« 高屹山(たかたわやま) | トップページ | 2013 伊自良 秋の風物詩 »

2013年11月23日 (土)

飯盛山(いいもりやま)・外津汲山(とつくみやま)

11月23日(土曜日) 勤労感謝の日

今日は近場の山に登ってきました。

揖斐川の堤防を上流沿いに走っていくと、以前からきれいな三角形をした山が

気になっていた。それが飯盛山(いいもりやま)745mでした。

飯盛山は全国に多くある名前です。名前はお茶碗に飯を盛ったように見えるから

この名前が付いているが、今日の山はその通りでした。

この写真は外津汲山に登る途中から振り向いて飯盛山を見ています。

Adsc025830

今日のメンバーは3人(松井さん、なべさん、私)

坂さん、安藤さん、さっちゃんは来れなかった。

坂さんは息子さんの結婚式の為です。御結婚おめでとうございます

Photo

今日のコースタイム

羽島7:05 → 登山口8:30 → 9:20飯盛山9:35→ 10:30外津汲山10:50 →  

11:40飯盛山12:24 → 13:04登山口 → 13:33白龍の湯14:30 → 16:00羽島

Adsc025370_2

天狗の森公園広場の駐車場は5~6台の広さです。

Adsc025390

Adsc025410_2

Adsc025450

Adsc025460

左側が崩落しているので柵がある。後ろに見える山は小津権現山です。

Adsc025510

シャクナゲの蕾みがあるが、このまま冬を越すのだろうか?

Adsc025520

落葉の柔らかい道を踏みしめ進む。

Adsc025530

月の株です。  説明は下を読んでください。

Adsc025560

Adsc025570

Adsc025610

広い頂上に着いた。

Adsc025640

白く反射しているのが揖斐川です。

Adsc025680

上の写真の3倍ズームです。

Adsc025690

外津汲山に向う。テープを頼りに踏み後が少ない道を行く。

Adsc025780

Adsc025820

これはエビネランの葉です。春になったらどんな花が咲くのかな?

Adsc025880

外津汲山(とつくみやま)の頂上です。   プレートは西津汲と書いてある。

Adsc025980

岐阜方面を見ています。

各務原の航空ショーのブルーインパルスの飛行が観れた。

今日は練習で、本番は明日で色を付けます。

Adsc025970

御嶽山方面

Adsc025910

3倍ズームだと左隅に乗鞍岳や右に南アルプスも見えた

Adsc025920

名前が分からない木です。

Adsc025960

Adsc025940

この木の実は、渋柿の原種かな? 食べたら凄く渋い

Adsc026000

反射板の前を通り下りた。上りはここを巻いて登った。

Adsc026020

正面に飯盛山が見える。

Adsc026050

分りづらい道です。下りは間違えやすいので慎重に下りた。

Adsc026060

Adsc026070

Adsc025760

これは 熊の爪あとだ。

Adsc026090

飯盛山直下は急登です。

Adsc026120

Adsc026160

Adsc026170

飯盛山頂上に着いた。ここで昼飯にした。

Adsc026180

Adsc026190

Adsc026230

これより下山

Adsc026250

崩落現場

Adsc026280

Adsc026300

後ろに雪を被った山がある。 あの山が帰る道で見ることが出来た。

Adsc026310

駐車場に着いた。

車が3台あり、1台は先に帰ったから今日の登山者の車は4台でした。

Adsc026330

帰りの風呂は、藤橋の湯・白龍の湯かで私に決めさせてもらった。

Adsc026340

帰りは峠を越えて長者の里 に下りた。

峠から見えた雪を被った山は、能郷白山だと思います。

違っていたらコメント下さい。

Adsc026360

なべさんから、帰りに長いもを貰った。

旦那さんにお礼が言えなかったのでここで、 ありがとうございました。

皆さん 今日はお疲れ様でした。  楽しく、いい山でした

次回の山は、12月14日(土曜日)静岡県の竜爪山(りゅうそうざん)です。

忘年登山になりそうです。皆さん(坂さん、安藤さん、なべさん、さっちゃん)

参加してくださいね  松井さんよろしくお願いします。

« 高屹山(たかたわやま) | トップページ | 2013 伊自良 秋の風物詩 »

(岐阜県)の山 その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高屹山(たかたわやま) | トップページ | 2013 伊自良 秋の風物詩 »