« 黍生(きびゅう)と香嵐渓のカタクリ | トップページ | なばなの里 チューリップまつり »

2013年4月 4日 (木)

霞間ヶ渓の桜

4月4日(木曜日)

今日は松井さんが休みなので、坂さんと田内さんの4人で喫茶店で会った。

松井さんは仕事のことは話さなかったので、頑張っているようだ。

タイトルの霞間ヶ渓の桜ですが、喫茶店から帰って出かけました。

霞間ヶ渓の漢字の読み方が「かまがたに」だが普通は読めない。

鎌ヶ谷が霞間ヶ渓と言われるようになったのは、

鎌ヶ谷は池田山の多くの木の伐採で地盤がゆるくなり、土砂崩れが何度も

起こっていた。土砂崩れの防止のため植えられたのが桜だった。

その桜が増えて、遠くから見ると山が霞み(かすみ)がかかったように見える程

になった、また堤防補強のために植えた桜が霞むほどあったとの説です。

これは私の推測ですから、確実なものでないです。

今回桜の満開の時期だったが、山が霞む程の数はなかった。

昔はもっと植えられてあったかも。

Adsc031950_3

Adsc031970

Adsc031980

Adsc031990_2

Adsc032110

Adsc032000

見えているのが、花見橋です。

Adsc032100

Adsc032060

Adsc032080

Adsc032040

Adsc032090

霞間ヶ渓の桜を上まわる桜の名所が近くにある。

それは大津谷(おおつだに)です。ではそこに行きます。

Adsc032440_2

Adsc032350

仲の良い老父夫婦です。カメラを覗き込むおじいさん

Adsc032330

Adsc032270

Adsc032200

Adsc03223

場所はここです。広い駐車場があります。

Adsc032430   

昼には家に帰り、仕事に行った。

« 黍生(きびゅう)と香嵐渓のカタクリ | トップページ | なばなの里 チューリップまつり »

コメント

やはりコメント来ないなぁ

まゆさんだけだ

ありがとう

投稿: こつこつ | 2013年4月11日 (木) 23時59分

コメントあるとうれしいよね
体調管理はしっかりと

投稿: まゆ | 2013年4月10日 (水) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黍生(きびゅう)と香嵐渓のカタクリ | トップページ | なばなの里 チューリップまつり »