« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月22日 (土)

鞍掛山と四谷の千枚田

6月22日(土曜日)

今日の山は、愛知県の鞍掛山(くらかけやま)882.6mです。

千枚田に苗が植わった頃に行こうと、松井さんが決めてくれた。

メンバーは3人(松井さん、安藤さん、私)

今回も、坂さんとなべさんは体調不良で来れなかった。(残念です

今夜、松井さんに急用が出来て、午後の4時半までに

家に帰らなくては成らなくなった。

Adsc001520

最初の予定は、②の仏坂登山口~鞍掛山~かしやげ峠~仏坂登山口でしたが、

千枚田展望台 ~ 鞍掛山 ~ 千枚田展望台の予定で羽島を6時に出発した。

Adsc001530_3

豊川ICを7時過ぎに下り、途中コンビニで買い物をして、8時に

棚田が見える場所に着いた。カメラマンが集まる撮影場所です。

Adsc0001

Adsc0006

千枚田を前にしてきれいな形の三角錐の鞍掛山が見えた。

Adsc0004

車は千枚田の最上段の「千枚田展望台」に向った。

Adsc0007

苗に日が当たり、きれいです

Adsc000260

車が5,6台停めれる駐車場です。きれいなトイレもあります。

男性用はドアの無いオープン状態です。

Adsc000270

8時半ごろ出発

Adsc000280

Adsc000300

民家の庭先を通っていいの? と安藤さん。

Adsc000310

知らなかったので通らして貰いましたが、本当は下の道を通ります。

Adsc000360

Adsc000370

Adsc000380

かしやげ峠に着いた。写真の標識の右側には墓石が数個あった。

地蔵様なら分るが、何故こにあるのだろう。

後で分ったことだが、この地区で明治37年20日間も雨が降り続き、

山津波で11名が亡くなりました。その犠牲者の方がここの

かしやげ峠に祀られていたのでした。

Adsc000410

Adsc000440

ここから鞍掛山まで2km、1時間30分

Adsc000460

きれいなスギ林です。

Adsc000470

Adsc000500

Adsc000540

鞍掛山から岩古谷山までは東海自然歩道三大難所の一つと書いてあります。

鞍掛山から仏坂峠までは千枚田を通らなくても、

直接に尾根を行けばと思ったが、何故かは、後で分った。

Adsc000570

Adsc000580

Adsc000630

Adsc000640

ヤブレガサ

Adsc000700

スギ林を過ぎたら、道は急登になります。

Adsc000720

Adsc000750

Adsc000770

尾根に着いた。鞍掛山山頂まで10分

Adsc000780

歩くこと1分で三角点があった。ここは通過し山頂へ向った。

Adsc000790

薄暗い山頂でした。周囲を樹林帯に囲まれ展望はない。

9時50分に着いた。駐車場から1時間20分と割と早いタイムで着いた。

こで10分居て10時になった。往復なら11時には駐車場に着く。

松井さんが出した帰りのコースは、これでした。

888mピーク → 771mピーク → 仏坂峠  →  駐車場  

Adsc000800

Adsc000820

888mピークに向う道は尾根で歩きやすい道でした。

途中で馬桶岩(うまおけいわ)に寄った。

Adsc000920

Adsc000940

10時20分 888mピークに着いた。周りにプレートが無いが間違いはない。

展望は、木々の間から少し見えた。

Adsc000950

右側に千枚田がある場所ですが、残念ながら見えない。

後で分ったことだが、棚田展望台から見た三角錐のテッペンがここです。

Adsc000960

Adsc000970

仏坂峠に向います。登山道は左に急勾配の道を下ります。

下りたら、今度は急登の難所です。

このコースが東海自然歩道にならなかったのが分った。

また標識が少ないので、GPSがないと不安な道でした。

Adsc000980

Adsc001000

11時40分 仏坂峠に着いた。鞍掛山山頂から1時間40分かかりました。

Adsc001040

Adsc001050

Adsc001070

車道に着いたのは、11時53分。

車道の右が仏坂トンネルがあります。車道の左に登山者用の駐車場があります。

Adsc001080

車道を千枚田展望台まで約2kmを歩きます。

Adsc001110

Adsc001120

Adsc001140

車が見えました。

Adsc001150

棚田を横から見てもいいですね

Adsc001160

駐車場に12時23分に着いた。約4時間の登山でした。

Adsc001180

安藤さんにコーヒーを入れてもらった。(何時もありがとうございます)

Adsc001200

水力発電の機械の名前が「でんでんちゃん」 かわいい

Adsc001240

まだ時間に余裕があったので、

朝、車を停めた駐車場に行き、棚田を歩くことにした。

Adsc001230

Adsc001280

Adsc001291

村人の復興への情熱を感じ、感動を受けました。

Adsc001290

山に名前を入れてみました。鞍掛山山頂から888mピークまでは水平です。

小代(こじろ)地区からは、馬に鞍をかけたような長い山頂部Ab

が見えるそうです。この山容が鞍掛山の山名の由来です。

Adsc001300

Adsc001310

Adsc001350

小魚が泳いでいました。

Adsc001410

Adsc001460

石垣の岩は山から流れ出た物です。お城の岩積みのようです。

Adsc001480

Adsc001490

おたまじゃくし

Adsc001500

千枚田 植えって天まで ・・・

帰って調べました。写真の下です。

Adsc001510

  ~ 千枚田 植えて天まで 水明かり ~

田植えの終わった田に月が映り、下の田から上の田へと月明かりが続き、

天までつながっているようだ。との意味だそうです。

月明かりで棚田が光る情景は幻想的だろうと思った。

田園風景には何か癒されるものがありました

それは、日本人が持っている農耕民族のDNAかもしれないなぁ。

千枚田を30分歩き、羽島に着いたのは15時30分でした。

予定より早く着きました。    皆さん お疲れ様でした。

走行距離 往復274km   高速料金は、豊川IC往復2700円でした。

松井さんはこれから、愛知県の長久手町まで行くそうです。

気をつけて行ってきてください。

| コメント (0)

2013年6月21日 (金)

夜叉ヶ池と谷汲ゆり園

6月16日(日曜日)

16日は谷汲ゆり園に行こうと思い午前9時まで寝ていた。

起きたら天気がいいではないか。養老の山が家からきれいに見えた。

山に行こう

行き先は迷って、毎年今頃行く 夜叉ヶ池に決めた。

時間があったら、帰りに谷汲ゆり園に行こうと思った。

1人で登山する時は、ブログに行き先を書くことを決めたので、

朝10時前にブログに夜叉ヶ池に行くと書いた。

そのブログは私が家に帰って消しましたが、約20人ほどの人がブログを

見ていたので、私が夜叉ヶ池に行ったことは知っている。

以前と同じ様な写真ばかりなので、止めようかと思いましたが出すことにしました。

夜叉ヶ池に岐阜県側から登る場合は行くまでの道が狭い。特に登山口

手前7kmが一車線ですれ違う場所が少なく神経を使って行かなくてはならない。

私がこの道に来た時間は11時半頃だった。

対向車が来ないのを願って進んだが、早い時間に登った人は11時には

山を下りて来る。なので5台程の車とすれ違った。

11時以降は帰りの車があるので、早めに登山口に着いた方が運転は楽です。

登山口に11時45分に着いた。家から1時間45分、距離で75kmでした。

駐車場の特等席が空いている。すれ違った車の場所です

今日は真夏のような天気です。

Adsc000010

Adsc000030

Adsc000020

幽幼の滝

Adsc000110

Adsc000120

サンカヨウ  。  Adsc000170

Adsc000200

夜叉壁のニッコウキスゲAdsc000270

Adsc000890

夜叉壁     。Adsc000300

Adsc000310

モウセンゴケは殆どの登山者は見ていかない。Adsc000390

Adsc000380

これは食虫直物です。 Adsc000360

Adsc000410

Adsc000450

夜叉ヶ池   Adsc000480

モリアオガエルの産卵Adsc000490

Adsc000500

Adsc000510

イモリ    。  。Adsc000560

ライブカメラのある所まで行きました。Adsc000580

Adsc000600

Adsc000620

http://park10.wakwak.com/~sakauchi/ ライブカメラの映像が見れます。Adsc000630

ガスが出てきました。Adsc000640

直ぐ無くなりました。Adsc000750

Adsc000800

ニッコウキスゲは蕾が多いので、6月末まで良いようです。Adsc000650

バイケソウ     。Adsc000840

Adsc000880

ブナ林       。Adsc000920

Adsc000930

Adsc000950

Adsc000970

15時5分に駐車場に着いた。3時間20分の登山でした。

去年6月30日のブログです。同じような写真ですが

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-78d4.html

Adsc000980

次に谷汲ゆり園に行った。16時15分に着いた。Adsc001220

Adsc001000

Adsc001240

Adsc001040

Adsc001050

Adsc001100

Adsc001110 

Adsc001120

Adsc001250

Adsc001150

Adsc001170

奥に見える山は、谷汲の妙法ヶ岳667mです。Adsc001200

Adsc001210   

ここも少し早かったなぁ。6月末が満開のような気がする。

明日は、愛知県の鞍掛山(くらかけやま)882mに行きます。

今まで雨が降っていたが、明日は天気が良いようです

2013年6月 9日 (日)

釈迦ヶ岳から八風峠の稜線歩き

6月9日(日曜日)

鈴鹿山脈のまだ歩いていない道を歩こうと以前から思っていた。

今回、釈迦ヶ岳から三池岳手前の八風峠までの稜線を歩いて来ました

下の写真は員弁市(いなべし)の信号待ちの時に写しました。

Adsc036700

田光(たびか)から八風キャンプ場に向う道です。

Adsc036730

下の地図を頼りに、前日PCからデーターを入れたGPSを持って出掛けた。

Adsc038381

今日の歩いた道を黄色で書きました。

八風キャンプ場近くで車を止め → 北山 →  岩ヶ峰 → 

釈迦ヶ岳 →  段木 →  八風峠 →  駐車場

Bdsc037690

ここが登山口だが、何も書いてないので心細い。GPSではこにだ。

Adsc036750

栃谷を渡ると、小石が積んである所があった。これが目印です。

Bdsc036760

登山道はかなり急です。 落葉で足が滑り、歩き難い。

Adsc036810

見た目ほど怖くないです。

Adsc036820

下りて、後ろを見た写真です。

登山者が居ないので大きさの比較が出来ない。

Adsc036860

Adsc036970

Adsc036890

Adsc036940

北山に着いた。登山道の通過点で頂上の感覚がうすい。

Adsc036990

Adsc037010

ベニドウダンがきれい

Adsc037030

下に落ちているのは、ベニドウダンの花です。

Adsc037040

山ツツジもきれいだ

外路地や庭木でよく見るつつじだが、山で見ると感動する。

Adsc037060

Adsc037070 

登山道はかなり急です。 岩ヶ峰はシャクナゲの木が多い。

Adsc037090

花を見るには、1ヵ月遅いな

Adsc037130

Adsc037170

モリアオガエルの産卵があった。

Adsc037180

おっ  シャクナゲが一輪残っていた

Adsc037200

指差す所が稜線です。写真では高度感が出ないが60度以上の勾配です。

ロープが無いと登れません。

Adsc037240

Adsc037260

稜線にコイワカガミがまだ咲いていてくれました

Adsc037350

釈迦ヶ岳頂上です。今日初めて会う登山者です。

何かのスポーツをしているようないい体格の男性4人でした。

話からシートに座っている人が先輩のようです。

4人の写真を撮ってあげたら、丁寧な挨拶をしてくれて気持ちが良かった。

Adsc037340

頂上からの景色

Adsc037320

稜線を戻ります。岩ヶ峰より登ってきた場所です。

Adsc037380

今日のメインの稜線歩きです。岩場の段木が見えてきました

Bdsc037470

段木へ下りて行きます。誰も会わないので心細くなります。

Adsc037540

Adsc037690

少し上から、ズームで写しました。

登山者が1人でも居てくれたら大きさの感覚が分るのだが

Adsc037560

Adsc037590

Adsc037600

Adsc037640

段木尾根を下りて八風谷に下りれるが、今日はそのコースは考えていなかった。

のでまた稜線に戻った。

Adsc037610 

シロヤシオの花は終わっていたが、ベニドウダンは満開でした。

Adsc037510

Adsc037710

Adsc037810

八風峠に向って歩きます。

Adsc037740

Adsc037830

Adsc037930

Adsc037950

仙香山は初めての山です。

釈迦ヶ岳と三池岳の稜線上にある山で、三池岳に近い。

Adsc037990

Adsc038000

Adsc038020

中峠です。ここからもキャンプ場に下りれるが、稜線歩きを楽しんだ。

Adsc038040

来た道を振り返る。歩いたなぁ

Adsc038060

登山者に会うと嬉しい

Adsc038070

八風峠が見えてきました。

Adsc038130

八風峠です。

Adsc038140 

Adsc038150

Adsc038160

これより下山です。ツツジの花が落ちています。

Adsc038180

今が満開です。

Adsc038210

昔の人が、旅の安全を願った地蔵様です。

Adsc038230

八風谷に着きました。小石が積んであるのがコースです。

Adsc038250

Adsc038280

お蚕(おかいこ)が絹糸を出すように、糸でぶら下がっていた。

私が小学生の低学年だった50年前に、家でお蚕さんを飼っていた。

お蚕さんは口から糸を出して繭(まゆ)を作るのだが、その時の体は

黄色くなっていた。この虫は野生の蚕さんなのだろうか?

Adsc038290

Adsc038291

道は、豪雨により荒れていた

Adsc038320 

この花は、昨日の堂満岳に行ったときも沢山咲いていた。

Adsc038340

Adsc038360

登山届けを出す  単独登山は慎む  と書いてある。  

娘に「1人で行くときは必ずメールして」と言われていたが、連絡していない。

私がここに来ていることは誰も知らない。

Adsc038370

すぐ横に、「この人を探してください」の張り紙

他人ごとでない。この写真が自分だったらと思うとゾーッとする

遭難したら周りの大勢の人に迷惑を掛けてしまうだろうな

娘が今回のブログ見たら「連絡しなあかん」と怒るだろうな。

ブログを出すことで、自分に言い聞かせるように書きました。

天候や体力に応じた無理の無い計画を立て、

山の大前提、「無事に帰る」の為に、万が一の備えを持ち、

十分な知識、体力を付けて山に行こうと思います。

これからは、1人で登山する時は、出発する以前に

私のブログに登山届けを書きます。  

Cdsc038380

捜索願いの写真には顔が出ていましたが、人権保護の為 黒く塗りました。

年齢は書いてありませんでしたが、私ぐらいの人です。

翌日PCで鈴鹿遭難で検索したら、

私が山に登った日に遭難者が発見されたとの記事が載っていた。

その記事です

釈迦ヶ岳の遭難は発生から16日目の6月9日(日曜)10:22AMに発見されました。
場所は中尾根、鳴滝コバ下方200mの地点で、鳴滝コバ直下から滑落の模様です。
残念な結果でしたが、家族のもとへ帰っていただくことができました。
懸垂を繰り返しての危険な捜索を、献身的に従事して頂いた皆さまに感謝します。
また、貴重な情報を提供いただいた方々にもお礼申し上げます。

皆さまの安全で楽しい山登りを願っています。

三重県山岳連盟遭難対策委員会

家族の元で安らかにお眠りください。

これを私への警告と思い、今以上安全に気を付けたいと思います。

                                   こつこつ

最後に、登山というのは少なからず危険がつきもの。

どんなベテランでも絶対に事故を起こさないとは限らない。

危ないから登らない方がいいというのは簡単だが、

それでは、山の魅力が分らない。

三浦雄一郎さんのように、

自分の力量を高め、挑み続けるのが本物の登山家だと思う。

登山に大切な事は、

山に対して驕ることなく、謙虚であること。

体力アップに努力すること。

知識を沢山取り入れること。

| コメント (0)

2013年6月 8日 (土)

堂満岳(どうまんだけ)

6月8日(土曜日)

今日の山は、琵琶湖の西側にある比良山系の

堂満岳(どうまんだけ)1057mです。

山頂付近には比良山系有数のシャクナゲの自生地があり、開花時期の

5月初め~中旬は登山者が多く訪れる山です。

今日の堂満岳はシャクナゲの花が終わり登山者は少ないようです。

でも、今の時期だけに咲く花やモリアオガエルの産卵が見れました

今日のメンバーは3人(松井さん、安藤さん、私)

坂さん、なべさんは体調がいまいちなので欠席でした。(残念です

6:00羽島 → 登山口(イン谷口)9:00 → 9:36ノタノボリ9:41 →  

11:25堂満岳11:50 →  12:30金糞峠12:33 →  13:00北比良峠13:18 →  

14:53登山口(イン谷口)   →  17:45羽島

今日のコースです。

青ガレは危険なので、下りをダケ道を使った。

Adsc039250

近江八景 比良の暮雪(ぼせつ)  聞いたこと無いなぁ

Adsc03779

近江八景は、これです。
         「比良暮雪」(ひらのぼせつ)・・・・・・・・大津市・比良山系
         「堅田落雁」(かたたのらくがん)・・・・・大津市・浮御堂
         「矢橋帰帆」(やばせのきはん)・・・・・・草津市・矢橋港
         「粟津晴嵐」(あわづのせいらん)・・・・大津市・粟津付近湖岸の松並木
         「唐崎夜雨」(からさきのやう)・・・・・・・大津市・唐崎神社
         「三井晩鐘」(みいのばんしょう)・・・・・大津市・三井寺
         「瀬田夕照」(せたのせきしょう)・・・・・大津市・瀬田の唐橋
         「石山秋月」(いしやまのしゅうげつ)・・大津市・石山寺

近江八景は、東海地区(岐阜)に住む私には知らない場所ばかりです

暮雪(ぼせつ)とは、夕暮れに見る雪景色の意味です。

近江から見える比良の山々は、春になっても雪が残り雄大だ Bosetu_2

こんな意味かな  比良の残雪では駄目なんだ   

形がいい堂満岳が見えてきました。

Adsc037830

出合小屋の上で車を停めた。ここに登山届けを出すようになっています。

Adsc037880

青ガレの所は・・・・です。注意場所です。

今度はここから武奈ヶ岳まで登ってみたいなぁ

堂満岳(どうまんだけ)は、近江八景の「比良の暮雪(ぼせつ)」

にちなみ暮雪山 (ぼせつやま)の別名があります。

Adsc037900

この白い花が一杯咲いていました。

ウツギの仲間のようですが名前が分りません

Adsc037910

比良駅の方へ少し戻り、別荘地内の道路を通ります。

終わると登山道になります。

Adsc037930

40分位で比良山地で一番大きな池のノタノボリに着いた。

Adsc037970

モリアオガエルの産卵

Adsc038000 

Adsc038010

Adsc038080

Adsc038030

ノタノボリから穏やかな道の植林地を進みます。

Adsc038140

Adsc038150

沢道に出ると、登山道は急登になる

雑木林の中をジグザグの道で登って行く。

Adsc038160

尾根に出て、初めての休憩です。びわ湖バレイ(打見山)が見えた。

Adsc038200

Adsc038190

最後の登りは急登なので手を使い登って行った

シャクナゲの木が多い。咲いていたら元気が貰えるだろうな

Adsc038250

Adsc038300

頂上の手前に着いた。  見えるのは琵琶湖です

Adsc038400

Adsc038480

ベニドウダン

Adsc038330

Adsc038410

サラサドウダン

Adsc038440

ウツギ

Adsc038530

堂満岳の頂上

Adsc038560

Adsc038570

正面に琵琶湖が見えます

Adsc038550

頂上で食事を済ませ、金糞峠に向った。この道は多分 東レ新道です。

Adsc038670

Adsc038690

シロヤシオの花が少し木に残っていました

Adsc038760

Adsc038770

琵琶湖の眺めがいい

Adsc038820

Adsc038810

Adsc038870

この道もシャクナゲの木が多い。

Adsc038910

Adsc038860

これはイメージです。花が咲いていたらこんなんです  今日じゃ無いですよ。

Adsc066540

金糞峠に着いた。

Adsc038940

Adsc038970

Adsc038960

金糞峠から北比良峠はシャクナゲ尾根を行きます。

Adsc038980 

北比良峠手前に不似合いの建物があった。

2004年比良登山リフト廃業になったが、昔は何かの建物だったのでしょう。

Adsc039010

安藤さん  何時もコーヒーをありがとうございます。

Adsc039020

左奥に小さく武奈ヶ岳が見えた。ピントが近くに合ってしまった

Adsc039030

平で広い場所は、廃止になった比良ロープウェイの終点です。

我々はそこに行かず、最短でダケ道に出た。

Adsc039050

Adsc039080

Adsc039070

カモシカ台は眺望が全く無い(残念です)

Adsc039090

大山口に着いたら登山者が多い。

Adsc039110

Adsc039120

Adsc039140

Adsc039150

駐車場まで平らな道を歩きます。

Adsc039160

二人はストレッチをしながら歩いています。

Adsc039210

駐車場に着きました。約6時間の登山でした。楽しかった

Adsc039220 

帰りは、高島市安曇川(あどがわ)で道の駅に寄った。

道の駅 藤樹(とうじゅ)の里あどがわです。http://mitinoeki-adogawa.com/

「じゃらん」誌の道の駅ランキングで
「道の駅藤樹の里あどがわが」
総合1位にランクインされました。

藤樹(とうじゅ)とは、人の名前です。

中江(なかえ)藤樹(とうじゅ) 1608年 ~ 1648年 江戸時代初期の儒学者

「わが国陽明学の祖」と言われています。生まれは安曇川町上小川

私塾「藤樹書院」を開き41歳で亡くなるまで、

安曇川の地で人々に「孔孟の学」「人としての道」を説いた偉い人です。

私は道の駅で、焼鯖すしと栃モチを買った。

羽島に帰り、松井さんが作った玉ねぎを貰った。

何時もありがとうございます。

。 

この写真は、以前私が写した産卵の写真です。

Adsc011220

Adsc011200_3

| コメント (0)

2013年6月 2日 (日)

なばなの里 あじさい・花しょうぶは少し早かった。

6月2日(日曜日)

先週の月曜日から梅雨に入って週の前半は少し降ったが、

後半の金曜日、土曜日と天気は良かった。

日曜日の天気予報は曇りだったので、山の計画は立てなかった。

1人で行ける山は鈴鹿辺りだが、梅雨の時期は蛭(ヒル、ビル)が

出るので山には行く気になれなかった。

マイカーのエンジンオイル交換の距離に来ていたので気になっていた。

新聞のチラシで、セルフM-1でOIL交換無料が載っていたので行ってきた。

従業員さんの接客が良く、料金も安かったので得をした。

喫茶店でモーニングを食べながら、何処に行こうかと考えて温泉に行くことにした。

ナガシマリゾートメンバークラブに入会した時の、温泉の招待券があったので、

長島温泉に行くことにした。パソコンで歌謡ショーの人を調べたら、

昨日から仁支川 峰子(にしかわ みねこ)旧芸名:西川峰子さんだった。

昼と午後の2回のショーがあったので、午後3時半のショーに間に合うように出かけた。

行く途中で「なばなの里」であじさい・花しょうぶを見て行くことにした。

カードがあるから1年に何度も入れるので嬉しい。

去年は6月9日にあじさい・花しょうぶを見に行っている。その時のブログ

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-7432.html

去年より一週間早いだけだが、今年は花しょうぶの開花が遅れていた。

「あじさい・花しょうぶ園」へつづく全長約200mのあじさいロードには、

さまざまな品種のあじさいの鉢植えが咲いていてきれいだった

Adsc036710

Adsc037190

Adsc037100

Adsc036760

あじさい・花しょうぶ園    小雨が降って来たが、あじさいには良く似合う。

Adsc036830

Adsc036890

Adsc036900

Adsc037000 

花しょうぶが全然咲いてなくて残念でした。2、3週間後が見頃だと思います。

次に長島温泉に行き、仁支川峰子ショーを見た。

仁支川 峰子(にしかわ みねこ、旧芸名:西川峰子、本名:福田峰子、
1958年5月23日 生まれ) 演歌歌手、女優。ミネファンタジー所属。
福岡県田川郡赤村出身。
履歴を少しですが調べて書いてみました。
1974年 「あなたにあげる」で歌手デビュー その後もコンスタントにヒット曲をだす。
1975年~1978年 4年連続でNHK紅白歌合戦に出場する。
     その後 声が思うように出なくなり、演歌歌手から女優に転向した。
1998年 台風に伴う豪雨で家が流された。
2001年 結婚
2009年 離婚
2009年 仁支川 峰子に改名  
2010年 4月甲状腺に癌が見つかる。
2010年 5月14日入院  5月24日退院
この写真はショーが終わり、手を振るお客さん。ショーの時間は撮影禁止だったので写していませんでした。

Adsc037300

仁支川(西川)さんの話の内容で気になったことは、

死に掛けたことが14回あって、10回は最近の病気でらしい。

「死に掛けて、ケイレンが起きた時に咳をして戻った」と

正に、あの世へ行きかけて、戻った人だと思った。

凄い経験を持った人だ

上の話を聞いて、新曲の「人生一花」(じんせいひとはな)を聞いたが、

ノリの良い曲で、人生の応援歌です。峰子さんのことを歌った歌のようだった。

もう一度、この歌で演歌歌手で花を咲かせて欲しい。

今日は仁支川(西川)峰子さんのショーを観れて良かった。元気を貰いました。

休憩室でのんびりして、風呂は3回入った。風呂が広くて最高でした。

外が薄暗くなってきたので、なばなの里でホタルを見に行った。

Adsc037320

なばなの里に戻り、ホタルが出るまで時間があったので、

長島ビール園でオムハヤシを食べ、暗くなるまで待った。

Adsc037350 

Adsc037500

ホタルは沢山いたが、飛ばないと良い写真に撮れない

私の撮影技術では、これぐらいです

Adsc037520

Adsc037540

Adsc037740

次の登山は、8日(土曜日) 滋賀県比良山系の堂満岳の予定です。

それまでPhoto

| コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »