« なばなの里 しだれ梅は咲き始めだが、きれいだった。 | トップページ | なばなの里 しだれ梅が見頃でした。 »

2013年3月 9日 (土)

岩古谷山(いわごやさん)

3月9日(土曜日)

今日の山は愛知県設楽町(したらちょう)の岩古谷山(いわごやさん)799mです。

岩古谷山(いわこややま・いわこやさん)と書いた本やHPもありますが、

設楽町がいわごやさんと書いてあったので私はこれにしました。

設楽町の場所はこです。

Adsc026860

今日のコースは最短の和市登山口から堤石トンネル登山口までと

国道473号線の歩きです。一周で歩行時間が約2時間です。

Adsc026880_2

紫のラインが東海自然歩道です。

東海自然歩道1376kmのうち設楽町内に35kmが東西に伸びていて、

起伏が激しく健脚コースです。

Adsc026840

Bdsc026850

今日のタイム

羽島IC7:17 → 8:47道の駅どんぐりの里9:05 → 9:45和市登山口:950 →  

10:55岩古谷山12:00 →  13:00和市登山口 →  15:15羽島IC

メンバーは3人(松井さん、坂さん、私)

安藤さん、なべさんは都合が悪く欠席でした。

私が自宅で登山口までNAVITIMEで調べたら、香嵐渓より国道420号線だったが、

松井さんのカーナビは、香嵐渓から国道153号線を選んだ。

ナビの通り国道153号線を進み、道の駅どんぐりの里いなぶで休憩した。

どんぐりの木(マテバシイとアラカシ)の苗木が無料で持ち帰れた。

松井さんがマテバジイの苗木を貰って帰った。

Adsc025330

Adsc025360

Adsc025340

Adsc025350

和市(わいち)の登山口に着いた。10台ぐらい止めれるスペースの駐車場です。

Adsc025400

Adsc025410

下の方の字が雨で消えている。読めますか

Adsc025440

ここから岩古谷山まで60分です。

Adsc025500

正面の小屋はトイレです。

Adsc025520

Adsc025540

十三曲りのジグザグ道を登る。

Adsc025550

Adsc025560 

最後の十三曲がりです。確かに十三の曲がりがあります。

Adsc025570

堤石峠(つつみいしとうげ)に出た。     倒木で字が読めない

Adsc025580

ここの尾根が、東海自然歩道の三大難所の一つに数えられているそうです。

Adsc025610

目の前に現れた絶壁を、一旦下がって登ります。

Adsc025620

Adsc025650

Adsc025680

Adsc025690

Adsc025700

Adsc025720

Adsc025770

Adsc025800

遠くに南アルプスが見えるが、写真には写らない

Adsc025820

形が良いのが三ツ瀬明神山です。

Adsc025830

岩古谷山の頂上に着いた。

Adsc025840

我々は、堤石トンネル登山口に下りるが、鞍掛山方面が難所です。

Adsc025850

Adsc025870

Adsc025880

Adsc025900

Adsc025910

山頂の南側(鞍掛山方面)に大岩の展望台がある。

ここからの展望が素晴らしい。

坂さんがプレートを見つけた

Adsc025920

Adsc025930

Adsc025940

Adsc026000

和市の集落が見える。田んぼに苗が植わったらきれいだろうな

Adsc025960

Adsc026020

Adsc025990

鞍掛山の場所が正確でないかもしれません

Adsc025980

ここでランチにした。

Adsc026010 

これより下山

Adsc026090

割岩です。岩が割れていますが写真では分りませんね

Adsc026100

Adsc026120

Adsc026130

クサリ場です。回り道が右側にあります。

Adsc026150

下から見上げています。

Adsc026170

Adsc026180

今にも壊れそうな東屋です。

Adsc026190 

橋と言うより階段です。

Adsc026200

Adsc026210

Adsc026220

実が赤くてきれい。 アオキでした

Adsc026290

岩にへばり付いた根っこに凄い生命力を感じる

Adsc026240

Adsc026330

Adsc026400

Adsc026340

Adsc026430

Adsc026480

岩を持ち上げています

Adsc026530

Adsc026540

Adsc026570

目の前に大岩が現れた。

Adsc026590

水が無い滝でした。

Adsc026600

岩を動かそうとする坂さん

Adsc026660

動いたかなぁ

Adsc026670

Adsc026690

これを読んでもらえば、岩古谷山が分ります

Adsc026710

トンネルの上の場所     タラの芽が出るかな

Adsc026720

トンネルの出入り口

Adsc026730

Adsc026740

Adsc026750

Adsc026770

Adsc026780

駐車場に戻りました。

Adsc026790

和市の田んぼ辺りより、岩古谷山を見る。

Adsc026820_2

帰りは国道420号線で帰った。距離は5kmほど短いが、

道幅の狭い所があるので、国道153号線が良いかも

往復240km 高速料金往復2400円でした。

羽島に帰り、何時もだが松井さんから野菜を沢山貰った。(ありがとうございます)

今日は黄砂・花粉が舞い、坂さんは何度もクシャミをしていた。

風の香りも春の気配を感じさせ(土の匂い、木々の色や匂い)、わずかに聞こえる

ウグイスの鳴き声などに山の息吹を感じた山登りでした。

設楽町  良いところですよ

« なばなの里 しだれ梅は咲き始めだが、きれいだった。 | トップページ | なばなの里 しだれ梅が見頃でした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なばなの里 しだれ梅は咲き始めだが、きれいだった。 | トップページ | なばなの里 しだれ梅が見頃でした。 »