« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月22日 (土)

宮路山(みやじさん)・五井山(ごいさん)

2月22日(土曜日)

2月の登山といえば雪の少ない愛知県です。

1月の1回目は渥美半島の雨乞山・大山  2回目は豊川IC近くの吉祥山、

2月の1回目は春日井三山(道樹山・大谷山・弥勒山)でした。

今回も松井さんが、愛知県の山の中から選んでくれました。

今日のメンバーは4人(松井さん、なべさん、安藤さん、私)

坂さんは都合が悪く欠席でした。

今日の山は、旧東海道「赤坂宿」の西方、三河湾国定公園内ある

宮地山(みやちやま)362mと五井山(ごいさん)454mです。

宮地山は702年諸国視察の旅に出た持統(じとう)天皇が登ったといわれる

歴史を秘めた山です。

また「もみじ」の名所として「宮路越」が万葉集に歌われています。

ここの「もみじ」とは、「ドウダン」と呼ばれている「コアブラツツジ」のことです。

山肌に数千本が自生していて、新緑の季節にはつりがねの形をした可憐な

白い花を咲かせ、晩秋には紅葉し山肌を真っ赤に染めます。

Dsc044940a

今日のコースタイム

7:08羽島IC → 音羽蒲郡IC → 8:35第1登山口8:42 → 9:03宮地山9:06

→ 10:21五井山11:06 → 12:16宮地山12:50 → 12:57宮道天神社13:01 → 

13:15第1駐車場 → 13:40えびせんべいとちくわの共和国14:00 → 15:06羽島IC

Map

Dsc044950a

8:17音羽蒲郡ICDsc043860

第1駐車場は10数台ほどしか停めれないので、春や秋は直ぐ満車になるでしょう。ここにきれいなトイレがあります。Dsc043890

Dsc043910

Dsc043940

Dsc043950

Dsc043970

Dsc043990

コアブラツツジの群生地Dsc044010

宮地山頂上に「宮地山聖跡」の石碑がありました。大正2年(1913)持統天皇行幸を記念して立てられました。 Dsc044060

Dsc044110

眼下にまぶしく光る三河湾東部や渥美半島が見えますDsc044120

Dsc044090

宮地山には3分間居ただけで、次に五井山に向います。Dsc044170

ゆるやかな起伏なのでハイキング気分で歩けます。しかし今日は凄く寒かったので、北からの冷たい風で頬が痛かった。Dsc044180

目の前に頂上が見えてきました。Dsc044260

1時間15分歩いて、五井山山頂に着きました。Dsc044270

宮地山山頂とはひと味異なる三河湾の展望が素晴らしい。 眼下には蒲郡市街と竹島、遠くに渥美半島が見えます。 Dsc044550

Dsc044560

Dsc044570

Dsc044460a

Dsc044580

北側では御嶽山が見える。 羽島の方から見える形が違う。 Dsc044400

Dsc044490

雪を被った南アルプスDsc044420

Dsc044500

Dsc044440

Dsc044450

Dsc044600

これは何だと思います。不思議発見です。左の形と良く似ています。原始生物か未知なる生物画にも見えます。Dsc044620a

Dsc044650

詳しくは分りませんが、虫が食った跡ですね。 Dsc044660

帰路は復路を戻り、宮地山で再度寄り、コーヒータイムをした。Dsc044770

豊川・豊橋市街方面と長い渥美半島Dsc044810

Dsc044870

  宮道天神社Dsc044970

ここから富士山が見える時もあるらしい。そんな時はラッキーだろうな。Dsc044910

Dsc044900a

Dsc045020

帰りに、音羽蒲郡IC前のえびせんべいとちくわの共和国で無料のコーヒーとえびせんべいの試食を頂きました(ご馳走様でした)

Dsc045030

正面は伊吹山です。雪が無くなって花が咲き始めたら行きたいなぁ。Dsc045160

羽島には15時過ぎに着いた。

宮地山はドウダンツツジの花の時期と紅葉の時期にまた行きたい山でした。 

月2回、松井さんのお陰で遠くの山に行けます。ありがとうございます。

皆さん お疲れ様でした。

| コメント (0)

2014年2月16日 (日)

ぶらっと散歩 2月16日

2月16日(日曜日)

昨日、ソチ五輪でフィギュアスケート男子で羽生選手が金メダル、

今日は男子ラージヒルで葛西選手が銀メダルと明るいニュースが入ってきた。

今度の日曜日は3万5000人が参加する東京マラソン2014がある。

マラソンが多くの地域で開催されているのを見ると、マラソン人口が

年々増えている感じがする。

体を動かして心身共に健康な人が増えることは、大げさに言えば、日本の元気だ。

自分はマラソンをする体力や根性もないが、山歩きをする気力はある。

春になったら山に出かけようAruku_botann

今日は行き先も決めないまま出掛ける、ぶらっと散歩シリーズです。

行き先は、昔遊んだ場所や癒しの場所に自然と足が向う。今日はここです

奥に見えるのが138タワーです。川は良く遊んだ木曽川です。Dsc042850

Dsc042860

Dsc042870

今日は何かの大会のようです。Dsc042990

Dsc042960

Dsc042970

凄く大きい魚です。釣った魚の長さを測っています。この魚で43cmでした。Dsc042950

最後まで居なかったので誰が優勝したのかは分りません。Dsc042840

Dsc042800

健康の為に歩いて138タワーに行きました。春は桜の名所になります。Dsc043010

Dsc043240

Dsc043250

Dsc043270

アメリカフウ(モミジバフウ)http://kanon1001.web.fc2.com/foto_sinrin/K_mansaku/amerika_huu/amerika_huu.htmDsc043150

Dsc043190

ソシンロウバイ(素心蝋梅)http://www1.m.jcnnet.jp/hanazukan-mainn/hanaindex/sata/sosinroubai.htmlDsc043300

クロガネモチhttp://www.geocities.jp/greensv88/jumoku-zz-kuroganemochi.htmDsc043200

Dsc043580

Dsc043590

138タワーの北で凧あげ祭りをやっていた。Dsc043110

浜松の十軒町の凧です。

たこ由来

町の頭文字「十」は発展の情熱を赤字に、

背景に斜め三本線これは馬込川を表す。

Dsc043120

Dsc043410

Dsc043460

Dsc043520

Dsc043430

Dsc043380

Dsc043570

次はすいとぴあ江南に行った。お雛様を見ると娘や孫と祝ったひな祭りを思いだす。Dsc043630

Dsc043670

Dsc043650

Dsc043610

Dsc043660

少し早いですが、晩ご飯は昔よく食べた大田屋さんの煮込みうどんです。Dsc043810

メニューは煮込みうどん一品しかない。注文を聞くときは「ごはんどうします?」だけだ。Dsc043750

Dsc043770

鶏肉は親鳥なので硬い、でも噛み締めると味わいがある。麺は乾麺を使っている。

私が小さい頃、実家でよく食べた味で素朴というか懐かしい味です。

晩ご飯に食べて残ったものを翌朝、温かいごはんに乗せて食べるのがご馳走だった。Dsc043790

汁も残らず美味しく頂きました。娘から「汁は残すように」と言われているがDsc04380

昔を懐かしく思い出したり、人恋しく思うのは歳の性なのだろうか。

ご飯を一緒に食べて会話できる女性が居たら、ボケなくて若さを保てるだろうなぁ。

そんな人・・・・いないかなぁ。(独り言です

つまらない写真ばかりですが、最後まで読んで頂ありがとうございました。

これからも暇な時はカメラを持ってぶらっと散歩します。

また見に来てくださいPhoto  Photo_2

| コメント (0)

2014年2月 9日 (日)

春日井三山(道樹山・大谷山・弥勒山)

2月9日(日曜日)

8日(第2土曜日)が仕事になったので、今日にして貰いました。

昨日(8日)だったら雪が降っていたので中止になっていたかも

結果、今日のほうが良かった

今日のメンバーは4人(松井さん、田内さん、安藤さん、私)

田内さんは5年振りの参加でした。(前回は舟伏山でした)

なべさんは前夜、「家でゆっくりしようと思います」とメールがあった。

坂さんは、親戚の法事で欠席でした。

今日の山は、愛知県の春日井市と岐阜県の多治見市の県境に連なる

愛岐(あいぎ)丘陵にある三山(道樹山・大谷山・弥勒山)です。

なので愛岐三山とか春日井三山と呼ばれているようです。

出発は春日井市都市緑化植物園です。グリーンピア春日井と呼ばれています。

コースタイム

羽島7:05 → 8:25植物園駐車場8:30 → 8:55細野キャンプ場 → 

9:50道樹山10:05 → 10:25大谷山10:35 → 10:55弥勒山11:25 → 

12:00植物園見学12:50 → 14:20羽島

Abdsc041760

朝早いので駐車場はガラガラAdsc040610

Adsc040620

時刻は8時半、植物園は9時オープンだったがトイレを借りることができた。Adsc040630

職員さんの優しい対応が嬉しかった。帰りもここに寄った。Adsc040650

細野キャンプ場に行く。細野町から見た大谷山(左の山)と道樹山(右の山)です。Adsc040690

グリーンピア春日井の字が見えますかAdsc040700

細野の部落を歩く。右の家の柵に案内標識があります。Adsc040710

昨日の雪で雪だるまを作ったのでしょう。Adsc040730

キャラクターが面白いAdsc040760

登山口に立派なトイレがあります。Adsc040770

Adsc040790

尾根道は木段が続いていて、かなりきつい。Adsc040810

Adsc040830

道樹山山頂かな?Adsc040860

道樹山のプレートが無いので、三角点に向った。Adsc040910

Adsc040870

東海自然歩道の標識の下に三角点があったが、道樹山のプレートが無かった。Adsc040900

Adsc040880

元に戻った。山の名前が雪の下になって分からなかった。ここが道樹山でした。Adsc040920

次に大谷山に向った。Adsc040960

雑木林の尾根をいったん下り、登り返すと窓のように日差し浴びる大谷山に着く。Adsc040970

遠くに伊吹山が見える。 伊吹山との直線状に、たぶん羽島がある。Adsc040990

池が見えるが、あれは犬山の入鹿池です。大谷山から見える範囲はこれくらいです。Adsc041000

Adsc041040

またいったん下る。Adsc041060

急坂を登ると、雑木林のトンネルの向こうに光が見える。Adsc041070

弥勒山(みろくやま)の頂上ですAdsc041080

大谷山では見えなかった、東・北東方面です。Adsc041090

御嶽山が少し雲があるがきれいに見えた。Adsc041100

ここに弥勒菩薩像が祭られている。この山の名前が付いた訳のようです。Adsc041300

恵那山も雲が湧き出る中で見える。Adsc041130

この東屋からは名古屋方面から鈴鹿山脈、養老山脈、伊吹山が見える。Adsc041240

 名古屋方面 Adsc041160

右奥に見えるのが藤原岳Adsc041170

奥の山が養老山脈Adsc041180

   犬山方面Adsc041190

Adsc041220

これより下山です。   陽が当たり雪が融けて、道はグチャグチャで歩きにくい。Adsc041320

林道をのんびり歩く。Adsc041340

Adsc041360

春日井都市緑化植物園(グリーンピア春日井)の動物ふれあい広場Adsc041370

Adsc041390

Adsc041400

Adsc041410

正面の温室に向う。Adsc041450

温室の中は、沢山の花がきれいに咲いていた。Dsc041460c

Dsc041470c

Dsc041520c

Dsc041530c

Dsc041550c

Dsc041560c

Dsc041680c

Adsc041600

スイカのように見えるサボテンAdsc041610

Adsc041630

Adsc041650

朝にトイレを借りた緑の相談所Adsc041700

Adsc041780

Adsc041710

Adsc041770

Dsc041720c

Dsc041730c

これをコピーして出かければ、道に道標番号が付いているので迷うことが少ない。Adsc041750

まだ寒い2月ですが、もう春の花が咲き始めています。ここへ来て春を探すのも良いですよ。また、駐車料金や植物園の入場料金が無料なのが良い。Adsc041790

Adsc041820

温室に付属した喫茶店で昼食を食べようかと下りて来たが、

混んでいたので諦めて羽島に帰り食べることにした。

田内さん お疲れ様でした。舟伏山より楽だと思いますが、疲れは

後から来るかもしれません。疲れが来なかったらまた行きましょうね。

松井さん ありがとうございました。

2008.12.7 坂さんと二人で内津峠より三山に登っています。

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-2c4c.html

| コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »