« なばなの里 チューリップまつり | トップページ | 江南ふじまつり <曼陀羅寺公園内> »

2013年4月13日 (土)

明神山(みゅうじんさん)

4月13日(土曜日)

今日の山は、愛知県の鳳来寺の北東の鳳来湖近くの明神山です。

Bdsc03195

明神山は奥三河名山八選http://www.honokuni.or.jp/okumikawa/8peaks/frame.html

の中の一つです。

最近では岩古谷山近くの明神山も知られてきて、そちらを平山明神山、

こちらを三ツ瀬明神山と区別して表すようになったと書いてあったが、

東栄町三ツ瀬に登山口があるので三ツ瀬明神山になったのだろうが、

乳岩峡からの登山口もあるし、頂上には「明神山」としか書いてないので、

私はこの山を明神山で書きます。

後で調べて分ったことだが、昔は三ツ瀬から信仰登山が行なわれていた。

即ち、三ツ瀬が明神信仰の登山口だったので、三ツ瀬明神山になったようだ。

メンバーは3人(松井さん、安藤さん、私)

5:38羽島IC → 7:05三遠南信自動車道終点(鳳来峡IC) → 

乳岩登山口7:30 → 8:11一服の岩 →  8:45鬼岩 →  9:02鬼岩乗越 → 

9:11胸突八丁9:34 →  9:45六合目の分岐 →  10:14馬の背岩 →  

10:30明神山11:32 → 13:55乳岩一巡14:25 →  14:45乳岩登山口→ 

16:35羽島IC

東栄町の明神山のキャッチコピー「わくわく、ドキドキ明神山コース」

Adsc033720

駐車場には、10台以上の車が停まっていた。登山で人気の山なのだと思った。

しかし後で分ったことだが殆どがロッククライミングをする人達の車でした。

Adsc032000

Adsc032020

乳岩峡(ちいわきょう)の説明はこちらで

http://www.city.shinshiro.lg.jp/index.cfm/8,3149,c,html/3149/20120301-155612.pdf

Adsc032030

Adsc032040

一枚岩で「さじき岩」と呼ばれています。

Adsc032070

川の流れが滝となりポットホール(甌穴)をつくるようです。

Adsc032060

日が当たっているのは乳岩(ちいわ)です。

帰りに行きますが、あの上までは行きません。

Adsc032090

Adsc032100

Adsc032110

Adsc031940

Adsc032150

帰りはここから乳岩に登ります。

Adsc032160

Adsc032200

鬼岩ではロッククライミングの練習をしていた。角度は90度以上の傾きです。

Adsc032300

鬼岩乗越(おにいわのっこし)

Adsc032350

黄色い花はヒカゲツツジです。尾根にはホソバシャクナゲの木も多い。

Adsc032360

Adsc032380

Adsc032410

Adsc032420

Adsc032450

胸突八丁を登りきると、鳳来湖が見える。

Adsc032480

上の写真の3倍ズーム

Adsc032470

六合目で三瀬登山口からのコースと合流する。

Adsc032500 

10分ほど下ると大きな岩のクサリ場に着く。

Adsc032520

ピンクの花はアカヤシオです。

鈴鹿の国見岳や御在所岳で見る花をここで見えるとは

花は霜があたったようで色が良くない

Adsc032570

Adsc032590

鉄ハシゴを登ると、馬の背岩に着く。

Adsc032620

Adsc032650

左は鳳来湖

Adsc032660

Adsc032710

右は、南アルプスや中央アルプス

Adsc032730

山の名前は分らなかったが、頂上でおじさんに聞いて分った。

Adsc032720

やせ尾根です。

Adsc032790

頂上の展望台が見えてきた。

Adsc032810_2

明神山の頂上に着いた。

中高年者の標準タイムが頂上まで3時間15分です。

私たちは3時間で登って来れた。まだ元気な3人です

Adsc032830

Adsc032840

Adsc032860

後で「奥三河名山八選」を調べたら、明神山の名の由来が、

「鎌倉時代の護良親王は別名「明神」とも呼ばれ、人々から尊ばれており、

その人の生まれ変わりとなった鷹が初めて羽を休めたのがこの山で、

それにあやかり明神山とした」と書いてあった。

山のプレートは明神山頂と書いてある。

普通なら明神山山頂だが、ここは明神 山頂の意味でなかろうか?

Adsc033090

展望台から

Adsc032920

緑の服のおじさんが山の名前を教えてくれた。(ありがとうございました)

Adsc033020

Adsc032930

先ほどの山の名前は、南アルプスの聖岳、赤石岳でした。

Bdsc032720

眺望が良い日は富士山が見えるようです。今日は雲の中でした。

Adsc033030

今年登った岩古谷山が見える。これはAdsc025830_2 岩古谷山から見た明神山です。

Adsc032960

Adsc033050_2 Adsc033060_2

ここでランチにした。のんびりと頂上で1時間居た

Adsc033110

頂上にはトイレもあります。

Adsc033080

これより下山です。登ってきた道を戻った。

Adsc033220

鬼岩でロッククライミングをしていた。

宙ぶらりの人を見て、安藤さんが「あぁ~」と驚いていた。

Adsc033310

Adsc033330

Adsc033340

こちらも凄い。手前の人は女性です。肌色のズボンです

Adsc033370

反対側から見ています、

Adsc033380

Adsc033390

Adsc033410

次は、乳岩(ちいわ)めぐりです。

詳しいことは、こちらで

http://www.city.shinshiro.lg.jp/index.cfm/8,3149,c,html/3149/20120301-155612.pdf

Adsc033420

先を行くのは外人さんです。

Adsc033430

Adsc033440

Adsc033460

天然の石門 「通天橋」が見えてきた。

Adsc033470

Adsc033480

Adsc033520

Adsc033510

Adsc033550

目薬洞窟です。

Adsc033560

Adsc033570

乳岩洞窟です。高さ11m、巾18m、奥行き16mあります

Adsc033580

鍾乳石が乳房の形に似ていることから「乳岩」の名が付いた・・・とあるが、

天井のこれだろうか

Adsc033590

Adsc033620

Adsc033600

Adsc033640

Adsc033670

川の流れが滝となりポットホール(甌穴)をつくるようです。

Adsc03370

朝よりも多い自動車です。

Adsc033710

帰りの風呂は無しで帰った。

夕方、娘むこが泊まりに来るので早く帰ることにしてもらった。

ばんご飯は「むねちゃん」のラーメンを食べに行った。

http://www.munechan.com/04_shop/ 美味しかった

« なばなの里 チューリップまつり | トップページ | 江南ふじまつり <曼陀羅寺公園内> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なばなの里 チューリップまつり | トップページ | 江南ふじまつり <曼陀羅寺公園内> »