« 夜叉ヶ池と谷汲ゆり園 | トップページ | 山に行ってません。 »

2013年6月22日 (土)

鞍掛山と四谷の千枚田

6月22日(土曜日)

今日の山は、愛知県の鞍掛山(くらかけやま)882.6mです。

千枚田に苗が植わった頃に行こうと、松井さんが決めてくれた。

メンバーは3人(松井さん、安藤さん、私)

今回も、坂さんとなべさんは体調不良で来れなかった。(残念です

今夜、松井さんに急用が出来て、午後の4時半までに

家に帰らなくては成らなくなった。

Adsc001520

最初の予定は、②の仏坂登山口~鞍掛山~かしやげ峠~仏坂登山口でしたが、

千枚田展望台 ~ 鞍掛山 ~ 千枚田展望台の予定で羽島を6時に出発した。

Adsc001530_3

豊川ICを7時過ぎに下り、途中コンビニで買い物をして、8時に

棚田が見える場所に着いた。カメラマンが集まる撮影場所です。

Adsc0001

Adsc0006

千枚田を前にしてきれいな形の三角錐の鞍掛山が見えた。

Adsc0004

車は千枚田の最上段の「千枚田展望台」に向った。

Adsc0007

苗に日が当たり、きれいです

Adsc000260

車が5,6台停めれる駐車場です。きれいなトイレもあります。

男性用はドアの無いオープン状態です。

Adsc000270

8時半ごろ出発

Adsc000280

Adsc000300

民家の庭先を通っていいの? と安藤さん。

Adsc000310

知らなかったので通らして貰いましたが、本当は下の道を通ります。

Adsc000360

Adsc000370

Adsc000380

かしやげ峠に着いた。写真の標識の右側には墓石が数個あった。

地蔵様なら分るが、何故こにあるのだろう。

後で分ったことだが、この地区で明治37年20日間も雨が降り続き、

山津波で11名が亡くなりました。その犠牲者の方がここの

かしやげ峠に祀られていたのでした。

Adsc000410

Adsc000440

ここから鞍掛山まで2km、1時間30分

Adsc000460

きれいなスギ林です。

Adsc000470

Adsc000500

Adsc000540

鞍掛山から岩古谷山までは東海自然歩道三大難所の一つと書いてあります。

鞍掛山から仏坂峠までは千枚田を通らなくても、

直接に尾根を行けばと思ったが、何故かは、後で分った。

Adsc000570

Adsc000580

Adsc000630

Adsc000640

ヤブレガサ

Adsc000700

スギ林を過ぎたら、道は急登になります。

Adsc000720

Adsc000750

Adsc000770

尾根に着いた。鞍掛山山頂まで10分

Adsc000780

歩くこと1分で三角点があった。ここは通過し山頂へ向った。

Adsc000790

薄暗い山頂でした。周囲を樹林帯に囲まれ展望はない。

9時50分に着いた。駐車場から1時間20分と割と早いタイムで着いた。

こで10分居て10時になった。往復なら11時には駐車場に着く。

松井さんが出した帰りのコースは、これでした。

888mピーク → 771mピーク → 仏坂峠  →  駐車場  

Adsc000800

Adsc000820

888mピークに向う道は尾根で歩きやすい道でした。

途中で馬桶岩(うまおけいわ)に寄った。

Adsc000920

Adsc000940

10時20分 888mピークに着いた。周りにプレートが無いが間違いはない。

展望は、木々の間から少し見えた。

Adsc000950

右側に千枚田がある場所ですが、残念ながら見えない。

後で分ったことだが、棚田展望台から見た三角錐のテッペンがここです。

Adsc000960

Adsc000970

仏坂峠に向います。登山道は左に急勾配の道を下ります。

下りたら、今度は急登の難所です。

このコースが東海自然歩道にならなかったのが分った。

また標識が少ないので、GPSがないと不安な道でした。

Adsc000980

Adsc001000

11時40分 仏坂峠に着いた。鞍掛山山頂から1時間40分かかりました。

Adsc001040

Adsc001050

Adsc001070

車道に着いたのは、11時53分。

車道の右が仏坂トンネルがあります。車道の左に登山者用の駐車場があります。

Adsc001080

車道を千枚田展望台まで約2kmを歩きます。

Adsc001110

Adsc001120

Adsc001140

車が見えました。

Adsc001150

棚田を横から見てもいいですね

Adsc001160

駐車場に12時23分に着いた。約4時間の登山でした。

Adsc001180

安藤さんにコーヒーを入れてもらった。(何時もありがとうございます)

Adsc001200

水力発電の機械の名前が「でんでんちゃん」 かわいい

Adsc001240

まだ時間に余裕があったので、

朝、車を停めた駐車場に行き、棚田を歩くことにした。

Adsc001230

Adsc001280

Adsc001291

村人の復興への情熱を感じ、感動を受けました。

Adsc001290

山に名前を入れてみました。鞍掛山山頂から888mピークまでは水平です。

小代(こじろ)地区からは、馬に鞍をかけたような長い山頂部Ab

が見えるそうです。この山容が鞍掛山の山名の由来です。

Adsc001300

Adsc001310

Adsc001350

小魚が泳いでいました。

Adsc001410

Adsc001460

石垣の岩は山から流れ出た物です。お城の岩積みのようです。

Adsc001480

Adsc001490

おたまじゃくし

Adsc001500

千枚田 植えって天まで ・・・

帰って調べました。写真の下です。

Adsc001510

  ~ 千枚田 植えて天まで 水明かり ~

田植えの終わった田に月が映り、下の田から上の田へと月明かりが続き、

天までつながっているようだ。との意味だそうです。

月明かりで棚田が光る情景は幻想的だろうと思った。

田園風景には何か癒されるものがありました

それは、日本人が持っている農耕民族のDNAかもしれないなぁ。

千枚田を30分歩き、羽島に着いたのは15時30分でした。

予定より早く着きました。    皆さん お疲れ様でした。

走行距離 往復274km   高速料金は、豊川IC往復2700円でした。

松井さんはこれから、愛知県の長久手町まで行くそうです。

気をつけて行ってきてください。

« 夜叉ヶ池と谷汲ゆり園 | トップページ | 山に行ってません。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夜叉ヶ池と谷汲ゆり園 | トップページ | 山に行ってません。 »