« ぶらっと散歩(木曽三川公園・なばなの里・養老公園) | トップページ | 竹鼻別院の藤・羽島公園の藤 »

2014年4月12日 (土)

鹿島山・大鈴山・平山明神山

4月12日(土曜日)

3月の第4土曜日は設楽町(したらちょう)の段戸山と岩岳でした。

今回も設楽町の鹿島山(かしまやま)912m・大鈴山(おおすずやま)1012m・

平山明神山(ひらやまみょうじんやま)970mです。

岩岳から見た写真です。手前は名倉カントリークラブです。

Abdsc047950

Dsc026840

和市の登山口から鹿島山・大鈴山までは問題の無い登山道ですが、

平山明神山と堤石峠までの道は、岩場が多くアルプスを歩く感じでした。

メンバーは4人(松井さん、なべさん、安藤さん、私)

Adsc051870

羽島IC6:10 ~ 8:25登山口8:30 ~ 9:38鹿島山山頂9:43 ~ 

10:25大鈴山山頂10:45 ~ 12:10平山明神山山頂13:10 ~ 

15:10堤石峠 ~ 15:40登山口 ~ 18:00羽島IC

Dsc051920

駐車場から少し手前に戻り、川の左手の道から入る。

Dsc051980

杉や桧の植林された道を進む。

Dsc051990

東海自然歩道を池葉守護神社まで歩きます。

Dsc052000

神社直ぐ手前に休憩所がある。水場があるが生水は心配で飲めない。

Dsc052010

神社には寄らず進んだ。ここから東海自然歩道から外れる。

Dsc052040

Dsc052070

急勾配の登山道を登ると、鹿島山の山頂直ぐ手前に着く。展望はない

なべさんのポーズは朝のテレビで国分さんがやるようだ(’私は分らない)

Dsc052080

大鈴山までは雑木林の尾根道で歩きやすい。

平山明神山への分岐から急坂になり、登ると大鈴山の頂上に着く。

先客の二人がビールを飲み食事をしていた。

なべさんは登山者のおかずを覗いて、「お腹が空いた」と言っていた

Dsc052100

南アルプスがきれいに見えた。雪のある山で右から聖岳・赤石岳・荒川岳・・・

Dsc052140

Dsc052190

まだ昼飯には早いので、平山明神山で食べることにして出発した。

平山明神(初心者危険)の道標がある 

急な下り坂をグミンダ峠まで下る。

Dsc052220

峠から登り返し、やせ尾根を越えて進むと分岐に着く。

平山明神山へ進むと目の前に大岩が立ち塞がる。

ここからが岩登りです。周りに木が無かったらアルプスです。

Dsc052240

Dsc052250

ナイフリッジ状の岩場です。私の持っていたJPSではここが頂上だった。

国土地理院Adsc052940の鹿島山・大鈴山の山頂は正確だったが、

明神山はまだ先でした。

右に見えるのが平山明神山です。奥に見えるのが三瀬明神山です。

Dsc052330

なべさんは怖くてお尻を着いている。松井さんは心配して戻ってきた。

Dsc052360

頂上手前の鞍部で、リュックが30以上あった。

ここに来るまで殆ど登山者には会わなかったが、ここで団体に会うとは

Dsc052390

平山明神の頂上は狭くて、眺望はありません。

Dsc052400_2

Dsc052480

小鷹大明神本殿がある場所に行きました。

Dsc052430_2

Dsc052440

ここからの景色です。下は絶壁です。

Dsc052450

頂上に戻り、東の覗き(のぞき)を見に行った。

Dsc052490

Dsc052500

なべさんは、高い所が怖いけど見たい人ですね

Dsc052520

リックのある鞍部では、団体が昼飯を食べていた。

団体は静岡県浜松?から来たそうでした。

登山口を聞いたら「黒倉」と言われたらがどこか分らなかったので、

家に帰って調べました。この最後の書きました。

Dsc052550

我々は、西の覗きに行き昼食にした。木があるので恐怖感は無いが

前も左右とも絶壁の岩の上です。

Dsc052570

昼食を済ませて、分岐まで戻った。写真はナイフリッジ状の岩場です。

Dsc052610

Dsc052640

上の岩場から後ろを振り向いて見ています。

Dsc052650a

Dsc052660

ここが岩古谷山・大鈴山の分岐です。ここからがアップダウンの連続です。

Dsc052690

Dsc052710

ここで私は太股を攣ってしまった

直ぐ薬と水を飲んで、筋肉に「攣るな」と言い聞かせて治した。

Dsc052720

なべさんは「何処に足をかけるの?」と聞きなながら登っていった。

Dsc052740

Dsc052770

辛い時は、花が元気と安らぎをくれる。紫の花は、ミツバツツジです。

Dsc052780

ピンクの花は、アカヤシオです。

Dsc052810

Dsc052820

何度もアップダウンを繰り返し、やっと堤石峠に着いた。

「愛知県の山」では平山明神山から堤石峠まで1時間と書いてあるが、

Dsc052930

我々は休憩無しでも2時間掛かっている。上の時間には無理があります。

登られる人は時間に余裕を持って計画をしてください。

堤石峠の位置も、国土地理院とJPSでは誤差があります。

Dsc052860

里山はのんびりとした気持ちになる場所でした。

Dsc052870

白が梅、赤がしだれ桃、ピンクがしだれ桜と春がいっぺんに来たようだ。

Dsc052880

駐車場に戻りました。約7時間(休憩を入れて)の登山でした。

登山口8:30 ~ 9:38鹿島山山頂9:43 ~ 10:25大鈴山山頂10:45 ~ 

12:10平山明神山山頂13:10 ~ 15:10堤石峠 ~ 15:40登山口

Dsc052890

みなさん お疲れ様でした。

行きの運転は松井さん、帰りは私が運転して帰った。

帰り道に「しだれ桃の里」でしだれ桃がきれいに咲いていたが、

車が多かったので寄らずに車中から見るだけで通り過ぎた。

道の駅 「アグリステーションなぐら」に寄り、産地の物を買った。

登山も旅行と同じで、産地の物を買ったり食べる事が、幸せを感じさせてくれる。

今日は遅くなったので、風呂無しで羽島に帰った。

4月から消費税が8%になったが、高速料金は3月と同じ片道1200円でした。

なべさんは、明日の日曜日が仕事だが、筋肉痛で休まないか心配です。

家に帰り、団体が登った黒倉を調べてみた。

設楽町観光協会の登山ウォーキングマップでは、平山明神山は

黒倉からを紹介していまた。

Dsc052920_4 01p1250334_3

鹿島山・大鈴山のウォーキングマップでは

Dsc052910

« ぶらっと散歩(木曽三川公園・なばなの里・養老公園) | トップページ | 竹鼻別院の藤・羽島公園の藤 »

(愛知県)の山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぶらっと散歩(木曽三川公園・なばなの里・養老公園) | トップページ | 竹鼻別院の藤・羽島公園の藤 »