« 雨ヶ岳(あまがたけ)・竜ヶ岳(りゅうがたけ) | トップページ | 8月は登山レポートが無いかもしれません(-_-;) »

2013年7月27日 (土)

びわ湖バレイから、夫婦滝ハイキングコースで白滝山までの往復

7月27日(土曜日)

今日はロープウェイでびわ湖バレイに行き、「夫婦滝コース」を歩き、

夫婦滝と白滝山を往復してきました。

「夫婦滝コース」天然イワナのすむ渓流を歩き夫婦滝を目指すコース
○「小女郎ヶ池コース」尾根道を歩き天空の池“小女郎ヶ池”を目指す絶景コース
○「比良岳コース」木々に囲まれた森を歩き比良岳を目指す森林浴コース

Adsc007740

松井さんが、坂さん・なべさん・さっちゃんが登れる山をと選んでくれた。

残念ながら、坂さんは、体調と都合が悪く欠席でした。

今日のメンバーは5人(松井さん、なべさん、安藤さん、さっちゃん、私)

なべさん、さっちゃんの元気な顔が見れて良かった。

6:00羽島 → 8:30びわ湖バレイ入り口 → 9:00ロープウェイ9:06 →  

9:08打見山頂上 → 心臓破りの坂を下り谷歩き → 10:23夫婦滝10:33 → 

11:08オトワ池 → 11:25長池1:130 → 11:45オトワ池 → 

11:55白滝山12:25 → 14:22打見山頂上 → 14:40ロープウェイ14:46 → 

14:50駐車場 → 17:38羽島

ロープウェイの料金は、大人往復1800円ですが、アンケートに答えて、

割引券料金で1500円でした。  

Adsc005640

Adsc005670

矢印はペットボトルのキャップで作ってある。

Adsc005680

Adsc005730

Adsc005700

120人乗れるロープウェイの中は広い。

観光バスを2台合わせたぐらいの大きさです。

Adsc005710

Adsc005740

かわいい従業員さんでした

Adsc005750

Adsc005790

Adsc005800

心臓破りの坂を下ります。ここを登るのはキツイ

Adsc005820

Adsc005840

前日の雨で谷が増水しているかもしれない。渡れるか少し心配になった。

Adsc005860

水冷のクーラーのようだが、なぜここにあるのか分らない

Adsc005870

クリンソウ園

Adsc005900

Adsc005910

花は終っていた。

Adsc005920

こんな橋を渡って行きます。

Adsc005950

Adsc005990

ウサギ岩  ウサギに見えないなぁ

Adsc006040

Adsc006050

目を書いたら、モルモットに似ている

Usagiiwa

我家で飼っていたモルモットのちゃちゃです。

Cyacya

前日の雨で岩が濡れていたので、慎重に歩いた。

Adsc006070

Adsc006120

苔がきれいだ。

Adsc006140

Adsc006160

名前は分らないが、野イチゴです。一つ食べてみた感想は、甘みが無い。

摘んでジャムにしたら美味しい・・かも。 でも摘んでは来なかった。

Adsc006240

Adsc006250

おぉ  このキノコは食べれるだろうか  写真に撮っただけです。

Adsc006270

Adsc006290

Adsc006300

Adsc006310

流れた橋の場所ですが、問題なく渡れた。

Adsc006330

ここが分岐です。夫婦滝を見たら戻って音羽池に行きます。

Adsc006350

Adsc006370

仲の良い夫婦のように、揃って流れ落ちている。

Adsc006410

Adsc006440

Adsc006510

Adsc006610

この写真はパンフレットより

Dsc0077900

滝見台です。ここからは良く見えない

Adsc006630

分岐に戻り、オトワ池に向う。

Adsc006700

オトワ池に着いた。

Adsc006730

Adsc006760

Adsc006740

なべさん、さっちゃんはオトワ池で休憩していた。

リックを置いて、3人で長池に行った。

Adsc006800

Adsc006840

Adsc006930

Adsc006950

Adsc006970

オトワ池に戻り、白滝山に向った。

Adsc006990_2

途中で蓬莱山が見えた。

Adsc007000

展望の無い山頂です。ここで昼食をとった。

Adsc007020

Adsc007040

「血が着いているよ」と言われ、右足を見たら、ヒルに噛まれ、出血していた。

痛くも、かゆくも無かった。ヒルは満足したのだろう、足には居なかった。

Adsc007050

帰りは、来た道を戻った。

Adsc007070

Adsc007080

Adsc007120

Adsc007170

Adsc007200

心臓破りの坂は登らず、ゲレンデ周遊コースを歩いた。

Adsc007240

緩やかな坂に見えるが、キツイ登りです。なべさん、辛そうです

元気なのは、先頭を行く安藤さん

Adsc007260

ターザンのように空中を飛んでいた。気持ち良さそう

Adsc007280

Adsc007290

ここが着地点です。

Adsc007310

パンフレットより

Adsc007760

リフトの下は、ヘメロカリスがきれいに咲いていた。

Adsc007380

ウオータースライダーで元気に遊ぶ子供たち。

Adsc007400

振り返ると、蓬莱山が見える。

Adsc007420

なべさん あと少し 頑張れ  心配そうな安藤さん。

Adsc007440

山頂に着いた

Adsc007490

早速 なべさんは、かき氷を買った。「あぁ~ 生き返った

Ddsc00748_2

晴天なら遠くまで見れる展望台だが、今日はガスで見えない

Adsc007500

Adsc007470

天気が良かったらこんな景色です

この写真は今年4月の蓬莱山・打見山に登った時のです。

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-5568.html

Adsc033580

ロープウェイで下りて行く時の写真です。ロープウェイ内は満員でした。

Adsc007520

Adsc007540

松井さんが18時までに帰りたかったので何処も寄らず帰った。

ひまわりは羽島市内です。

ひまわりの花は太陽のある方を向くと思ったが、みんな東を向いていた。

Adsc007550

17時38分羽島に帰った。松井さん 運転お疲れ様でした。

皆さんお疲れ様でした。ありがとうございました。

松井さんから野菜を沢山貰いました。何時もありがとうございますPhoto_2

7月28日追記

ひまわりが気になり、写真を朝6時に起きて撮ってきました。

Adsc007600

Adsc007690

Adsc007680

Adsc007720

Adsc007660

Adsc007640

今日は部落の水路掃除でした。午前8時から9時まで汗を流してきました。

夜は岐阜県各務原市の河川環境楽園で川祭りを観てきた。

私が生まれて育ったのが、羽島郡川島町渡りです。(今は各務原市川島渡町)

私が小学生時、川の環境変化や後継者不足から川祭りが中止になった。

50年過ぎた今でも祭りを覚えている。川祭りはふるさとの記憶なのです。

太鼓や笛を先祖も観ているようだった。

おじいちゃん~・おばあちゃん~  ちょっと涙もろくなって来た様だ。

Adsc00782

Adsc00783

Adsc007940

Adsc007950

Adsc007880

2年前のブログに川祭りを書きました。興味がありましたら見てください。

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-6342.html

« 雨ヶ岳(あまがたけ)・竜ヶ岳(りゅうがたけ) | トップページ | 8月は登山レポートが無いかもしれません(-_-;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨ヶ岳(あまがたけ)・竜ヶ岳(りゅうがたけ) | トップページ | 8月は登山レポートが無いかもしれません(-_-;) »