

東屋から北から東方面が見えます。

Adsc055980

Adsc055990

Adsc056000

ここで昼食にした。

なべさんは「もう歩けない」と言いながらたぬきおにぎりを食べている。

松井さんと安藤さんは、総門山に登れるか時間を調べている。

安藤さんは「行きたい」と言っていたが、松井さんが「まだ2時間は掛かる」から

と言って、ここまでにすると決断した。

Adsc055960

お昼を食べ、集合写真を撮った。

Adsc056030

ツツジの後ろが、総門山です。登らなかったのでぼかしてみました。

Adsc056060

集合写真は総門山を入れました

Adsc056020

ここにあった地図です。これから黄色の木道を歩きヒメシャラを見ます。

Adsc055920

「三重県の山」にある写真です。葉が落ちているので秋のようです。

Adsc056840

倒木もあり、道は整備されず荒れています。

Adsc056090

Adsc056110

Adsc056120

Adsc056130

新緑が眼に優しく、気持ちがいい道です。

ヒメシャラは木肌がすべすべしています。

ある地方では「サルスベリ」と間違えて言われているようです。

ヒメシャラを漢字で姫沙羅と書くと意味が分ります。

ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木。ナツツバキに似ているが、花も葉も小さい。

リョウブも樹皮がすべすべしているが、ヒメシャラの方がすべすべ感が強い。

花言葉は「愛らしさ」    

Adsc056140

ヒメシャラの花ですが、今は咲いていません。これは夏の時期です。

Himesyaraa

尾根に戻り、尾根を歩きます。ここが奥伊勢フォレストピアと野鳥の森の分岐です。

Adsc056190

Adsc056200

急な下り道があります。新緑の中を歩くのは気持ちが良いです

Adsc056210

野鳥の森の東屋です。

Adsc056230

Adsc056240

Adsc056250

第1駐車場の案内があるので安心です。

最近は登山者が少ないのか、道跡がうすいです。

Adsc056280

山藤がきれいに咲いています。

Adsc056290

ワラビが沢山出ていました。

採って来たかは想像にお任せします。(場所に依っては採取禁止がありますから)

Adsc056320

14時過ぎ駐車場に着いた。休憩を入れ約5時間半でした。

Adsc056390

北総門山へは4コースあります。

総門山までは体力・経験を考えて計画してください。

Dsc056330

帰りの風呂は、奥伊勢フォレストピアの「奥伊勢宮川温泉」に入った。

松井さんがJAFの会員だったので200円引きで入れてラッキーでした

消費税UPにより料金が412円と半端でした。割引がなかったら618円です。

温泉の主成分は重曹泉で、昔から「美人の湯」、「美肌の湯」と

親しまれているだけあって、肌に優しい温泉でした。

Adsc056430

帰りは私がハンドルを握った。

ゴールデンウィーク前半の26日、高速道路の亀山~四日市が

渋滞するのではと心配したが割りと楽に走れた。

松井さんの車はよく走るので、運転が楽しい。

私はハンドルを握ると性格が変わりはしないが、

安全第一でスピードは出せる場所ではスピードを出して走ります。

同乗している人に、不安や恐怖を与える運転はしないよう気をつけています。

今回の登山は、目的地に行けなかったが天気が良く、楽しい山歩きでした。

今は、登山メンバーとの会話が楽しく、私の一番の楽しみです。

坂さんへ、みんなと一緒に山に行きましょうね

« 竹鼻別院の藤・羽島公園の藤 | トップページ | 江南(曼陀羅寺公園)ふじまつり »

(三重県)の山 その他」カテゴリの記事

コメント

もりもと ひろしさん 
コメントをありがとうございます。
ほとんどコメントのない私のブログに書込みがあり驚きました。
リュウマチ性多発筋痛症を克服し山に登ってみえるのですね。
いつまでもお元気で登り続けてください。

投稿: こつこつ | 2015年1月 1日 (木) 15時13分

2014 11 13
 北総門に登ってきました。地元大台町旧宮川村で生まれ育ち故郷を離れて
57年現在75歳です。中学2年の時に遠足で登ったとき以来でした。
フォレストピアに車を止め、以前の豪雨で傷んだ道は現在も工事中でまだ数年はかかるようです。3年前にリュウマチ性多発筋痛症にかかり、やっと癒え元の状態になったのでどれほどの体力が残っているか確かめる意味も含めて行きました。これからの自信につながったと自負しております。山頂で飛騨から登山に来たと云う人と出会ったが そんな軽装では死ぬよ と言われました。夕刻になりマジ寒かったです。

投稿: もりもと ひろし | 2014年12月31日 (水) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竹鼻別院の藤・羽島公園の藤 | トップページ | 江南(曼陀羅寺公園)ふじまつり »